FP-保険

2020/07/07

ガン保険を、55歳で追加した私の話

 保険の見直し、、、私がFPの仕事を始めた十数年前は、御相談のかなりの部分が「保険の見直し」でした。
 というのは当時、10年更新型に入っている方が多くて
「今度、保険料が2倍近くになるんですけどどうしましょう?」

 というご相談が多かったのですね。
 で、私、50歳以上ならば即答で「その保険必要ですか?→やめましょうよ」と答えていました。

~~私現在55歳
 このたび、ガン保険を見直して、保険を追加しました。
 これは、これまでの私の経験からすると、珍しいことです。
 
理由はというと、、、、

【抗がん剤特約】
 
 私の入っている保険は、医療保険も含めて、20年30年前の保険です。
 入院すれば1日いくら・手術すればその保険金の20倍、などという保険。
 
 だけど、今や、日帰り手術は多い(→手術給付金の中には、古い保険だと、入院しなければそもそも手術給付金は対象外というものもあります。でもまぁ、一時のこと=一時金で済む)
 すなわち、長い入院での費用を補填することが前提の保険なのですね。

 でもここ数年、高額な抗がん剤ができています。肺がんに白血病などなど。
 この薬の投与、例えば、2週間に一回で、数十万円単位の治療薬。それも日帰りや1日くらいの入院。

 ・・・これが高額療養費制度で戻ってくるという形になる

たぶんこれから、こういう薬が、どんどんできる。

 なので、問題になるのは、【高額療養費制度の基準額】。
  年金生活者(の収入)なら今なら、月4.4万円の人がほとんど。
  給与生活者の人なら、月11万円くらいの人がほとんど。
 
 気になる点は、ほとんど入院なしで、薬剤だけで高額になって、それが、一生続くことが問題になる。
 だって、医療費は節約できませんから。

 ・・・例えば、通院で3ヶ月に一回、
    5万円の支払いとか・12万円の支払いとか
    とっても、きついですよ

~~~
 というわけで、【抗がん剤特約】をつけました。
 
 ま、焼け石に水的な給付額なのですけどね~
 でもって、さらに悪いことに、この特約部分は、10年更新型です。(※)
 
 私の予定(想像)では、
  55歳で加入 →
 →65歳で特約保険料アップを考えつつもたぶん更新して→
 →75歳になったら、特約を外す
 
 という計画です。
 
※10年更新型しか選べないのは、おそらく、保険会社も将来の薬剤開発と特約保険料が見込めないんでしょうね~

~~~
保険というのは、10年20年単位では見直しが必要なものです。
というのは、医療保険なら、治療方法がどんどん進みますし、
生命保険なら、家族の状況もどんどん変わりますから。


で、大抵は、お宝保険かどうかを見た上で、
それ以外なら「もう止めちゃえば」ってのが多いのですが、その逆の例として、私の例をあげました☆

====

 コロナウイルスの影響で、収入減で、保険を追加するなんて~ と思う人も多いでしょう。 (→私も影響受けてます)

 でも、お金がない人ほど、保険が必要なのです。
 丁度、交通事故で相手に1億円とか数戦万円とか払えないから保険に入るのと同じ。

 ・・・逆に言うと、資産10億円とかある人は、庶民の保険は必要なし!
    (是非、覚えておいてね♪)

|

2020/04/03

コロナと、就業不能=所得保障保険(駄文)

