FP総合

2017/05/19

春の歌、カッコイイを目指そう(太田道灌の話;駄文?)

 日射しが強いですね〜、春ですね〜
 実家のヤマブキ。黄色い花をつけるやつ。今年も咲きませんでした。何年かに一回しか花を付けてくれません(;_;) もう季節済んでますよね〜(まだ期待して良い?)
 
====
 朝は肌寒くても、ちょっと動くと汗ばんだりして、ロンT→Tシャツとか、外に出る時はUVカットとか、一日中コロモガエしてます(^_^;) ちょっとめんどくさい。
 でも、真夏や真冬に比べると、良い季節です♪
 そうこうするうちに、梅雨がやってくる。(嫌だ〜) でもちょっと蒸し暑いくらいの方がストレッチには向いているそうです。伸ばせば伸ばすほど、筋がどんどん伸びる! と体操の先生がおしゃってました。
 
  ・・・腰回り、しっかり伸ばさないと。。。しかし、最近、たるみが気になる。

  ●いわばしる「たるみ」の上の、さわらびの萌え出づる春になりにけるかも
   ですね(^_^;)ちょっとチガウ? ・・・教科書に出てくる万葉集ね♪
 
  ●渡津海(わたつみ)の豊旗雲(とよはたぐも)に入日(いりひ)さし
   今夜(こよひ)の月夜あきらけくこそ  (天智天皇)
  ・・・朝日がきれいだから、月夜もきれいに違いない、という歌、、、
     らしい →ググったら出てきた(^_^;)

 昔の人は、優雅だと思いません? “限られた文字数に想いの限り詰め込んで、かつ、共感や感情を表す創作物”が和歌。
 Twitterで、思ったことをそのままをつぶやくより、カッコイイ。

「それじゃあ和歌を勉強しなくっちゃ」という逸話をひとつ。太田道灌の話。(←江戸城を造った人です。上杉系の武将。)

 ========
 道灌が、ある日、にわか雨にあった。とある農家で蓑(みの)を借りたいと申し出た。
 すると、農家の娘が、ヤマブキの花を差し出した。 道灌は???状態。
 そこで、お付きの者がこう言いました、

 「平安時代の後拾遺和歌集にこんな歌があります。
  ●七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき
 (ナナエ・ヤエ)   だから娘は、悲しいことにうちには蓑がありません、ということでしょうと。」

 
 ヤマブキは実をつけない、一つもつけない、実の一つもないんだよぉ=蓑(みの)がない。
 これを聞いた道灌、「オレも教養を身に付けなきゃ」と和歌を勉強したという話。
 ========

 こういう話つきで和歌を聞いたら、
 いろんな教養をもつことがカッコイイなんて思いませんか?

 何でも良いからカッコイイを目指そうよね♪

 俳句作り・川柳作り、私の知り合いにも何人かいらっしゃいます。私の中学校の恩師は定年後、子どもに俳句作りを教えるボランティア? をされてます。・・・なんかカッコイイなぁと

 定年後のライフプランを作るときに、こんな先生のような好きなことで社会貢献できるライフプラン(→それは大抵そんなに大きな大金じゃないことが多い)になれば良いなぁと思ってます。
 パッと見でそのあとテンションさがる格好良さじゃなく、ジワジワくる格好良さ。こっちの方が断然カッコイイし♪

|

2017/05/02

豊かな生活の「豊か」とは (→今日は難しいよ)

「豊かな」生活を考えよう!!・・・一般的には、豊か=金銭的。
(でもこのブログを以前からお読みの人はそうじゃないということもご存じのはず。)
ひと口に「豊かさ」と言っても、その意味には広い広〜い意味があります。

で、季節がら、憲法記念日を前にした話題として取り上げるとすると、
 →「平和な」と言う意味も含まれます。

最近の都知事の発言だと
 →「安心・安全な」という意味もこの【豊かさ】には含まれます。
  
もちろん、
「自然が豊か」=空が青い・海が青い・空気が綺麗、こういう豊かさもあります。
「インフラが豊か」=上下水道に電気ガス・電話にネット・
         宅配がすぐ届くとか(←これは最近問題になってる)
「弱者保護」=失業対策・健康保険・被災者支援・遺族遺児支援
       最近は情報弱者(ネット情報を得られない人)という言葉も出来ました。

公共的なものもみんなひっくるめないと、本当の豊かな生活はやってきません。
世界第3位のGDPなのに、なんで豊かさを感じないのか? これ私の長年の疑問というか、ライフワーク的疑問になってます。・・・そこそこ豊かなんですよ、日本は。

(アメリカのオバマケアはどうもあちらでは不評のようですが、日本の健康保険制度は良くできてると思ってます。高齢化に対する将来ビジョンがないのが玉にきずだけど(;_;))

