FP-銀行・株

2020/09/18

マイナンバーの届け出しなくても、バレる法改正

(今日は前文が長いです。。。ゴメン 証券会社がマイナンバーを知り得るという本文です)

 証券会社や銀行から「早急に出してくれないと取引が制限されますよ」と通知を受けています。(→まだ届け出していないのがいくつか。だってなくしちゃったんだもん)

~~~~

 ちょっと涼しくなってきたので、紛失したマイナンバーカードを受け取りに区役所に行ってきました。

・・・結構な人。受け取るだけで1時間ちょいかかったし

で、同じ窓口で
「マイナポイントでお待ちの○○番の番号札の方」
と何度も呼び出していて、なんだろこれ? と思っていました。

「マイナポータルで暗証コード間違って、ロックされちゃった人がこんなにいるのか?」
と思っていたんです。

(気になったので、最後に係の人に聞いたら・・・)

「マイナポイントの予約登録の方です。つまり、PC+カードリーダやカメラ・スマホもない方の手続きの人。コンビニとかで手続き出来ない方」だと。


結局、今の区役所のマイナンバー窓口では

 ・新規受付の方
 ・(受付が済んで1ヶ月くらいして、)カードの交付を受ける方
 ・マイナポイントを自宅ほかでできずに区役所で登録する方
 ・その他、紛失等の手続きの方

が混在しているのでした。
 ・・・そりゃ、混むわけだ

これでやっと、コピーして届け出ができるようになりました。 

~~~~
で、ちょっと調べていたら・・・(ここからが、今日の本文ね)
 
 届け出しなくても、証券会社は、「ほふり」→証券保管振替機構経由で、マイナンバーの照会ができるように法律改正されているらしい。令和元年~
(法案が通ったかどうかは未確認。だけど通っているんでしょう。
 投信を扱っている銀行はどうなんだろ? よくわかんない)
 
※ 国税庁の資料より、
   www.mof.go.jp/tax_policy/summary/tins/r1kaiseinoukan.pdf
 
 → これによると、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)とも連携するみたい

 とりあえず、令和3年(つまり、来年くらいまで)は、自主的な届け出を優先して、それでも届け出がなく、かつ、国税庁が怪しいと思った場合には、いろいろなシステム(=ほふりやJ-LIS)を使えるようにするようです。
 
 ・・・配当金や株式・投信譲渡益は、証券会社や銀行が適正に
    源泉徴収しなければならない、という税の公平性という名目で。
   (源泉徴収の事務効率化)

着々と進む【口座とマイナンバーの連携】ですね。

 

|

2020/08/31

大統領選の前に「総裁選」が入った。株価は?

8/28金曜の午後2時頃のこと。株価ボードを見ていると一斉に軒並み下落。
一瞬、どこかでテロでも起こったのかと思っちゃいました。

・・・ごぞんじ、安倍首相の退任発言

~~~~
8月も今日で終わり、いよいよ秋相場。(毎日、メチャクチャ暑いけど、【秋相場】というか、9月は上期決算の月ですね。配当や優待券など株主権利確定の会社が多い月ですが)

これからは、

 ・アメリカ選挙の行方かな、それとも、
 ・中国の外交がどうなるかかな、

と思っていましたが、いきなり、

 ・日本の自民党総裁選
が割り込んできた形。

もっとも、野党が野党だし(→また、合体&離散するようですが)
与党も完全なる内部分裂はさけるだろうし・・・

~~~~

やっぱり一番の問題は、コロナかなぁ。

どうも、ワクチンは
 ・安全性 ・供給体制 ・効果持続性
 
どれをとってもまだまだ、期待できそうにありません。ピークを過ぎたという情報は、信じて良いのかどうか、迷います。

なので、少なくともあと半年ほどは、今の状況がずるずる続いて、
経済がジワジワと痛めつけられるような気がしてなりません。

→ブル(上昇)・ベア(下降)株、どっちにしろ、

 ・細かい波をすくって、コガネを作りを狙うか
 ・現金などの安全資産を増やしておくか

ってところだと思いますョ。

(何か一本に絞って、
  下値では、定期積立みたいに増やし
  上値では、取り崩しみたいに減らす
 ってのもありかな。
  → 今、VIX指数(1552)と電力関係株で実践中>オレ )

|

2020/08/22

紙の銀行通帳、年間200円の印紙税

 最近、いろんな銀行で手数料の値上げ検討のニュースが流れます。
 もちろん、銀行の収益悪化が原因ですが、例えばこんな所にも。。。
 
「そういえば、昔の通帳は印紙を貼るところがあったなぁ
 毎年、印紙貼って貰っていたなぁ」
な~んて覚えている人いませんよね。(→私だってうろ覚え)