 最近は、保険には疎いtakです。
 だから今回は駄文です。

~~~

 近年、生命保険業界では、死亡保障よりも所得保障を奨めてきてた経緯があります。
「医療が発達しているので、死んだら保険金よりも、働けなくなった時の方が重要ですよ。なかなか死なないし」
「精神疾患で働けなくなる人も多いですから」

ま、こんな感じで死亡保障よりも就業不能に移行してきた経緯があります。
確かにニーズにはあってます。

で、今回のコロナウイルスで思ったこと。

・就業不能状態(30日間とか60日間のカウント)には、自宅待機はどうなるのか?(テレワークだと、働いているからたぶん無理だよね~)
 だけど、濃厚接触者で(本来なら職場にいかないといけない仕事だけど)自宅待機でやむを得ずテレワークのときは? たとえば、そのときに賃金減額とかされている時は?

とか、

・職場自体が閉鎖されたとか、そもそも都市封鎖で職場に行けないとかは? とか

・今、軽傷者はホテルで隔離、なんて言っているけどホテルの時にも「入院保障 5000円/日は出る? とか、このとき自宅待機だったらどうなるの? とか

・もし、コロナにかかった人が将来、何かの病気になる確率が増えるとしたら、、、告知義務にはいるの?「過去5年以内にコロナウイルスにかかりましたか?」とか

====

ま、そんなことを考えていたりするtakです。
 →ちょっと、ココロに余裕が出来てきたからね♪(まだ、親は入院中だけど。とりあえず目の前の仕事の山はほとんどなくなった♪)

 

なので、死亡保障・医療保障を考えている人はお早めに! (でいいのかな)

ホントに、早く収束してくれよ~って感じ。(全然収束しそうにないし、むしろ悪化しているし、いつ緊急宣言でてもおかしくないし)

|

2020/01/07

税制改正で、国保が年1万円、自動的に上がるのか?!

2020年度が始まりました。
今年の税制改正の目玉!
 フリーランスに有利=基礎控除10万円アップ
かわりに、サラリーマンと年金生活者は
 給与所得控除と年金等公的控除が10万円ダウン

ほとんどの人は、影響なしで、結局、
 ・年収850万円以上の人は控除縮小で増税!
 ・フリーランスは有利!
 ・その他、大勢大多数は、関係なし!

ってのが結論だと思っていたのですが、、、違いましたっ!

国保の人・介保の人は保険料が上がるんですね~

つーのは、「所得の計算」では、「給与所得控除と年金等公的控除が10万円ダウン」だから。
 →ここで、保険料を計算

その後、基礎控除アップで相殺する・・・国税としては一緒だけど国保の保険料の計算は違う。

※書籍出版のために原稿を書いていて、
「そうそう、基礎控除変わるんだったなぁ38→48万円」と思って書いていて
「あっ!だったら国保の保険料も変わるじゃん」
なんて気がついたのでした。(^^;)

~~~~~~

これ盲点だったなぁ。・・・オレに関係するじゃん。

国保の場合、大体どこの自治体でも、保険料の所得割は10~15%のはず。
ということは、10万円の所得控除の縮小で、年間1~1.5万円アップ!。
・・・フリーランス有利にならないじゃん。(;_:)
   所得税は1万円下がるけど、保険料が1.5万円上がるみたいな
   @得するのは、所得税率20%以上の自営業の人だけ、か?

ちなみに65歳以上の介保保険料は、自治体によって異なりますが、所得の何パーセントという形ではなく、所得段階に応じた段階制保険料なので、段階が変わる人は大きくアップすることになります。

