FP-保険

2022/06/20

火災保険、10年契約廃止→最長5年(廃止前に入り直すか悩んでます)

 火災保険の契約、昔は20年とか30年とかの長期契約が出来ましたが、数年前に最長10年に短縮されました。そして、この度、おそらく2022年秋からかなりの損保会社で最長5年になる予定。

 で、私。その昔、中古マンションの住宅ローンを組むときに一緒に払っちゃえと、ローンに合わせて20年契約で入ったのです。それが切れるのが今年の12月。(当時、住宅ローン控除の改定で、12月中に引っ越すと有利だったとかそんなことも考えたなぁとか思い出しました。ちなみに、ローン自体は、繰上返済したので残債はありません)

 たぶん、保険の改定は10月だろうから、その前に10年契約で入ろうかどうしようかと悩んでいると言う状態でありまして。

→どうしよう? 単純に毎年更新する共済系でも良いんだけどな、とか

(基本、南海トラフとか富士山爆発とか起こると思っているんです。まだまだ保険料はあがるはずだと)

 問題は、今後10年間、今のところに住み続けるかどうかですよね~。(今で築34年のマンション。この前、毎月の修繕積立金も上がったしなぁ)

 いや、いざとなれば保険は解約すれば良いので、逆に10年契約をするにはこの秋が最後のチャンス?
 そう考えるならば、やっぱり入り直す方がベストかなと、心は傾きつつあります。でも、ちょっと悩んでます。

※火災保険は、いろんな災害があったせいでドンドン上がっているのはご存じの通り。ホントは、2年前に入り直すのが良かったんだと思う(→かなり大きく改定されたから)。とは思うもののそれは結果論でありまして・・・

 いつから改定されるかはっきりとは知らないので、損保の担当の人に「決まったらすぐに伝えてね」とは言ってあります。(→損保はけっこう疎いんです)

|

2022/06/13

6月は、住民税と国保保険料の改定月

そろそろ、通知が来ていますかね~これからですかね~
(みなさんの地域はどうですか? 京都市はまだです)

6月といえば、1年間の住民税と国保保険料が決まって通知される月であります。
サラリーマンなら「住民税決定通知書」なんてものをもらったり。

住民税も国保保険料も、前年度の収入で計算します。

 1~12月分の収入が、翌年3月の確定申告で国税が決まる
→それが自治体に回って、6月に、、、
 住民税が決まる(普通、12ヶ月の分割払い)
 国保の人は、それに応じて健康保険料が決まる(普通、6~翌年3月までの10回分割払い。もちろん、Ⅰ年分を一括で払う人も大勢いる)

(サラリーマンの人は、4~6月の給料の平均で、健康保険料と厚生年金保険料が決まります。やっぱり改定月です)

~~~

自営業の人で持続化給付金を貰って潤ってしまった一部の人は、納付通知書を見てビックリする、なんてこともあるのかな?
(事業所得や雑所得・一時所得が増えた人とか)

あと、新人でサラリーマン2年目の人も、初めて住民税が引かれるようになって、手取りが減っちゃったりとかも。

まぁ、大抵の場合、

 報酬 → 儲け → 2~3割くらい税金や保険料で引かれて、手取りは7~8割!
・・・一般的な人だとこうなります。

住民税とか国保保険料は、あとからやってくるというのが注意点。

|

2022/03/19

550万払って500万円受け取る「養老保険」の意味、わかります?

先日、保険のお姉さんがチラシをもってきました。大手生命保険会社の担当の方。

来月(2022/4)から、予定利率がまた下がります。入るなら今月中がオススメと一応、言っておきますね」

貯蓄性の高い保険(※)というと、年金保険や養老保険があります。

 0.85% → 0.60% らしい

~~~チラシをみると、
 30歳男性 60歳まで払い込みの、30年満期の養老保険(500万円)で
  ・・・月額保険料 15,195円 (今月中なら15,045円)

