FP-教育

2018/09/10

これからの子供たちがAIに勝つために必要なこと

だいぶ、涼しくなってきました♪ (ちょっと秋を感じてきたぞ)
いや〜 今年の夏は、ダメージ大きかったです。

正直言って、自分が親の年齢になった時、この暑さに耐えられるかな? と疑問に思いました。

〜〜〜〜〜
今度、小中学校にクーラーを入れると言うこと。
  ・・・危険な暑さだからね

でもっ!
下校時間の方は、問題ないのか? 一番暑い時間に帰ってくるような気がしてなりません。はっきり言って、自分なら外に出たくない時間帯。

ここ最近、待機児童とか幼児教育とか、(ついでに言うと、英語教育とかプログラミングとか、別の面から言うと、子ども食堂とか学童とか)、そんな子供たちの話題が多いですが、本当に子供たちにとって良い環境になっているのかなぁ、と、、、、、子供のいない私でも思うわけで。

どうなんだろ?

ちなみに、「待機児童問題」だけを取り上げると、親目線であって子供目線じゃない!
むしろ、産休・育休制度のほか、どう子供を育てるのかという点に注目すべき、だと思っています。(→社会的観点としてね、個人に押しつけてる・・・ような)

だけどニュースだと、「虐待」とか、そういうレベルのニュースが多い。

で、老人問題でも子供の点でも、地域コミュニティを! と言う割には、やっぱり犯罪(虐待や性犯罪や・・・)がと、別次元の話をしていたりします。

〜〜〜〜

なんで、【社会】がこんなにも、脆弱で息苦しくなったんだろ?
なんで、ある一面だけしかとらえない時代になったんだろ?

・・・これを、「現代人は、中身を読まずに(週刊誌の)見出しだけしか見ない」
   と表現した人は偉いなぁと。(→どっかで読んだんだけどどこの誰だか覚えてない)

そう! 今は、中身を読まずに、見出しだけで判断する。見出しだけで、善し悪しを判断する。こういう危険性を持っているってことに、気が付く人が増えてきている!

この時、要求されるのは、「想像力」と「普遍性」と「その人の情熱」!

AIで職を失う人が増えるなんて騒いでいますが、
「想像力→洞察力」と「普遍性」と「情熱」がある人は、AIなんて恐くない!

 ・・・これ、そう簡単にAIが人を超越できませんから。

知識の量より、知識の質が問われている時代がもうすぐやってきますよ〜

|

2018/08/21

読書感想文とは、「いいね」の先を吟味すること

子供たちの夏休みももうすぐ終わり!
きっと、読書感想文に苦しんでいる子供が大勢いるはず。

で、ワタシ、読書感想文なんて本嫌いを増やしている教育だと思っているので
→ 反対です。
文章書かせるより、まずは読ませる方が先♪ それも5冊・10冊・20冊。

・・・感想なんてどうだっていい、文章を読ませて、文章を理解して、
   感情移入して、その想像力を膨らませることが大事

【衝撃の関連記事】
 ●ちょっと長い文章になると理解できない若者が3割(2017/12/09)

 →このレベルだと、試験問題が理解できず、MARCHレベルの合格は無理らしい
  それが3割いる事実!

〜〜〜〜〜〜

それはさておき、現代社会では、いろんなニュースや情報が流れます。

 それを、「いいね」したり、「リツイート」したり。
  ・・・これがこれで、ニュースになっていること自体が
     ワタシは不思議であったりするのですけどね。

で、読書感想文ってのは、その「いいね」の先を吟味することなのです。
そうでないと、単純に
「主人公が○○したのが良かった。ちゃんちゃん」
なんていう「いいね」押したレベルの文章になっちゃいます。

読書感想文にしようと思ったら、

 なぜ、「いいね」と思ったのか、
 どこが「いいね」と思ったのか、
 どこに共感したのか感動したのか、
 なぜそう思ったのか。。。逆に「良くない」と思ったのか。

これらを【吟味する】ことが読書感想文。

〜〜〜(今日はもう一つ書いておこう♪)