[まとめ]
 ・大多数の人→ 所得税は変わらなし、サラリーマンで健保がある人は関係なし
 ・国保の人は、所得税は(年収850万円以下なら)変わらないけど、国保が上がる。
  税金分10%得するけど、国保で10~15%増えるので損をする。@所得割のある人
 ・得するのは、
   所得税率が保険料率よりも高い自営業・フリーランス(所得330万円以上)
   所得税率が0である所得が基礎控除48万円以下(今までは38万円以下。=所得割0が拡大)

~~~これであっているかなぁ、、、ちょっと自信がないないなぁ

【関連記事】
 ●年金生活者! 確定申告で健保・介保で損しないようにね (2019/02/09)

 まぁ、めちゃめちゃ大きなアップじゃないですけどね~、負担が増えることには変わりがない。それもフリーランスのみ、いやむしろ、年金生活者に対して、薄く広くって感じがしないでもないぞ。(;_:)

※公的年金等控除は(簡単に書くと)、65歳未満なら70万円→60万円。65歳以上なら120万円→110万円に縮小されます。
 その代わりに基礎控除が10万円拡大されるわけね。

|

2019/12/25

年末の領収書集め♪ 年間1.2万円以上の医薬品で所得税を安く

 表題は、セルフメディケーション税制の話!
  →世の中の認知度は3割だそうです。
  (出典は忘れました、OTC医薬品協会だか協議会だか、そんな団体の調査だったとも記憶してます)

 で、しかもこれ、去年も書いたような気がする記事。m(__)m


 医療費控除で、税金を安くする話。
 
 (1)元々の医療費控除は、1世帯、年間10万円以上の医療費がかかった時に、超えた分が所得控除できて、税金が戻ってくる制度。
 (2)これに加えて数年前から始まったのが、表題の、1.2万円以上の医薬品(OTC医薬品のみ)で、超えた分の税金が戻ってくる制度。
 (・・・ドラッグストアのレシートで★印とか●印とかになっているのが多い)


 領収書を集めて、上の(1)と(2)とどっちが多いか比べるわけですね。
 多い方で、確定申告すれば税金が戻ってきます。
 
 繰り返すよ~ 年間の世帯で見て、どっちが多いか?(どっちか選択です)
  (1)医療費が10万円以上の超えた分
  (2)対象医薬品が、1.2万円を超えた分 →これがセルフメディケーション税制ね

 来年の確定申告2~3月で取り戻すっ☆
 
 ※所得税の減税なので、サラリーマンなら、所得税10%+住民税10%の2割。
  2万円超えていたら4000円キャッシュバックみたいな
 ※(サラリーマンや年金生活者で)その他の雑所得が20万円以下なので申告不要の人は、
 この所得も申告しなきゃいけないので、注意してください。
  →所得控除でマイナス2万円なのに、雑所得5万円なら差額3万円分の税金がアップになりますから。
 
====
セルフメディケーションを使うには、それなりに予防的な健康診断を受けている人が対象で、

 ・予防接種や健康診断をきちんと受けている人(領収書や結果通知書添付)
 ・市区町村のがん検診の領収書又は結果通知表
 ・職場で受けた定期健康診断の結果通知表
 ・特定健康診査の領収書又は結果通知表
 ・人間ドッグやがん検診を始めとする各種健診(検診)の領収書又は結果通知表

が必要です、、、安価に済ませようとすると、国保なら500円で受けられる特定健康診査(簡単な血液検査&メタボ検査)ですね。

==============
 軽い文体・短い文章を目指して、それなりに自己満足はしているんだけど、やっぱり税制の話はややこしいよね~。
 詳しくは、国税庁のタックスアンサーなどを参照してください。

(翌日の予約投稿のつもりが、即日投稿にしちゃったので日付を一日おくらせました m(__)m)

|

2019/09/07

ペット保険でビックリ(いろんな特約ができてる)

どこかからのDMで、「ペット保険一括お見積もりはこちらから」なんていうメールが来たもので見てみたんです。

今、ペット保険の特約っていろいろあるんですね~

 ・ペット用車椅子特約
 ・ペットセレモニー費用特約
 ・ペット賠償責任危険補償特約

(※ここではペット=犬・猫です。)
~~~

まず、ペット保険を知らない人のために、一般的な話をザクっと説明しておきます。

 ペットが病気やケガ
  ↓
 ペット病院
  ↓
 保険がきかない(保険がない=全額自己負担)
  ↓
 治療費がバカ高い


 一回通院すると、1万円・2万円と軽く飛んでいくのが、ペットクリニック。
 手術とかになると、10万円・20万円が軽~く飛んでいきます。

 大きなペットクリニックだと、CTやMRI検査もできます。レントゲンやエコーは標準装備です。点滴なんかもふつうにあります。全部、1割負担や3割負担じゃなく、全額自己負担です。
 