昔の通帳の写真です。年間200円の印紙税!

Inshituuchou
【昔の銀行通帳には、印紙を貼る欄があった!】
(我ながら、よく見つけてきたなぁ)


印紙を貼る欄があります。(しかも、しっかり1年間と書かれています) 
今の通帳は、「印紙税申告納付につき、○△税務署の承認済み」なんて印刷されていることと思います。

~~~~
最近のニュースでは、
 三菱UFJ銀行が新規口座解説 開設で、手数料を検討というニュースや、
 昨日は、みずほ銀行が、紙の通帳だと1100円の手数料(来年1月から)

 この他、定額送金やいろんなところで手数料アップの方向です。
 都市銀だけでなく、信金もです。

で、私の場合、死んだ親父の口座がまだいくつか残っています。(上の写真もそのひとつ)
どれも残額が数百円というATMでは引き出せない金額。
だって、戸籍謄本を取り寄せて、相続手続きして解約なんて、そっちの方がお金がかかるし、面倒じゃないですか。

 死亡届(住民票の除籍)だけで解約や寄付(放棄)できるものならそうしますよ~

~~~~

 律儀な人は、、、つまり、しっかり相続・解約したい人は、
 1回だけ戸籍謄本とか必要な書類をそろえて手続きをしないといけませんが、法務局で「法定相続情報証明」を作っておくと、この証明書は何枚でもタダなので、あとの口座の解約&相続はスムーズに行えると思います。

(ただし、こういう少額で半端な額ならば、です。。。高額だとたぶんダメですよ。法定相続遺留分なんていうのが問題になるかもしれませんから)
 
 とりあえず、使わない口座は元気なうちに整理しておくのがオススメです。
それと、
 口座には開設・維持手数料がかかる時代になる、、、これ、ほぼほぼ確実だと思います。

===(で、おそらく皆さんには関係ないと思いますが)

私のネットお仕事用の銀行は、「ジャパンネット銀行」にしています。
が、来年2021年上期をめどに「PayPay銀行」への商号変更するとアナウンスがありました。

・・・なんか、私のイメージに合わない。
だけど、送金が便利になるのだったらどうしようかなぁと、ちょっと悩んでいるところです。

※ネット銀行は元々、紙の通帳がないから、上の印紙税が関係ないんですよね~

|

2020/08/04

REIT指数の5年推移が景気の実感にあっている?!

東証REIT指数の推移を見ていました。

(REITというのは、不動産投資信託です。
 で、東証REIT指数というのは、上場REITの全銘柄の時価総額加重平均の数値。「日本取引所グループ」のサイトで、それこそリアルタイムでも見ることができます。
 私がよく見ているのはヒストリカル=過去のデータの方でありますが)

この5年ちょいでは、こんな感じ。

 

Reit2020

人手不足が言われ始めたのはこの2~3年ほど。昨年は、ものすごく人手不足で、企業(とくに物流や小売りなど)は人材確保に苦労、なんていわれていました。が・・・コロナで、もろくも求人は途絶えつつあります。失業率も有効求人倍率も悪化中。

で、武漢封鎖・海外渡航禁止になったとき、REIT指数は約半分になりました。
今は、半値戻しになっている、というところ。

もちろん上の図は、“不動産”投信なので、雇用における直接の数字ではありません。景気の直接の指標でもありません。
が、なんとなく、今の景気を反映しているような気がしませんか?

