FP-銀行・株

2018/06/20

米中関税&貿易戦争、その余波で日本株ダウン↓

GDP1位と2位の国が関税合戦です、貿易戦争勃発間近。
トランプさん、貿易赤字がよっぽど気に入らないと見える。
ま、日本も鉄鋼・アルミなど影響を受けつつありますが、まだ具体的な時期等の明言はありません。。。。口だけなのか、そうじゃないのか気になる所。

この余波で、最近、日本株もさえません。
昨日はメルカリがマザーズ市場に上場、公募3000円が5000円で初値、なんていう相変わらずのIPO話題がありましたが、マザーズ指数は下落。

〜〜〜〜
貿易摩擦、、、その昔、日本とアメリカでありました。自動車や半導体。

でね、結局は新産業が生まれるかどうかなんですよ♪ つまり創造性が大事!

・・・日本でなぜ、AmazonやFBやLineや、、、が生まれないのか不思議。
(バカじゃないと思うんだけどね。)

とりあえず、米中の落としどころはどこなのか?
当分、目が離せません。

→というわけで、ちまちまと、自分でもあきれるくらいに日本株よりFX♪
 に、勤しんでいるわけです(^_^;)  いそしめれば良いんですけどね。
 ・・・米朝会談前後から、だいぶ、これまでの損失を取り返しつつあるのだ(^_^)v

(ちょっとばかり、勤しむほどの時間がないのが残念・・・)

|

2018/06/04

エアドロップ(airdrop)という仮想通貨の懸賞金

(先に書いておくと、apple のファイル共有の話ではありません m(_ _)m)
〜〜〜〜〜

 実をいうと、私もよく分かってないんだけどね(^_^;)

 なにかプレゼントがある! 例えばアンケートに答えたらQuoカードとか

 で、これがネットだと、単純に「秘蔵のデスクトップ背景画面とか」(^_^;)
 こういうのを仮想通貨でやろうというのが、エアドロップ(airdrop)!

  100〜1000円くらいか? ・・・当然もらえるのは仮想通貨でね

→仮想通貨がまだはっきりとは分かっていない私はよく分からない。

でもさ、1万円くらいの仮想通貨が貰えるとか言われたら、ちょっと迷わない?
ま、そういうやつね♪
とりあえず、
 = エアドロップ =  単語登録しておきましょう〜

|

2018/05/24

新興国通貨、下落&利上げ

 最近、新興国通過の下落が顕著です。

 例えば、ベネズエラ。ついに自国通貨より、仮想通貨の方を推奨なんて話も出ています。

 例えば話題になっているのはアルゼンチン中銀の政策金利40%!
 ・・・40%ですよっ\(◎o◎)/

 アルゼンチンの通貨のグラフはなじみが無いので、とりあえず、身近な通貨トルコリラのグラフを描きました。(身近でもないか?)

Turkishlira

 2008年秋はリーマンショックです。でもその直後から見てもさらに1/3近く下げています。

 この1~2年のトルコの政策金利は8%です、その前は10%の時もありました。
・・・こういう高金利に釣られて、トルコ債券買った人いませんか?

 金利7.2%の10年複利で2倍ですから、そのとき為替レートが半分になっていてもトントンですね♪
・・・でもグラフを見る限り厳しそー

~~~

 なぜ新興国通貨が売られるのでしょう???
 それは、この数年アメリカの金利上昇の影響です。
 大抵はアメリカからお金を借りているわけですね。→金利上昇で苦戦
(アメリカの量的緩和第3弾とか第4段とか(QE3とかQE4とか)、何年前でしたっけ? 3年前かな)

 でもって、アメリカの金利が上がる
→わざわざリスクをとって新興国に投資しなくても、なんていう思惑も大きい。
 →だから資金がアメリカに=新興国通貨下落

 ま、教科書的に言えばこんな感じ。
 今回のトルコは大統領選前という特殊要因も含まれています。

