FP-教育

2016/10/27

給付型奨学金は月3万円、成績4以上→まだ未定

経済的な理由で大学に行くことが出来ない人のために創設される予定の給付型奨学金。
高校での成績が4以上で、月3万円で検討! というニュースが先日出ていました。
 →まだ、未定です。今後どうなるか分からない。
 
で、「成績が4以上で、月3万円」って、どっちももの凄く中途半端な数字だなぁ、と思ったのですが、皆さんはどうでしょうか?

しかも、財源捻出(約500億円)のために、扶養控除を縮小するとか言ってるし。

【国立大学】
        授業料      入学料
昭和50年  36000円   50000円
昭和55年 180000円   80000円
昭和60年 252000円  120000円
平成 元年 339600円  185400円
平成 5年 411600円  230000円
平成10年 469200円  275000円
平成15年 520800円  282000円
平成20年 535800円  282000円(標準額=学校で違うようになった)
平成25年   〃        〃

今や国立大学と言っても、かなり高い授業料。私立の優待生と良い勝負です。

過去20年分の値上げ分を積み立てていれば、今後20年分くらいの予算が賄えた、という計算になります。。。。
→ 国立大学在学者数60万人×10万円=600億円

で、月3万円×12ヶ月の給付があっても、、、あとはバイトしろってか。

どっかの企業の宣伝キャンペーンみたいに「100人に一人はタダ!」みたいな方がインパクトがあるし、良いと思うぞ。

・・・きっと、対象者が多い方が票に繋がるなんて思ってんだろうな。選挙年齢引き下げたことだし。違うって、インパクトの大きい方が受けるんだって。

※本日100人に一人タダ=本日全員1%引きと同じ、なのにインパクトでかい

|

2016/06/10

奨学金の延滞問題:理由が結構興味深い(調査結果)

奨学金の延滞問題。
一時期、取り立てが「サラ金みたいだ」とか「すぐにブラックリストに載る」とか、いろいろ言われました。若者が非正規・あるいは職が無いで払うに払えない状況、というのも国会で取り上げられました。

〜〜〜〜一応、今、51歳のオジサンの目から、書いてみると・・・

その昔は、育英会の奨学金と呼んでいました。で、私より一回り上の世代だと、
 「あれは返さなくて良いんだよ、督促状くるけど放っておけばいいんだよ」
なんて言われていたこともあります。現実、返していない人も多かった。
で、連帯保証人を取るようになり→返せないとなるとブラックリスト(債権情報)に載せたりと変わってきています。

 ちょっと前、学校ごとの延滞者率のリストを作って公表するとかどうとかで話題になってきたので、学生支援機構のHPを見に行きました。
 現在の延滞者の割合は、下の図のような感じ。約5%です。残りのほとんどはきちんと返済しています。

Shougakukin26all

 もう少し突っ込みたかったので、「平成26年度奨学金の返還者に関す属性調査」と言うものも見てみました。これを見ると実に興味深いのです。無作為抽出の調査結果ですが、「延滞する人としない人」で明らかな差があるデータがいろいろ出ているのです。
 最もビックリしたのが、「返還義務を知った時期」……図に描いた通りです。

 ・申請書類を書いている途中の人
 ・卒業する時(たぶん、これから返還してねという書類がやって来て初めて知る)
 ・督促がきて初めて返還義務を知った人

 これらすべて、最初は「奨学金=貰える」と誤解していた人たちですね。延滞者4.8%のうちの約半分が誤解しているということになります。

 →だから私は、「奨学金」じゃなく「学生ローン」と名前を変えるべきと昔から思っているのであります……これで一発解決! のはず。

〜〜〜〜〜〜さらに、興味深かったのが、

 ・誰からこの奨学金を勧められたか?
それと
 ・誰が申請書類を書いたか?

これも明らかな差が見られます。
延滞している人のうち「学校から教えて貰った」という人が延滞していない人の4倍以上!
でも、やはりほとんどは「親から」です。
この図を見て私が思ったことが二つ!