〜〜〜〜

 バブルの頃、山を切り崩してスキー場やゴルフ場を作って、「自然破壊して大丈夫なのか?」なんていう声も多くありましたね。その前の時代だと、高度成長期には各地で公害問題も起こりました。
 
 み〜んなひっくるめて、「豊かな生活って何?」
 これ、みんなで考える必要があると思います。GDP世界第3位にふさわしい豊かな生活とは、って。・・・だからこうやって書いてるっ、みんなで考えよう♪
 
 でね、少なくとも為政者(権限を持っている人)は、安易に「安心安全」なんて使って欲しくない。
 
「核攻撃があったらいけないので、核シェルターを各戸に装備します」
  →安心になっても、これ豊かじゃないでしょ。
  (・・・万が一この文が、気になった人は、スイスの核シェルター普及率を
      調べてみてね m(_ _)m)

 中世や、もっと昔、城壁に囲まれた都市がありました。ま、万里の長城もそうだし、ベルリンの壁も広い意味ではそう。(・・・メキシコとアメリカの壁はよく分からん、出来るのか?)
 それぞれ、その時々では、重要な意味をもつ「壁」だったはず。
 これらの壁で「豊か」になったのかどうか。

 → (歴史を振り返りつつ)「豊かさ」を今一度、考えてみるのは、
    決して無意味じゃないと思います。

※あえて否定も肯定もしません、それが世論だと思うから。
 ただ、世論が偏らないために大切なのは・・・表現の自由

====

みんな誰しも、豊かな生活をしたいと思ってる、だけど、何が豊かなのかイマイチ分かってない!
 ・・・ここ重要ね。単純な老後ライフプランでも、イマイチ分からないもんなのです。だから、数字で具体化する訳ね♪ ←一面を切り取るだけだけどこれをしないと始まらない

|

2017/04/13

「僕は悪くない、アイツが悪いんだ!」って人が増えてない?

 最初にのっけから質問です。「大人と子供の違い」って考えたこと、あります?

「僕は悪くない、アイツが悪いんだ!」
   最近こういう事が多くないですか?
   私の気のせいですか?

テレビとか見てても、
 アイツが○△しようとするから悪いんだ! っていうニュースが多い。
   >>> ○△には、好きな言葉を入れて下さい。

 「なんとか学園問題」でもいいし、「豊洲移転」とか「TPP」とか「消費税」とか「原発稼働」とかでもいいし、「ボーナス査定が予想外に悪かった」でもいい。「お隣さんのゴミ出し時間が早すぎる」とか「試験に落ちたのは・・・」でもいい。

 どんな○△でも構いませんし、もちろん、それらに対して私が答えを持っているはずもありません。

 でもっ! ひとつ言いたいことがありますっ!
 どういう解決法があるのか?・再発させないためにはどうすればいいのか?
   >>>  これを考えるのが「まともな大人」の役目だってこと!

「僕は悪くない、アイツが悪いんだ!」で終わってちゃ、ただのさえないオッサンが、安酒呑みながら、くだ巻いてるのと同じ。あるいは、小さい子供がワンワ〜ンと涙しながら「あいつが悪いんだもん」と泣いてるのと同じ。
 カッコイイ・カッコ悪いの以前に、駄々っ子のレベルなんですよっ!

 でもって、さらに!
 誰かが「ゴメンナサイ」して、それで終わってしまうのが無性に腹が立つ。

〜〜〜(で、さらにさらに、ほとんど同じ意味で →→ 選挙で選ばれた人が)

「それが公約だったから」で、他の道を考えない! のも腹が立つ。(※)
 例えば、「辺野古基地反対」or「辺野古しかない」とか、「大阪都構想」とか。

 こういう考え方。遡れば、小泉政権の「郵政民営化」からですかね〜。
 ワンイシュー(一つの項目)選挙と言われたころから。(たぶんもっと前からあるんだろうけど、はっきりしてきたのはこの頃のはず。)

 よく、ゴミ処理場とか火葬場建設とか、最近では保育園建設でも反対運動ができるけど、じゃあそれに対して、どんな解決策を出すか? ・・・場合によっては金銭的補償ってな解決法が手っ取り早い時もあると思うし、カネで解決できないものもある。だけど、

  〜 反対する人と賛成する人がいて、その中間の人がいて〜
    みんながみんな満足できるはずがない。

 そういう前提の元で、それでも【どんな解決法があるのか?】、これを考えるのが大人の役目。

 とりあえずっ!

「何が何でも反対/賛成、以外ありえない」という態度はバカだ!

という風潮だけでも出来ないものでしょうか?

(上の文章、引用してるわけじゃないのですけど、考え方のベースには、
  『「大人」がいない・・・』(清水義範著 ちくま新書 2006年)
 を参考にしています。)

〜〜〜〜
 かなり感情的に書いてしまったのですけど、最後の行については結構真剣に考えてます。
 バカとは、相手の意見を聞かない人のことである!