~~~
 アメリカが資金を世界中にばらまいた→今、巻き戻し。だから新興国が苦戦

 で、日本も金融緩和をやってるわけです。例えば、ETF買い。これの巻き戻しが起こったら? 現状の日本は、緩やかな景気拡大(あるいは、ちょっと足踏み)という状況です。でもこれは日銀の株価下支えがあっての話。
 とくに日経平均は最近もたついています。だから日本のETF買いが無くなる状況ではありません。一方で“出口戦略”なんていう巻き戻しの言葉も時々聞かれるようになってきています。
 ・・・順調に巻き戻せるか、まだまだ分かりません。

(最近GDPも白物家電も在庫なんかもちょっと低い数字が増えてきた。名目賃金は一応伸びているけど、物価上昇の方が大きくて実質賃金だとちょっと低め。→不安材料の方が増えてきた感じです。
 つーか、やっぱり米朝会談・中東関係が気になりますね。)

|

2018/05/11

日銀2%目標の変遷(備忘録)

 株とか為替やっている人、絶対、モリカケのニュースより、日銀決定会合のニュースの方を注目してますよね♪

 で、アベノミクスや異次元緩和=黒田バズーカといわれたやつの簡単な備忘録です。
「物価2%」、すなわち、インフレターゲットと言われるやつ♪
  → 今月、日銀が達成時期を削除しました。

まぁ、こういう記録をみて、心躍る人は、あんまりいないとは思うのですが、、、備忘録なので許して m(_ _)m。
〜〜〜〜

 2013年 4月 日銀 黒田総裁の異次元緩和、
          物価2%を2年程度で
 2015年 4月 2%は16年度前半
 2015年10月  〃  〃  後半
      12月  ・・・ETF買い入れ枠設定補完措置

 2016年 1月 2%は17年度前半
           ・・・マイナス金利導入
 2016年 4月 2%は17年度中
           ・・・ETF買い入れ 年3.3兆円→6兆円
 2016年10月 2%は18年度ごろ
           ・・・長短金利操作。量から金利へ
 2017年 7月 2%は19年度ごろ

(2018年 3月 日銀、黒田総裁 続投、決まる)

 2018年 5月 2%の達成時期削除→「早期に実現」へ

〜〜〜〜〜
 事実上、2%の目標をやめたんじゃないかと、いろんな新聞に書かれております、、、で、これだけ何度も延期した上に、ついに未達成でも、黒田氏の続投がな〜んの波乱もなく決まったことにちょっと驚いています。

 ・・・ワタシ的には、モリカケ問題よりもはるかに実生活に影響があると思うんですけどね。

 なぜに誰も突っ込まない?!
 悪いけど、今の政治家はみんな経済音痴ばっかりだっ!

〜〜〜〜
 で本来、別の項目にするべきなのですが、私、消費増税の影響(次の8→10%ね)を誤解してました。次回は予定では、来年2019年秋。
 前回5→8%の2014年春に思った以上に景気が悪くなったと思っていて、この感じだと、来年秋もきびしいなぁと思っていたのです。でも次回は、「軽減税率」があるんですね。単純に2%アップじゃない。

 これからの日本が何で稼ぐのか? これは大きな問題です。

 ・・・今、銀行業界が苦戦し始めていますよね。マイナス金利はきっかけに過ぎません。
   で、GDPが増えない中でマスコミが(日本の富として)稼いでいるかというと、、、ちょっと疑問。

 なので、マスコミ系・広告宣伝系業界は、今のままだと低迷する、とみてます。
 つーか想像以上に、この業界の「再編」が進んでいないなぁと思ってます。過去、銀行や製造業や製薬会社がどんどん再編されたことと比較すると、新聞社とかテレビ局とかの買収あんまり聞かないでしょ。

 →これ時限爆弾かもしれないぞ!(オレにはあんまり関係ないと思うけど)

 

|

2018/04/10

5年で2倍以上! インド・ベトナム株ファンド

 最近、この手の話題(投信系の話題)を書いてませんでしたね〜

(なので、適当にウォッチしているファンドから抜き出しました。(^_^;)
 ・・・こういう株式系情報は、「後出しジャンケン」ですからね〜)

Photo
 とある投信会社の、インド・ベトナム株式のファンドの基準価格の推移です!(単位が表示されていませんが、日本円です。日本で売り出されているファンド。)

 5年で2倍以上。6年だと3倍ですっ!
   ・・・日本の低金利なんて目じゃないっ!