====
REITは、「みんなのお金を集めて、不動産投資してその収益分配・価値上昇」を目指す投信。簡単に言えば、インカムゲインとキャピタルゲインの双方を狙う物です。
(株式が、配当重視か株価重視か、とよく似ていますね)

ひと口に、不動産投信といっても、さまざまあります。
 ホテル系・住宅系・オフィス系・商業ビル系、などなど。
複合して投資している投信がほとんどですが、これらのうちでも中身をよく見ると

 ・特定の業種に強いREITや、
 ・とある地方・地域に強いREIT、
 ・格安物件から成長性と収益性を狙うREIT、
 ・都市部の収益性の高い不動産に特化しているREIT

などなど、いろいろあります。

株式投資と不動産投資、を比較すれば、後者の方がじわじわ動きます。
しかも不動産は、借り手がいれば収益があがります(不景気だと収益性は当然下がりますが)

コロナウイルスの影響で、ある日突然破綻! というのは、株式=会社の方が危ない。
一方、不動産は、価値がゼロになることは少ない。

なので、これから、不動産投資であるREITが注目されてくるのではないかと思っています。
当然、不良不動産は収益があがりませんし、(株式投信でも債権投信でもREIT投信でも同じなのですが)
その中身をよく見極めるチカラが必要だと思いますが、それでも、これから数年はREITを注目してもよいのではないかと思っています。

==== で、表題に戻りますが

今、REIT指数は、この数年の下のレベルです。
おそらく、不景気はもう少し続くと思うので、もう少し、じわじわ下がると思っています。

でもその時に優良REITは、資産形成に役立つだろうな、と思っているのです。
具体的には、半年・1年後の配当(分配金)実績と、その中身を見つつ、
 「株式からREIT投信へ移動させようかな」 っていう思い。

・・・含み損を抱えたままの企業の株でさらに株価の下落→破綻しないかを心配するよりも、こっちが良いか、みたいな。

いや、昔なら、日本がだめなら外国の投信、っていう考えだったのですが、今は先進国も新興国もちょっと厳しい感じ=コロナが全世界だからね

→ だったら、分かりやすい国内REITか、それか、
  潰れそうにない企業の配当狙い株か、それとも、
  ギャンブル的に、成長しそうな企業株か、


っていう選択になっちゃうわけで。。。

 

|

2020/06/25

おまとめローンにも「借り換え優遇」があるのか

(ちょっとだけバタバタしているtakです m(_ _)m )

さて、今日は個人系ローンのお話。。。

まず、

(1)消費者金融ってのがありますね。(ア●ムや、プロ●ミスとか、モ●ットとか)
で、総理量規制=収入に応じた限度額が決められたこともあって、

(2)銀行もこの手のローンをどんどん始めています。こちらが、銀行系カードローン。

で、次に、
(3)クレジットカードのキャッシング枠。(それも、リボ払いとか)


どれも、現金を即手にして、金利は年15~18%くらいが多い。
(最近は競争で14.7%とか、多額だと9%くらいになるとか)
 →要は金利収入目当て

~~~
ある程度収入があると、こういうのをいくつか持っている上に、ついついそれぞれの残高が積み重なっちゃっている、なんていう人がいたりします。

こういう積み重なったいくつかのローンを「まとめて返済するために、次の別のヤツに借り換える」ってのが、おまとめローンです。

「まとめて借り換えて頂ければ、うちの金利は安くなりますよ」(→もちろん審査あります)
っていう宣伝。見たことがありますよね? ありませんか?。
  →興味ない人は知らないですね(^^;)

・新たに貸し出す方にとっては、一気に、貸出額が増やせる
 =金利収入が増える

・個人にとっても、支払う利息が減らせる

双方のメリットが、一応あります。

でもまぁ、15%だったのが12%になるくらいか?(それでも大きいけどね)

~~~

ほかを返済することを条件に、金利を安くしてお貸しするおまとめローン」の宣伝をこの前、見たのです。それもとある銀行系ローンで。

ひょっとすると昔からあったのかもしれません。

 ・・・ほかを返済することで、ギリギリ審査に通せる人だろうな~とか思ったり。

====
住宅ローンでも、借り換え優遇はありますね。0.5%~1%くらい金利を安くするという優遇。
通常は、他銀行の住宅ローンを一括返済することが条件です。
 ・・・抵当権の問題があるからね~
(住宅ローンの借り換え目安は、事務手数料を考えると長期で1%以上・残高1000万円くらいが目安。だけど、上のようなローンは担保のないローンの話で、その分、金利が高い)