 で、多額になる医療費をカバーするのがこのペット保険。


 大型犬とか小型犬とか、犬や猫やほかの動物とかでもちろん保険料は変わりますが、

  ●治療費の3割~7割を補償する
   (補償割合で当然保険料が変わる)
  ●最大保障 例えば 50万円までで、
    年間2~3万円の保険料

ってな感じ。

注意点は、「病気やケガ」であること。
すなわち、年一回の予防接種(ワクチン)とか、歯周病予防とかはダメ
(→こういうのも最近はあるんですよ~。人間と一緒♪ メタボ対策フードとかもあります。)

あと、高齢になると入れない(だいたい5~8歳以下とかそんな感じ=よく知らない)
すでに病気・ケガになっている場合もそれに起因するものはでない。

で、冒頭の「車椅子特約」「葬式費用特約」「賠償責任危険補償特約」、、、ま、説明するまでもありませんね。

事故で車いすが必要になっても、10万円までは補償しますとか、葬式費用3万円まで補償しますとか、ペットが原因で他人にケガなどさせて(かつ自分が責任賠償保険に入っていなかったら)補償しますよ、とか。

~~~~

人間用でも犬猫用でも、保険で元が取れることは、平均値で見ると絶対ありません。
・・・だって、元を取っちゃう人が多かったら、保険会社が潰れますから。

それでも、万が一の出費がつらいから、保険があるのです。

 (例)自動車事故で、何千万円払えない → だから保険

そう! 払えないから保険に入るのです。
 → この観点は大事な観点ですよ♪

保険は、損得だけで考えちゃダメ。

・・・ま、保険ってこういうものであります。

ただ、最近は動物病院の医療技術も人間並みに進んでいるので、最期まで最善の治療を受けさせてやりたいと思っている人は、一考の価値があると思います。(大型犬だとペースメーカー手術もあったりするんですよ~・・・手術費用100万円くらいか?(※))

※親がペースメーカーを何度も入れ替えているんですけど診療明細(本体部分だけ)を見ると、1割負担で10万円だから、100万円ってこと。で、大型犬につかうペースメーカーは、何かの都合で封をあけたけど手術に使わなかったといかいう新古品・中古品ペースメーカーを転用すると聞いたので、、、こういうところかなぁと想像しているだけです。


最近の犬猫は、結構、部屋飼いでしょ・予防接種やフィラリア予防とかするでしょ →予防医療が進んで高齢化
・・・最期は、ガンか糖尿病か痴呆 (統計があるのかどうか知りませんが、絶対増えてます)

人間と一緒ですね~ 

~~~~

ところでふと疑問に思ったのですが、今いろんなペットがありますよね。
ヘビとか、亀とか、メダカとか、タツノオトシゴとか・・・それぞれ高価なものはかなり高価、らしい。
大体、ニシキゴイ(錦鯉)なんて昔から高価なやつもあるし、金魚(ランチュウ)とかも高価。

 → こういうのにもペット保険はあるんでしょうか? >知らないし(^_^;)
(でもこんなペットクリニックもかなり限られそうだ。「うちのトカゲちゃんが元気がないんです」とか。)

家が火災で焼失した時に、ペット(上の錦鯉とか)が家財に入るのかなぁとか思ったらダメでした。
ちなみに、火災で自動車が燃えてもそれは車両保険からです、家財には含まれません。。。そりゃそうか。(でも気づいてなかったぞ>オレ)

 

|

2019/07/29

空き家だと出ない火災保険(実家の火災保険をどうするべ?)

親90歳ごえ、、、実家の一人暮らしはもう無理だと、数か月前に引き取った。
(ここは、よくある話)

最近、ちょっと落ち着いてきてふと思ったこと。親の保険関係!
2点あります。

 (1)個人賠償責任保険をどうするか?
 (2)火災保険をどうするか?