一つ目  悪徳教師がいるんじゃないかっ?!
 「オレ、バカだし、大学行かないで働くわ。先生どこか紹介してよ」
 「お前なら大学行けるぞ、奨学金っていう制度もあるし」
……ここで、奨学金=借金だと言わない教師。
 なぜ言わないかというと、就職先を紹介するのが面倒だから。
 紹介してもすぐに辞めて戻ってくるから。
 (   ↑ 
  こんなことがあると、半年ほど前にどこかの週刊誌で読んだ)

 二つ目  親が子どもに言わずに、申し込んだっ!
 「お前は、カネの心配なんかしなくていいから」
……これは、いろいろありそう。子どもに見栄を張りたかったとか
 親が払うつもりでいたけど、病気やリストラで払えなくなったとか
 家族の誰かが倒れて急遽離職して、なのでこっそり申し込んだとか
 家庭の事情でバタバタしている時に、ささっと申し込んだとか

 いや、普通の親・普通の子どもなら、どこかの時点で気づくはずです。でも普通じゃない親/子も世の中にはいる! いますよね。「ここに名前書いてっ、ハンコ押してっ」と言われてささーと済ませる人もいそうな気がします。
 もし「(高校卒業する)うちの子には、こういうことは難しすぎる」なんて説明を省いちゃった親(や教師)は、「契約」や「保証人」や「債務・借金」や「利息」なんかを教える絶好の機会をむざむざ捨てたんじゃないかとも思ったりしています。
 

|

2016/01/06

奨学金一括返済で「報奨金」があった(やや過去形)

あまり古い話を載せるのは気が引けるのですが、

「奨学金を一括返済すると、報奨金がありますよね。
 一括返済の分の1割、戻ってきますよね~」

なんて言われる方が、時々いらっしゃます。

「奨学金を貰うけど貯めておいて、卒業すぐに返すと得になりますよね」
なんて言われる人もいます。

・・・昔は、学生支援機構(旧育英会)の奨学金には、そんな制度がありました! 過去形です!(・・・やや過去形(^^;))

   2000年3月までの人   繰上分の 10% キャッシュバック
   2000年4月以降の人   繰上分の 
5% キャッシュバック
   2005年4月以降の人     制度なし

高校・大学・大学院と借りたような人は返済年限が長いですから、まだ対象の人もほんの少しいると思いますが、ほとんどの方は対象外のハズ。

こんな事を書くと、 「昔の人は得だったなぁ、ずるい~」
なんて思う人もたぶん多いと思いますが、当時は、定期預金でも利息が結構あったんです。3%の金利で5年分だと単純計算でも15%の利息
  、、、、まあ、低金利が続きそうな気配で順次縮小された報奨金制度、であります。

=========

なお現在、有利子奨学金(2種の方)は、住宅ローンと同じように、繰り上げした分の利息が減りますから繰り上げ返済すると得になるのは当然です。

無利子の人は、まあ無理して一括で返さなくても。。。。(^^;)

|

2014/11/10

合格したけど教育費が! 国の教育ローン 350万円までにアップ

受験生、推薦入学とか、どんどん合格発表がはじまっていますね。
「合格おめでとう!」

でも、資金が・・・・こんな人は多いはず。

  日本学生支援機構の奨学金だけじゃ足りない!
  なので、進学でローンを組みたい!

こんな時にまず考えたいのが「国の教育ローン」(旧国民金融公庫あらため、日本政策金融公庫)。文字通り「ローン」です。
最初に考えたい理由は、ずばり条件が良いから♪

今年度、5年ぶりに限度額が350万円までに引き上げられました。
(従来200万円→300万(5年前)→今年度350万円)。
海外留学資金の場合はさらに100万円プラスして、450万円まで。

  返済15年以内、 金利2.35%(固定)
  (例 350万 15年間179回払いで月々23,200円)
 
 大学・大学院・高校・専修学校・予備校など一定の要件を満たす学校

ただし所得制限があります。高所得者は融資を受けられません。所得控除後で夫婦合算(世帯所得)。

【所得制限】
       給与所得者(自営業等)
  子供1人  790万  (590万)
  子供2人  890万  (680万)
  子供3人  990万  (770万)
  (以下省略)