で、どっちにせよ、他社のもうけを分捕るという戦略です。
→これが悪いとはいわない、競争主義だから。
(利用者にもメリットがあるし)

ただまぁ、これが銀行がすることか? みたいな気持ちはあったり。

~~~~

今月は、サラリーマンならボーナス月の人が多いはず(来月の人もいるかも)
だけど今年はコロナのせいで、それどころじゃない人、職を失った人、住まい(寮とか)まで失った人もいると思います。

消費者系ローンの基本は、「安定した収入がある人」・「ブラックじゃない人」。そして、他社の借入額も参入して計算(住宅ローンや自動車ローンなども含む)、です。

→コロナによる収入減で、これから利用する人が増えるんじゃないのかなぁと思ってます。

 

|

2020/05/27

「7割経済」(@日経)での危惧、2年はつづくぞ

「7割経済」、これ日経の記事で見た言葉です。
・・・うまく表現したなぁ、それもたった4文字で。

====
大手自動車メーカーが、2割減産を予定したり、とか
テレワークで出社を制限したり、とか
GDPの減少が年率で十数パーセント減少するとか、

もっとも、仕事を失った人にとっては、7割どころか0割に、ですけど、
「7割経済」って、上手い言葉をつけたなぁと。

 
 今まで、例えば、
  出張10回が7回になるとか、
  飲み会10回が7回になるとか
 
 こんな簡単な話じゃなく、もっと大変な事態になる。

企業で言うと、
 売り上げが7割で、いつまで耐えられますか?
個人で言うと、
 もし、給料7割で、いつまで保ちますか?

  → 給料 30万円が21万円ってことです。
   (飲み会10回が7回の比じゃありません) 

====
飛行機ほかの国際線が8月か9月に解禁されたとして、コロナ第2波・第3波が来るか来ないか。

相当大変な状況が、おそらく、2年ほど続くのかな、、、と。

 ・・・となれば、東京五輪、間に合わないじゃん。

もっとも、成長しているモノもありますね。デリバリー系とかキャッシュレス系とか・・・

~~~~

ま、日本の非常事態宣言の解除はうれしいニュースですが、まだまだ、厳しそうです!

(で、何度も書いていますが)
バブル崩壊=日経平均が急落して、銀行再編や証券会社破綻まで数年ありました。株価が急落しても、土地価格の上昇は2~3年続きました。

サブプライムローン問題も表面化してからリーマンショック+AIGグループの破綻まで、1年くらいかかりました。

これから南半球は冬。
しばらく、経済からは目が離せません。

そういう中で、どう楽しく&平穏に過ごすのか?
 これが7割経済の本質だと思っています。

→「大変な生活」と、その結果として、「不幸な生活」になるかどうかは別。
(例えば、私の母親は太平洋戦争で学徒動員に行った世代ですが、当時、「大変だったけど不幸とは思わなかった」、こういう感覚ね)