年数×12ヶ月で総額を計算すると、払い込み保険料の総額は約550万円。

~~~
これに加入する意味、つまり、どんな時にメリットがあるか、即答できますか?
いくつかあるんですよ~

(1)満期前の死亡は、丸儲け!

 30年間の間(というか、正確には満期前33ヶ月前=約3年前、までに亡くなると儲かります。
 入って1年とかなら、かなり得。しかし、現在30歳で、となるとかなり微妙な理由。

なので、まあこれを勧める場合と言えば、次の三つだけ

(2)二つの節税が目的

 毎年の保険料控除の枠が残っている人で、かつ、税率が高い人は、所得税が減らせます
 それと、
 相続税! こちらの方が多いかな。相続税の非課税枠が500万円あるからね。(※細かいことは省略)
 しかし、30歳で30年満期、は相続税としてはどうなのかな、と言う面はもちろんあります。
 
なので、最大のメリットは

(3)お金に名前がつく
 どうしても、親に渡したい(例えば、自分だけ学費が高くて「返さなくていいよ」とは言われているけど絶対返したい)とか。
 どうしても、配偶者じゃなく子どもに渡したい(→離婚した子がいる・離婚が頭によぎるような人とか、とくにね)
 どうしても、特定の子(何人かいるうちの子どもに渡したい。それも30年のうちにまとまった額を) 

 こういうときには、オススメできます。むしろ、お金に名前をつけるコストという感じ。

 
(4)あると使っちゃうので、浪費防止

  →これ、550万円払って500万円なのに、って思う人が多いと思います。
 でも相談に来られる人の中には複雑な事情をお持ちの方もいらっしゃって、

 ・毎月の給与振り込みが多いと配偶者が使ってしまうとか、
 ・義父母に貯金通帳見られてしまうのがイヤとか

お金と家族の関係って、単に儲かる・増えるという貯蓄面だけじゃないんですよね~

~~~
 でもまぁ、この保険。はっきりいうと、「あまり魅力ないですね~、むしろ、普通の掛け捨て死亡保険に30年間で入った方が良くなくない?」って感じではあります。
 なので、今の保険営業さんは大変だなぁと同情すると同時に、

 【保険に入る目的は何なのか?】 今一度、確かめてみましょう!

・・・担当者が熱心で、うるさすぎて、「今月ノルマが足りなくて、お願い!お願いっ!」てな場合も少なくなかったりしますから。


(※)その昔、予定利率が5~6%だった時代が懐かしい(平成一桁くらいまで)
逆に、低金利時代が長いので、保険で貯蓄という考えたがどんどん意識されなくなっているのも、不気味であったり。

掛け捨ての定期保険や医療保険しか知らない人も増えていますから、貯蓄性の高い保険って言葉が通じないときがあります。
だいたい、養老保険って言葉を知らない人も多いんです。

私、結構、お客さんに
「この保険、入っているのは何故ですか?」とか
「これ、お宝保険だし、取っておきましょうね。葬式代になりますから」とか
「生活が苦しいのならすぐに解約しても良いと思いますけど、あと数年で満期だし。今400円受け取るのと、5年後500万円受け取るのとどっちが大切ですか」とか

いろんな事を言ってますし、いろんなケースがあるのが保険です。

|

2022/02/17

3キロ痩せた(→病気)&マイナカードが健康保険証

 年末年始に、尿路結石になって、ちょっとだけ痛かったtakです。
 やっと、先週、泌尿器科を卒業しました\(^o^)/ 

 で、久々に体重計に乗ったら、3キロ痩せてる。再び、400ml献血のできない体になっちゃいました。(52-3=49kg 400ml献血は50kg以上なんだよね)