〜〜〜〜

 投信に詳しい方はお分かりですね♪ 投信は通常、基準価格1万円から始まります。
 これ、2008年のリーマンショックで大きく下げたのです。で、やっと最近戻ってきた、とも言えます。

 注目して欲しい点は二つ!
  ・ドル・コスト法じゃないけど、安値の時に買い増しておくと効果的♪
  ・これ、イギリスのEU離脱やトランプ波乱にあまり影響を受けてない!
      ・・・アジアの底力?

 ま、日本の国内個別株式では、任天堂さんとかが連日取引上位株ですけどね〜(^_^)。
 こういうファンドにも目を向けても良いんじゃないですか? 的話題でありました。
(ちなみに任天堂の株価は5年で4倍越えてます、、、持ってないけどさ。5年前1万円の株価が今4~5万円。だけど100株単元だから、450万円とかちょっと手を出しにくいし。)

|

2018/03/01

「期末の営業」が、若者には通じない?

 3月入りましたっ! 普通の企業では期末です。

 ・・・企業会計的には、3月決算で月末までの売上げを計上する時

 だから、営業社員は頑張って(ノルマや目標を)こなすために頑張る時期。逆に買う方からすると、「もうちょっとまけてよ〜」と言いやすい時期。
(上司も、売上げ達成のためにいつもより値引きしても良い、なんていう時期)

 →「期末の営業」これ常識ですよね♪ 電気製品でも自動車を買う時でも

 でも、今や年中セールしています。一旦下げたらなかなか上げられない。
 しかも、売上げよりも利益重視になってきた。さらに、四半期(三ヶ月)ごとの決算もあったり、独自に毎月「既存店売上高・新規店売上高」を公表しているところも増えてきたし、期末集中はだんだんと平準化されてきてはいる。

 ・・・だから「期末の営業」が現代の若者30代以下だと通じないことがある。

 逆に、「この会社ノルマきついし、ブラック企業」なんて言われる始末。

(※それだけ、デフレの時代が続いているってことの裏返し?)

〜〜〜〜

 株屋からすると、IR情報(企業決算情報など)がなぜ大事か?
「確かに利益も大事だけど、売上げも見るよ」、ってなことを教える必要があるんじゃないか? とか思うわけで・・・

 例えば、チェーン店で店舗が一杯ある企業だと、店舗を増やすと(知名度がある会社なら)それだけで、売上げは増えます。でもその増やした店舗が赤字(あるいは、他の店舗より利益を上げられない)なら、利益を圧迫します。
 売上げと利益、両方を見て、その企業の成長性を判断して、株価を見るわけですね。

 →ま、ものすっごく分かりやすく言うと、
 「去年より売上げが減っている、かつ、利益も減っている。
   → 去年より株価が上がるわけはないっ! こう見る訳ね

「無理に店舗だけ増やして売上げだけは増やしているな」とか
「不採算店を撤退したので、売上げは減ったけど利益は増えているな」とか
  ・・・もちろん、将来の設備投資をしたとか、いろいろあるわけですが。

 最低限、「期末の営業」がなぜ大事なのか、くらいは、分かっていて欲しいなぁ。逆に、なぜこの時期に「ノルマ・ノルマ・目標達成」と言われるのか?
  ・・・決算時期だから。これ、常識ですよね〜

 → これをわざわざ書かなきゃいけない時代なのか(;_;)
  (確かに大学では教えてないような気がする。少なくとも俺は教わってないし。)

|

2018/02/16

そろそろ出るか、「物価連動国債」

 最近、めっきり聞かなくなりました「物価連動国債」。
  ・・・一時期、注目を集めたのに(;_;)

