もったり日常・あっさり日常

2020/07/09

コロナに大雨、メンタル維持が難しい

 大雨ですね~ 梅雨前線がすっかり停滞していて、各地で被害。
 それでなくとも、コロナウイルスが自粛解除後、じわじわ増えてきて、

 ・・・「オレ、こんなにメンタルが弱かったか?」って感じ。

~~~

 一時期に比べると明らかに自由になる時間が増えているのに、なんかイライラしていて、料理する気もしないし、音楽やテレビを見てもなんかうわの空。小説なんて読み流し、といよりも、ネットも読み流し。
 

 目下、おなか周りの肉が明らかにたるんできていて、体力系・運動系をなんとかしなきゃと切実に思う今日この頃、だけど、やっぱりやる気がおきない。
 うーん、困った。自分の問題だと分かっているだけに、、、困った。今日も大雨らしい。きっとこの湿度がいけないんだな。

|

2020/07/06

停電に備えて、ろうそくを

九州の豪雨被害のニュースを見ていて
「そうだ、ろうそくを用意しとかなきゃ」
と思ったtakです。

「確か、アウトドア時代に使ったことがあったよなぁ」
とゴソゴソと古い段ボール箱をあさりました。

「あった!」
直径3cm・長さ10cmくらいの特大のやつ。

~~~今度、電気屋さん行ったら
手回し充電できてUSB出力のある懐中電灯を探さなきゃ、と思ってます。

 ・・・数千円であるみたい

 

しかしまぁ、毎年のように豪雨被害がありますね~。
一晩で、周りの景色が変わる・生活も変わる。

正直に言うと、半分、現実味がありません、というよりも、想像ができません。
でももし我が身に降りかかるとどうなるのか? 
その時どうするだろ? → 立ち直れるんだろか?

|

2020/07/03

カレンダーの赤文字=4連休のむなしさ

「あーあ、今年も半分終わっちゃったなぁ」

なんて思いながら、6月のカレンダーをめくってみると、
7月は4連休。

「そうか本当なら、五輪の開会式だったんだよな~」

~~~~
 このまま収束してくれればいいのにな、という期待は見事に裏切られて、コロナウイルス感染者がじわじわ増えています。
・・・京都もちらほら

 スーパーの商品棚は、まだ品薄の部分が残ってはいるものの、ストレスを感じるほどではなくなりました。
 箱入りマスクも(サイズとか銘柄指定だと、まだ戻っていませんが)とりあえず、空っぽっていうことはなく、ずっと置いてあります。
 パスタもトマト缶も大丈夫みたい。

  → でも、楽観できませんよね~ これからが。

「そうか本当なら、五輪の開会式だったんだよな~」(再)

 来年延期で無事開催! ・・・祈るばかりなり。

~~~~

プロ野球も開幕しましたが、ニュースをみても無観客です。なんか変な感じ。
今、いろんなスポーツ選手は、どんな感じでメンタルを維持しているんでしょうか?

コロナウイルスが、いろいろな面、すなわち、精神面・物理的な面・それにもちろん、金銭面にも影響を与えていることと思います。
 → でも、メンタルが一番厳しい

(私自身、なるべく平常心を心がけているんですけどね~)

【肝心なものは目に見えないんだよ】・・・星の王子さま(サン・デグジュペリ著)ですっ☆

スポーツ競技というのは、単に勝ち負け・優劣を決めるだけじゃなく、その競技を通して、お互いの能力を高め合う志(こころざし)も競いあうこと、、、だと思ってます。

 

来年、五輪が無事開催できるかなぁ~
・・・経済的な興味(株とか土地が上がるのか下がるのか)も、もちろんあるのですけどね。
赤文字4連休、むなしいなぁ。

|

2020/06/30

給付金10万円来た!@京都市

 コロナウイルスの経済対策で行われる一人10万円の給付金、
 そう!「特別定額給付金」

 通帳に記帳に行ったら、振り込まれていました。
  →ネットでも確認できるんだけどねー。面倒くさいし。

(ネットバンキングの契約者番号が必要なので、やってなかったのです。
 銀行から「振込入金のお知らせ」メールが来ていたのでたぶんそうだろうなぁとは思っていたのですよ~)

 で、申請したときの案内書に、「申請者番号をお控えください」なんて、でっかく書かれていて記入欄があるから一応控えてあったのですが、「なぜに控える必要があるのかなぁ・問い合わせするときにあれば簡単なのかなぁ・なにしろ件数が多いしなぁ」と思っていたのですが、なんと京都市では

  入金予定検索システム!