  相手の声をどれだけ聞くか?
  これが出来ない人が最近急速に増えている。
  このままでは将来が心配だし、
  子どもたちに顔向けできない。(T_T)

※「公約だったから」;
 民主主義の最大の欠点です。少数意見は無視される。
   ・・・これは少数派=弱者切り捨てに繋がります。

 豊かな社会とは、少数派意見をどれだけ拾い上げられるか、でしょ。
   ・・・これを昔の人は「器の大きさ」なんて洒落た言葉にしてた♪

   「豊かな社会とは、器の大きな社会のこと」なんですよ。

→公約実現のために、器を小さくするようではいけない、ってことが言いたいのだ。(ただ、これは線引きの問題で、永遠に解決しないということもわかってるんだけどね=どっかで線を引かなきゃいけないから)

〜〜〜〜

 で、最近、物が溢れて「豊かな」はずなのに、なんで、こんなに息苦しいのか、って考えた結果が上の結論♪
 ・・・私の目指す「豊かな老後は結構守備範囲が広いなぁ」と、
    我ながら感心してるし(^_^)v

 

|

2017/04/05

神経経済学も面白そうだ!合理脳と感情脳について

 ちょっと変わった話題です。神経経済学。
 新しい言葉ではありません。

まず、【質問】というか実験です。
 下記(a)(b)の選択権はアナタです。どっちを選びますか?

  最初に、、、もの凄く嫌いな人・性格が合わない人を思い浮かべて下さい。
   (a) アナタに1万円あげます、でも、その人にも1万円あげます
   (b) アナタにもその人にも、なんにもあげません

  → これで、 (b)を選ぶ人も多いというのが神経経済学。「イジワル脳」です。
    合理的な脳の働き・感情的な脳の働き、どっちが有力かの研究です。

 実はこの記事、どこで読んだのか探していたんです。やっと見つけました♪
 2007年9月の朝日新聞・・・つまり、10年くらい探してたってことになる!

 ただ私の記憶とは、ちょっとaとbの数字が違うし、そもそもどこか外国の大学で確か「100ドル」だったと記憶しています。(他に元記事があるのかな)
 合理的に考えるのは「前頭前野」、感情が優先するのは「島皮質と線条体」らしいのですが、(←脳の中の話は、私には全然わかりません)

 でも、日常生活の中でも
   ・有名どころの弁当箱や紙袋に入っていたなら美味しいという人や、
   ・3万円のフランス料理だからとか、10万円もしたお節料理だからとか、
まわりの雰囲気に呑まれて判断する部分ってありますよね。

 バブルの頃、定年退職後の海外旅行が流行りました。学生の卒業旅行とか自分探しの旅が流行ったこともあります。というか、結構みんないつも「流行ってるから」でお金を使うもんです。

 これが最近無くなった=憧れる経験・憧れる生活が無くなってきた? とちょこっと疑問なのです。感情脳の退化?

 →春闘は終わりましたけど、昔、労働組合の人が、
 「成果主義導入後、『なんで俺があいつよりランクが低いんだ』で、結構
  もめるんです、額には関係ない。こっちは全体の昇給アップで交渉してるのに」
  と言ってました。
    ・・・これ、感情脳ですね♪ 良い面も悪い面もある。

 上の記事からもう10年も経ってるので、もっと研究が進んでいるのだと思います。「合理脳と感情脳の違い」、ちょっと面白そうなテーマです。これからちょっとずつ開拓するつもりです。

 ・・・バランス取らなきゃ「豊かな生活」にならないから
 だって、結構高い月給50万円の給料貰ってても、あいつは51万円なのに、で不幸になる訳ですし。(→同様のことが、相続の分割でもありそうだし)

|

2017/02/02

FPを探したい時!『日本FP協会公式の検索システム』があるよ

 日本FP協会には、ファイナンシャルプランナーの検索するHPがあります。名付けて、
 = CFP®認定者検索システム
   www.jafp.or.jp/confer/search/cfp/ =

 都道府県や、得意分野、料金や性別・年齢など結構細かく検索可能!
 もちろん私も登録しています。

 でも、正直言うと、この検索から私に相談に来た人は、片手で数えられるか、ちょっと越えるくらい。あまり使われてない感じ、、、だから宣伝。
   ↑
  私がお客さんに聞いた範囲だけですが (^^;)
 「HP見て」、と言う方ははっきり分からないですし。