例えば将来、どこかの会社に就職して、その時、上司(経営者)が

「よし! 新しい工場を作るぞ!」
なんて決めた時、その上司(経営者)は、
「どこに工場を作ったらいいか?」

これをYahooやGOOGLEで、
 「工場 最適地」なんて検索しませんよ、、、絶対に。
Yahoo知恵袋とかほかのSNSで
 「どこが良いと思いますか?」とか質問しませんよ、、、絶対に。

そんなことを検索してたらワタシはその会社を見限ります。

→当然、
 立地条件・物流・雇用者・天候や利便性、
 いろんな観点から考えなきゃいけません。

  ∴ これからは、こういった能力がますます求めらる

「いいね」のその先の能力が求められているわけ。

だから、読書感想文をなめてはいけません。その先を考える力を養うのが読書感想文。

(それを考慮しても、この読書感想文っていう夏休みの宿題は、
 本嫌いを増やしているような気がしてならないんだよね〜)

〜〜〜〜

 大人の方もうかうかしてられません。「いいね」や「リツイート」している場合じゃありません。まぁ、するな!とは言いませんが、「吟味する力」も、是非とも養って下さい。

 ・・・意外と2チャンネル(5チャンネル)の会話って、吟味されていたりする時も多くて、結構参考になっています。少なくとも、「いいね」やツイート数をニュースに出すよりよっぽど良い。

 →マスコミが、「今話題の〜」「リツイート数が~」なんてやっているようでは、
  世も末です〜(;_;)

(つーか、これを読んでいる人は、たぶん「いいね」や「リツイート」あるいは「つぶやき」そのものがなぜそんなにモテはやされているのか直感的には分からない人が多いと思います。
 →だからバカッター、と言われるよな人が出てくるわけ。)

 なぜだか、分かります?

 情報過多だから、古い情報より新しい情報、すなわちリアルに価値が出る!
 だから「〜なう」なんて流行った! と思えば理解できます。
 月曜ドラマや土曜ドラマより、ドキュメンタリーや、いま逃走中の犯人・今から謝罪会見を行う著名人(とか、へんなオッサンとか)に価値が出る。

  ・・・リアル! に価値が出ている変な状態

 これに気づいたから、新サイト=人生物語である
 「FPいちばん提案書 https://fp1ban.com/」
を作ったのであります。(と宣伝しておこう♪)

 ・・・その人・その人独自の、「人生ドラマ」に接することがリアルで一番面白いのです♪

「いいね・よくないね」これを感じた後を是非とも、考えてみてください。人間の幅が広がります(←とくに若い人)。それが自分の豊かさになってきます♪

|

2018/04/12

その大学、借金してまで行く大学ですか?

 この仕事を始めて十年以上。
 ライフプランをいっぱい作っていると、一定のパターンというのが見えてきます。
  →支出が増えて苦しい時期は大体二つ。
    ・子どもが高校・大学の時と
    ・老後(定年退職10年後。あえて加えると、配偶者が亡くなった時)
 今日は表題通り、大学の教育費の方。
〜〜〜〜
 平成28年年末の文科省「平成28年度学校基本調査(確定値)の公表について」を見ると、高卒後の進路は・・・

     大学進学率   55%
     専門学校進学率 16% → ここまでで、あわせて71%
     就業者     18%
  進学も就職もしていない 4%
     その他      6% → ここまでで、99%
               ・・・(1%の誤差は許してくれ(^_^;))

となっています。

 で、大学費用ね、、、私がキャッシュフロー表を作る時は、
  年間150万〜200万円の数字 ×4年とか6年(医学系とか修士までの場合を入れます。
   ・・・この数字は、学生支援機構から持ってきた数字。

ここまでは良いですよね。

〜〜〜〜・ さて、皆さん子供が生まれたら! 
 学資保険とか子ども用の銀行口座を作ります。

 児童手当は、一人目1万円 二人目は5千円。何歳かになると・・・とかややこしいですが、そんなものに関係なく皆さん、とりあえず、
「月1万円の貯金!」を始められます。
  子ども一人目が1万円だから。
  →二人目が出来ても児童手当5千円だけど、長男と同じく1万円、っていう人が多い。

 1万円×12ヶ月、、、年間12万円を高校卒業まで貯めると、18年間。
   ・・・216万円です!  少々利息がついても、240万円。

 この額だと、上で書いたように、大学費用の1年か1年半で、なくなっちゃいます!