がありました。これに申請者番号を入力すれば、いつ振り込み予定か・振り込んだか分かるシステム。
 >知らなかったぞ!(案内に書いてなかったし、たぶん)

~~~~
大きな都市ほど、給付が遅れているというニュースもありました。
 件数が多い・人手が足りない→ 問い合わせも多い→ ますます状況が悪化
  、、、悪循環の良い例ですね

京都市のHPを見ると、 6月29日(月曜日)までの入金完了は、約27.1万件の 37.6% だそうです。
(7/7で入金済みになるのは約7割。7/13で、約9割の予定らしい)
  ちなみに、総数72万件だそうな

→ 政令指定都市だとまずまず早いほう?

※参照HP;
  京都市情報館>市政情報>行政運営>文化市民局>局運営情報>京都市特別定額給付金 
   city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000268818.html


====

ちなみに、大阪市だと6/26時点で

# コールセンターへお問い合わせいただければ、
# 6月1日受領分までは、現在の状況(未開封、読み取り完了、
# 審査中、振込予定日)が確認できる見込みです。
# それ以降の受領分につきましては、ご連絡いただきましても、
# 具体的なお答えをできる状況にございません。

となっていました。

申請そのものの問い合わせだけじゃなく、「きっと、いつ振り込まれるのかの問い合わせが殺到する」と考えた京都市は、結構、偉いんじゃないかと思ってます。
 > 入金予定検索システムを作った人

今回のコロナ対応。いろいろの場面で、地方自治体のトップだけじゃなく、その下の人たちの意識の高さも見えてくるような気がしています。

|

2020/06/29

暑さも・親も、ビミョーだったり

今の季節は、まだ本格的な暑さじゃない。だけど、この湿度!

 冷房を入れると、ちょっと寒い。
  ↓
 扇風機で我慢

で、寝るときに
 風が、「顔」に当たっていると、
   咳き込んだり喉がカラカラになったり・・・
 風が、「足」に当たっていると、
   足がつったり・・・

【扇風機の角度と距離調整が微妙】な毎日です。

~~~~

【親の認知度と運動機能が】、、、こっちも最近微妙。

→夜、寝る前に、「アイスクリーム食べたい」とか
 で、「こんな時間にダメ」って言っても、自分で食べ始めている。
 食に対する執着心? がときどき、「あれっ」ってなことが増えてきました。

親「10万円出た?」(→給付金のことね)
私「まだ」
 「出たら、ハモ寿司食べたい」
 「そのうち(百貨店で)買ってくるから」
 「第2波がきて、休業しないうちに買ってきて」
 「大丈夫だって。この前も食料品は休んでないし」

 「今たべて、来月ももう一回食べたいし」
 「えっ? 2回買ってこなきゃいけないの?」
 「だって10万円もらえるんでしょ。前はひと夏で1回だったから。」

→このあと、なんだかんだと、いろんな理由をつけてくる。
 「あんたの分の10万円もあるでしょ」とか。
で結局いつも、「もう先は長くないし」で終わる。

→どこまで、正常でどこまでが認知症なのか分かんないですよね~

ちなみに、アイスクリームのときも同じような会話があって、今、冷凍庫に入っているんです。
しかもミニカップ六個入りが安売りだったので、それを買ってきたら「うわぁ6個もある」と、まるで子どもの笑顔。