 多くの人は、YahooやGoogleで検索したり、ブログを見たり、で連絡があります。でも、公式の方が安心感がありますよね♪

 当然、自己紹介など基本的には、本体HP(http://www.livelihood.jp/)やこのブログのプロフィールと同じ♪

=====

 で、この仕事というか、相談を受ける仕事は、占い師であっても建築士であっても、そのほかどんな仕事でも、『相性』だと思うんですよね。

 =>お互いの信頼があってこそ成り立つ仕事。

(例えば、歯医者に虫歯の治療に行った時に、ポポン~と抜いちゃって早く済ませる方がいい人もいれば、何とか大切に歯を残そうと毎日2週間くらい時間かけて直す人もいる。でも後者は時間が惜しい人は、「毎日来させて儲けてるあくどい医者」なんて言われたりなんかする。最初にお互いの信頼=方針が合わないとおかしくなる。)

 ネットでは、「クレーマー客」とか逆に「お客様は神様です」「いや、今や神様じゃない」とか、「神対応された」とか、そんな話題が上りますが、この手の仕事は、普通商売のように一個いくらで商売する世界じゃありません。

 お金に関することは、とてもプライベートな内容です。しかも、こちらは情報を貰わないと答えられません。それを【このブログとかHPだけで私を信用して情報くださいよ】、と結構、無茶なことを言ってるような(書いている)ような気もしています。

 でもだからこそ、信用とか信頼とかに、もの凄く気をつかってるんですよね~
 こういうことは、誰でもそう思うとと思っていたのに、、、、なのにそれに反するようなニュースが多いのはナゼ? それも大企業とかでも。