→だから皆さん、教育ローンとか、奨学金というローンを借りるわけ♪♪♪

〜〜〜〜
 50年前だと、
「金が無いから大学行かない・行かせられない。大学はお金持ちが行くもの」
だったわけで、進学率が3割くらいでしたから、行かなくてもフツーでした。

【教育資金が無いのに・教育資金が貯まってないのに、大学に行かせるな!】と書くとキツイ言い方になりますかね。・・・なら、こう言いましょう。
【その大学、借金してまで行く大学ですか?】
 昨年度(29年度)で言うと【私立・自宅外通学 の場合】月額64,000円の貸与が可能です。
 これに12ヶ月×4年を掛けると、およそ307万円になります。

 大卒初任給20万円、ボーナスしっかり6ヶ月分出たとしても、年収は360万円。

 はっきり言って、大学のレベルが真ん中より下のさらに下のクラスなら、高卒で働いた方がキャッシュフローはよくなります。

〜〜〜〜
 もっとも、子供さんがまだ小学生なら、、、これから先、大学の在り方は大きく変わるでしょう。私はそう思ってます。だって、すでに全入学時代。あと十年もすれば、定員割れの大学が続出!

 その時大事なのは何か? 中途半端な卒業証書ではなく、「何かをやりたい!」という意志。 もっといえば、少々お金が無いとしても、やりたいと思う意識。
  ・・・例えば、いつもはバイトしながら、サッカーの練習に一生懸命な若者とか
    非正規で生活が不安定でも、地域の輪を繋げることが私の情熱だと、それを持ち続けられる人
 こんな情熱をもてる人が、重要視される。

→ということは、大学に入ることが目的になるのではなく、そんな情熱をどうやって育むのが大事か? そのためには? って話になる。
(すでにそっちの方を重視している親は増えてきている。簡単に言うと、幼少期の情操教育ね♪)

 でもね〜

 親から子に伝えなきゃいけないことって、今も昔もそんなには変わらないと思います。
 仕事柄、相続の話は時々あるのですけどね、、、お金の多い少ないよりも気持ちをどう伝えていくのか? こっちの方が、ホントは大事。。。。と思っています。(卒業証書はあまり関係ないぞ~と。)

|

2018/02/09

銀座の公立小学校の制服アルマーニで8万円、国会でも

 あちこちのニュースでも取り上げられておりました。
「銀座の公立小学校の制服 アルマーニで一式揃えると8万円」とか。
ニュースだけでなく国会でも取り上げられていました。なぜか麻生さんが答弁。(←予算関連だから?)

学校と制服!
「服育」という言葉は今回はじめて知りましたが、確かにこういうものはあると思います。“制服着てるしな”というプライドとか自制観念とか、女子中学生が制服で高校を選ぶとか。

でも、
 ・高校ならともかく小学校でどうなの? 成長期なんだし
 ・そもそも、制服の価格って良く分かんないよね

という疑問がかなりあります。(標準服は義務じゃない、けど、みんな着てるってところが難しい問題?)

 昔から、よく「私立高校に行ったら制服5万円。お父さんのスーツ2着分」なんて話は以前から聞きました。むしろ、(公立でも)遠足とか社会見学とかで列車で見かける小学生がお揃いのバッグだったり、体操服だったり帽子だったり、を身につけているのを見ると、
「これ、タダで支給じゃないよな。買わされてるんだよな」

