FP-若年・新婚・サラリーマン

2018/08/08

景気良いの悪いの? 昨日の真逆の統計値発表

昨日の統計の発表二つ。

・厚生労働省の毎月勤労統計調査;6月分
  現金給与総額、11カ月連続のプラス(21年ぶりの高い伸び率)

・総務省の家計調査;6月分
  1世帯当たりの消費支出は5カ月連続の減少

真逆の統計値発表でしたっ!

~~~
6ヶ月前は年末年始ですからね~何かと物いりなときだし
給料が上がっているのに、消費は減っている。・・・これはつまり、貯金ってこと?

ということは、これから景気が良くなる? 日本株買いなのかなぁ。どうだろ。
でも、前にどこかの年金生活者が言ってました、「年金上がらないのに景気(消費)が良くなるわけないだろ」。

確かに今や年金生活者は多い。→ある意味当たっているのかも。

~~~
最近、介護料が上がったという声をよくお聞きします。健保より多い。
昔は物価が上がってその分年金も上がってたから、良かったんだけど今はそうじゃない。保険料や負担金が増えて、年金の手取りが見た目の金額(名目)でさえちょっとずつ減る。

 物価が2%あがって、年金が1%上がるのと
 物価は0%だけれど、年金が1%下がるのと

さほどキャッシュフローは変わらないのだけど、気分的には全然違う。消費行動が全く変わるわけですね。

 同じ事が貯金でも言えます。
 物価3%上がって利息が3%上がるのと、どっちもゼロ。これも誤差の範囲で一緒です。

でも気分的には全然違う。
→ 小遣いが1万円あがったら、知らない間に消えちゃうけど、逆に、下がるととっても辛いのと一緒。同じ「1万円の気分」が全然違う。

 年金生活って、65歳からとしても平均年齢考えると20年とか30年とかあるわけでしょ。サラリーマンで言うと、40代が給料のピークで、そのあと下がる一方というのと同じ。(→まぁリストラとかで、そんな憂き目にあっているサラリーマンも大勢いるとは思いますが)

 こういう中では日本株ダメか・・・やっぱり、前言撤回?!
  ・・・いやホントの所、迷ってるんです。

|

2018/07/27

もうすぐ予定日♪

「予定日」と言えば出産予定日!と同義なくらいにメジャーな“予定日”ですね。

もちろん私じゃないですよ、姪っこね。
(私の来週の予定は、、、人間ドックだ!)

姉にとっては二人目の孫。下の姪2の方が先に生んだのですが、今度は上の姪1の方。

今月末と言ってたから、今日か明日か明後日のはず。
(ま、こっちは傍観者だし、先週くらいから、いつ生まれてもおかしくないなぁとは思ってますが)

正直この暑い中、妊婦さんも大変だよなぁと思うわけで。
 →3kgのダンベル持ち歩いている姿を想像(^_^)
(毎日毎日、体温以上の最高気温で、はっきり言って私はついていけてない(;_;)
 ・・・ちょっとバテてるし)

~~~~
とりあえず、無事に生まれることを祈ってます♪

 ・・・で、早速学資保険の相談が。「●▲って良いの?大丈夫なの?」
   →戻り率重視、、、、ま、学資保険はそう言う人が多いですね♪
    今はネットですぐに分かるので便利ですよね。

~~(学資保険ではないのですが、前にお客さんで)

「子供誕生のときに、一時払い終身保険に入りました。子供が大人になったときか結婚するときに『お前が生まれたときに入った生命保険だよ』って将来プレゼントするんです」って。
(200万円だか300万円だか500万円だか、そんな額だったような)

「いざとなれば解約できるし、定期預金より利率良いし」

ま、こんな考え方もありですね。解約して結婚費用!なんてのも可能だし。

→高齢になってからの出産の場合だと、
貯金がそこそこあってこんなことが出来る人もいる。
だけど、不妊治療で使っちゃって貯金少ないですっていう人の方が多いかな。(←私の印象ね、根拠はありません。 m(_ _)m)
ただ、貯金代わりに月払いの終身保険ってのは、まぁ結構あります。

⇒一時払い保険の贈与税、最近、厳しくなりつつあります。
保険加入状況や契約者名義の変更履歴も支払調書対象になったか・なるかです。

例)
高齢の資産家の夫が、病気になって、奥さん名義でポンと入った終身保険とか、奥さん名義に変更したとか、と
  毎月コツコツ奥さん名義で入っていた終身保険か、とかで、
税金の計算が変わるんだけど、今までは、ちょっと曖昧だった。
 →不公平感があるので、はっきりさせるために調書提出(保険会社→税務署)へ、という流れ

(夫婦共有の住宅ローンで、奥さんが退職とかで収入がないのに返済しているときは、都度夫から妻への贈与(=年間110万円までなら非課税)というタックスアンサーを見ると、保険も同様になるのかなと思ってます。)

|

2018/07/10

七夕、過ぎちゃってるし

 大雨に地震、すっかり、七夕を忘れてましたぁ~。
 よ~く考えると、“七夕”って若パパママ&子供あり世代のイベントですねー。