 バブル崩壊でもリーマンショックの時でも、同じような感覚の人は大勢いらっしゃるんじゃないかと想像します。

|

2020/05/19

昭和金融恐慌;目の前に存在するという安心感

昭和初期の世界的な金融恐慌。
昔、何かのドラマでみた、昭和金融恐慌のシーンです。

このとき、不況が長引いた末に、銀行休業の噂が広がり、取り付け騒ぎが起こりました。

連日、「自分の預金を引き出したい!」と銀行に押し寄せた客。

このとき、当時の大蔵大臣(高橋是清)は、日銀に表だけ印刷された札束を銀行に運びこむことを命じて、
「現金は山のようにあるから、慌てるな」
とパニックを収拾させたという話。

~~~~

今回のコロナウイルスで、トイレットペーパーやマスクがなくなりました。
今、まだ、小麦粉(ホットケーキミックスとパスタの一部)がありません。
目の前からなくなるという不安、商品棚がからっぽという不安がこんなにも! というのに自分自身オドロキです。

で、今回のコロナショックはまだ収まっていません。
ひょっとすると長引きそう。
そもそも、リーマンショックとは比較にならないほど、なんていう声をよく聞きますよね。
リーマン当時、「売り上げが減って大変なんだけど、新規の取引先と商売するのも恐いんだよね」なんていう声もお聞きしました。
・・・相手先の信用不安
  (倒産の話→客が押し寄せるのは最近でもありますよね。旅行会社の破綻とか、成人式の着物レンタルの破綻とか、等々)

(で、不安をあおるつもりはないのですが・・・銀行の信用不安がやってきたら)

日本銀行券は、2024年に新札を発行する予定になっています。

・・・金融不安で、銀行の信用がなくなれば、送金が止まります。
  →現金主義が復活

その際に旧札は使えなくなりますよとか、100万円以上の現金取引は新札のみとか、両替は一日いくらまで、とか、、、こんな方策も取れないことはありません。

「そんなことは、あり得ないだろ」とは言えません。

だってマスクもトイレットペーパーも、半年前に、お店からなくなるなんて思っていた人なんていないでしょうから。

・・・実際、10年前のギリシャ金融危機では、銀行の引き出し制限がかかりました。
(→皆さん、覚えてますか? このとき、仮想通貨が流行ったんです)

将来、日本の場合は、新札発行・旧札の使用制限、なんていう手法もとれる。
(今の金融緩和とは逆の方向ですけどね。逆向きの金融縮小を一気に作れる手段が新札発行&使用制限かも、と)
つまり、国の膨大な借金を強制的に、個人のおカネでチャラにする=引き出せないお金で数字の勘定を合わせる、ってことが可能になる、、、かもっていう。・・・やや荒唐無稽か?

~~~~

で、今、どうやって資産を守るのがいいのか、悩んでいるところ。。。
実体経済の先行きも、消費者心理がどう動くのかもよく分からない。

とりあえず、昭和の初期には、高橋是清という人が、消費者の心理を読んで「安心させた」というのは、少々興味のある話題です。

(今、目の前に布マスクが2枚あっても、全然「安心じゃない」という政策はどうなのか? と嫌みを書いておこう。。。しかも、私の家にはまだ届いてないし)

※大体、消費税を増税して、「これで私たちの暮らしは安心だ、将来は安心だ」という政策になっていないところに問題があるような気がします。何のための増税か?ってね。

|

2020/04/28

不景気の先にあるもの。→金融不安!

おそらく今、多くの人が、景気後退を実感していますよね、それも、とんでもない景気後退。

(「明日どうなるか」という切羽詰まった自分のこともあれば、逆に、
 「今すぐじゃない」と、少々余裕のある自分以外のことでも)

こういう先にあるのは、つまるところ、金融不安です。
わかりやすく言うと、取り付け騒ぎ!

先日の、アメリカの原油先物のマイナス取引は、少々お金払っても現金化したいという気持ちから。
でもこれはまだ本当の金融不安ではありません。(前哨戦かもしれないけど)

その昔、12年前のサブプライムローン問題というのを振り返っていました。

  返済能力のない人にまで、土地価格上昇を見込んで、貸していた。
  その債権が、いろんな所にばらまかれていた。
  土地価格の上昇が止まった(アメリカ土地バブルの崩壊)

・・・ここまでは、まだ金融不安じゃないんです。
   単なる不景気

その後、返済能力のない人が焦げ付き始めた。
金融機関がこの債権がどれくらい持っているのか分からなくなった

→リーマンブラザーズ(証券会社)の破綻
 そしてすぐに、保険会社AIGの破綻
 
ユーロもがたがたになりました。
ギリシャ不安というのもありました。

~~~~
さて、今回のコロナウイルスの不景気が、何をきっかけに金融不安に陥るだろうか? と考えていました。
(以下、想像です。)例えば・・・

・飲食業の小さいところから破綻。フランチャイズ営業の破綻
  →どこかの大手飲食業や納入業者の破綻

・ホテルを始め、観光業の破綻
  →どこかの大手

他には、

・アメリカ経済の低迷→中国経済に波及
  →どこかの大型企業の破綻から金融危機

・五輪を始め、スポーツ放映権収入が得られないマスコミから破綻
  →例えば、どこかのテレビ局 → 芸能全般に

・消費低迷による百貨店かスーパーの破綻 →納入業者全般に
・広告収入減収による、ネット企業の破綻
・アメリカ発で、中小シェールオイル破綻から、アメリカを含んだファンドからの金融破綻
・国内不満をそらすために、どこかの国で軍事衝突、とか
・イギリスのEU離脱をきっかけに、ユーロ各国の崩壊、とか