  →最近は公立でも金がかかるんだよなって

 アルマーニが問題なのじゃなく、そもそも、価格決定過程・選定過程が不透明。このニュースは、むしろ、この価格問題を浮き彫りにしたんじゃないかと思ってます。

  →最低限、学校のHPとか教育委員会のHPで、
    「こんなお金がかかります」
  と明示すべきなんじゃないですかねぇ~

~~~

 吹奏楽部やマーチングバンド部に入ったら、楽器が(一応、学校の備品があるものの)、子供に買って欲しいと言われて大変な出費、ってのは、何度か聞いたことがあります。

 で、昔、とある女の子と喋っていたときの会話。

 私「マーチングバンドって、楽器何やってたの?」
相手「ピッコロ、、、って分かります?」
 私「フルートの小さいヤツだったっけ。」
相手「えっ、よく知ってますね」
 私「いや、ビオラとバイオリン、チェロとコントラバス、ホルンとチューバ、木琴と鉄琴、ピアノとエレクトーン、みんなペアで覚えない?」
相手「そんな~、みんな知らないですよ~。吹奏楽やってたんですか? 友達に、ピッコロって言うと、普通に『ドラゴンボール?』とか返ってきますよ~」

 私「ははは。。。ピッコロとヤムチャ?
   で、やっぱり親に買って貰った?」
相手「学生用の安いもので10万円くらいのやつを」

 →クラブにはいるとこんなお金がかかります、ってのも書いて欲しいな。

|

2017/11/27

これからの教育は、媒体=メディアとのつきあい方が重要だ

 座間市の連続殺人事件、“首吊り士”事件。当事者たちの連絡手段がスマホを介したSNS。
 サスペンス劇場顔負け、というか、完全に負けてます。
 かつての猟奇的な小説である、横溝正史や江戸川乱歩の小説以上です。
 R-15指定になるような映画やその原作以上かも。

(広辞苑より)
# 媒体;
# 媒介するもの。伝達の媒介となる手段。メディア。「広告--」
~~~~~

 赤の他人とやりとりしようと思えば・・・
 コミュニケーション媒体と言えば、昔は、手紙でした。

 私が小学生・中学生頃(昭和50年~60年代)は雑誌の最後の方に「お手紙交換コーナー」がありました。簡単なプロフや興味のあることなんかを書いて手紙を出すというモノ。
 その後、携帯メールが出来て、メールを通してという連絡手段に変わりました。
 この間、知る人ぞ知る「ダイアルQ2」なんてのもありました。
  →電話を通じた不特定多数との出会いね♪

 一方、情報発信としての媒体!

 その昔は、新聞・雑誌・テレビにラジオが主な情報源。そこから延長して、書籍化して一般庶民に目が触れる。そうでなきゃ、手作り広告やビラを近所で配るのが精一杯、でありました。
 でも、今や、HPやブログやSNSを通して、あるいは、ネットゲームを通して、たとえ小学生でも、瞬時に、世界中に情報が出せるようになりました。 

 これが良いことなのか・悪いことなのか?