 よく健康診断の問診とかで「この半年で3キロ以上痩せましたか?」とか、「体重の1割以上痩せましたか」という質問がありますが、あれ、理にかなっているんだなぁと。

~~~

 去年はコロナが気になったので、人間ドックに行ってません。なので、今年は行こうかと。
 いや、今回、CTを撮ったら、まぁいくつか気になる所見が出ているのですよ。動脈硬化とか前立腺とか・・・オッサンのよくある所見がチラホラと。

 幸い、国保人間ドックの健診もできる病院なので、早めに予約を取ろうかなと。(→「前職の会社が所有している、地下鉄駅の上にあるビル
のクリニック」と書けば、分かる人にはわかるはず)

 ところで、体重とか血圧とかの記録。相当古くからの記録があるのですが、どれくらい保存しておけば良いんでしょうね。うかつにゴミ箱にも入れにくい個人情報のような気がして捨てられません。溜まる一方です。でもどう考えても、20年前の記録なんて絶対不要ですよね。

 CTやMRIを撮れば、CD-Rもついてくるし、、、マイナンバーで医療情報を登録すれば、そういう情報も共有されるんでしょうか。(→これはこれで漏洩が恐いですけど、保管したり持ち歩いたりなんていう不便さよりはメリットが大きそうな気がします=昔、道で倒れて救急搬送されて、首にヒビ→頸椎損傷を経験してますし)

 しかも、マイナポイントが7500ポイント貰えるらしい。@2022年6月~の予定
(新規取得5000+健康保険7500+銀行口座7500=最大20000

 →去年の衆議院選挙のとき、話題になりましたけど、最近はあまり聞きませんね。どうなったんだろ?
  この夏の2022年の参議院選と同じタイミングなのは偶然なのか?

今回、クリニックの壁に「マイナカードが健康保険証に」のポスターが張ってあり、それ見て、思いだしたのでした。

|

2022/02/14

紹介できる保険屋さんと、そうでない保険屋さんの決定的な違い

FPへの相談というと、一昔前までは保険の相談が主流でした。
いや、今でもそれなりに相談はあるのですが、今は、相続とか老後とか(それも定年直後→自分の後期高齢の老後)の相談が増えました。

一昔前の保険の相談はというと、、、「更新型の保険」で、「更新時に保険料が上がるしどうしましょう?」 という相談が主流。
でも今の保険の相談は、やっぱり、子どもが出来たとかで、「自分の万が一を考えた時」に相談に来られます。

私自身は、ひも付きじゃないのを売りにしているFPなので、基本、どこの保険が良い、あっちは悪い、なんてことを提案書に書いたりはしません。メールでも書きません。でも、

「(私の入っている保険は)どちらで入ってますか? 担当者さん教えてもらえますか」
なんて言われると、断る理由はないので伝えたりします。

~~~

こんな時に紹介できる保険屋さんの話です。ポイントが二つあります。

一つ目は、会社自体の信頼性のこと。
 過去の不祥事とか、企業規模とか、いわゆる信頼性
 
二つ目が、保険屋さん自身の資質。 →はるかに、こっちの方が大事

・・・どんな世界でも営業さんってのは、「不必要なくらいに熱心な営業さん」っているわけです。


(以下、保険屋さんとは限りません。自動車販売でも住宅販売でもどんな営業でも同じ事が言えるのですが・・・)
営業担当者の9割は、やっぱりノルマがあるので、契約が取れるかどうかを一番に考えます。
そのような営業担当者は、友人知人などから勧誘して、そしていずれ、新規の契約が取れなくなったら、ノルマが毎月/毎期、達成できなくて、上司に責められるのか給料がさがるのか知りませんが、、、ドンドン辞めていきます。

でも優秀な人は違います。

「保険って、万が一のときに、きちんと支払うことが大事なんですよね」
 ここをはっきり認識している保険営業担当者は優秀。
つまり、

 ・契約が取れて終わり、じゃなく
 ・契約が始まってから、長い付き合い

ってことを理解している人が優秀な営業担当者。だって死亡保険なら、死ぬまでのお付き合い

~~~さらに、保険で言えば
 万が一のレベルというのが、人によってそれぞれ違います。

→例えば、
 親や兄弟姉妹と仲が良くて、同族会社で全体で資産がある人
 親との交流も疎遠で、親は孫の顔さえ見ていないという人
 流行り言葉なら、「シングルマザーの人」とか 
 (※シングルマザーでもいろんな人がいるのだと思いますけどね)
 
それぞれの人の万が一のレベルを認識できて、そのための保険を提案できる担当者。
こういう人が、優秀な保険営業です。

保険営業/自動車営業/住宅販売でも同じ。
買う=契約 までじゃなく、それからが本当の 長~いお付き合い になることが分かっていて、
とりわけ保険では、万が一の時にきちんと支払える、ことが分かっている人。

こういう人は、安心して紹介できます。

~~~ところで、
きちんと支払えるってわかりますか?