 ※特定要件に該当している方は、条件が緩和。以下の場合、
  子供の人数が少なくても子供3人として判断されます。
   ・勤続3年未満 ・居住1年未満
   ・親が単身赴任 ・自宅外通学(予定) 
   ・家族に介護者がいて、医療費や介護費を負担している
   ・返済負担率 30%越え(←ローンの多い人ね)
  など
  
詳しくは、国の教育ローン(日本政策金融公庫(旧国民金融公庫))へどうぞ
   www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
  (ホーム > 融資のご案内 > 融資制度一覧から探す > 教育一般貸付(国の教育ローン) )

====

銀行ローンと比べると、国がやっているだけに条件が良い♪
民間銀行の教育ローンと比較するとすれば、
 民間は固定か変動か、
     使える使途(留学にもOKとか、資格試験でもOKとか)
     返済期間を選べるとか
 いろいろなものがあります。

ただ、私が悩ましくなるのが変動金利で借りたい場合。
今の金利だけで比較すると、民間が勝るときもよくあります。ただ物価が上昇している今、いつまで低金利かは不透明。住宅ローンと比べると一桁小さい借金なので、返済期間が短いならちょっと悩ましいところなのです。

さて、教育費、どれくらいかかるか?
特に、中高でローン、さらに大学も控えてる、なんて場合はしっかり計画してください♪

ちょっと古い記事ですが・・・こちらもどうぞ
【関連記事】
 ●年収別の教育費の年額、中学・高校編(公立・私立) (2012/06/12)
 ●年収別の教育費の年額、幼稚園・小学校編(公立・私立) (2012/06/11)

========

「すべて国公立志望、私立は行かせる予定はない!」
なんて人でも、私は、お子さんが中学生の場合、私立高校のプランは考えます。

だって、「公立高にすべったらどうします? 浪人ですか?」

・・・考えがまとまってない人も結構いらっしゃるし。

※大学は、浪人は減ってきているとはいえめずらしくないし、奨学金制度のあるところや、バイトしながらとか通うとかもできる。場合によれば社会人になってからだって大学に行ける。でも、高校は・・・っていう私の個人的思考が入ってるのですが、それでも私立高校まではできるだけ考えるようにしています。ま、親の考え方優先ではありますが・・・

学費は、ある意味、子供が生まれた時から準備できる費用です。でも今の世の中(リストラ・倒産・病気・親の介護・・・)、しっかり準備していたつもりでもままならないこともある。でも3年先くらいはやっぱり考えていて欲しいなぁと。「合格したけど、納付金が・・・」は、できれば避けて欲しいです。

======
私がよく行く、近所のスーパーライフ、よく学生らしきのがバイトしています。
私が見る限り、単純に人手不足で雇っている感じじゃないし、でも、しっかり教育はしている、、、、ように見える。そんでもって、みんな真面目そう。
もし、機会があれば、採用担当者とお話ししたいと思ってます。

|

2014/04/07

私立大学、初年度の仕送り300万円(年収の1/3超)

東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の調査結果。
時事通信が報道していたので、それを受けて他社でも報道されていました。

●2013年度に入学した関東の下宿生
  仕送り月額 8万9千円(過去最低を更新)

●保護者の平均年収は902万円
 初年度4〜12月の仕送り額の合計は 294万円
   年収の3分の1 !

