FP-保険

2017/06/09

子供誕生、学資保険と生命保険どっちが優先?

 久しぶりに保険の話題♪
 姪っ子の子供が1歳で、携帯電話の待ち受け用に「赤ちゃんの時の写真しか貰ってないから最近の頂戴」と送ってもらいました。
  ・・・電車とかで、「お子さんかなぁ、お孫さんかなぁ、どっちかなぁ」と思われているに違いない(^_^;)

 それはどうてもよくって、、、

 とりあえず、今誰かに子供が出来たとして、「親の生命保険」と「子供の学資保険」どっちをすすめるか?
 よく、子供が生まれたときが一番保障が必要なときです! なんていうのが保険外交員の台詞です。。。。確かにそう。でもっ!

(1)共働きなら、確かにそう。それも、夫婦どちらも必要になる。
(2)結婚前に親に扶養されてた妻が、いざとなれば子供を連れて実家に帰れるのなら、学資保険が優先。
(3)もしベビーシッターが必要になるのなら、妻(あるいは夫)の生命保険が最優先。

 こんな風に場合によって違うよなぁ、なんて改めて思った次第。

 で、学資保険。
 時々、親世代(祖父母世代)が学資保険で利率がよかったという気持ちがあったりして、
「まず学資保険。知り合いの保険屋さん知ってるし」で入ちゃう人がいる。

 今、貯蓄性の高い保険は、低金利でおいしさがほとんどありません。であれば、いつでもおろせる定期預金という万能貯金でもよい。(←だからといってこれで自動車買ったりしないでね(^_^;))

 いや、ある程度、動かせる資金がある人は良いんです。でも全然貯金もなくて、しかも、家を買ったばかりとか。こんなときは保険よりもまずは定期預金!。

 教科書的には、3ヶ月~半年分くらいのいつでも動かせるお金は持っておけ、ということになってます。(ところが、定期預金ができると、それを繰り上げ返済とか他のことに使っちゃう人も多いんだよね(^_^;) あると使っちゃう人には学資保険という“取り置き”も良いかも)