 本当なら、去年の今頃、2017年春に財務省経由で発行されるはずでした。
 が、ご存じの通り、世の中はマイナス金利。→延期されました。

 なので、かわりに少しでも金利をと【普通の国債】が注目される始末。

(「始末」と書いたのには理由があります。今の金利なら最低保障があったとしても大して魅力はありません。ま、でも雑誌を見ると、ほぼほぼ安全で高金利な金融商品として国債が取り上げられていますね。)

 で、最近物価が上がってます。やっと目論見通りの物価上昇基調=デフレ脱却なるかどうかというところ。ということは、今後、この物価連動国債の発売計画も検討されることでしょう。←時代の半歩先を見るtak(^_^) ♪ (ときどき読み違えてますが。。。)

 現在の物価連動国債は機関投資家向けだけ。一般人には、ファンド(投資信託)を通してしか買うことができません。投資信託である以上、販売手数料や信託報酬という手数料が必要です。いくつかのファンドがありますが、信託報酬が約0.4%。これはでかい!
 今のマイナス金利情勢では、ちょっとお薦めにくい商品です。

 でもっ!
 これからは分かりません。財務省が販売計画を復活したら、デフレ脱却か?!

 とりあえず、ニュースには気をつけておきたいと思っています。

・・・大儲けも出来ないけど、大損(物価上昇による実質目減り)もない商品、
   になると思っています。

|

2018/02/08

三つのNISAの違い、分かる?

 最近、「つみたてNISA」と「iDeCo」が、わりと、流行ってます。
「わりと」というのは、これまでのNISAって今イチだったのですよねん(^_^;)

 まず最初にっ! NISAが三つもあるって知ってました? みんな言えます?
「NISA・ジュニアNISA・つみたてNISA」の三つがあります。

で、毎年か2〜3年に一回くらい、ちょこっと制度変更があったりしていますが、現在2018年時点でまとめるとこれです。

Nisa2018
 最初はまず、非課税期間を見てください、5年/20年間。この期間内に儲けても(配当や売買で譲渡益)儲けに税金がかからないという制度、これがNISAです。儲けに対する税金20.315%が掛からない。儲け2割り増し、みたいな。(だけど、損したときはほとんどメリット無しね。)

 次に、投資枠。この範囲内で買ったモノで儲けても税金ゼロってことね。

 次に商品。つみたてNISAは基本投資信託です、なので、もし株主優待をねらうなら他のNISA。

〜〜〜〜
 ジュニアNISAって、本人が18歳まで引き出せないし、最長5年間だから万が一リーマンショックみたいなことがあると損失を取り戻すには時間が少ないし、奨められる人というと限られていました。
 → 絶対、 ・相続税がかかってしまう人
   かつ、 ・老後不安がないくらいに資産や収入のある人
  それか、 ・優待ねらいで、ちょっと買ってみようか
  という人くらい。

 でも最近、もう一つの利用法を見つけました! 新規公開株ねらい!
 → 子供名義で申し込んで当たったらIPO株を買って売り抜ける。税金ゼロ

〜〜〜〜
 つみたてNISAの上手い活用法としては、例えばこんなの
  教育資金形成 → 定期預金とか学資保険で月1万貯めてる。
          だけどもうちょっと貯めておきたい。金利低いしな〜
          と思う場合。(リスク分散としては、期限が近づいたら
          高くなった時に現金化しておくこと! あるいは、リス
          クの少ない商品の比率を高めること!)
  もちろん、つみたてNISAは老後資金にも活用できます。
    ・・・表面利回り4〜5%あるREITなら、結構、リスク許容範囲
       なんいう人が多いんじゃないのかな?
       私は株式好きだから、インデックス225最優先ですけど。

 所詮、NISAは投資で儲けてその税金っていうやつですから、他の資産と合わせて考えてくださいね♪(それと、3年後に大学生とか定年退職なのに、一発逆転一儲け! なんて考えないようにね。
 →株式雑誌を読んでいてそれを鵜呑みにしちゃう人は要注意ですよ。
    ・・・私もよく見てますが(^_^;) )

