FP-相続・税・離婚

2020/06/19

キャッシュレス還元は、今月終了!(2020/6月末)

コンビニ含め、いろいろな業者で行われているキャッシュレス決済の2%・5%還元セール。
今月末(2020年6月)で終了です。

 ・・・昨年秋の消費増税の軽減政策だからね

コンビニを多用している人・還元対象のスーパーでお買い物している人。
あるいは、(京都だと中規模の老舗のお店とか)
それなりに恩恵を受けている人は多いはず。

でも、今月末で終了です。

消費者にとっては、増税ですね。

~~~~

毎日、コロナウィルスのニュースでかき消されている感じですが、もしコロナがなくて、普通の日常だったら、、、

きっと、今、「還元セールは今月終了!」なんていうニュースがあふれていたのでは、なんて思います。

・・・コロナでそれどころじゃない人が多いんだろうけど。

だけど、上に書いたように、消費者目線だと、ジワジワ増税であることには違いありませんっ!

 

|

2020/04/08

固定資産税の減免は、来年2021年の話だよ(コロナ対策)

~~~最近、「固定資産税」の検索が増えているので書いておくね♪
 丁度、いま、固定資産税の納付書が配布される時期だから検索が増えているのだと思うのですが、、、、ほとんどの人は残念ながら・・・ではないのかと想像します。(減収になったサラリーマン住居についての固定資産税減免の話は、まだ聞いたことがない)


 新型コロナウイルス対策で、いろいろ報道されていますが、その一つ。固定資産税の減免
 これはまだ、政府税調の話で、国会を通して、来年2021年の話です。
(ちなみに、土地建物は1月1日時点の所有者について春に課税される)

 で、中小企業の負担軽減なら、所有者は法人であることが条件になります。
 もしかすると個人事業主も軽減されるかもしれません。(想像だけど、1階がお店で2階が住居のような店舗付き住宅なら半分とかね)

 かつ、売り上げが、一定期間で3割減とか5割減とかした場合。


 まず、資金繰りに困っていたら、まずは、納税猶予の申請です(あくまでも、まずは猶予だけだけど。それもまだ認められればっていう話・・・ネットで簡便に出来るようする、と安倍首相はおっしゃってましたが)。

~~~

 例えば、1000万円の製造機械を導入した。
 こういう場合も固定資産です、だから税金がかかる。

→こういうのを猶予・減免するから、雇用を守ってね。
 雇用に対しては、維持するなら雇用調整助成金をだしますよ、っていう方針です。
(かつ、無利子融資もやっているので、それで踏ん張れという方針)

 ついでに書くと、雇用主は、社会保険料の半額分とかそんな支払いもあるけど、これも上の無利子融資で踏ん張れと。
(安倍首相の記者会見では「歯を食いしばって頑張っている中小事業者」なんていう表現をしていましたね~)

~~~

ちなみに、固定資産税を払わずに放っておくとどうなるか?
督促状が来ます、延滞金がつきます。
、、、、この延滞金が免除される(場合によっては減免される)ってことになるのかもしれません。

さらにちなみに(2回目のちなみに)
固定資産税は地方税なので、それで減収になった分は、国が地方に補助する、っていうところは決まっているようです。(※国会はまだ通っていませんが)

 

|

2020/04/07

確定申告が期限をすぎても可能に(コロナウイルス対策)

「令和元年分の申告所得税贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限 」

~~~以下国税庁のHPより

【確定申告期限の柔軟な取扱いについて】

 昨今の新型コロナウイルス感染症の各地での感染の拡大状況に鑑み、更に確定申告会場の混雑緩和を徹底する観点から、

 感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告することが困難な方については、

 期限を区切らずに、4月17日(金)以降であっても柔軟に確定申告書を受け付けることといたしました。

 申告書の作成又は来署することが可能になった時点で税務署へ申し出ていただければ、申告期限延長の取扱いをさせていただきます。