====
今どきの若い人というと、効率重視タイプが多い、すなわち、
「それって何の意味があるの?」
「する意味、全然わかんないんだけど」
こんなことをすぐ口にしそうな若い人ほど、

「何のために大学に行くのか?」
なんていう疑問もなく大学に行っていたりして・・・ね。

ま、あえて古い話をすると、
  ・戦争中は国のために戦死するのが当然だった時代もあれば、
  ・田舎から都会に出て滅私奉公して働くのが当然だった時代もある

「何のために大学に行くのか?」
今どきだからこそ、大切な質問かも。←親も子もね♪

====
 
 「結局、退学したし、留学も途中で帰ってきたし、その後の専門学校も
  ・・・えらくお金かけたけどさぁぁ」
     こんな人も結構いたりするわけでして。(^^;)

 「数年間という時間」と「数百万円〜千万円のお金」がかかるのが大学生活。だからこそ、自分の人生にとって、それだけの価値のあるものにしてほしいなぁと思うわけでして。←親も子もね♪

|

2014/04/02

返済不要の高校生等奨学給付金!やっと始まりそう(低所得者向け)

春っぽい毎日! 新学期のシーズン。
今年は、入学式と桜が一緒のところも結構ありそうな・・・

以前、このブログに

>給付型奨学金、作る気ないのか?>文科省

なんて書きましたが、ついに低所得者むけに給付型の奨学金ができます。

文科省のHP
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1344089.htm

 ・原則26年4月以降の入学者が対象
 ・詳細は各都道府県で異なる。

========

で、肝心の低所得者の基準がHPには書かれていないのですが、他のニュースによると、年収250万円~300万円以下というところのようです。

(以下HPより抜粋)

制度概要

教育費負担の大きい低所得者世帯に対して、教育費に充てるための給付金を支給することにより、高校生等の修学を支援することを目的。

○生活保護受給世帯

 ・国立・公立: 年額3万2,300円(通信制は除く)
 ・私 立  : 年額5万2.600円(通信制は除く)

  ※修学旅行費相当額

○第一子の高校生等がいる世帯
 ・国立・公立 :年額3万7,400円(通信制は2万7,800円)
 ・私 立   :年額3万8,000円

  ※教科書教材費、通学用品費、校外生徒会・PTA会費相当額

○23歳未満の扶養されている兄・姉がいる世帯で
 第2子以降の高校生等がいる世帯

 ・国立・公立 :年額12万9,700円(通信制は3万6,500円)
 ・私 立   :年額13万8,000円(通信制は3万8,100円)
  ※教科書教材費、通学用品費、校外生徒会・PTA会費相当額

個人的には、もうちょっと“ドカンっ!”とした制度だったらいいのになぁと。
(低所得だからじゃなく、優秀だからと言う点を盛り込んで欲しかったのだけど・・・
 優秀だけど低所得世帯のせいで高校をあきらめる人をドカンっと助けることこそ国のためで、それをしないと国の損失だと思っていいたのだけどね)

でもまぁ一歩前進か♪
========

【過去記事】
 ●奨学金の減額返還制度(年収300万円以下) (2012/07/11)
     ↑
    これは学生支援機構(育英会)のやつね

|

2014/01/29

かんぽ生命;貯蓄率の高い学資保険認可

先週のニュースです。

かんぽ生命、すなわち、日本郵政公社が分割民営化してできた会社。だんだんと、「いつ分割されたんだっけ」と思うくらいになってきてます。

で、民業を圧迫しない!とか、政府保証がある間はダメとか、不払い・未払い問題を先に片付けるべき!とか いろいろ難癖をつけられてきたかんぽ生命が、申請していた新しい学資保険、やっと先週認可されました。

これまで、かんぽの学資保険は保障が手厚い分だけ、戻り率が悪くて、、、、つまり払えば払うほど損をする保険だった(※それでも保障をメリットと考える人には良かったのだけど、往々にして古い学資保険のイメージで、得する保険だと思って入っていた人も多かった)

で、戻り率の高いほかの保険会社に、どんどん取られていたんですね。
ライバルと言えば、アフ●ック、富●生命、あたりでしょうか?

どんな商品詳細になるのかは知りませんが、どんなパンフレットができるのか楽しみ楽しみ♪
・・・・んでもね、国債利率が低い間は、そんなに得する保険ができる訳じゃない。
   学資保険が悪いわけでもなく、お奨めしないわけでもないんですが、
   定期預金の自動積み立てや、財形貯蓄の利便性(←いざと言う時いつでも
   簡単におろす事ができるという利便性)とも比較したいものであります。

要は、しっかり準備するかどうかの話で、実際にはそれ以前の問題が多かったりするのが現実であります。

|

2014/01/18

受験生、ガンバレ!