 最近の学資保険の「利率のうま味」はほとんどないのですが、一方で、いろんな小技のあるやつがでてきています。昔は高校大学入学前の2回支払いだったのが、入学半年前に一時金(受験費用)とか、卒業時に一時金(卒業祝い用)とか。。。。ま、分割で貰うってだけなんですけどね。
 それに、保障の方も親の保障・子供の保障、それの保証も細かくといろいろつけられる商品が増えてます(ま、その分保険料があがるんですが)

~~~~~

 知り合いでちょっとかわいそうな方。お子さんがお腹にいるときから心臓病。
 奥さんは職場復帰できないし、病気持ちでは子供に保険が掛けられないし。。。というかそれどころじゃなさそうだけど。

 本題とはずれますが、奥さん職場復帰前提で住宅ローンを組まれる方が(当然ながら)増えてます。ほんの少しで良いから、こういう職場復帰できないという事態も考えてローン組まれたらいいのになぁと思います。・・・子どもも保険に入れないし。

|

2017/04/17

京都市も自転車保険義務化、レンタルも

 やっと本格的に暖かくなってきたっ! と思ったら暑いっ!
 今年の春は遅かったんですかね〜。久しぶりに田んぼの横を通ったら、いつもならちょっとずつずれて咲く草花が一斉に咲いてました。ホトケノザ・ヒメオドリコ草・タンポポ・レンゲ・カラスノエンドウ・ナヨクサフジ・・・

・・・昨日は今年初めてのヒバリの鳴き声も、聞いたよ♪

 さて、今日は保険の話題です。
 時代を半年ほど先取りする話題・・・つーほどでもない話題(^_^;)
〜〜〜〜〜

 兵庫県・大阪府・滋賀県に引き続き、今年の秋から、京都市(府ではない)でも、自転車保険(損害賠償保険)の加入が義務になります。・・・京都市のはレンタルもです。(←加入するのはレンタル業者だからね♪)。

 ・兵庫県 2015年10月から
 ・大阪府 2016年7月から
 ・滋賀県 2016年10月から
 ・京都市 2017年10月から

【過去記事】
自転車保険義務化、大阪と滋賀も (2016/05/18)

====

 どこの条例も保険加入は義務づけられましたが、最低いくらに入れとは書いてないんですよね~(全部調べた訳じゃないけど)
 元々のきっかけが、兵庫県の9500万円の賠償判決だったので、賠償責任保険1億円というのが最低ラインでしょうか。
 京都駅前の駐輪場では、月極利用者は割引しますというどこかの保険屋さんのビラが貼ってあったような。。。

 さて、加入するときの最大のポイントは
  ・損害賠償金額 (まぁ1億円として)
  ・自分の傷害保険を付けるかどうか(骨折とかの入院補償・通院補償)

 安くしようとすると、傷害保険が限りなくゼロに近いモノを探すこと!

  >携帯電話のau保険・ドコモの保険・Yahoo保険のような、自由設計型か
   火災保険や自動車保険に付帯させる
     ・・・賠償責任だけなら同居の家族みんなで月150円とかの保険料です。

====

良い季候になって、自転車乗り&バイク乗りをたくさん見掛けるようになりました♪
 ・・・しっかし、見るのはオッサンばっかりというのはどういうことなのか?
     若者は、どこ行った?

|

2017/02/20

遺言書で、死亡退職金と生命保険は書いちゃいけない?

表題で何書きたいか分かった人は、もう良いです(^_^;)
  ・・・書けないんですよ〜。なぜかというと「自分のモノじゃない!」から

========
 ずっと前、2年ほど前の日経の記事が大元です。
(「終活」のミス、書き間違えた遺言の行方 2015/1/7
    ライフトップ > くらし > 法廷ものがたり > 記事)

・・・でも、参考にしている分は1/3くらい。

   元記事は、勘違いで書き間違えた銀行口座(第三者に
      渡したかった口座)の裁判の話、がメイン

===ここから本題ね===

 遺言書!
「オレが死んだら、退職金と生命保険は、愛人に!」
 もし、病気か何かで死期がせまっていたらこんな事を書きたくなる人もいますよね。とくに子供がいない時とか。
 愛人じゃなくても、子どもがいなくて70歳くらいでガンがわかって、妻がすでに死んでいたり、世話になっている近所の人がいたり、すでに亡くなった兄弟の嫁の親戚なんていう相続とは関係ない他人に、とか。

 ・・・自宅とか預金とかは兄弟親戚でもいいけど、
    退職金と生命保険だけは第三者になんて、思う人がいてもおかしくない。

でもこれ、無理なんです。

 まずわかりやすい方、生命保険。こちらは遺言書でなく、普通は受取人変更を生前にしておきます、でも今、「特別縁故者」を受取人にすることが、非常に難しくなっています。いろいろ保険金殺人があったからです。原則、2親等または法定相続人(→普通は甥とか姪=3親等)。これ以外の受取人にしようとすると、法定相続人がいないか、それ以上の真に特別縁故者であるかどうか、という保険会社の判断になります。・・・つーか、他の人から裁判起こされても勝てるという人にしか受取人になれません。

 で、上の生命保険でもそうなのですが、死亡退職金、これがいつ権利発生するか?
 どちらも「死んだことによって発生する権利」ですっ!!
 だから権利者は本人じゃないんです。権利者じゃないのに、遺言に書けるわけありません!!!
   ・・・ここ、誤解しやすいですよね。つーか、
     「オレが死んだら、退職金と生命保険は、愛人に!」
      権利はオレにあると思うのが普通

〜〜〜〜〜〜

 でね、先の日経の記事は、司法書士さんがこのことを知らずに「遺言書を作った」ってこと。まぁ、司法書士さんにも専門分野がありますからね〜(一般には、登記=住宅+抵当権の銀行系か、相続関係の遺産分割協議書+名義変更関係、の人が多い。あと法人登記とか、外国系かな。)

 自宅は長男・生命保険は次男、こんな遺言書だと、生命保険の部分は無効になります。だから、自宅しか相続財産がなければ、次男は遺留分(=自宅価値の半分の半分)の請求を長男にするかもしれません。
  →これ、前に「保険カテゴリー」で書いたと思う。

(もっとも、兄弟仲が悪ければってときね。大多数の一般人ならこの遺言書で納得する方が多いと思うし、納得しなくて無効裁判するとかあまり無いと思います。あるとすれば、弟がカネに困っていて、かつ、この自宅財産が1億円とか相当あるような時ですかね。)

 ちなみにもし私に、「オレが死んだら、退職金と生命保険を第三者に渡したいんですが・・・」なんて相談されたら、私ならなんと言うか?
 ・・・生きてる間に解約したり前借りしたりして渡しとけ!(生前贈与)
    です。
    (※多額の場合は、贈与税に注意ね。年間110万円こえた贈与税)

気をつけましょうね〜♪