 ・・・私がひも付きじゃない理由
  特定の証券会社や保険屋さんと繋がっていない。
  正直、ひも付きになった時に、FP業務がきちんとできるか自身が無いんです。ヘタレだし(^^;)
  ノルマとかあったら絶対無理だし、すぐに貰える手数料を計算しそうだし。

~~~

 とりあえず、CFP検索システムってものがあるっということで。。。。

 

|

2016/08/31

お金に換算すると不幸になると言う実験結果

 どういうわけか「臨床心理」関係のお仕事されている方からのご相談が3件ほど続いたりして(←続くと言ってもそんなに頻繁じゃないですけどね)、そのうちの一人の方と最後に雑談しているときにこんな心理実験のことを教えてくれました。

(1)お金に換算すると不幸になる!
 学生かなにか、人を集めてくだらない作業をさせる。例えば、丸一日、公園で石を拾ってこいとか。で、最後に、お金を渡すか渡さないかで、満足度がどう変化するかという実験。
 お金を渡すと満足度が下がるという結果になる、らしい。

 →これスゴイ!
   つまり、お金が人を不幸にする! っていう結論
 たぶん、作業時間によるし作業そのものにもよるし、最初の呼びかけかたにもよるのだろうけど、面白い話です。

(2)パート従業員も一緒! (教育経済学の本から)
 こちらは別の臨床心理をしている方から「今、教育経済学が流行ってますよね〜」なんて言われて、本屋で立ち読みした本の話。上と同じようなことが書いてありました。

  参考;「男の子をラクに伸ばすお金の使い方」 TJMOOK
   >買わなくて済みませんm(_ _)m 出版社さま

 パートさんたちに、いつもより多くの仕事ができたときに、
「お金を渡すのと・同額程度のプレゼントを渡すのと」
 どちらが満足度が増えるか? →お金じゃないんです\(◎o◎)/!
 (ま、顔文字にしましたけどなんとなく分かりますよね)

〜〜〜〜〜〜

でも現代では、お金がないと生きていけません。
しかし多くの誤解があります。お金があるから豊かなのではなく、それを何に変えるか、つまり、変えた時に豊かになる、という点を忘れているという誤解です。

 お金で何かを手に入れるから、豊かになる!

  ○ お金→満足度  ×満足度→お金

でもっ!
  生活しようと思ったらお金がいる。
  家を買おうと思ったらお金がいる。
  良い教育をさせようと思ったらお金がいる。
  老後よりよく生きようと思ったら、お金がいる。

この生活とお金を繋げるものがライフプラン・キャッシュフロー表。
・・・ここに私の仕事の存在意義がある、と思っています。

上の例は、逆なのです。 満足度をお金に換えちゃったわけ。
この視点、とても大事です。だから、逆変換はできるだけしないように心掛けましょう。

私がファイナンシャルプランナーだといえば、
「お金儲ける人でしょ」とか、「何か得する制度ないの?」とか、そういうレベルで質問されると、答えように困ってしまいます。

  >>>済みません申し訳ないが、こういう人は適当にスルー。m(_ _)m

とはいえ、投資とか経済情勢とか、得する制度とか、とくに、節税とか、
ま、そんな相談は多いわけでそれらは、得するだけじゃなく、「お金→満足度」に変換できるかどうか、が私のポイントになっている、と書いておきます♪

→ 豊かな生活と、満足する生活は違うってこと!

チョー分かりやすい例だと、「毎日1000円分のパチンコ」! これで、それに見合った満足度があるのならOKです。でも、「とりあえずパチンコ」これは無駄! ってこと。絶対なだめなのは、、「パチンコしたいのに出来ない」。これ、どんどん不満が溜まっていって、不幸になるってこと、です。

しつこく、繰り返しますよ!

  ○ お金→満足度
  × 満足度→お金(不満足度をお金に換算するのもダメ)

覚えておくだけで、毎日の生活が楽しくなるはずですっ!
(給料下がったからと、あれをガマン・これをガマンというのではなく、どれが一番満足か、優先すべきは何なのか? を考えるってことでもあります。)

世の中の、半分ニート・半分引きこもり君たちが、意外と満足しているのはこれを実践しているから、だと思っています。だから、学ぶべき所は結構多い、かも。

|

2016/07/27

HPをスマホ対応すべきがどうか、悩んでる

時代は「スマホ」。携帯電話じゃなく、PCでもなく、「スマホ」ですっ!
で、今の本体のHP(livelihood.jp)は対応していない。(;_;)
決して見られない訳じゃないけど、見やすい形式にはなっていない。
最近、いろんな他所のHPが、スマホ形式になってきていてかなり気になってます。

で先日、スマホ対応にかえるための業者さんとお会いしました。
費用もさることながら、それ以前の段階で悩んでいます。
というのは、

= ゲームや動画を見ている合間に
  検索で私のHPに辿り着いたとして、
  果たして私の「お金に関するライフプラン」の真意が伝わるか?=
ってところです。

===

おそらく、客層が変わる。
合間に検索している人は、きっとサクッと答えが知りたい人。
情報過多の今の時代だと、簡単な答えなら検索ですぐにタダで答えが分かる。
例えば、20万円の年金生活で、夫婦二人の社会保険料がいくらか? なんて目安額ならあちこちに書いてある。 そういう人が、20年分のキャッシュフローを3万円で作って下さいという私の商売に繋がるとはあまり思えない。  === 検索だけでは、生活は変わらない ===
  (たしか本体HPには、こういう言葉をどこかにいれたはず)
 “夫婦二人が一人になったら・介護状態になったら、亡くなったら、孫ができたら、趣味にいくらお金を使えるか?”
 “子供は小学生が二人、ここでこれだけのローンを組めば15年後にどうなっているか?”

 こういう部分は、検索自体では答えが出ない。