〜〜〜〜
 ついでなので本題とは外れますが、iDeCo(個人型確定拠出年金)をちょこっと書いておきます。
 こちらは、所得税・住民税が得になって、元本保証商品(定期預金や個人年金)もあるから、税金を下げたい人にはメリット大! (→最近、私、奨めることも増えてます)

 でも、最大のデメリットは、65歳まで引き出せないこと。
      →【追記】原則は60歳でしたm(_ _)m 
 家が流されても燃えても、会社が破綻しても、家族が病気になっても引き出せません。
 死んだ時か高度障害になったときだけ。→遺族年金・障害年金と同じ

 メリット・デメリットよく考えて資産形成してくださいね♪

※細かい所はだいぶ省いて書きました。→わかりやすさ重視♪
 お申込時にはよく説明を聞いて・読んで理解した上でお申し込み下さいm(_ _)m)

|

2018/02/07

ETNでも早期強制償還が発生・9割減(東証)

(相場が動くといろんなことが起こるんですね~、、、知らなかったことのひとつ)

ETFやETNは、指数連動型がほとんどですよね~
だから早期償還なんて起こらないと思ってました。でもっ! 「VIXベア」で発生。

~~~~

VIX指数、通称、恐怖指数と言われます。先行きが見えないときにあがる指数です。

で、その指数と逆の動きをするのがインバース。でもインバースよりベア、「VIXベア」と呼ぶ方が分かる人が多いでしょう。今回のETNの正式名称は、

 【NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN(コード 2049)】

8割減以上になったので、強制償還・早期償還になりました。
 →前日の最終値段(29,400円)→1,144円で償還
   ・・・9割以上減ですね(;_;) 4%になったのか
     →企業破綻で、連日ストップ安比例配分。やっと売れたときには
       買値の4%になってた、みたいなのに似ているね。

 jpx.co.jp/news/1030/20180206-01.html(←東証のマーケットニュース)

 普通の株価指数なら、サーキットブレーカーもあるし、いきなり2倍になることも逆に半分になることも、まず無いと思うのですが、指数によってはそんなこともあるんだという、、、ちょっと勉強になりました。

 で上の銘柄。上場廃止銘柄になりましたがまだあと10日ほど売買可能みたいです。

|

日経平均、すごい下げ(;_;)一時1600円↓

 前週のアメリカ市場を考えると下落は最初っから予想されてはおりましたが、見事に想像を超える下げでしたっ!
 たった二日で・・・・

 この下げ幅、最近だと、イギリスのEU離脱以来だとか。
   ・戦争でもミサイル打ったでもなく
   ・証券会社破綻でもなく、予想外の大統領でもなく

 特段の理由がないのに下げたのはチョー意外(;_;)

相場系では、「落ちてくるナイフをつかむ」とか言います。
  ・・・どこで掴んだら良いんでしょ?
    下げ止まったんですかね?
Nikkei201702
 でも、グラフを見ていると、半年前のレベル。むしろ24000円が簡単に行っちゃったと思っていた人も多いんじゃないでしょうか?
  ・・・いや私もちょっと期待してたのだけどね

 日本の企業業績自体は良い、はず。 むしろ、アメリカが問題?
  ・・・つーか、なんでか知らんが強いんだよね。
     調整が入ったと思えば順当?! 半年で2割上がってたからね。

 スカパーでニュース見てたら、「下げ1500円超える」なんていう速報が出たのには驚いた。

〜〜〜〜今後どうなるか?

 下がっても2万円と思ってます。
  ・・・五輪が終わって、またまたミサイルの嵐&核のつば迫り合いに
     なったら分からないけど。

 1年推移で見たら1割り増し。。。。ま、こう見るとむしろ自然かも。
 さてさて、これからニッポン、頑張れますか?
 (オリンピックも、ニッポンガンバレ!)

 ついでに、ビットコイン、こちらもこの2ヶ月ほどでピークの1/3になってます。
(もっとも、1年で10倍以上になってましたけどね・・・)

|

より以前の記事一覧