~~~~~~

・・・ちなみに逆パターンを聞いたことがあります。

 「この保険お前に渡すから」と証書(もちろん受取人は自分)を渡されていたのに、契約者が前借り=契約者貸付していて、ほとんど貰えなかった、ってやつ。(こっちも気をつけましょう♪
・・・って、どうやって気をつけたら良いかよく分からんけど m(_ _)m )

|

2017/01/23

診断書、高っけーなー

 最近、病院の会計のところに
   【診断書料金一覧】
            入院日数証明  ○○円
     生命保険・医療保険請求  ○○円
            施設入所用   ○○円
            会社提出用   ○○円

 こんな一覧を見掛けるようになりました。

======
 去年90歳間近の母親が、まぁいろいろあって、最近、ショートステイを利用するようになったのですが、ケアマネさんから、「いくつか複数利用しておくと、いざという時便利ですよ」、なんて言われたもので、HPで調べたり社会福祉協議会で聞いたり、近所で噂を聞いたりしながら、探すんですけど(→最近は、専用HPも整備されている)、
 どこの施設を選んだとしても、

   入所説明 →「契約」 → 「保証人」 → 当日の持ち物ほかいろいろ説明

 これを繰り返さなきゃいけないのです。

 ショートステイ以外にも、福祉機器レンタルとか、
 いやいやそれ以前に、ケアマネさんとの契約が最初でした。

 それ意外にも、あちこちと口座引き落としだったり、その都度払うのだったり、月末支払だったり。常時、実家にいるわけでもなく、姉との共同作業なだけに、もう訳わかんない、ってかんじ。
  ・・・やっと落ち着いてきた♪
    (親が倒れる前にこっちが倒れるんじゃないかと思ったくらい)

〜〜〜〜
 で表題、何カ所かの施設から【診断書】を要求されるんですよね。
 受け入れる側からすれば、そりゃまぁそうでしょ。
 でも、これが結構高い。
  ・・・病院にもよるそうだけど、1通あたり数千円ってのが相場でしょうか。

 うちの親の場合は、去年、「急性かつ老人性の大腸炎」に「意識不明レベルの血圧低下」、それに30年来からの「ペースメーカー」などなど、いろいろあるから、診断書の値段に文句つけるつもりは毛頭ないのですが、これが、簡単な持病の薬程度で、1通あたり数千円かかるとかなると、結構高いなぁと思う人も相当数いるよなぁなんて思うわけで。

 →診断書には健康保険が使えない分、医院はこれで儲けてるんじゃないかと疑うくらい。
 それだけ責任のある文書、ということなんでしょうが、
 個人的には
  ・・・検査等の数値の検査料はいくら(新しく検査する人もあるだろうし、
                すでに調べている時もあるだろうし)
     既往歴・治療中の所見・注意点は、いくら ←これは病状によりますね
     それぞれの施設のフォーマットに転載するだけならいくら
     プラスαの文書が必要なら、それはいくら、

 なんていう風に明瞭会計にすべきなんじゃないかなぁ、と思いましたヨ。
 何でもかんでも「1通いくら」は変なんじゃないかと。

=======
(本題とは関係ないですが、民間医療保険では診断書だいぶ減ってきました)
 医療保険では、最近は、診断書なしで、病院から貰う明細書でOKというところが増えました。
 そりゃ、三日間の入院、入院日額5000円の保険で、診断書料が5000円だと、一日分ムダですもんね。入院日数は昔ほど長くありませんから。(先日、弁膜症の手術を受けた人がいましたが、こんな心臓の手術でもいまや2日間くらいですぐ退院。

  請求したら、「日帰り手術」は、手術給付金対象外です! 出ません! っていう   トラブル? も良く聞きます。
     医療保険= 入院日数 + 手術給付金

 手術給付金がでるのは入院しているのが条件っていう保険がまだまだ多い。

  →ちょっと古めの保険。当時は、日帰り手術なんて想定してなかったんだけど、
  「入院給付金が出る場合において、手術を受けた場合に、手術に応じて5〜20倍の
   手術給付金が・・・・」という約款が多いんです。
    最近は、逆に「日帰り手術でも出ます!」と宣伝しているのが増えましたね。

|

2016/10/17

兄弟げんかで県民共済の死亡保険金が貰えない事例が増えてきた(←同居事項)