 ここの部分で、心配な人は私の顧客になってくれているわけですが、おそらく、検索している人はそんな心配は全然していない人。>>>客層が変わる

ブログの方は一応、スマホ対応になっている(Niftyが自動的にやってくれている)。ただ、私の文章がスマホ対応じゃない。おそらく、一行あたりの表示文字数で、見るのも嫌だと言うフォームの崩れた画像が現れている時もあるはず。

(ここ最近は、なるべく行崩れしないような文章にしているつもり。
ただ、画像がどんな大きさでどんな風に表示されるのかは全然分からない、というか機種でバラバラ。基本、パソコンで見て下さいという意識で作ってきてるから)

業者さんと話してみて分かったことは、作り替える初期費用数十万円は、これはまあ分かるとして、月々のメンテ料(サーバー料)が月数万円。。。。これは論外に高い。

やはり、まずは、HP自体を、サクッとしたものに変えるべきか?
いや、それでは余計に埋もれて中身が無くなる・特徴がなくなる、と無視して今のスタイルを続けるべきか。
単純に連絡先とか料金だけの簡単なサイトを別途作った方がいいか?

まぁこんな風に、本来の私の興味とは違う面に、頭を使っている毎日です。(←あんまり使ってないんだけどね(^_^;))
でもちょっとだけ、問題先送りしながら、悩んでます。

(3年前に犬が病気になる前から気になってたんだけど、イヌが死んで9ヶ月。やっとこれを考える順番が回ってきたみたいな。。。優先順位の低い仕事は先送りにしてたから(^^;))
でも新しいことを考えている時って、ちょっと楽しい♪

|

2016/07/11

アベノミクスの「果実」、説明しますっ!(選挙終わったし)

選挙が終わったので書いてもいいですかね〜
(一応、告示されたので今まで、ガマンしてた)

自民党も公明党も
 「アベノミクスの成果が届かない人に……」とか
 「アベノミクスの果実が○兆円だ」とか
選挙戦で言っていたのがものすんごく、激しく、とても気になっていたのです。

というのは、
「成果があったのか?
 オレの所には回ってきてないぞ? どこ行った?」
 ……こう思っている人が多いはず♪

=====

とりあえず数字を見てみましょう。一応10年分のグラフで揃えました。

野田政権から、安倍政権になったのは、2012.12月。
なので、2012年度の数字を使って良いのかその翌年度の数字を使う方が良いのかちょっと悩むところなのではあるのですが、とりあえず、ざくっと言うと

例えばGDP
Abefruits1
        2012年 → 2016年
   GDP  517兆円   530兆円  +13兆円アップ♪

この数字だと、確かに日本の景気は良くなってます!
でも、税収を見ると
Abefruits2

           2012年 → 2016年
 一般会計税収   43.9兆円  57.6兆円  +13.7兆円アップ
 (うち
   消費税     10.4兆円  17.2兆円  +6.8兆円
   所得税     14.0兆円  18.0兆円  +4.0兆円
   法人税      9.8兆円  12.2兆円  +2.4兆円 )

こちらも同じくらいアップ!

景気の良くなった分の果実はぜーんぶ、税金で吸い上げられました。(^_^)
(※実質GDPアップと税収アップ分を直接比較するのはちょっと違う気もしますが、それくらい税収アップ分の影響は大きいって事が言いたいのです。せめて名目GDPで書くべきだったかな)

その税収アップのうちの半分は消費税アップの結果です。

消費税アップの影響で物価が上がりました。なので、実質賃金は下がってます。

Abefruits3
======
これが正しい現状の日本経済の認識だと思うのですがいかがでしょう?

だから、アベノミクスの果実=税収アップ ということです。皆さんの所にはほとんど届いていなくても当然であります。

まぁねぇ、与党も野党も自分の都合の良いところだけを取り出して、選挙戦を戦ったわけですが、、、、、私自身としては、

「消費税増税しても、そんなに景気を落ち込ませなかった!」
これ、与党のすごい成果だと思いますョ。←散々、景気失速すると言われてたのに。
(※ いや正直言うと、落ち込むと思ってたんだ>オレ)

おかげで、プライマリーバランスは改善しました。でもまだまだプラス(つまり借金を減らすまで)には至っていません。その点では、まだ「道なかば」です。
(→プライマリーバランスのグラフまでかくと長くなりすぎるので割愛します。m(_ _)m)

与党も、「増税しても景気が失速することなく、プライマリーバランス(の悪い状況)は少しは改善ができました。」って素直に言ってくれれば、こちらも素直に一票入れるのに、なんだかなぁという感じ。(だからといって、野党に入れるのもなぁ、、、って感じだったし)

《データの出典》
●内閣府
  ホーム >  統計情報・調査結果 >  国民経済計算(GDP統計) >
   四半期別GDP速報
●財務省
 トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 >
   わが国税制・財政の現状全般 > 一般会計税収の推移
●厚労省
 ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 >
    毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査) > 結果の概要

〜〜〜〜〜
与党の言ってた「果実が○兆円あるっ!」→これは、まるっきりウソですね(^_^;)
その分、借金返したというか、借金増えるのを抑えたわけで、
丁度、クレジットカードに終われるサラリーマンに例えるならば、
  月収30万円の人が、