→ちょうど、「親が子供に見せたくないテレビ番組ランキング」なんて言うのと似てますね。親がいくら注意したって子供は聞かないもの。

 どう、メディア=情報とつきあうか?
 ・・・ここが、これからの教育界の大きな問題になる!

~~~~
 昔の社会科の授業なら、一つのニュースについて、数社の新聞社の新聞記事を見比べてその違いを見る、なんていう教育ができました。
 でも、いま、そんなことする先生なんて、まずいないでしょう。
 だいたい、親も先生も新聞の購読率は下がっていると思います。

 で、ネットやSNSが情報源だとしても、何を見ているかは人によってさまざまで、とても追いかけられない&情報を公平に扱えません。

 そんな中で、どう、情報とつきあうのか?

「ヒットするかどうかなんて、宣伝力・資金力なんだよね~」
なんていう事実もあったりするわけで、そんな状況下でどう、メディアとつきあうか、それに、自分自身も情報発信者となるか?

 ・・・私もこのブログでは一人の発信者であったりするわけで。
    何を発信するか・しないか、するべきか?

 こういうことを抜きに単に「つぶやく」時代が来ていることをちょっと恐怖に思ったりするのです。

 おそらくね~、お金のことより大事なことになるような気がしてます。
 だって、かつて重要と言われた(今でも重要だけど)、経営の4要素「人・物・金・情報」 の一つが情報なんだから。
 情報学とかメディア論とか、普通の学校で教えないでしょ。
 (→と、ココまで書いて思ったぞ。人・物・金、もあんまり教えてないね、学校というものは)

「金融リテラシー」「情報リテラシー」 これから重要になりますよっ!

 リテラシー = ある分野に関する知識・能力 @広辞苑第5版より

|

2016/10/27

給付型奨学金は月3万円、成績4以上→まだ未定

経済的な理由で大学に行くことが出来ない人のために創設される予定の給付型奨学金。
高校での成績が4以上で、月3万円で検討! というニュースが先日出ていました。
 →まだ、未定です。今後どうなるか分からない。
 
で、「成績が4以上で、月3万円」って、どっちももの凄く中途半端な数字だなぁ、と思ったのですが、皆さんはどうでしょうか?

しかも、財源捻出(約500億円)のために、扶養控除を縮小するとか言ってるし。

【国立大学】
        授業料      入学料
昭和50年  36000円   50000円
昭和55年 180000円   80000円
昭和60年 252000円  120000円
平成 元年 339600円  185400円
平成 5年 411600円  230000円
平成10年 469200円  275000円
平成15年 520800円  282000円
平成20年 535800円  282000円(標準額=学校で違うようになった)
平成25年   〃        〃

今や国立大学と言っても、かなり高い授業料。私立の優待生と良い勝負です。

過去20年分の値上げ分を積み立てていれば、今後20年分くらいの予算が賄えた、という計算になります。。。。
→ 国立大学在学者数60万人×10万円=600億円

で、月3万円×12ヶ月の給付があっても、、、あとはバイトしろってか。

どっかの企業の宣伝キャンペーンみたいに「100人に一人はタダ!」みたいな方がインパクトがあるし、良いと思うぞ。

・・・きっと、対象者が多い方が票に繋がるなんて思ってんだろうな。選挙年齢引き下げたことだし。違うって、インパクトの大きい方が受けるんだって。

※本日100人に一人タダ=本日全員1%引きと同じ、なのにインパクトでかい

|

2016/06/10

奨学金の延滞問題:理由が結構興味深い(調査結果)

奨学金の延滞問題。
一時期、取り立てが「サラ金みたいだ」とか「すぐにブラックリストに載る」とか、いろいろ言われました。若者が非正規・あるいは職が無いで払うに払えない状況、というのも国会で取り上げられました。

〜〜〜〜一応、今、51歳のオジサンの目から、書いてみると・・・

その昔は、育英会の奨学金と呼んでいました。で、私より一回り上の世代だと、
 「あれは返さなくて良いんだよ、督促状くるけど放っておけばいいんだよ」
なんて言われていたこともあります。現実、返していない人も多かった。
で、連帯保証人を取るようになり→返せないとなるとブラックリスト(債権情報)に載せたりと変わってきています。

 ちょっと前、学校ごとの延滞者率のリストを作って公表するとかどうとかで話題になってきたので、学生支援機構のHPを見に行きました。
 現在の延滞者の割合は、下の図のような感じ。約5%です。残りのほとんどはきちんと返済しています。

Shougakukin26all

 もう少し突っ込みたかったので、「平成26年度奨学金の返還者に関す属性調査」と言うものも見てみました。これを見ると実に興味深いのです。無作為抽出の調査結果ですが、「延滞する人としない人」で明らかな差があるデータがいろいろ出ているのです。