都道府民共済、月々2000円コース♪
65歳までのそこそこ健康な方(←診断書必要なし)なら、85歳まで(保障は減るけど)自動継続。死亡したら100万円。
(あってるかなぁ、最新の約款は見ていないm(_ _)m)

で、前にも書きましたが、死亡保険金! 同居人が優先です。でも施設にはいると同居じゃなくなる方も結構います。

→そうすると、「葬式代に」と思っていたのが皮算用になったり。。。

都道府民・県民共済の死亡保険金は受け取り順位があります。

# お子さまと同一世帯に属し、生計を一にするお子さまの
# [1]父母  [2]祖父母  [3]兄弟姉妹 
# [4] その他の、お子さまと生計を一にする方

# その他の、お子さまの
# [5] 父母 [6] 祖父母  [7] 兄弟姉妹

で、一人親が施設に入って、受取人で子供みんなでもめると言うケースがちらほら。だって同居じゃない=同一世帯じゃない=上の[7]=子供みんな、で同一順位になるから。

例えば、長男がずっと同居していた→ついに特養に入った、住民票も動かした。
長男は、葬式代はこの死亡保険の共済金100万円をあてにしていた。
しかし、いざ、親が死んだら、次男がオレにも権利があるだろ! なんていってきた。

これが、まぁ、すべて長男が面倒見てきていたのなら長男は
「今まで放ったらかしにしておいて」なんていうでしょう。
そこで、次男は、
「じゃあ自宅(←親の土地)を相続した兄貴は、どうなる。自分だけ自宅を独り占めしていいの? この保険金くらいオレにくれよ」

でも残念ながら、長男は、リストラ後の早期退職で、お金がない!
だって、葬式代はこの共済金100万円でまかなうつもりだったんだから。

====

まぁこんな風にもめるわけですね。
しかも! 裁判するにも、微妙な金額。(着手金30万円で、裁判費用30万円で、なんてやっていくと、メリットなし=弁護士も引き受けない)

かくして、親が死んだことによって、兄弟仲が悪くなるという典型的例が発生するわけです。
以後、兄弟姉妹の縁を切る!
これを昔の人は、「兄弟は他人のはじまり」なんて言っているわけです。昔の人は偉いですねぇ~

====

死亡保険金100万円。もし、自宅不動産をもっていたらそれに比べればわずかな額でしょう。
それでも、ちゃんと「葬儀代として、この共済金を使うこと。(葬儀代を払う人にこの共済金を譲る)」なんていう遺言書があれば良いんですが、、、、まぁそこまで考える人はマレでしょうかね。

はっきり言って、これくらいの金額で『他人のはじまり』になったら親が泣きます。

|

2016/06/16

夫婦保険(夫婦連生保険)は、積極的には勧めにくい、な

夫婦連生保険、なんて聞いたことありますか?
聞いたことなければ、この際、聞かなかったことにしてください(^^;)
10年くらい前かなぁ、結構いろいろな保険会社が売り込んでいたし、今でも売ってます。

夫婦一体に保険契約する保険です・・・そのまま♪

いろいろな種類の「夫婦連生」があります。被保険者が夫婦それぞれであるのが共通点、でも、その中身は多くのタイプがあります。例えば、、、、
 ・夫が死んだら、妻が死亡保険金を貰って終わるもの。
 ・両方が死んだときにお金を貰って、終わるもの。
 ・夫に対して、妻6割のように保険金が決まっているもの。
 ・これらに、医療保険を付けたもの。

メリットは、それぞれ個別ではいるよりは保険料が安くなる点。
でもデメリット! ライフプランが、設計しにくいんですよ。安価な保険料ほどのメリットがないと思ってる、というのが私の個人的な意見です。(←ひとによるのかもしれないが)
 例えば、
  夫の死亡1000万円+医療保障 入院一日1万円 として、
  妻がこれの6割(死亡600万円+入院一日6000円)、
みたいな保険があったとして、
 夫の死亡時には、保険金が支払われて契約終了! ならば、奥さんの入院保障がなくなっちゃうのです。これは最大のデメリット。