~~~~
 久々に大きなスーパー(イオンね♪)に行ったら、笹に、子どもたちが書いた短冊が一杯ぶら下がっていました。

「英語が話せますように」「お医者さんになれますように」

 ・・・ホントか?最近の幼稚園児は早熟らしい(^_^;)
(ちなみに、書いてあったのはもちろん全部、ひらがなです。)

 別の売り場に行くと、夏休みの研究課題用ですかね~ 天体望遠鏡も売ってました。しかも、スマホアダプタ付き♪(・・・ほーさすがにオイラの時代にはなかったぞ!)

私の知人の中には
 「オレの時計は、月暦つき♪」とか
 「ダハプリズム望遠鏡もってるぜ♪」とか
そんな知人もいたりしますが、私はあんまり天体には興味がありません。だけど、「角度で15度移動」、なんて聞くと「あ~1時間分ね」なんていうのは直感で分かる(^_^)v
 ・・・長時間露光の天体写真とか、日没までの時間とか。

『それでも地球は回っている!』って言ったのはガリレオでしたっけ?
 ・・・地動説

 地震があっても、大雨が降っても、働き方改革とかカジノ法案(IR法案)とか参議院定数法案とかが通っても、地球は回ってる。
 はやぶさ2、上手く行くかな?

(→なんかまとまりのない文章でゴメンナサイm(_ _)m それでも地球は回ってるんです。) 

|

2018/06/26

ガソリン高いなぁ、、、10年推移

 最近、野菜が安くて嬉しいですね〜 キュウリもトマトも安い!
 でも、ガソリンが上がってますね〜(;_;)

 ガソリン価格の推移です!
 ちょっと長期で、かつ、地域差を見たかったので、いつもの総務省のデータではなく、資源エネルギー庁のデータでグラフを描きました。10年推移と書きながらもうちょっとあります。11年半(^_^;)
 ・・・グラフの形の関係上ね(リーマン前も入れたかったのだ♪)

Gasoline2018
 2年前に、1リットル110円台だったのが、今は150円台。
 おかげで、通販とかの送料も上がってます。
(→いままでが過当競争であって、やっとまともな競争になってきているとみるべきなんだろうな。)

〜〜〜
ところで今週の天気!
 異様な暑さ! まだ6月なのに。これからの夏本番を耐えられるか、今から心配なtakです。
 今週は、梅雨&暑さで「熱中症要注意ウィーク」です。気をつけましょう〜

 運送関係の方はもちろん屋外作業の方も、熱中症に注意!

|

2018/06/22

「心地よい筋肉痛」、はいかがですか?

 朝から心地よい筋肉痛のtakです♪
・・・この前、部屋でのストレッチだけで、足つったり筋肉痛になったから。

 で、昨日は久しぶりにちょっと近所をジョギング。その後公園のストレッチとか腹筋出来るベンチとか、鉄棒で懸垂とか(→子ども向け鉄棒で低いからちょっとやりにくい)、、、、ほんのちょっと筋トレ。帰ってきてからダンベルをちょっと振り回してから、お洗濯♪ その間にシャワーを浴びる。

・・・なんかちょっと健康的な感じだ!(自己満足)

 これが、習慣化できて日常生活に組み込めれば良いんですけどね(^_^;)
(まだそこまで出来ない感じ)
~~~~

 老後相談とかでいろんな人の生活を聞いていると、
  ・定期的な運動 ・人間ドックと歯医者通い  それに、、、、
 意外と、本や新聞をよく読まれている人が多い。あと、
  ・なんらかのサークル?系で人と会う習慣がある
   (→これは逆に、人付き合いで悩む人もいらっしゃるけど)

 どんな日常が心地よいか?
 まぁこれらを考えられないほど忙しいときもありますよね、はい。

 とりあえず、心地よい筋肉痛、いかがですか?