  毎月クレジットも同じくらいかそれ以上(35万円くらい)あって、
  だから、借金が増え続けている。累積赤字は数百万円。
 それが、
  今月は、35万円→25万円ですんだ、10万円分借金増加が減った。

ま、こんなイメージ。まだまだ健全家計にはほど遠い。
  →これを「果実がある!」なんて言わないで欲しかった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちなみに、私のお客さん、皆さんレベルが高い人が多い。新聞とか経済雑誌とか良く読んでいらっしゃいます。

 「今の日本の借金は………」 「1000兆越えましたよね」
 「今の日本のGDPは……」 「500兆くらいですよね」

グラフをお見せしなくても答えを知っておられるし、もちろん、グラフとかお見せしてもすんなり理解して頂けます。

 かつて、不良債権に苦しんでいた時に、もの凄く税金を投入して、ハコモノ一杯作って借金増やしたのに、景気を支えられなかった。これを思いかえせば、
 >>>GDPほとんど増えてないのに、増税して、なのに、景気を落ち込ませていない!
もの凄い成果だと思います。
  →(まぁ、良くもないけどね)
  ……ただ、素直じゃない言い方がちょっと気にかかる。

 そして、グローバルな現代では、ヨソの国の経済(ギリシャとかイギリスとか、かつてはアジア通貨危機とかロシア危機とか)なんかにも影響されて、それは、ある意味「運」だったりするわけで。。。。

 さて今週は、イギリスEU離脱問題が再燃して、株価に影響するかどうか? それとも先週末のアメリカ株高を引き継いでくれるか? 
 あるいは、中国の領有権問題が注目をあつめるかも。←確か今週だったよね、国際裁判。

 とりあえず、安定政権であるということは経済にはプラス、だと思います。どれくらいプラスかというと、、、果実はないわけだから、ちょっと頼りない?
 実質賃金が下がっていて景気が良くなるか? というとかなり疑問であったりするわけで。

「道半ば」というより、2合目くらい? 

|

2016/03/19

春、卒業の季節♪(駄文)

春の日射しですね~♪ 京都は、昨日から雨ですが(^^;)
UV対策商品がずらりと並ぶようになってきました。
今日から三連休という方も多いのでしょうか?

先日、スーパーに歩いて行く途中に、散歩がてらに久しぶりにぐるっと近所を一周していたのですが、公園では小さい子供とお母さんが遊んでいるし、春の花は咲き始めているし、ウグイスの鳴き声も聞きました。そうそう、この前は、カワラヒワ(たぶん幼鳥)も見ました。
4ヶ月ぶりくらいに、部屋の北側と南側の窓を開けて風を通して、冬の空気とサヨウナラ♪

3月と言えば卒業の季節。先日、駅のホームでそれらしき団体が歩いておりました。
もっとも最近では「卒業」と言えば、アイドルがグループを抜けることの方が身近なんでしょうか?
 ・・・で離婚届が卒論? (なんじゃそりゃ)

接客業でも、『卒業』なんて言い方が増えてますね(←遊園地系もあれば、酒飲み系・エッチ系も含めて)。ということは、「ワタクシ、この会社を今年度で『卒業』します」なんていう会社員も増えていると言うことでしょうか。
 ・・・どうでも良いけど(^^;)

=====
卒業の唄、というと、「あおげばとうとし」が真っ先に出てくる上に、
尾崎豊の「卒業」とか、森田公一とトップギャランの「青春時代」(卒業までの半年で~)とかを思い出してしまう時点でそれはもう、遙かに遠い目になってしまうオッサンでありますが、
出会いと別れと希望と不安が複雑に絡み合う季節の到来です。

安定志向の現代社会では、友達と別れたくないという観点で、行く学校や職場を選んだり、少々遠くても自宅から通勤通学できるところを選んだり(←これは経済面もありますね)、
私の頃の時代とは随分違うなぁと思うわけで・・・

いつの間にやら、列車が便利になったせいで、奈良から神戸とか、米原(←岐阜よりの滋賀県)から大津・京都へとか、もう完全に通勤通学圏内なのですよ。
おかげでワンルームマンション相場が低迷中。(→つーか、少子化もありますね)

一億総活躍時代! 労働力が減少する時代にあっては良い提言だとは思うのですが、問題は、「重い責任はイヤ! 家庭と仕事をそこそこで充実させたい」と思う層のことをどれだけ考えているのかが気になります。育児にとっても介護にとってもです。
  「私と仕事と、どっちが大事なの?」
  「そんなの分けられるわけないじゃないか、どっちも大事」
総活躍が、重い責任でフルパワーで働け! という状況を目指しているなら頓挫する。
「責任ある立場であっても、家庭の事情でちょっとペースダウンできる状況」を作り出せるか否か?  

でね、
(1)家庭と仕事とどっちが楽しいか?
 どっちかが楽しい人はそれを伸ばせばいい。でも、どっちも楽しくなくて、別の何か(例えば趣味)に人生の楽しさを求める人も多い。というか、誰しもこの趣味や余暇の部分は結構大きいはず。
 仕事・育児・介護、これらで一杯一杯なら楽しいわけがない。一時期ならとにかくも、先が見えなければ、耐えるに耐えられない。
  ・・・だから一億総活躍に大事なのは、労働時間の短縮、というか残業の削減

(2)仕事の比重が下がる「年金生活者」は何に楽しさを求めるか?
 趣味に走れる人はそれで良い。でも仕事を通した社会貢献・生きがいというものも可能。
 去年「孫疲れ」という言葉を初めて聞きましたが、可愛い孫に疲れる人が出てきているのも事実。。。。孫も15年も経つと高校受験だからね~。
 逆に、<90歳の親、60歳の子、35歳の孫>なんていう世帯もあるわけで、介護の中心的担い手が、孫(かその配偶者)という状況も徐々に増えてきています。

総活躍のニュースでは、待機児童(=育児)と介護離職(=介護)ばかりが取り上げられていますが、同時に仕事(=労働環境)をどう整備するか? 最低この三つはセットです。