でね、最近、夫婦別居! なんてことが日常茶飯事。
  →離婚・別居・施設入居・片方だけ実家、いろんなパターンが最近はある。

この時、保険請求のための書類がとても集めにくかったり。続柄を証明するものが必要だったり、被保険者と契約者が違っていたり、とか。

まぁ、問題になることは滅多にないでしょう。でも最近の離婚の多さを考えると、滅多にないと言い切って良いかどうかもちょっと疑問。

次のような場合も困ります。両方が認知症で、別々に離れて、別々に成年後見人がたってたりすると、たぶん書類集めが大変。その時に別れて住むことになった特別の事情(感情)が入ったりすると、保険金が簡単に貰えない、なんていう事態になっちゃいます。

~~~~~
夫婦連生は絶対ダメ、なんて言う気はさらさらありません。むしろ、保険料の安さをメリットに感じる人の方が多いと思います。でも、手続きが大変になることもある、と。

→でも、現実、そんな保険証券を見せられて、今更、保険を変えましょう、なんても言えません。(年齢が上がっていたり、持病もっていたりするから)

しかも私の友人は、このパターンで、10年更新型。
途中で初期ガンだったか軽い脳梗塞だったかがわかって治療したので、10年ごとに上がる保険料をガマンするか、いっそ、その分貯蓄にしておくか、ってなことになってます。(←生活にはほとんど支障がないくらいなのが幸い)

|

2016/05/31

損保のセミナーの中身で悩んでます(;_;)

内輪のメンバー相手に、「損保全般のセミナー」をすることになって、内容を考えているんですが、どうも上手くまとまらない。一人で困ってます。

言いたいこと・伝えたいことは、一杯ある、だけど絞りきれない。
・・・ここが悩みどころ。

保険って、入れば入るほど安心じゃないですか。
でも、だからといって、自動車保険を二つも三つも入る人はいません、火災保険でも重複加入しません。
なぜかというと、重複して入っても支払われないから。(=超過保険で払い損)

(損保の基本は、「損失額の算定」!から入るところ。いわゆる時価ですね。
このとき、支払い元の保険がいくつかあれば保険金額(≒保険料に比例)で「分担」して支払われます。)

~~~例えば、小わざや豆知識的に内容を積み重ねることはできる!

(地震・噴火・津波)
損保・生保かかわらず、地震・噴火・津波は支払われないことがある。でも実際には東日本大震災でも、払っているし、しかし、それ以上の災害が起こったら、保険会社が倒産してまで払う仕組みはないですよ、とか。

(借用物除外)
個人損害賠償保険では、「ちょっとパソコン貸して・・・あっ落ちた・こわれた」では、保険金払われませんよ、とか。

(高額賠償の件)
自転車事故で1億円近い、高額賠償もあり得ますよとか。
列車事故で実際どんな請求がされているか、とか

あと、安い自動車保険はどうやって安くしているかとか、もちろん、いろんな特約のこととか、、、言いたいこと・伝えたいことは、一杯ある、だけど絞りきれない。
何か違う気がする。

====
簡単に言うと、例えば、新社会人から、「保険にはいるかどうか迷ったときには、どう考えればいいんですか?」と聞かれたとして、
 → この答えを数行の「ホネ」だけにすると何が残るか、で悩んでいるわけです。

損害保険って、生命保険と違って、何とな~く入って、なんとな~くお金払ってませんか。
(火災保険で地震保険をつけるか・家財もつけるか、で悩みません? 
 自動車保険で、対人1億円にするか、無制限にするかで悩みません?
 何とな~く、こっちだ、みたいにしてません?)

そこをはっきり、こう考えましょう!って言いたいじゃないですか。

担当の係の人から、今月中に案内まわしてね~、といわれてるので、本当なら今日が締め切り。さてどうするよ>オレ。

|

2016/05/18

自転車保険義務化、大阪と滋賀も

自転車の9500万円高額賠償事故をきっかけに、自転車保険(損害賠償保険)の加入を義務づける条例が次々と広がっています。

 ・兵庫県 2015年10月から
 ・大阪府 2016年7月から
 ・滋賀県 2016年10月から

すでに、中学・高校の自転車通学とかでは義務化している自治体も増えてきていますね。

一般には個人損害賠償補償は、火災保険や自動車保険の特約で付帯させるのが安価だと思います。(あるいは、コープ共済などの子供障害保険に付帯)
もちろん、普通の傷害保険(ケガで一日1万円とか、骨折5万円とかの保険)に付帯させても良いでしょう。