~~~考え始めるときりが無いわけです。

ただ、言えるのは、今は金融破綻状態ではない!
 取り付け騒ぎ!にはなってない。

今の状況は、
 V字回復は無理!
 U字回復もちょっと、ちょっと!
 U字が、横4倍角文字になって、当面はL字、
   になれば良い方。もっと下がるかも

~~~~
新型コロナウイルスのワクチンができるのに1年半、普及するのに3年くらいかかる?
 まぁしばらくは、ちょっと厳しい状況だなぁと思っています。

なので、破綻のニュースよりも、それによる「取り付け騒ぎ!」に注意しておきましょう。
(大抵は、間に合わないんだけどね~)

不景気 → 個人の借金の増大 → 銀行口座の自動融資(の焦げ付き)

こんな所から、金融不安がやってくるかもしれません。
(銀行の収益が悪化しているからね~、、、おそらく、いろんな国で同様なことが怒る 起る可能性があります。中身がよく見えない中国とかちょっと不安)

~~~

むしろ、このたった2ヶ月(首相の休校宣言からあっという間)で大きく状況が変わったことに驚いています。
(たった1年という気持ちもあります。
 去年の今頃は、「平成最後・これからは令和」で盛り上がっていたんですから)

逆方向に巻き返しで、これから2ヶ月で、良くなる方を期待したいなぁ。

 

(せっかくのGWに、こんな暗い話を書いてゴメンなさい。そうでなくとも、気分↓↓なのにね m(_ _)m )

|

2020/04/22

原油1バレルが、一時、「マイナス40ドル」

(ほぼ、1日遅れのニュースです m(_ _)m)

つい二日ほど前に

  1バレル=20ドル ♪

随分安くなっている、なんて書いたところなのだけど、
昨日の早朝の先物市場では、一時マイナス40ドル

~~~~~原油価格がマイナスって?! もちろん史上初

しかも、マイナスの40ドルですよっ! 

これは一体、どういう相場なのか? ゼロが最低じゃなかったのか?

「マイナス金利」という言葉を聞いたときよりもショックな出来事、

というか、やや理解不能です。

(※その後買い戻されて、一応、プラス圏になりました。
  さらに書いておくと、これは5月モノの話。6月7月モノは
  もう少し上です、今後の原油相場が世界経済の流れを変えるかも。)

~~~~

で、結局、私の買ったETFはさらに下落しています(;_:)
なので、追加買いで、平均購入単価を下げる作戦。・・・いつもこう(^^;) 現在20→11ドル

  → ドル・コスト法の変形と思ってる。

問題はいつが底か?ですね

|

2020/04/20

原油投資!300円~「おーこんなETNもあったのか」

今日の朝、先の記事で書いた、原油の投信は、
 東証コード 1671 WTI原油価格連動型上場投信
 でも、他にも 1690 とか、ガソリンなら1691 があります。

(よくみると、先物じゃなかったですね)


しか~し他にも「ダブル・ブル」ってのもあった~(知らなんだ)

東証コード 2038  NEXT NOTES
 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN
 
こちらなら、一口、今なら300~350円から。
・・・購入金額としては宝くじなみです。(ま、1億円とかにはならないと思いますが。→原油がそこまで高騰する事態は考えにくい)

安くなったらさらに買いをいれて、平均購入単価を下げることができるのが株式の魅力。

ま、魅力と言って良いのかは、ビミョーですけどね。
昔、くず株投資で瞬く間に、文字通り紙くずになったことも経験しているtakです。

 

|

より以前の記事一覧