 最もビックリしたのが、「返還義務を知った時期」……図に描いた通りです。

 ・申請書類を書いている途中の人
 ・卒業する時(たぶん、これから返還してねという書類がやって来て初めて知る)
 ・督促がきて初めて返還義務を知った人

 これらすべて、最初は「奨学金=貰える」と誤解していた人たちですね。延滞者4.8%のうちの約半分が誤解しているということになります。

 →だから私は、「奨学金」じゃなく「学生ローン」と名前を変えるべきと昔から思っているのであります……これで一発解決! のはず。

〜〜〜〜〜〜さらに、興味深かったのが、

 ・誰からこの奨学金を勧められたか?
それと
 ・誰が申請書類を書いたか?

これも明らかな差が見られます。
延滞している人のうち「学校から教えて貰った」という人が延滞していない人の4倍以上!
でも、やはりほとんどは「親から」です。
この図を見て私が思ったことが二つ!

一つ目  悪徳教師がいるんじゃないかっ?!
 「オレ、バカだし、大学行かないで働くわ。先生どこか紹介してよ」
 「お前なら大学行けるぞ、奨学金っていう制度もあるし」
……ここで、奨学金=借金だと言わない教師。
 なぜ言わないかというと、就職先を紹介するのが面倒だから。
 紹介してもすぐに辞めて戻ってくるから。
 (   ↑ 
  こんなことがあると、半年ほど前にどこかの週刊誌で読んだ)

 二つ目  親が子どもに言わずに、申し込んだっ!
 「お前は、カネの心配なんかしなくていいから」
……これは、いろいろありそう。子どもに見栄を張りたかったとか
 親が払うつもりでいたけど、病気やリストラで払えなくなったとか
 家族の誰かが倒れて急遽離職して、なのでこっそり申し込んだとか
 家庭の事情でバタバタしている時に、ささっと申し込んだとか

 いや、普通の親・普通の子どもなら、どこかの時点で気づくはずです。でも普通じゃない親/子も世の中にはいる! いますよね。「ここに名前書いてっ、ハンコ押してっ」と言われてささーと済ませる人もいそうな気がします。
 もし「(高校卒業する)うちの子には、こういうことは難しすぎる」なんて説明を省いちゃった親(や教師)は、「契約」や「保証人」や「債務・借金」や「利息」なんかを教える絶好の機会をむざむざ捨てたんじゃないかとも思ったりしています。
 

|

2016/01/06

奨学金一括返済で「報奨金」があった(やや過去形)

あまり古い話を載せるのは気が引けるのですが、

「奨学金を一括返済すると、報奨金がありますよね。
 一括返済の分の1割、戻ってきますよね~」

なんて言われる方が、時々いらっしゃます。

「奨学金を貰うけど貯めておいて、卒業すぐに返すと得になりますよね」
なんて言われる人もいます。

・・・昔は、学生支援機構(旧育英会)の奨学金には、そんな制度がありました! 過去形です!(・・・やや過去形(^^;))

   2000年3月までの人   繰上分の 10% キャッシュバック
   2000年4月以降の人   繰上分の 
5% キャッシュバック
   2005年4月以降の人     制度なし

高校・大学・大学院と借りたような人は返済年限が長いですから、まだ対象の人もほんの少しいると思いますが、ほとんどの方は対象外のハズ。

こんな事を書くと、 「昔の人は得だったなぁ、ずるい~」
なんて思う人もたぶん多いと思いますが、当時は、定期預金でも利息が結構あったんです。3%の金利で5年分だと単純計算でも15%の利息
  、、、、まあ、低金利が続きそうな気配で順次縮小された報奨金制度、であります。

=========

なお現在、有利子奨学金(2種の方)は、住宅ローンと同じように、繰り上げした分の利息が減りますから繰り上げ返済すると得になるのは当然です。

無利子の人は、まあ無理して一括で返さなくても。。。。(^^;)

|

2014/11/10

合格したけど教育費が! 国の教育ローン 350万円までにアップ

受験生、推薦入学とか、どんどん合格発表がはじまっていますね。
「合格おめでとう!」

でも、資金が・・・・こんな人は多いはず。

  日本学生支援機構の奨学金だけじゃ足りない!
  なので、進学でローンを組みたい!

こんな時にまず考えたいのが「国の教育ローン」(旧国民金融公庫あらため、日本政策金融公庫)。文字通り「ローン」です。
最初に考えたい理由は、ずばり条件が良いから♪

今年度、5年ぶりに限度額が350万円までに引き上げられました。
(従来200万円→300万(5年前)→今年度350万円)。
海外留学資金の場合はさらに100万円プラスして、450万円まで。

  返済15年以内、 金利2.35%(固定)
  (例 350万 15年間179回払いで月々23,200円)
 
 大学・大学院・高校・専修学校・予備校など一定の要件を満たす学校