携帯電話系と損保会社コラボの保険(ドコモの保険や、au自転車向け保険、ソフトバンクかんたん保険)もあります。これらは、保険が特別というよりは、「簡単に加入できる・電話代と一緒に請求される」、という手軽さが特徴。

ちなみに私は、Yahooプレミアム会員の特典の一つで、損害賠償補償を付帯させています。
・・・火災保険は長期契約だったし、自動車保険は実家の車にしてあるし。タイミングがずれた(^^;)

どこがお勧めか?と言う観点よりも、どんな補償が欲しいか。
入院したら・通院したら・自分がケガしたら(他には、家が燃えたら・自動車事故を起こしたら)などのメインの補償を観点に、損害賠償補償額(最高5000万か1億か2億か)で決める、という感じでしょうか。
あえて言うと、示談交渉が付いているかもポイントかも。(最近は結構付帯してきてますがないものも多い)

~~~~~
上の最後の1行、最近ではかなり重要になってきています。
「(ブラック)会社から、おまえのミスだから損害賠償しろ!」
例えば、飲食店のバイトが何かを壊した。
「それ全部足すと、1万円だから」なんて言われたら、これくらいの額で、しかも善良な若者なら払ってしまう人も多いでしょう。

・・・法律的には、(1)よほどの過失や故意でなければ賠償責任はない。(2)買うときの値段じゃなくその時の時価。ただし、他に損害がでていればそれも。(例えば、掃除代とか設備が使えなかったために業務ができなかった期間の損害とか)

ただし! (その1)
損害賠償保険を請求するには、「すぐに連絡を!」という規定があって、で連絡すると状況に応じて、写真に撮れとか、見積もりを取れとか、こういう指示がくるはず。
・・・すぐに連絡とは言っても、約款上、1週間とか10日間とかになっていると思います。
  まぁ普通にすぐに連絡すればOK。

ただし! (その2)
「次に皿割ったら・・・」こういう言うとき。次に割った皿の時価分、だけじゃなく、
「おまえ、皿洗いできないなら解雇だ!」、こういう場合もあるわけですな。(もちろんそれはそれで不当解雇の裁判は出来ますが、それはあまりしないでしょ。正社員なら普通は査定に響くという結果になる。バイトはちょっと微妙かも。)

一番の問題は、こんな時に、そう言うもの・賠償するものだと、使用者も雇用者も(あるいは、先輩なんかも)思っているということ。。。ブラックだ!と騒ぐ以前に、労働法とか判例とか、もう少し習わせた方が良いと思うぞ。ほとんどの労働問題は、法律を知らないところに起因しているし。

~~~~~
だんだん話がずれてきた。
とりあえず、自転車保険の義務化、広がっています。
何かひとつは、お守りとしてでいいから損害賠償保険には入っていて欲しいです。ほとんどの場合は、火災保険とか自動車保険とか普通傷害保険(ケガの保険)とかに、プラス100~200円で付帯させることが多いと思います。

|

2016/03/08

新築中に建築主が死んだら! 建築前に生命保険

街を歩いてふと自分の手を見ると、手袋をしていない! 春ですね~

さて、現在では、家の建て方も、資金の準備方法も、いろいろ多様化しているのですが・・・ことときの保険の話。

<家建てる時の資金を払う順番>・・・土地購入と一緒に家も!というときの順番は

   申込金 → 契約金(手付金) → 土地代金 → 建築代金
あるいは、
 土地と建物両方一括で、最初と途中と(中間金と)、最後に支払い。

なんてのが普通だと思います。で、契約書の印紙代とか登記料とかがかかる。

で、
<資金準備>は、自己資金に民間銀行の融資かフラット35。それに加えて、親からの援助とか。

<融資の方>も、一括融資は利息がかかるので、総額を最初に決めた後分割融資するのもあれば、土地・建物を分けて融資する場合もある。

でもって、本題! 