~~~

 ほかのどこかのHPでは、
 余白のところ・備考のところに「コロナで遅くなりました。」と書いておけば良い、と書いてありました。

「期限を区切ってない」というところが気になる点なのですが、コロナが収束した時点で「令和元年分の柔軟な取扱は、○○まで」なんていうアナウンスが出るんでしょうかね~

 贈与税や相続税の特例を使う人とか、
 →アナタ無申告でしょ、なんていうお尋ね書は、3~4年後にやってくるのが普通。

(例えば、来年、親が亡くなったとして、そのとき相続税が発生して、
「実は、去年、相続清算制度を使う(生前贈与を申告する)つもりだったのですがコロナのせいで・・・」なんていうのがややこしそうだな)

→国税庁的には、東日本大震災のような、「災害時対応」に準じているように見えますね~

 

(関係ないけど、保険業界の保険料納付については猶予を認めるなどの災害時対応になっていますが、死亡保険金についての災害時割り増し特約は、まだ非対応です。コロナは災害じゃないという認識・・・今の段階では。緊急事態宣言がでても変わらないと思うけど)

|

2020/02/29

確定申告が延長~4/16まで、コロナで

確定申告の期限、令和元年(2019年)分は、本来申告期限が
2020年3月16日

  → 4月16日まで一ヶ月延長

コロナウイルスで、混雑を避けるための措置です。
もちろん、贈与税の申告も同じく延長です。

個人事業者の消費税の受付期間は、3月31日→4月16日までに延長です。

国税庁のHPでご確認を!

~~~~~~~~

ワタクシ、今、親が入院していて大変なので、ラッキーです♪
・・・といっても、病院まで列車に乗るのも怖いんですけどね~
  (安いマスクはまだ売ってないし、、、でもちょっとずつ増えてるか?)


====ついでに、

毎年いつも、年度末に混雑する
「車検継続の手続き」も延長されるとかしないとか。

・・・NHKニュースで見ましたが、国交省のHPはまだ出てないし

→各自でご確認してね、、、こういう時はデマに注意ね☆

情報源を確かめましょう♪

【追記2020/02/29】・・・国土交通省のHPにでていました!

# 自動車検査証の有効期間が満了する日が、2月28日から3月31日まで
#  ○措置内容 自動車検査証の有効期間を4月30日まで伸長
#  ○継続検査の手続き 対象車両については、4月30日まで使用可
# なお、有効期間の伸長による自動車検査証の記載変更の手続きは不要

自賠責も自動延長だそうです。

|

2020/02/05

確定申告の季節、京都は中小企業会館→西陣織会館に集約(令和2年)

来週から1ヶ月間ほど、いよいよ、確定申告の季節が始まります。

で、ローカルな話題・京都市だけの話題ですで恐縮なのですが。。。
私の住んでいる京都市右京区の場合、昨年までは「中小企業会館」だったのですが、今年は、「西陣織会館」に変わります。

 ・・・中京区管轄の建物に集約された?
    それとも、建て替え工事か何か?
    
理由はよく分からないんですけど、上京・下京・右京・左京、そして、中京区
 み~んな西陣織会館に変わります。

 ・・・相当な混雑になるに違いない。

~~~~
今までだと、天気の良い日を選んで、自転車でしこしこ20分くらい。
帰りに、王将でお昼ご飯食べるか、イオンモールによって帰ってくるってのが定番だったのですが今年はどうしようかなぁとか考えています。


つーより、先に、申告書を書かねば(;_:)
皆さん、お早めにねっ!

 令和2年3/16までですよ~(→今年は3/15が日曜だから)

|

2020/01/07

税制改正で、国保が年1万円、自動的に上がるのか?!

2020年度が始まりました。
今年の税制改正の目玉!
 フリーランスに有利=基礎控除10万円アップ
かわりに、サラリーマンと年金生活者は
 給与所得控除と年金等公的控除が10万円ダウン

ほとんどの人は、影響なしで、結局、
 ・年収850万円以上の人は控除縮小で増税!
 ・フリーランスは有利!
 ・その他、大勢大多数は、関係なし!

ってのが結論だと思っていたのですが、、、違いましたっ!