愛人に渡したいとか、兄妹仲の悪い一方に渡したくなったとか、受取人が認知症になったときにどうやって受け取ってもらえるか、とか・・・
 こんな時でも、きちんと対応できる=対応しなきゃいけないと分かっている保険担当者。

あるいは、目的が、教育費なのか/遺族の生活費なのか/老後資金なのか/などなど
きちんとヒアリングしていつ契約が終わるのかまで考えて、保険を提案してくる担当者。
(・・・FP兼業の保険屋さんが多い理由はここ。目的をはっきりさせるからね)


でも、9割の保険屋さんは、契約をとって終わり! なのです。

自動車や住宅で言えば、きちんと使いこなせているかまでフォローできる担当者
(ま、現実、半年点検とか1年後とか、逆に、住宅なら今が売り時とか、会社のシステムとして自動的にダイレクトメールが届いたりしますけどね。それに保険なら、契約のご確認とかの封筒が来たり担当者の訪問があったりとか。)

※不必要に熱心な営業さんについては、割愛します。(詐欺に近かったりする。これも保険に限らず、いろいろな業態でね)

保険の契約は通常、長い付き合いになるので、しっかりした担当者、信用できる担当者から入りましょうね。
(とはいえ、若いときに死亡保険に入ったとすると、自分が亡くなるときには担当者なんてとっくに辞めていたりしますけど)

話が少しだけズレますが、、、
「95%が満足しています」って、20人に一人は満足していないのか って思うワタシは、、、正しいですよね。

|

2021/11/09

医療費は節約できない!インフルワクチン3500円@昨日

昨日、インフルエンザワクチンを打って貰ったtakです、3500円なり。

先月コロナウイルスワクチン2回目を打ったところだし、
「こんなに注射していいのかなぁ」とか思いつつ、“人間のカラダ”ってすごいなぁと思ってます。

→本人も知らないところで、抗体とか作ってんだから。

~~~
薬の進歩って、考えるとスゴイですよね。
今や1億円こえる薬もある(→高額薬剤といえば、肺がん治療薬や白血病治療薬)

「薬の歴史」ってオレは、何を知っているかなぁと、頭の中を探ってみたのですが、あまり出てきません。(以下、私の記憶なので正確性に欠けることを注記しておきます)

 ・忍者が活躍してた頃は、トリカブトとかあったよなぁ
 ・大河ドラマで戦国時代は大体、病気平癒は、お寺で祈祷
 ・武田信玄が病気で何かの薬を飲んでたとか聞いたことがあるぞ
 ・緒方洪庵が江戸時代に種痘のワクチン作ったんだっけ? 蘭学医学だよな
 ・人体解剖図って誰だっけ? (→杉田玄白でしたっ)
 ・江戸後半だと、藩医とかいう人が確かいたはず(何かで見たか読んだ)
 ・明治期の医学ってどうだったんだろ? 島津源蔵がレントゲン装置を作ってたはずだけど
 ・戦後の医師会は、結核予防でBCG普及させたよな

もっと昔に遡って、奈良時代とか平安時代にも「毒殺」された人がいたような気もするし、医食同源とか薬膳とかの言葉もあるけど歴史的にはどうなんだろ?

それらを考えても、この近代の100年間(いや50年くらいか)の医学進歩はハンパじゃない。CT/MRIにDNA分析。
まさしく日進月歩。

だけど、FP的にみると、近年、医療費は節約しにくい出費です。

~~~
この前、保険屋さんが挨拶代わりに医療保険の提案書を持ってきました。
何かの重い病気になれば(→病気の詳細は省略するね)、
 入院日数にかかわらず20万円。保険料は毎月約1万円。

オレ「20ヶ月以内に、病気しないと元が取れない保険ですね♪」

とはいえ、何かの病気でそれも長期治療になるとなかなかきついものがあるな、とは自分でも分かっています。だからこそ保険があるわけですね。

→なので、ガン保険だけは終身契約で入っているし、続けるつもり

将来、他の病気とか(例えば最近だとコロナ後遺症の治療。年齢的には脳梗塞や心筋梗塞)とか、違うヤツで医療費かかるようになったらどうしようかなぁとか思ったり。
あと、目・耳・口、関係はお金いりそうだなぁと。