世の中の、食べ盛りのお子さんが二人も三人もいる家庭って、大変なんだなぁと思ってます。

まぁ、肋骨骨折その他もろもろで4月に退院して、食欲が出てきたのはいいことなんですけどね~
92歳の体重32~33kg。これ以上痩せるのは医者からよくないよ、と言われてます。


~~~~
これから、梅雨が明けると本格的な暑さ。
・・・無事、乗り切れるんだろうか? ちょっと心配だったり。

いや~、仕事柄、将来のこと=自宅で面倒見切れなくなったときを考えるんですよね-。

 

※夜中のアイスクリームは、昼夜逆転現象かも、という気もする。
 (まぁ私も、そういうときも多いですけどね。)

 

|

2020/06/22

20年前、あのホームレスは何故あんなに笑顔だったのか?

 時は、2002年の秋の不景気な時代の話です。
 (ひょっとすると、1~2年ずれているかもしれません)
 
 当時、京都駅周辺にはホームレスのオジサンたちが大勢いました。
 世の中が不景気で、列車に乗ってもバスに乗っても、み~んな暗い顔。
 バスからそとを見ると、早朝、たき火を囲んで、もの凄く楽しそうに会話している。

「あんな楽しそうな笑顔の人、最近見ていないな」
 
 と思ったのです。
 今、このバスに乗っている暗い顔の人たちと、あっちのホームレスのオジサンはどっちが幸せなんだろう? と。

=====

 いま、まだ世界中が「コロナ禍」です。
 すこし解除されつつありますが、これからの夏祭りはほとんど中止や縮小だし、お店に行っても半分くらい座れなくなっていたり入場制限。それに、海外との飛行機(旅客機)がまだほとんど停止中。

 誰がどう考えても、当面もとの景気にはいたらない。まだまだ終わらないし相当長引きそう。
 
=====
 世の中にホームレスがあふれていた時代、、、
 お店が終わったら軒先に段ボールもって集まってくるオジサンとか、公園でテント張って住んでいるオジサンとか、、、
公園を住所に住民票をだしたら拒否された、とか
とあるマンションに数千人の人が住民登録されていた(→生活保護のための名義貸し)
 ・・・貧困ビジネス撲滅で住民票取り消し(→こんな人には、給付金が届かない)
 一方で、生活保護は絶対嫌だとプライドを持っている人もいます(ホドコシは絶対嫌!という人とか、親や子どもや兄弟に迷惑がと思う人)。
 もちろん、数々の不正受給もありましたね。
 
 今もまたそのような前の状態にいるかもしれないと思うと、簡単に、笑顔にはなれません。
 だけど! 冒頭に書いたように、当時、ものすっごい笑顔だったホームレスがいたっ!
 
この人のこのときの会話は何だったんだろう?

今、笑顔 できてますか? 笑顔を作れる状態になっていますか?

 → これがホントの豊かさ?!
 (実はこれ、ホームレスの笑顔から20年近く温めている私のテーマなのです。)

~~~~

 笑顔=幸せ(=豊かさ) はどこからやってくるのか?
 
  愛し愛されること・
  褒められること・自分で自分を褒めたいこと
  自分の成長が実感できること・嬉しい思いをすること・
  自分が誰かの役に立っていると思うこと

 
 本当の豊かさは、このようなことに向かって歩んでいける人。
 その「過程」が楽しめる人にやってくる。

 ・・・私が誰かのライフプランを作るときに考えていること
 
 
※「過程を楽しむ」大切さ

 →モノの購入や体験の購入は、支払ってすぐ終わるんです。
  思い出に変換できるのならマシ。

 だけど、、、
「なんでこんなもの買っちゃったんだろうな」ってものが、今、私の部屋に一杯あるってのも気分が落ち込む一因ですね~

 


FPはお客さんを笑顔にするのが仕事なのではなく、笑顔を作れる状態にするのが仕事、ってことね。@私のFP観

たとえていうと、
医者の仕事は病気を治すこと、だけではありません。じゃあ治らない病気の人はどうするの?
→そのような患者にも希望を持たせたり、今からの将来を有意義なもの治療をすすめるのが医者の仕事、というのと同じ。

FPのうちのライフプラン、これ奥が深いのです。
それを認識した出来事を思い出したのでした。

|

2020/06/18

雨になるらしい・・・本格つゆ入り

 あじさいの花があちこちで綺麗です。青紫・赤紫の花、白いヤツも綺麗ですね。

 雨が降る前にやっておきたかった用事があまり進んでいない上に、このところの気候の変化に、私の体も親の体もついていけず、、、

 さらには、この2ヶ月ほど長時間外出を控えているせいで、親がそういう日常(つまり、私がいつもいるという状況)になれちゃったせいで、なかなか、こちらの仕事や用事が予定通り進みません。
 いや進まないということよりも、私の心理的なストレスが・・・