(1)については、これまで85歳までは、ケガの補償で付帯させていた。
 が、85歳を超えると入れる保険はあまりない。

 自動車保険は(親名義の自動車で、使用者=契約者=私)の保険に入っていたが、同居ではないので親に損害賠償が付帯できるかどうか未確認だった。
 火災保険は、共済で、こちらも付帯できるかどうか未確認だった。(たぶん共済だとないと思う、)

 ・・・いや、85歳すぎてからは、いろいろあったので、忘れてたというのが正直なところ。
    手押し車を押していて、ふらついて他人の自動車を傷つけたとか、小さな子供を怪我させたとか

 で、今、同居になったので、「オレの保険(傷害保険)に損害賠償ついてるし、これを世帯全員にすればいいじゃん」と。
→保険料は、年間1000~2000円アップほど

 ということで、こっちの損害賠償の方は、難なく解決(まだ手続きしていないけど(^_^;) )

※認知症など責任能力がなくてもその監督者にはちゃんと出る損害賠償保険ね♪
(→列車事故の裁判以降、認知症=法的な損害賠償責任がない、という場合のためにできた約款改定で、最近はこういう損賠保険が主流です。)

~~~~


で、次の(2)火災保険。こっちが問題。(というか、今まで考慮してなかったのはFPとして失格か?)

 当初、新築直後から、保険料の安さで、共済でずーっと来ていました。
 というのは、共済系は、基本、居住面積×人数で保険料が決まるから。
  ・・・あと、住んでいる地域と建物構造とかで決まる。
(〇〇損保とかの民間火災保険は、建物の時価と構造がメインで保険料が決まる)

 でももう築30年。今なら普通の損保の火災保険の方が安いはず。
  ・・・建物の時価が相当減っているからね~

 = ただ、全焼で燃え尽きても、あまり出ない!
  「時価500万円ですよね」、みたいな


 で、今回、一番書きたい大事なこと!!
 共済系の火災保険は、住んでないといけません! 空き家ダメですっ!
  ・・・今うちの実家は、無保険状態なわけ

 これ、共済=助け合いの考え方だから、です。
 (つーか、居住面積×0人だからね~)

~~~

 実家の現状はというと、今もときどきセカンドハウス的に使っているし(一応、私の事務所も兼ねてるし)、今後も使う予定とはいえ、築30年の家屋に火災保険の必要性はどれくらいあるのか? ということを考えると、正直、ちょっと悩みます。
 むしろ、漏電→火災の火元→類焼被害の補償を特約で(類焼費用担保特約)をつけるべきなのか? とか思っちゃうわけで。

 保険会社&補償内容を調べなきゃなぁ、、、と

  ↓
 即答できないm(__)m 
 実は、損保にはちょっと疎いtakなのでした。

(※ひょっとして、共済を早く解約すればちょっとくらい保険料が戻ってくるのか? どっちみち出ないはずだし。早急に確認せねば・・・
 出ない保険に保険料を払っていることを専門用語的には「超過保険」と言います。例えば、時価500万円の家屋に1000万円×2つの保険会社の火災保険とか。。。これ、2000万円の保険金が出るかと思いきや、MAX時価500万円を2社で分け合って払うことになっています。しかも、保険事故データベースで参照されますし。時価の損害をそれを補償していた保険金額に応じて按分するっていうのが損保の基本的仕組み、火災保険でも自動車保険でも。(再調達価額特約ってのもありますが・・・でも基本は「時価」です。)
 ここ医療保険・生命保険とは違うところね~。医療保険は入院して得する人も結構いますしね。)

~~~

 親が老人ホームに転居して住んでいない実家とか、
 親の死亡で、実家が空き家になった→共済の火災保険だった、、、こういう人は要注意!

 火災保険がどうなっているか確かめておきましょうね~

 

|

2019/05/10

悲しい交通事故と保険 (雑文)

大津の「園児死亡事故」、、、悲しいですねぇ。言葉にならない・・・姪っ子の子供がいま3歳くらい。

私、日頃、自動車で右折するときは、右折レーン+矢印信号があるとき以外は、なるべく右折せずに済むように運転してしまうtakです。
→ 一旦、直進して、次の左折で曲がって、さらに曲がって、くるっと回って、やっと、行きたい道に行く。

・・・かなりへたれなので、こうしないと右の道に行けない

こんな面倒なことをするから、運転が嫌いになるんだよね♪

いや、実家の田舎では別です。都会の交通量の多いところだけの話。