国保の人・介保の人は保険料が上がるんですね~

つーのは、「所得の計算」では、「給与所得控除と年金等公的控除が10万円ダウン」だから。
 →ここで、保険料を計算

その後、基礎控除アップで相殺する・・・国税としては一緒だけど国保の保険料の計算は違う。

※書籍出版のために原稿を書いていて、
「そうそう、基礎控除変わるんだったなぁ38→48万円」と思って書いていて
「あっ!だったら国保の保険料も変わるじゃん」
なんて気がついたのでした。(^^;)

~~~~~~

これ盲点だったなぁ。・・・オレに関係するじゃん。

国保の場合、大体どこの自治体でも、保険料の所得割は10~15%のはず。
ということは、10万円の所得控除の縮小で、年間1~1.5万円アップ!。
・・・フリーランス有利にならないじゃん。(;_:)
   所得税は1万円下がるけど、保険料が1.5万円上がるみたいな
   @得するのは、所得税率20%以上の自営業の人だけ、か?

ちなみに65歳以上の介保保険料は、自治体によって異なりますが、所得の何パーセントという形ではなく、所得段階に応じた段階制保険料なので、段階が変わる人は大きくアップすることになります。

[まとめ]
 ・大多数の人→ 所得税は変わらなし、サラリーマンで健保がある人は関係なし
 ・国保の人は、所得税は(年収850万円以下なら)変わらないけど、国保が上がる。
  税金分10%得するけど、国保で10~15%増えるので損をする。@所得割のある人
 ・得するのは、
   所得税率が保険料率よりも高い自営業・フリーランス(所得330万円以上)
   所得税率が0である所得が基礎控除48万円以下(今までは38万円以下。=所得割0が拡大)

~~~これであっているかなぁ、、、ちょっと自信がないないなぁ

【関連記事】
 ●年金生活者! 確定申告で健保・介保で損しないようにね (2019/02/09)

 まぁ、めちゃめちゃ大きなアップじゃないですけどね~、負担が増えることには変わりがない。それもフリーランスのみ、いやむしろ、年金生活者に対して、薄く広くって感じがしないでもないぞ。(;_:)

※公的年金等控除は(簡単に書くと)、65歳未満なら70万円→60万円。65歳以上なら120万円→110万円に縮小されます。
 その代わりに基礎控除が10万円拡大されるわけね。

|

2019/12/13

今年(2019)の漢字は「令」

毎年恒例、今年の漢字!
日本漢字能力検定協会が、清水寺で発表するやつ

2019年の漢字は、「令」ですっ!

~~~~

「令」で何を思い浮かべるかなぁと、頭の中を探ってみました。

やっぱり、701年大宝律令。(・・・その昔、「たいほうりつりょう、なれはじめ」なんて覚えませんでした?)

で、wikipediaを参照しました。すると面白いことが。

# 役所で取り扱う文書には元号を使うこと、
# 印鑑を押すこと、定められた形式に従って
# 作成された文書以外は受理しないこと等々の、
# 文書と手続きの形式を重視した文書主義が導入された。

「お役所主義」ってこの頃から始まっていたんだ~と、ちょっと感慨深いものがあったりして。

 

新元号「令和」にも随分なれてきました。
でもって、西暦の文書も増えてきたし、大体、印鑑が必要な文書も減ってきました(むしろ、身分証明書が必須な時代)

~~~~

文書主義って、大事だとは思うんですよ。。。例えば、桜を見る会の参加者名簿とかがなくなったりね、
モリカケの文書がなくなったり・改ざんされたりね (→ちょっと嫌味)

いや、行政文書って、やっぱり公開(情報開示)・非公開(期間限定)も含めて、政(まつりごと)の証であって、ときの首謀者が不都合だから廃棄したり隠したりしちゃいけないんだと思います。。。後世への歴史も含めて。

歴史の時間に、古代エジプトは、パピルスを発明して、安価に文字と言う財産を残せるようになった、って習いませんでした?
(→ちょっと記憶が曖昧だけど 間違っていたらゴメンよ m(__)m)

====(でね、FPのブログだからあえてそっちの方向に持っていくけど)

遺書!