これに加えて、「楽しいこと」=人生の楽しさ、を考えないと豊かな社会がやってこない。
一億総【中流】時代は、これらがバランスが取れていた。しかし最近はバランスが取れてない。

三本の矢も新三本の矢も、何か具体的なことを言わなきゃいけないのは分かるけど、
「まず、仕事・育児・介護のバランス適正化」、その後には「楽しい生活・楽しい人生」という雰囲気がないと暗雲を抜け出せない。(※2)

で、これを自力でなんとか抜け出している人はすでに「中流」になっている。

マスコミも個々の枝葉末節・トピックばかりを取り上げてしまっているけど、社会として全体のどうバランスを取るのか、どんな方向に向かっていくのか? これが全く見えないから景気が良くならない。

 ・・・この数年で日本の経済環境(※1)は随分良くなったのに、今ひとつ力がないのはなぜだろう? って考えてました。

 ※1リーマンショック・東日本大震災・ギリシャ債務・難民・ISIS・中韓外交

 ※2(先出しなのに※2は反則ですねm(_ _)m 分かってて書いた)
  手元に約10年前の国民生活白書(平成19年夏発行)があります。
  ここに、「ワークライフバランス」のアンケート調査結果というのが出ているのですが、
   # 25~44歳の有業者に生活の中での、
   # 「仕事や家事育児、プライベートな時間」の優先度
   # について尋ねました
  そう! このころは、介護なんて出てきてないのですっ!! 
  これがたった10年の社会の変化です。高齢化社会ですね。
   ・・・で、まだまだ当面続きます。2030年くらいまで。

繰り返します(・・・繰り返すほどじゃなく、当然のことなんだけど)

 「仕事・育児・介護のバランス」、それらを一つずつ一区切りごとに“卒業”していくたびに、一つずつ、「楽しい生活・楽しい人生」が増えていく。
  ・・・ライフプランとの共通点が多い。すべては幸せのために!

だから、みんなセットで考えましょう♪

|

2015/12/02

「リアルな高揚感」忘れてしまうと、早く老ける、のか?

どきどき・ワクワクがあるから人生は楽しい♪

・何かの試合の前の「力をあわせて勝つぞ!」という気持ち
・何かの試験の前の「良い点とるぞ!」という気持ち
・何かを創作する前の漠然としたイメージを具体的にしていく作業
・「細かい所はアナタに任せるから」と言われた時の仕事

別の言い方をすれば、「心を込める」とか、「魂を入れる」とか、そのすぐ直前にある心が異常なまでに昂ぶる心境が高揚感。

========
子供の頃、何が楽しみだったかなぁと思い返してみると、遠足前・誕生日前・お正月前・毎月あるいは毎週やってくる雑誌や漫画本の発売日。
青年期だと、好きな歌手のCD(やレコード)の発売日も待ち遠しかった。CDなんてプレーヤが無ければ聞けないのにその場で封を開けてジャケットを見てみたり。

誰かに何かをプレゼントする時ってのも、何かしら異常な高揚感がありますね。
人生で最高に高揚するのは、子供が出来る時でしょうか? 残念ながら、独身の私は機会がありません。(;_;)

========

一般的には、歳と共に失われてくる高揚感。
ついつい「あぁ、こんなものか」で済ませてしまう。
でも、何かの高揚感を年齢を重ねても維持できる人ってのは、気持ちも若いし、精神面も豊かな人が多いと思います。

犬猫でさえ、餌を前にすると、お座りやお手なんかの芸をします。たぶん、相当に気持ちが昂ぶっているのでしょう。そんな犬猫に劣るような変化のない感情しかもっていないのなら、それは悲しすぎます。

一方で最近、「一度、刺してみたかった」「何度も痴漢した・撮ってみた」みたいな別の方向で気持ちを昂ぶらせる人もいます。困ったものです。

普通に生まれて、普通に育って、普通に人生を歩むことさえままならない時代。だからこそ、日常生活の中で、良い面での高揚感を大切にしたいし、そのための努力は惜しんではいけない。そして、一定のコスト(費用)も覚悟する。

そんなライフプランが大事なのかなぁと思う今日この頃。
とりわけ、定年して10年後くらいの「その人自身の高揚感」をどう提案できるのか
  ・・・ここが目下、私の悩み事であったりするわけです。

========

ハッキリ書きましょう。
初期〜中期の認知症だったとして、そんな場合でも「高揚感を維持できるか?」
認知症にならないようにすることも必要ですが、そう言っているだけでは、避けては通れない問題です。

将来、高齢者のうち4人に一人が認知症になるとか、85歳以上の4割は認知症になるとか、介護期間4年以上は4割だとか、、、、こんなニュースが飛び交う中で、どうすれば、幸せに年を取ることができるのか? 「高揚感を維持できるか?」

ほとんどの人は、私自身のことも含めて、そこのところは考えないようにしているのだと思うのですが、そんな状態になったとしても、、、、例え、相当重い認知症であったとしても、幸せに年老いたいじゃないですか。

今あるいろいろな施設、すなわち、障害者施設にしても特養にしても老健にしても、これらは悪く言えば収容所。社会から切り離しています。こっちの枠から、保護すべきあっちの人に分けています。こういう考えだと一億総活躍社会はやってきません。いや、あっちの人に分けてもそれで幸せな人生ならば良いのですが、どうもそうは見えません。むしろ収容所の方が似合ってます。(←実際に現場にいる人には失礼な書き方かも知れません、ゴメンナサイ、悪気はないのですが書きようがないのです。)

  ・・・ここが目下、私の悩み事であったりします。私自身も含めて
  
とりあえず、今現在、今日と明日、毎日の生活での高揚感! 忘れていませんか?
忘れていると、早く老けてしまいますよ〜
「どきどき・ワクワクがあるから人生は楽しい♪」のです。

|

より以前の記事一覧