 

|

2021/09/14

別居の高齢父母もOK! 個人賠償保険

 私は、今は親と同居していますが、一昨年までは実家で親は一人暮らししてました。
 で、当時、個人賠償保険を探していたのですが、90歳を超えるとなかなか無いのですよね~。

【親の現状】
 もう、足がよたよたで、最近は杖歩行も危なかしい状態。基本、両手で何かを掴んでおかないと歩けない親です(手押し車が一番便利)
 なので、転倒して→ 他人のモノを傷つけたり、子どもにケガさせたりが心配

  =個人損害賠償責任保険をつけたい!

===で、本題

 先日、ニッセイさんの担当者さんが定年退職されて別の担当の方になって、それが影響しているかどうかは分かりませんが、

別居の父母も(もちろん本人も家族も)対象の個人賠償保険、その名も【まるごとマモル】」という保険の案内がやってきました。

補償は、 損害賠償責任 無制限(家族みんな)+(契約者本人のみ死亡傷害保険10万円)
年間保険料 1990円~
 ・・・あいおいニッセイ同和損保です。

「ほ~こんな保険が出てるんだ」と思ったワタクシ。
調べたら、3年前から発売していたみたい。(丁度、私の親が実家で倒れて、「もう同居しなきゃ」と思った頃だ)

Sonbaihoken

ま、私の場合は、同居を機に、私の格安傷害保険=入院1日500円の傷害保険に付帯させる形で、家族型の損賠保険をつけてあるのですが、こちらで、年間3700円くらいの保険料。
でも、同居していなかったら、上の保険も検討していると思います。
また、介護施設に入所になった時にも、損賠保険が必要かな?と思えば考え直すと思います。(=同居じゃなくなるので。ただ、ほとんどの施設では施設全体で団体保険に入っていることが多いとは思いますが。)


もし高齢者だけの世帯で損害賠償保険を考えると・・・

まぁ、一般には、自動車を手放せば、火災保険に付帯させるしかないことが多いかな。でも家が古くなったり賃貸だったりすると火災保険も解約
 →損賠保険がつけられない。

自転車に乗っている人だと、自転車の入院保障に付帯なんてことも考えられますが、90歳をこえるとね~

最近は、クレジットカードにも付帯できますね。
メインカードが決まっているのなら、元気な間にそちらに付帯させておく手もあります。

~~~(話を戻して、【まるごとマモル】の保険)

一応、傷害保険の付帯という形ではあれ、ほぼ家族の個人賠償に特化した損賠保険。かつ、別居の親も対象というちょっと珍しい保険の紹介でありました。


(※契約をお考えの方は、しっかりと担当の方から説明を聞いたりして、内容を理解してからご加入ください。基本セット以外にいろいろオプションも付けられますから=死亡時保険金の増額や携行品補償など)


|

2021/03/30

ワクチンも5G(携帯)も、長期的な副反応ってないの?→ガンとか

 例えば、近年、ガンの発症率で大腸がんが増えている → 食事が洋風になったから・肉食が増えたから

なんていうのがあって、たぶん、論文とかも出ているのでしょうけど、、、、

同じように
 携帯電話という電波発信機が脳に与える影響なんて、昔から騒がれていますし、
 コロナワクチンでも長期的にな影響なんて、まだ分からないし、

どっちも絶対、カラダに良いことはないだろうな~ と思ったりするわけで、
だけど、メリットとデメリットと比較して、さてどっちだ?

はっきりして欲しいのは、リスクの大きさ!
・・・ま、難しいのはわかっているんだけどね。

【過去記事】
 ●ガン保険を、55歳で追加した私の話(2020/07/07)
 tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2020/07/post-752c4f.html

~~~~

 ワクチンが出来ても、すぐには打たないtakです。ちょっと様子見。
 だけど、それで避けられるのは、短期的な悪影響(副反応)についてのリスクだけ。

 長期的にはどうなのでしょうかね~

(これ、いろんなことに言えますね。地球温暖化も長期の話だし。
 長生き=寿命が延びても、元気じゃなきゃ楽しめないし。。。)