<万が一の時>です
  民間銀行の融資だと、融資=団体生命保険に加入 ですが、
  フラット35は任意加入。
・・・融資のタイミングで団信加入だと保険開始と微妙にずれる時があるんです。

万が一が、どの段階か? すなわち、契約直前・直後・基礎工事まで・完成間近、場合により対処も変わる。

〜〜〜〜〜〜

生命保険の最大の難関は、持病があると入れなくなることがあること!
とりあえず、家を買う予定の人は、まず、保険に入りましょう♪

でもって、団体生命保険に加入できてから解約or減額すればいい。
とりあえず、安い掛け捨て保険に取りあえず入っておく。
  ・・・現実、使うことは少ないかもしれないけど、安心を考えたら
     無駄なコストではないと思います。
      →その人の考え方にもよりますが

========

知り合いに、古い家の建て替えのために、家の設計図を考えている途中で亡くなった方がいます。この時は、建築中止で資金的な問題は起こりませんでしたが、古い家からマンションに引っ越したまま、10年くらい経った今でもそのままマンションに住まれていらっしゃいます。

  ・・・いろいろ思い出して、古い家に戻りたくない
     という気持ちもあるんだと思いますが。

希望の家が、絶望の家になる!

こんなことがありませんようにね。

※持病があって、借り換え(←こっちも団信加入)できない! って話も少なくありません。
  低金利になったから借り換えたいのにできないって言う人も多いんですよ。

【過去記事】
 ●持病あり!団信に入れるか微妙な時のローン審査 (2016/01/12)

|

2016/02/19

相次ぎ販売中止! 一時払い保険(養老・終身)

連日、「マイナス金利」のことばっか書いて申しわけありません。でも今日は保険の話。
保険各社が、相次いで一時払い養老保険や終身保険を販売中止! というニュースが入ってきています。

まずおさらいですが、「養老保険と終身保険」について。
どちらも保険と名前があるように(例えば保険金が500万円の契約なら)、死んだら、500万円の保険金(生命保険)です。
で、
 ●期間が決まっているのが、養老保険
   →10年養老保険とか。満期になったら500万円の満期金です。
 ●期間が決まっていないのが、終身保険
   →人間いつかは死ぬしネ

どちらも、貯蓄性の高い保険です。というか、貯金代わりに私もオススメしています。
こんな使い方です。
  保険金をポ〜ンと490万円払って、500万円の10年養老保険に入る。
  10年後、あるいは、その間に亡くなれば、500万円が手に入る。
  ・・・ただし! 契約後すぐに解約すると、460万円くらいしか返戻金がない

どんどんドンドン金利が下がったので、養老保険を止める保険会社が相次いでいました。保険会社の手数料(←保険会社の儲けね)を考えると10年くらいじゃ、元が取れないからです。
終身保険は、平均寿命・平均余命を考えると取り扱っていた所も数多くあったのですが、それが、今、取り扱いを中止してきたというニュースであります。

========

先ほど書いたように、この養老保険・終身保険は、貯蓄がわりになります。
逆に、保険会社からみると「絶対に払わないといけない保険金」です。
だから、これまでは安全性を見越して、国債中心の運用でした。この運用ができなくなったから販売を中止した、ということ。

ただこの販売中止、今は、前例のないマイナス金利の導入で、先が読めないことに起因しているように思います。→どれだけ国債が高騰するかが読めないから
だから落ち着けば、いずれ復活するでしょう。でも、保険料はきっと高くなる(中途解約なら大きく損をする)。

========
もし、500万円の生命保険に入るのに、ポ〜ンと520万円払わないといけないようになったとしたら、それでも生命保険にはいる人がいるかどうか?

→これ、いるんですよ♪
 保険と貯蓄の違いは、死後の受取人に名前が付けられること。
 もちろん、遺言書に「○○のお金は長男に」なんて書いていてもよろしいのですが、保険金の受取なら確実。お金に名前を付けるのに手数料がかかるという事態(;_;)
 
たぶんこれから、信託と合体させたような生命保険が流行ってくるんだろうなぁ。
・・・毎年、100万円ずつ渡す、とか(=生命保険の年金払い、今でもあるけど)。
   →信託銀行か、保険か、 どっちがいい? みたいな。

P.S. 相続税のかかる人は、
   ・銀行口座に3000万円あるのと、
   ・生命保険の年金受取で3000万円では
  税金計算が違いますので、よく考えてね♪

(※一般には相続時には、一括受取の方が得になります。年金で受け取ると、受け取った人のその年の収入に応じて、雑所得(だったけかな)で計算されるので、収入の多い人が年金を受け取るのなら損になる。あとは、相続財産評価の計算の違いで何年で受け取るかで計算式がある。)

|

より以前の記事一覧