~~~~
~~~~
(ぜんぜん関係ないのですが、表題を考えていて・・・)

「心地よい筋肉痛、いかがですか?」って書いてみて
「マッチはいかがですか? よく燃えるマッチ」 とマッチ売りの少女を思い出しました。

→”よく燃えます・よく炎上します・火あぶりOK” 「ネットマッチ・炎上マッチ」はいかが?
  だれか、こんな題材で現代童話、書いてみない?
  (ネット炎上なんて、なんか淋しい時代になっちゃったなぁなんて思いがあるんです)

|

2018/06/14

民法改正ですっ!(短文)

120年ぶりの民法改正ですっ! 昨日、国会を通りました!
 ・・・オレ生まれてねーて。でもダイジョブ4年後からの施行

「18歳で成人→成人式はどうなる?」みたいなニュースが多いですが、
実は、連帯保証人とか、
    賃貸借の保証人/敷金とか、
借りる方も貸す方も、、、他の影響も一杯あります!

広範囲すぎて書けない(^_^;)
 ・・・つーか、よく分かってないのだ >オレ(^_^;)
   今日、新聞買ってきます♪
   また今度書きますね、ゴメン m(_ _)m

~~~

でもやっぱり、酒や賭け事は今まで通りとして、「契約18歳から」ってのが一番影響大きいんだろうな。

大学生国会議員はいつ出るか? これが結構大きな意味を持つんじゃないかと思ったり。

|

2018/06/13

NTT西の加入電話、請求5,000円未満はまとめて隔月請求へ

NTTの請求、、、こんなの知らんかったぞ。(4月にアナウンスされてました(^_^;))

# NTT西日本は、加入電話(電話サービス)・フレッツ光
#(FTTHアクセスサービス)等のご利用料金のご請求について、
# 2018年11月ご請求分より、奇数月(1・3・5・7・9・11月)の
#ご請求額が5,000円(税込)未満の場合は、翌月の偶数月(2・4・
#6・8・10・12月)に2ヶ月まとめてご請求させていただきます。

https://www.ntt-west.co.jp/info/support/oshirase20180418.html

・・・オレ、ほとんどの月が対象じゃん、、、別に良いけど。

〜〜〜〜〜

 最近は、加入電話を引いて無くて、スマホ(携帯)のみっていう家庭も増えましたね。
 電話は、一人に一台の時代ですから。
 →NTT加入電話も苦戦している?

 ・・・しかもFAX無い家庭も増えている!(というより無い方が普通か)

 

 銀行引き落とし! 昔(10年くらい前)は銀行が受け取る手数料は、引き落とし1件数十円〜100円の手数料、なんて言われていました。が、いまはもっと格安なんだと思います。(よく知らないm(_ _)m)
 で、それさえ省力化したいというNTTの思惑? 件数減らすことで出費を抑えたいんでしょうかね。
 ・・・どうせデジタルデータだろうし、手間はそんなに掛からないはずだし。

|

2018/06/01

定年後の再雇用→賃下げは違法か? 今日の最高裁に注目

 正規雇用と非正規雇用の格差判決の一つ。今日、私が注目している裁判です。

「定年後の賃金減額は社会的に容認されている」のかどうか?

 すでに、通勤手当等で、正規/非正規格差は違法との判決が出ています。
 あとは、、、手当(住宅手当や家族手当)、そもそもの賃金(日給・時給)がどうか?