~~~~

交差点周辺での、「柵」とか「ポール」とか、歩行者側を守る道具が必要ですよね。

(今でもよくありますけど)、コンビニなどの駐車場でのアクセル・ブレーキ踏み間違いでの突っ込み事故。これなんか、最近のコンビニでは、壁周辺に頑丈な柵というか車止めを付けることが標準になりつつあります。

・・・それでも、自動ドアのところから、つっこんでくる車がいるんだけどね。

~~~~

保険に入っているから大丈夫! なんて考えている人が多いのも事実です!

保険は使わないで済むならその方が良い。だけど、そのための安心料としての負担。(損害賠償1億円なんて簡単に払える人なんていませんし)

こういう観点で保険を入ってくださいね♪

・・・加害者・被害者ともに →自動車保険に、交通傷害などなど

 

保険は、被害の「ごく一部を金銭的に補ってくれるモノ」。精神面は関係ない!
この考え方は、障害保険でも火災保険でも生命保険でも、すべての保険に言えること。

命やケガ(や事故や災害被害など)をお金に換える、むなしい作業が保険金なのです。

  =前の状態に戻るなら、保険金、全部返すよ!
   1億円貰うより、命返してくれ!

っていう場合が多い!(しかももっと少ない金額でもめたりするし)

(いや、まぁ、もっとも、、、、保険金目当ての事件、、、てな話も少なくありませんが)

~~~~

保険って、いったい、難のためにあるのか・入るのか?
この悲しい事故を機会に、一度考えていただければ、亡くなった方も本望なのではないかな、とちょっとだけ思います。

|

2019/05/08

高額療養費の支給に5ヶ月

(昨日の記事「連休明けは、引き落としミスに注意」を書いた後で、やっぱり気になったので銀行に記帳しに行きました。)
  すると、高額療養費が振り込まれてた!
~~~~


 こんなもんなのですかね~
・・・初めての高額療養費請求!

昨年12月あたまに、事故で頸椎骨折で入院して

 首にわっかをつけたヤツの補装具?の申請(7割が戻ってくる)
   →これは2月下旬に振込された

この時に区役所の窓口で聞いた、高額療養費。「こちらから郵送で案内しますので・・・」

  →やっと4月下旬に振込(実質5ヶ月遅れじゃん

まぁ、入院費用はクレジットカードを使ったので、実質は4ヶ月ありませんが。。。

そりゃ、いろいろ審査とか手続きがあるのは分かるし、市か区か分かんないけど、ものすっごい量を処理しなけりゃいけないのは理解するのですが、何とかならないのかねぇとか思っちゃうモノで。。。。(悪用する人もいるだろうしね)

~~~~

ところで、前に書いたっけかな? 上で書いた首のわっか。

病院で、「ちょっと高いのですが、こちらの方が良いと思いますんで・・・国保なら7割戻ってきますし」とか言われたのですが、救急車で搬送されて、こっちは痛みにうめいている中で、こんな時に、1万円だろうが10万円だろうが、「はい、それで良いです」としか答えようがないですよね。
(100万円とかだと考えるけど、、、つーか、意識不明の時はどうするんだろ?)