法律上は、財産わけのことしか書けません。ほかは意味がない。
だけど、心を残すのが遺書です。

「こんな気持ちで、こんな風に考えているから、こういう風に財産を分けてね・寄付してね」、みたいな。

※遺書における、気持ちの部分は、付言事項として、記載できます。是非、書いてね♪

親から譲り受けた考え方まで含めて、伝えていくのが、相続。
爺さんのときは1000万円で、親の時は2000万円、とか、田畑をのこしてくれたとか、家を残してくれたとか、そういう金額&財産ではなく、「心を伝えていくのが相続!」、だと思ってます。

(まぁね、、、ろくでもない親だった・爺さんだった、とかもあるとは思いますけど、、、少なくとも、先祖がいなければ今の自分がいない! これは事実。。。な~んて書くと、菩提寺のお寺さんとか、喜ぶ?)

→いや、まぁ、先祖や親のことより、今の自分で大変なんです、ってな人やニュースや事件が多くなりましね。

~~~~

・・・(【今年の漢字は「令」という題目】で、ここまで引っ張る強引さ (^_^;) 許してね)

|

2019/11/30

ふるさと納税(ワンストップ)は確定申告しない人だけ

ワンストップ特例制度=ふるさと納税をした後、
確定申告なしで、寄附金控除が受けられる制度。

ということは、、、

 ・医療費控除 で確定申告する人
 ・サラリーマンや年金生活者でも、雑所得20万円以上ある人

は、このワンストップの便利さは享受できません。

・・・自分で申告時に計算してね!

~~~~

なお、確定申告不要にはいろいろありますが、多くのサラリーマンや年金生活者は
「他の所得が20万円以下であれば申告不要」にできる、という条項で申告していないと思います。
しかし! これは不要にできるっていうもの。

医療費控除など(や初年度の住宅ローン控除、や2か所以上から給与がある人など)で
確定申告する人は、20万円以下の所得でも申告が必要です
還付申告する人は気をつけましょう!

国税庁タックスアンサー【確定申告を要しない場合の意義】
  www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

~~~~~

実は今年も特許料をいただきました\(^o^)/ 数万円♪
その注意書きに書いてあったのだ。。。20万円以下で他の雑所得が無ければ申告不要だけど、還付申告する人は気をつけろってね。

(私の場合、赤字でも黒字でも申告しないといけない自営業者だから、ちょっと読み飛ばしていたのです)

|

2019/11/29

「田舎(田畑・貸家・家)の相続」のご相談

「今年、親が亡くなりました」という喪中の葉書をいただきました。
数年前に相続のことでご相談のあったお客さん。

相談内容は少しうろ覚えだけど、
 ・関西から電車で3時間くらいの田舎に実家がある。
 ・山林があって、田畑が続いていて、川があって、集落と道路がある、という典型的な里山風景の地域

困っている(将来、困りそうな)財産は
 ・山林沿いの耕作放棄地になっている田畑(しかも隣接の土地がはみ出してきている、、、どっちでもいいそうだが。隣も耕作放棄地で、資材置き場か何かになって自分のところにも浸食中)
 ・貸家2軒のうち、一軒は空き家で、もう一方も相当老朽化
 ・線路増設のトンネル工事で、山林の一部が買い取られたけど、のこり中途半端な山林(それもほんの少し)が残っている
 ・自宅はまだ集落内なので、価値はそれなりにある

「実家はたぶん近所に住んでいる兄弟が相続すると思うので、それはそれで構わないのですけど、空き家の貸家とその他面倒な田畑・山林とかいざというときは、どうしていけば良いんでしょうか? 相続税の額とか手続きとか」

まぁこういう相談だったのです。

~~~~

所有者不明土地の予備軍ですね。
3代くらい前の山林とかの土地だと、もう所有権が子孫に分散していて行方不明の人もいて、公共団体などほかの人が買い取りたくでも買い取れないんですよね。それがひと山数百万円の低い価格であっても、みんなのハンコがないと買い取れない。
  ・・・交易公益に資するときは供託することで利用できるという制度ができました。

さらに今、相続登記を義務付けることが検討されています。

耕作放棄地では、税金を上げるけど、上がったら困る人は、農地バンクに登録してね、というアメとムチの政策が始まっています。
空き家対策では、住民に危険な建物なら、やっぱり税金をあげて、(手続きを踏めば)解体の行政代執行ができるようになりました。