ただし所得制限があります。高所得者は融資を受けられません。所得控除後で夫婦合算(世帯所得)。

【所得制限】
       給与所得者(自営業等)
  子供1人  790万  (590万)
  子供2人  890万  (680万)
  子供3人  990万  (770万)
  (以下省略)

 ※特定要件に該当している方は、条件が緩和。以下の場合、
  子供の人数が少なくても子供3人として判断されます。
   ・勤続3年未満 ・居住1年未満
   ・親が単身赴任 ・自宅外通学(予定) 
   ・家族に介護者がいて、医療費や介護費を負担している
   ・返済負担率 30%越え(←ローンの多い人ね)
  など
  
詳しくは、国の教育ローン(日本政策金融公庫(旧国民金融公庫))へどうぞ
   www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
  (ホーム > 融資のご案内 > 融資制度一覧から探す > 教育一般貸付(国の教育ローン) )

====

銀行ローンと比べると、国がやっているだけに条件が良い♪
民間銀行の教育ローンと比較するとすれば、
 民間は固定か変動か、
     使える使途(留学にもOKとか、資格試験でもOKとか)
     返済期間を選べるとか
 いろいろなものがあります。

ただ、私が悩ましくなるのが変動金利で借りたい場合。
今の金利だけで比較すると、民間が勝るときもよくあります。ただ物価が上昇している今、いつまで低金利かは不透明。住宅ローンと比べると一桁小さい借金なので、返済期間が短いならちょっと悩ましいところなのです。

さて、教育費、どれくらいかかるか?
特に、中高でローン、さらに大学も控えてる、なんて場合はしっかり計画してください♪

ちょっと古い記事ですが・・・こちらもどうぞ
【関連記事】
 ●年収別の教育費の年額、中学・高校編(公立・私立) (2012/06/12)
 ●年収別の教育費の年額、幼稚園・小学校編(公立・私立) (2012/06/11)

========

「すべて国公立志望、私立は行かせる予定はない!」
なんて人でも、私は、お子さんが中学生の場合、私立高校のプランは考えます。

だって、「公立高にすべったらどうします? 浪人ですか?」

・・・考えがまとまってない人も結構いらっしゃるし。

※大学は、浪人は減ってきているとはいえめずらしくないし、奨学金制度のあるところや、バイトしながらとか通うとかもできる。場合によれば社会人になってからだって大学に行ける。でも、高校は・・・っていう私の個人的思考が入ってるのですが、それでも私立高校まではできるだけ考えるようにしています。ま、親の考え方優先ではありますが・・・

学費は、ある意味、子供が生まれた時から準備できる費用です。でも今の世の中(リストラ・倒産・病気・親の介護・・・)、しっかり準備していたつもりでもままならないこともある。でも3年先くらいはやっぱり考えていて欲しいなぁと。「合格したけど、納付金が・・・」は、できれば避けて欲しいです。

======
私がよく行く、近所のスーパーライフ、よく学生らしきのがバイトしています。
私が見る限り、単純に人手不足で雇っている感じじゃないし、でも、しっかり教育はしている、、、、ように見える。そんでもって、みんな真面目そう。
もし、機会があれば、採用担当者とお話ししたいと思ってます。

|

2014/04/07

私立大学、初年度の仕送り300万円(年収の1/3超)

東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の調査結果。
時事通信が報道していたので、それを受けて他社でも報道されていました。

●2013年度に入学した関東の下宿生
  仕送り月額 8万9千円(過去最低を更新)

●保護者の平均年収は902万円
 初年度4〜12月の仕送り額の合計は 294万円
   年収の3分の1 !

====
今どきの若い人というと、効率重視タイプが多い、すなわち、
「それって何の意味があるの?」
「する意味、全然わかんないんだけど」
こんなことをすぐ口にしそうな若い人ほど、

「何のために大学に行くのか?」
なんていう疑問もなく大学に行っていたりして・・・ね。

ま、あえて古い話をすると、
  ・戦争中は国のために戦死するのが当然だった時代もあれば、
  ・田舎から都会に出て滅私奉公して働くのが当然だった時代もある

「何のために大学に行くのか?」
今どきだからこそ、大切な質問かも。←親も子もね♪

====
 
 「結局、退学したし、留学も途中で帰ってきたし、その後の専門学校も
  ・・・えらくお金かけたけどさぁぁ」
     こんな人も結構いたりするわけでして。(^^;)

 「数年間という時間」と「数百万円〜千万円のお金」がかかるのが大学生活。だからこそ、自分の人生にとって、それだけの価値のあるものにしてほしいなぁと思うわけでして。←親も子もね♪

|

より以前の記事一覧