 ま、今回は、「仕事内容は定年前と同じ」というところがポイントかと思われますが、これ、場合によれば、会社側に上手く使われる制度ともなりえます。
 ・・・職務権限・責任の範囲をどう判断するかってところ。

 最高裁はどこまで踏み込むのかな? とちょっとワクワク♪

〜〜〜〜
 折しも、「働き方改革法案」が衆議院を通過して参議院にまわったところです。
 高プロも争点でしたが、正規・非正規格差も争点のひとつです。

「同一労働・同一賃金」、、、どこまで裁判所は踏み込みますかね〜
 →もともと、正社員と同じ仕事なのに給料が安い! という問題を抱えているわけですよね。で、責任範囲や勤務地(転勤の有無)などで分けていたりする。

>>>究極的には、責任によって給料が変わるということに進むのだと思っています。
  ・・・つまり、去年と同じ責任(仕事)なら給料あがんないってことね。
     →サラリーマン厳しいよ〜

(年功序列が完全に崩壊するきっかけになるかもと・・・定期昇級とか賃金カーブという言葉が無くなるかも)

 ま、すぐにそうなるとは思わないけど、男女格差も含めて、20年くらい掛けてなくなるんじゃないのかなってね。

【追記】
 再雇用という制度・年金支給という点もふまえ、
減額があっても妥当。ただし、手当は職務によらないものなどは支払え(精勤・皆勤手当など)

 →つまり、同一労働・同一賃金ではありませんでした。
と言うよりも、単純な正規非正規ではなく、「再雇用による非正規」が大きく考慮された判決だったような・・・

 ニュースでは、通勤手当などで差をつけている多くの企業は今後対応する必要がでてくるだろうと言うことでありました。

|

2018/05/31

就活解禁!〜昨年までの大卒就職状況(厚労省・文科省)

(とりあえず体調復活したと思うので、今日はもう一個。
 どうしても、就職解禁前に書いておきたかった記事です。)

〜〜〜〜
 いよいよ、明日から就職活動解禁ですねっ☆

 事前の民間の調査ではすでに4割内定とか5割内定とか出ていましたが、とりあえず公の公表数字です。厚労省と文科省が一緒に発表するやつ「大卒者等就職状況調査」。
 例年、9月末・11月末・1月末・3月末時点の調査結果が発表されます。
(→最近は、10月・12月・2月・4月時点と言い換えてます。)
 最後のヤツは、最終的な「本年度の就職率」に変わりますっ!

 先週だか先々週だかが公表した数字、ニュース記事では「過去最高の98%」の見出しが付いておりました。
 以下、大卒男女別のグラフです。

Naitei2018

 この数年の伸びがスゴイですね。完全に売り手市場になってきています。
・・・団塊世代の「塊」が抜けていったことが大きいのでしょうか
   それとも世界的な景気の好転のせいでしょうか

〜〜〜〜 何をもって就職先を決めるのか?

 大手で潰れない会社の方が安心か? それとも、
 小さくても、働きやすい職場が安心か(育産休や有給がとりやすいとか復職しやすいとか)
あるいは、
 少々忙しくても、給料の高い会社が良いか
 自分が成長できる会社が良いか

・・・ま、いろいろ悩んでいる人は多いんだと思います。
それにしても、この数年でえらい変わりよう。

 →この部分の政治的役割って何なんだろうな、とも思います。

(過去、ホームレスが溢れたり、就職できなくてニートにならざるを得なかったり。。。すべてが自己責任という訳ではない、つーか、自己責任部分はかなり少ないと思うんで、それに対する政策ってどうなのかなぁと思うわけ)

 ニートを田舎の農家で働かせればどうか、と発言して、収容所みたいだと批判されていた議員がいたように思いますが、ある意味、過疎が進んで荒れ地が増えている自治体とかそんな取り組みをもっと積極的にやっても良いと思うんですけどね。・・・企業誘致の個人版みたいな。

 駅前の再開発、じゃなく、農地の再開発→近代化農業
 自治体主導であとから民間払い下げ、、、下手なハコモノ事業よりは良いかもしれない。

〜〜〜〜
 就職状況は好転ですが、一方で、「3年以内に3割辞める」なんていう話もあります。
・・・国会の働き方改革、これも必要だとは思うのですが、どうも視点がずれているというか優先順位が間違っているような気がしてなりません。

 ちなみに私のライフプラン作成時の質問では
「結婚したらみんな辞めます・子どもが出来たら辞める人が多いです」という職場よりも、「給料は安いけど、育休・産休後の復職も幼少期の時短勤務もみんな理解があります」という職場の方が楽にキャッシュフロー表が作れます♪

|

2018/05/21

どこまで上がる介護保険料(3年ごと改定推移)