・・・ちなみに首のわっかは、2.5万円でした(これの3割負担)

~~~~

酒に酔って、足引っかけて、顔面衝突→頸椎骨折のパターンなのですが、捕捉しておきます。
実は、緑内障で、視野が狭い。
・・・下の方が見えてないのです。。。だいぶ前に、自動車を運転していて、相手の指示器を見落とした。
(細い道にいた自分が太い道に出るT字路で、「なんで、前の車動かないんだろう」と思ったら、自分のいる道に入ってきたかった車だった。指示器が見えてなかった)

→実家の自動車を手放す、ひとつのきっかけでもあります。

50代の私が、眼科医から「20年年寄りの目ですよ」といわれたということは、世の中、それくらいの視力・視野の人も大勢、運転しているってことなのかなぁとか思ったりしております。

・・・運転免許の更新(普通免許)だと、視力検査だけで視野の広さの検査はないので、ばっちり通るんですよ!

~~~~

今の時代にはじまったことではないですが、「貰い事故」にも、気をつけましょうね~

|

2019/04/09

ネットで「車査定」をクリックしたら、電話が鳴り続け状態に

 実家の整理シリーズです。。。先日、実家の自動車を中古車屋さんに売りました。

 元々、親の病院行き用に使っていた自動車です。
 当初は、保険のきかない施術を受けに大阪往復とかもしていた自動車なのですが、最近はもっぱら、近所の病院行き&お買い物専用の近距離専用自動車です。

 ・・・ETCの障害者割引を使うのに、家族名義の車だといろいろ制限があって(この10年でどんどん条件が厳しくなったので)、親名義の自動車を持っていたんです。親自身は運転できないんですけどね(^^;)

 登録年度は10年越え、でも、走行距離は数万キロ。半年ごとにディラーにメンテして貰っているしそんなに状態は悪くないのですがいかんせん、大量にあるコンパクトカーで、それも10年越えになると査定価格はつきません。それは当初から分かっています。それに大事なのが、車検&保険の満期!

 今の走行距離なら維持費がでかくてお得じゃない!

なので、いっそのこと売ってしまおうと言うことになったのです。

 ということで、「こんな機会はめったにない」と、ネット広告で偶然出てきた「お車査定」のボタンをクリックしましたっ!!

・・・どうなるか知ってます?(やったことのある人はご存じですよね)