この方じゃないのですが、「バブルの時に、別荘を買いました、いまボロボロです」・「共有で土地を買いました(開発業者が一口いくらであつめて共有になっている土地)」・「親の固定資産税を見ると、『原野』っていうやつがあるですよ、まぁ1万円の固定遺産税ですが。」

こういうような話は、ときどき、あるです。

→とりあえず、「原野商法の二次被害ってのあって、外国人が買いたがっているからまずは手数料を」っていう詐欺に気を付けてくださいね、と伝えています。

 

|

2019/10/25

アマゾン「お坊さん便」ついに中止

 昨日のNiftyニュースに出ていました。

●アマゾン「お坊さん便」ついに中止になった理由
    2019年10月24日 11時15分 PRESIDENT Online

# アマゾンに「お坊さん便」の名称で出品していた
# 僧侶派遣大手「よりそう(旧みんれび)」が、
# 10月24日でアマゾンから撤退。

 ただ、「お坊さん便」は中止ですが、同業他社は数多くあるらしい。
 僧侶派遣サービスというらしい。(→こういう単語をはじめて知った(^_^;) )

 これ、法要(=宗教行為)の商品化という問題ですよね。
(例えば、消費税はどうなるのか? とか。)

~~~~
 でも一般に、仏壇仏具は消費税がかかります。こういうものは、皆さん財布と相談して「購入するもの」です。
 じゃあ、お葬式でお経を唱えてもらうことは?

・・・これを一つの商品だと考える層も少なくないということ。
   通夜・葬式の葬儀屋がする部分もお経を唱えることも一つの商品。

こう考える人も多いということ。

実は、今回のこの問題、すなわち、商品か宗教行為かという問題は以前にもありました。京都の古都税問題です。



 私が大学生だったころ、京都では古都保存協力税→拝観停止 という問題がありました。(1985年ごろ)
 京都市が、拝観料に税金を掛ける(一人一回50円ほど)というもの。
 これで、京都の仏教会と市政が対立。→ 拝観は宗教行為と反発

 でもこちらも一般に、拝観してお堂や仏像を観賞するという一つの商品という方も多いですよね。
 私の家は浄土宗。なので知恩院が大本山。だから知恩院に行くと、

「菩提寺の一番上のお寺だなぁ」という気持ちはあるものの、
やっぱり
「左甚五郎の忘れ傘(→そういう展示がある)ってホントかよ、誰か見たのかよ」、ってな、いわゆる観光的気持ちの両方を持ってしまいます。

 また、他の例だと、、、
 私の今の住まいから歩いて10分くらいのところに広隆寺というお寺があって、弥勒菩薩を数年に一回くらい見に行きたくなるのですが、(大好きな仏像なのです。見ると穏やかな気分になれる。さすが国宝第一号の仏像さま。)
これが宗教的か観光的かと言われると、、、ちょっと微妙。どちらかというと博物館に好きな絵がやってくるので見に行こうという気分に近い、かな。そういう点では、やっぱり商品です。


 京都には多くの観光名所がありますが、そのお寺の仏像やお堂や庭が、みんながみんな宗教行為かといわれると、やっぱり観光の面が強いのは否めない。だから、古都税はあんなにもめた。
 これが例えば神社で、各地の天満宮だったら、合格祈願のお祈りはどうか、とか(→宗教行為です。お守り等は商品です。)

 こういう問題をいつも抱えているのが、神社仏閣の税金問題であります。
(代々お寺や神社を守っている人たちから見ると、「おれらは、何百年もやってんだぜ。相続税とか法人税とか、ここ100年くらいの話で後から出てきた話だろ」ってな気持ちもあるんじゃないのかな、っていう気もしますね。)

 ところで、「僧侶派遣サービス」、まるで人材派遣会社みたいな感じです。
(今、フツーの檀家をもつお寺さんは通常自営業扱いのはずですが、もし法人化されてくると、最低賃金は・労働基準は・雇用環境は ってな話に拡大されますね、たぶん。)

|

より以前の記事一覧