 先週金曜日、今年初めて、列車で冷房車に遭遇♪
 おんなじ日、今年初めて、蚊に刺された! 痒っ! 「暑い暑い!扇風機!」と思って寝ていたのに、翌日、土曜日は「寒い寒い、(布団の)毛布取るんじゃ無かったと後悔」。でもって、その夜、モノすっごい悪寒でぶるぶる(((;゚Д゚)))。

→その二時間後の真夜中布団の中で目が覚めた。
  高熱のためと思われる汗でびっしょり。これはひょっとして、何とか熱というやつか?

 ・・・気温も体温もまるでジェットコースター(USJ並みなじゃないけど)

 それでも、翌昼にはケロリンパと直ったtakです。調子が良いのか悪いのか?

===で、本題。介護保険料

 もう制度的には、春から上がってますっ!

 まず、用語の説明♪ 1号と2号について
●1号=65歳以上の人、原則、年金から天引き
   (改定額変更は、夏〜秋からの自治体が多い
    ・・・住民税が決定してからが多いから)
●2号=40歳以上の現役世代。健康保険料と一緒に払う

 【1号】は、3年ごとの改定です。(今年の初め頃、診療報酬の改定とかと一緒にニュースになってたと思います。ちなみに診療報酬は2年ごと
 →だから6年に一回、改定が重なって関係者は大変になる)
  今年の8月から高収入の人は3割負担になります。

 【2号】の方、こちらは大手サラリーマンなら健保組合・中小なら協会けんぽ、自営業なら国保。健康保険と一緒に介護保険料を徴収されます。毎年変わります、というか、給料に応じた料率で自動的に徴収されます。
 で、ときどき、大手であっても自前の健保組合を止めて協会けんぽに移るニュースが流れますね~。
 ・・・大手ほど料率が低かったのですが、このところ差が無くなってきているからで、その大きな理由は、高齢者医療と介護の負担割合のため。で、総報酬割りとか導入中。

(ま、健保組合を廃止する間接的理由として、まとまった資金を集めても昔ほど高金利で運用できないってのもあるとは思います。保養所とか福利厚生とかもどんどん減少していっているはず。つーか、福利厚生もアウトソーシングしてますもんね。)

〜〜〜話がずれました、本題の介護保険料の推移です。

 介護保険ができたのは2000年4月から。で、その時からの介護保険料の推移です。加重平均値です。なお、サラリーマンは労使折半ですが、このグラフは折半「前」なので注意してみてください。
 厚労省は、前回の3年前、図中の※2のように将来予想を立てています。
  ・・・こんな額が年金生活者、払えますかね〜
 これが、介保は将来破綻するといわれている理由!

Kaigo2018

〜〜〜〜介護保険の財政の中身
 豆知識として覚えておきましょう。 
 平成28年度の予算でみると、介護保険の総額は約10兆円\(◎o◎)/!

●半分が公費=税金です。
で、さらに、国が半分・自治体が半分(さらに都道府県と市町村で半分ずつ)
●のこり半分のうち、1号と2号とで分け合っていて、現役負担(2号ね)は約28%。
 高齢者の負担は22%(2号の負担分は仕送り分とか上納金、なんていう表現でかかれることもあります。)
 ・・・で、介護サービスの費用を1割負担から、2割負担にしたり3割負担にしたり、現役世代は総報酬制にしたりしているところ。そして、財政規模の小さい高齢化率の高い地域は、財政がもたないので広域連合を作りつつある、というのが現状です。

 ・・・だけど、今の介護保険は財政的にとても厳しくて、これはみんなの問題です。

(で、何度も書いて申し訳ないけど、グラフの通りどんどん財政が膨らんでいくのだとすれば、介保の総額は、15兆円とか20兆円のお金の話。
 なのに、国会は8億円のモリカケ問題で揺れている。。。。情けない(;_;)
「20万円の給料で8円の話」を、もう1年以上やってんだから・・・
 →「丁寧に説明する」と言いながら説明していないのが悪いんだけどね)

 国会議員は、「みんなの問題」を取り上げるところじゃないのか!と言いたいわけです。

 

|

より以前の記事一覧