センター試験です。

まっ、ガンバレ! と応援したところでどうにかなるってモノじゃないかもしれませんが・・・m(_ _)m
それでも皆さん無事、実力を発揮して貰いたいです。

制度変更・脱ゆとり世代参入で、「今年は浪人できない! ワンランク落としても絶対合格!」 なんて方も結構多いらしい。

==========

滑り止めの砂! あちこちの鉄道会社が配っていたり売っていたりします。
茶道が盛んな京都では、「ちゃせん」も人気らしいと言うニュースが先日ありました。・・・・おちやせん(こういうの好き♪)

大阪天神のうどん屋さんが、「滑らないお箸」で食べると縁起がよいとかで人気だとか。

スーパー行っても、いろいろ受験生応援グッズがあって楽しいです。一言メッセージOKとか、夜食に最適とか。

==========

最近、新しい言葉を知りました。私にとっての新しい言葉なので、ひょっとすると普通の人には常識なのかもしれません。こんな単語・略語、皆さんわかりますか?

MARCH・早慶・日東駒専・関関同立・産近甲龍

ほかにもあります。

関東、大東亜帝國・関東上流江戸桜・中東和平
関西なら、摂神追桃・神姫流兵

(ちなみにMARCHは、明治・青山・立教・中央・法政の意味)

これ以外のfランク(通称エフラン)ってのも。 「大学どこ?」「うーん、エフランだし」

って使うらしい。

・・・・知らない言葉が一杯です。会話できないかもという不安が・・・

==========

大学の広告や案内をみると、今は“奨学生”“特待生”という文字が目白押しです。
初年度入学金(入試優秀者)、毎年の授業料(毎年の優秀者に限る)、2年ごとで判断。
合格発表前に奨学金OKか否かを通知。
大きいものから小さいものまで、いろんな奨学制度を作って「学生の3割が奨学金を受けてます!」という大学もある(専門学校だったかも)。
 ・・・どこの大学も優秀な生徒の取り合いっていう感じですね。

ちょっと天気が心配です。受験に行ってインフルエンザなんか移されませんように♪

|

2012/12/04

教育費;年収の半分が(住宅ローン+教育)の世帯は4割(日本政策金融公庫調べ)

日本政策金融公庫の調査結果をもう一つ。
(教育ローンを借りた人の調査結果H24.11.28に公表、約5000世帯の調査)

この教育ローンを利用した人のうち、

  持ち家(住宅ローンあり) 45.9%
  持ち家(住宅ローンなし) 23.6%
  賃 借          30.5%

でもって、住宅ローンありのうち、
  年収に占める(住宅ローン+在学費用の合計)が年収の何%か?

      年収の40%未満・・・36%
      年収の40〜50%・・・24%
      年収の50%以上・・・40%

   --------

  年収の
     半分以上がローン返済である家庭・・・4割!!
     40%以上も含めると・・・・・・・・・6割、越えます!!

--------
お父さん頑張れ!!

・・・言っちゃ悪いのだけど、
「子ども手当が無くなったら破綻した!」
なんていう家庭が増えるんじゃないかと少し心配しています。

|

教育費;子ども一人につき、高校から大学までで平均1000万円(日本政策金融公庫調べ)

日本政策金融公庫、で教育ローンを借りた人の調査結果がH24.11.28に公表されました。約5000世帯の調査。

 高校入学〜大学卒業までの費用は、

  子ども一人あたり1031万円。
  年収に占める教育費の割合は、 39%
    (平均世帯年収 558万円)

【入学費用】 高校  48万円 大学  94万円

    (私立大学だけ取りあげると 文系96万円、 理系 103万円)

【在学費用】 高校 年96万円 大学 年149万円

    (私立大学だけ取りあげると 文系142万円、 理系 171万円)

|

より以前の記事一覧