 メーカーや車種はもちろん、登録年度とか走行距離とか、それに連絡先を入力してクリックすると

  ↓

 なんと、クリック30秒後に、電話が鳴りました。
「○△オートの◇○と申します!」と、どこかの中古車屋さんから電話。

 以後、30分間~1時間、10本くらい電話が鳴り続け状態に。

 どうやら、クリックしたとたんに、あっちこっちの中古車センターに情報が配信されるみたいです。

で、そのたびにね、私・・・

「いや、今、私は京都にいるのですが、売りたい車は実家の奈良の車で・・・」と答えなきゃいけない(;_;)
・・・だって、京都でクリックしたんだもん、仕方ないよね。

中には向こうから、「今、電話がとっても大変な状況だと思いますけど・・・」なんていう親切な中古車屋さんもありましたっ♪

~~~~

結局ね~、実家に帰ってきた時に半日時間を取って、中古車買い取り屋さんの多いところ(←そういう通り沿いってどこにでもありますよね)、をいくつか3~4カ所回って、適当なところで契約(売却)しました。

・・・親名義だから、委任状とか、親の印鑑証明とか結構面倒だったし。

=====

でFPらしく、保険のことを書いておきます。自動車保険の等級の件。

 今回、解約します。(ちなみに、自動車はもちろん上の車で契約者は私の保険です。運転者は本人限定なしにして姉が運転しても近所の知り合いが運転しても保険が出るようにしていました。)


 もし、残りの保険期間があれば、ちょっとくらいは保険料が戻ってくることが多いと思います。
 で上の私の自動車保険の等級は12等級くらい(←ちょっと前、姉運転の時に事故したし)。折角安くなっていた保険料が・・・とか思いますよね。

これは、「自動車保険の中断証明」というのが発行してもらえて、次に自動車を買ったときにその等級から再開できます。有効期間は確か10年間だったはず。つまり、10年以内なら、今の等級が維持できるってやつ。

・・・ちなみに逆の保険料が上がる方、つまり、事故&事故で等級が0というか1になったとき。
  3年間、(最短1年、通常なら2年弱くらい)車を手放せば、初回登録ではじまります。
  ま、初回等級も今や高い保険料になりますけどね。

(ま、自動車保険は良く変わるし、それに、自動ブレーキ割引はもちろん、自動運転ができればどうなるか分かりません。今でも、センターラインを超えると警告出してくれる自動車があって、それようの割引もあったりする時代だし、アクセルの踏み込みを記録して安全運転かどうかで割引があったりする時代だし・・・GPSの制度精度が10cm単位になれば、それこそどんな保険ができるか分かりません。)

|

2019/02/22

(白血病治療薬)一回数千万円のお薬ができた

白血病! ・・・今、競泳の金メダリスト候補が、、、と話題になっています。
で数日前のニュースです。

この関連のお薬が、厚労省で製造承認。。。が、アメリカでは投与1回5000万円!とか

いろんな新聞が記事を出しています。

白血病治療薬「キムリア」承認、米国で1回5千万円
--- 産経ニュース
投与1回で5千万円超 超高額がん新薬、厚労省が了承
--- 日本経済新聞
新型がん免疫製剤を審議、厚労省 人工遺伝子で白血病治療
--- 西日本新聞

※ひとくちに白血病と言っても、いろいろなタイプがあって、上の競泳選手がどのタイプなのかは私は知りません。この薬がどのタイプに有効なのかも、知りません。m(_ _)m

=====

肺ガン治療薬の「オプジーボ」も高額ですが、こういう薬が必要な人にどこまで公的保険=高額療養費を認めるかは、今後、ますます議論を呼ぶでしょう。

→ 1割負担とか3割負担とか。で、所得基準を上回れば、高額療養費制度で
戻ってくる
   結局は、みんなに負担がかかってくる。

 現在の薬価は、簡単に言うと、開発費と将来需要で決まります。
 ただ、一概に患者数=市場規模だけでみてしまうと、難病治療薬などの開発が遅れてしまいます。ここが難しいところです。
 
 でも薬に限らず、高額治療が、保険財政も逼迫させているのは紛れもない事実。

この線引きをどうするか?

・・・単純に、「お金持ちだけが治療を受けられる」という制度にはなって欲しくないけど、
 だからといって、漫然と公的医療の財政が逼迫するのもなんかヤダ。

=====
元、医療系エンジニアだったtakは、明確な答えがでてきません。
しかもこの問題、広く薄く考えると、現在の延命治療についても言えることです。

おそらく、誰も、明確な答えは出せないでしょう。
(例えば、介護5で意思疎通が不明瞭な人であっても、一日でも長く生きたいという人(本人も家族も)いれば、そうなったらしゃーないなぁと思う人もいる。

私の親は90歳を越えてペースメーカの入れ替え手術をしました。親の周辺でも90歳を越えてペースメーカ手術(新規)でした人は何人かいます。

・・・平均寿命越えたら何もしない!、なんて線引きできません。

→CTがあったから病変が分かった! MRIがあったから分かった。90歳越えたら不要! CTはいらない! MRI検査は、 こんな線引きできないのです。

しかし、医療が進むほど、お金がかかっているのも事実で、検査や手術すれば病院が儲かるシステムになっているのも事実。

どこでどう線引きするか? 単純に医師会や医療業界が議論するのではなく、みんなで議論する必要がある、、、けど、どうすれば良いか分からない(;_;)
 

こんな問題が我々の生活周辺にはあるっていうことを知るだけでも大事! だと思っています。

→どんな風に長生きするのが幸せか? ってことであります。

(同じ事が介護の世界でも言えますね)

|

より以前の記事一覧