 どういう選択が、人生を豊かにするんだろうなぁとか、真剣に考える割には、結局、どっちが良いかなんて今の段階では判断できないな、なんてことが多すぎます。

・・・住宅ローンの金利が上がるか/下がるかとか、保険に入った方が良いか/入らない方が良いかとか。

 こういうときに、判断できる要素を、日々考えてはいるのですが、なかなか考えがまとまりません。

~~~結局、ワクチン(が打てるようになったとして、)どうしようかなぁ~ と。

|

2020/11/27

2021年3月、マイナンバーカードが健康保険証がわりになる、けど・・・

京都市の広報誌からの転載です。
(健康保険証の切替えが毎年秋なので、先日届いた区役所の案内から)

“令和3年(2021年)3月より、
  マイナンバーカードが健康保険証として利用可能”

  ただし! 国民健康保険(後期高齢)で、かつ、
  マイナンバー非対応の医療機関や薬局は、
    従来通りの健康保険証が必要

つまり、しばらくは、健康保険証(国保)も必要ってことですね。
~~~~

ちょっと中途半端な感じはいなめません。でもまぁ、“デジタル庁”も出来ることだし・・・まぁいいか

注意点はっ! すでにマイナンバーカードがある人は、
  事前登録が必要です!(マイナポータル)

  >>>私はコレですね~(マイナポータルは、登録していないんだよね~)

ちなみに、うちの親の場合は、重度障害者でもあるので、「限度額証と京都市の医療費支給制度」の対象者でもあります。

→このあたりとも連携はすぐには、、、されないんだろうなぁ(知らんけど)
 連携されるまで、親が生きているか(^^;)

~~~~

子育て/介護/確定申告・・・だんだんと、マイナンバー(マイナポータル)の方が、便利になっていくんだろうな
とは、思っています。

・・・そろそろカードリーダーを買うか、スマホにするか悩んでいるところ

(※確定申告も、いまだに、紙の従来からの手書きで
  やってるんです。この前、会計ソフトを買ってき
  たんですけどまだインストールしてない。)
   →古い人間なので、手書き手帳とメモ→明細書台帳記録で
    やってるんです、(^^;)
    だって、1年間でも数ページ分だし)

【追記】タイマーアップの日付を間違えて前日にアップしてしまいました。

 

|

2020/07/10

今日は国保の人間ドック(半日ドック)

 今朝から絶食、というか昨晩の夜9時以降絶食で、今日は、半日人間ドックです。

 京都市の国保で3割負担。オプション検査をしなければ、1.3万円ほど。

この人間ドックって、全国一律の制度じゃないんですね~、勘違いしてました。

 健保組合によっては、

  ・年齢 40歳以上に限るとか、
  ・高齢になると負担金が下がって 1.3万→1万円になるところとか、
  ・5年ごとに無料になるところとか、
  ・健康保険料に未納があるひとはダメだったりとか、、、

 それ以前に、そもそも制度のないところもあったり。
(いや、実家で、人間ドックって聞かなかったなぁと思って調べたら、平成28年から始まってました。
  →だから、知らなくて当然。それまでなかったのね)

====

 主な検査項目は、

  身長・体重・血圧に、
  血液・尿・便検査。
  胸部レントゲン
  超音波(腹部エコー)
  胃カメラ/胃透視(バリウム)
  眼底検査
  心電図

ってところ。(※今年は、コロナの影響で一部検査が省略されるらしい。)

私は、2~3年に一度を目安に、一応、受けています。

前回は、眼底検査に引っかかって眼科受診を薦められたら、早期の緑内障だと。でも、毎日目薬さしているんですけど、はっきり言って進行を遅らせるだけで、自覚症状はないし、、、ということで、別の眼科にいったら、写真を見るなり、

「典型的な緑内障で、まぁ老化現象だけど、10年~15年くらい年齢以上の目ですよ」

なんて言われて、まぁ点眼しているわけです。
(→悪化すると眼圧が高くなって→猛烈な頭痛→失明 らしい。)

健診=健康度の診査 というよりは、老化度のチェックという気がしないでもないですね。

|

より以前の記事一覧