 で、しばらく雨のようです(→つらいなぁ・気が滅入るなぁ)。

  →デスクワーク・家の片付けを優先しよう♪

~~~~

 先週から京都は、観光施設も少しずつ開いてきているようですで、ちょっとは人が戻っている感じが、でも、やっぱり満員御礼っていう風じゃありません。

 昨日、タクシーに乗ったら、「春に大きな駐車場に新しい観光バスをいれたところが、○△にあるんですけど、全然動いていないんですよ、新車で停まったまんま。あの会社潰れるんじゃないかなぁ」、なんて言っていました。

 天気も体調も、仕事のやり方も、親との対応も、なかなか日常になるのは難しいようで・・・

 ・・・今、日本中がそうなんだろうな。まだ日本はマシな方なんだろうな~

|

2020/06/16

イージス・アショアより、マスクやアルコール工場の方がいいかも

 昨日、防衛大臣が「イージス・アショアの事実上の撤回(白紙に戻す)」と表明されました。(一基、数千億円でしたっけ?)

 確かに昔の隣国などからぼんぼんミサイルが飛んでくる状況とは違って、今のコロナウィルスとその将来を考えると、ミサイル防衛システムを整備するよりは、マスクやアルコール消毒液の方に予算を回す方が「国民の安全に寄与する」という考え方もあるのかなぁ、と。

 →例えば、昔の専売公社みたいなのはどうなのかなぁ。(日本たばこ産業の塩事業部門のように、別事業でやるとかね)

 一般マスクは民間でも比較的楽に作れるみたいですが、医療用の防護服や将来のワクチン製造も含めて、「なんても民間」というのが本当に良いのかどうか、と思っていたりするわけで・・・数千億円かければ十分作れると思うのだが。

 →将来、次のウィルスに対して、防疫物資の取り合い戦争が起きるとか

 ミサイルだけが脅威じゃないという点は、大きな時代の変化ではないかと。(自衛隊にウィルス防護部門をつくるとかもありか)
 コンピュータウィルスの将来も気になりますね。

 

|

2020/06/15

ムシムシ暑くてエアコンが売れているらしい

 今年の夏は、海水浴やプールも閉鎖するところが多いようですし
 巣ごもり消費?でエアコンが売れているらしいです。
  →みなさん、夏に備えて

 子どもたちの夏休みがどうなるのかも心配ですね~

~~~まだまだコロナ対策

 でも先週末は、スーパーライフの「ちらし」が久しぶりに入りました。
 こんなことでも、ちょっと嬉しかったり。日頃、外とは接触のない母親も、虫眼鏡でにらんでました。
「ぶどう食べたいな・サクランボ食べたいな」とか

 感染状況でクラスター発生と聞くと、どうも感染力のめちゃめちゃ高いヤツとそうでないヤツがあるような感じがします。これからの研究に期待!
  ・・・早く、薬ができて欲しいですね。
    

 病床が多少は余っていると聞くだけでも、昔とは安心感が違う(→実情は全然知らないのに)
 我ながら、不思議なモノです。

 レジや受付のビニルシートは、もう新たな日常になりましたね、、、ちょっとうっとうしいけど。でも、現実的な方法だなぁと感心したり。

 

|

2020/06/14

自動認識スゴイねぇ(顔認証に免許証自動入力)

最近、大きなお店(百貨店とかイオンモールとか)に行くと、
入り口にカメラがあって、

 顔を自動認識→体温表示! (オイラは35.8゚C)

それも即座に、、、スゴイ技術ですね~

~~~

この前、とあるお店に行ったら、“お客様の登録”で
「名前と住所と生年月日」と身分証を要求されたのですが、

「運転免許証ありますか?」
 →これをカメラで撮ったら、名前も住所も、もう自動認識で入力しなくていい♪

  Photo1_20200613225401

まず最初に、免許証をカメラで撮影。
上の通り、「マンション名」と「マンション」っていうところは、全角一文字の大きさなんです、だけど、そんなことはお構いなしに自動認識してくれます。つーか、こんな認識はいまや当然ですよね。

 (・・・関係ないけど、平成36年までの有効期限の免許証は貴重だぞ。。。たぶん)

~~~~

35年くらい前かな、「印鑑の自動照合(→銀行印の印鑑が正しいかどうかのコンピュータ判断)」を研究していた私にとっては、すっごい技術の進歩だなぁと思ったりするわけで。
オフコン時代=ノバ・エクリプスとかPDP-11とか、VAXの時代に、研究室のテーマでした。
大体、当時、日本語入力できましたっけ? 
「ワープロ単漢字変換」ができた頃かな?

 ・・・でも今や、銀行でも保険請求でも、ほとんど印鑑のいらない時代になっちゃいましたが。

こんな会話もだんだんとできなくなるんだろうなぁ。これが年を取るということですか?

~~~~

技術の進歩が、我々の生活を便利にしてはくれているけど、それが、本当の豊かさに繋がっているのか?
安心・安全に寄与しているのか?

こういう視点はいつも忘れちゃいけない部分だと思っています。

「お金」と「技術」の共通点です~
よく「技術者からファイナンシャルプランナーって全然ちがう世界ですよね」といわれますが、そんなことはありません。

便利になることと、豊かになることは別の次元ですっ!

・・・だけど、便利さにはお金がかかるのが普通なんだよね

 

ご飯が美味しくて、笑顔があれば、豊かなんです、、、どんな時代でも。
(子どもの笑顔、お客さんの笑顔、自分の笑顔・・・みんな豊かさの源ね)

 

|

より以前の記事一覧