ニュース

2022/06/27

電力需給ひっ迫注意報、危険な時間帯

随分前から、ブラウザのお気に入り人「でんき予報」を入れているtakです。

今日、2022/6/27。東京電力管内。初めて電力需給ひっ迫注意報を発表!

で、
 ・電気は、需要分を補えるほど大量に、「貯めることができない」
  →つねに、需要と供給が一致している世界

 ・太陽光発電が増えたせいで、夕方に日が傾いたころが一番厳しい。
  →太陽光減少分を火力ほかで補えない(火力発電も地震の影響で一部止まっているし)

 ・次が、当然、電力を大量消費する時間で、
   昼間の猛暑でエアコンが大稼働する時間と、  14時頃
   夕方、オフィスや工場と・家庭用が動き始める 19時頃

~~~

ひっ迫注意報も、時間で細分化すればいいのにな、と思う。 (一応、厳しい時間帯は公表されております)
まぁ、いろんな条件・気象状況・事故発生とか、難しい面もあるとは思うのだけどね。

将来的には、電気を貯める技術、望まれます。→FCV車? 家庭用/工場用水素電池?

で、これにより将来恩恵を受ける企業=株式は何だろ?
いずれにせよ、たぶん、直流交流変換が必要だろうから、そんなシステム開発や電気部品を作っている会社を物色中。


~~~~


しかしねぇ、、、気象状況で停電が起きる国になるのか?→日本は。
(もう後進国じゃん)

参議院選挙ということで、いろんな党のチラシなんかを見ますけど、原発反対とか環境問題とかから「自然エネルギー」へという公約がでていますし、それは、長期的視点では間違っていないと思うのですが、目の前の問題をどうするか? この視点があまり書いてない、というか、どれくらいのスパンで自然エネルギーをメインに、他をバランスさせるかのビジョンが見えません。

しかも、節電ポイント2000円?とか、、、(なんだこれ?)
与党は言い始めてるし。(→これは、超短期というか選挙名目にしか見えないし)

ちょっと悲しいです。


※ワタクシ、原発再稼働派なのですが、福島事故10年以上がたった今では、
 ・老朽化原発は廃炉して、計画的に廃炉技術を養う。
  その財源として、最新式=安全性が担保できそうな原発のみ稼働して、その差額を廃炉費用に充てる。という考えに変わりました。

さらに、地震が増えているので、
 ・九電の玄海/川内のどちらかは停めても良いんじゃないか、
 ・四電の伊方は中央構造帯だし避難路が難しいから停止した方が良いんじゃないのか、
 ・中国電力に原発は必要なのかそれより管轄をこえた給電体制早強の方が良いんじゃないか、

と思ってます。でも、50Hz地帯で一つくらい稼働した方がエネルギー状は安心かなとも=柏崎か泊か女川か?
・・・地震がちょっと気になるけど

~~~

電気に限らず、この前どこだっけ? 愛知県だっけ? 水道取水設備が動かなくなったり、、、
その前は和歌山だっけ? 給水管が大きく破損したり(細かい道路下の水道管破損は、あちこちでしょっちゅうあるし)

・・・やっぱり、日本はもう後進国かも

こういうのが、公約にほとんど表れないのも淋しいね~(しかも、京都市は破綻しそうだとニュースになっているし)

インフラが止まると、その分、確実にGDP=経済活動に影響します。
つまり、豊かな生活にはならないということ。(だって、戦後復興も満州でも、最初はインフラ整備からだったでしょ)
しかも、携帯電話や光回線という新たなインフラも増えているし。

やっぱり、「電力需給ひっ迫注意報」を出さなきゃいけないというのは、後進国に近づいているってことだよね。
防衛費を増やしたら、停電が増えた・断水が増えた、あるいは、税金が増えた・年金が減った、とかにならなきゃいいんだけど。

日本はなにで儲けるのかが大事=何でGDPを増やすのか?
 日本が世界に誇れて外貨が獲得できるのは何か? (まだまだ、いろいろあると思うぞ、、、)

関係ないけど、もし将来何かのきっかけで、
GAFAM(グーグル・アマゾン・フェースブック・アップル・マイクロソフト)とかが、日本へのサービスを停止したらどれだけ影響受けるだろうか? なんていうことも考え始めました。(→いやロシア制裁を見てたらです。国家間ではともかく、企業間ならありえるかも、なんて思いません?)

|

2022/06/17

米国に続いて、スイス・イギリスも利上げで株下落

相場が、、、ダウも為替もヨーロッパ株式も大きく動いていて、一瞬、ロシアかウクライナで何かあったのかと思いましたが、
 スイスの中央銀行が利上げ、イギリス中央銀行も利上げ ということ。(その前は、米国が予想を上回る利上げ)
 各国利上げで、金融引き締め → 経済鈍化の懸念から、株価ほか下落中

~~~

まぁ、物価が上がっている原因がロシア問題にあるとして、資産目減りを防ごうと思うと、利上げしなきゃいけないのかなぁとも思うのですが、どうもね~・・・ちょっと腑に落ちないところもある

それにしても、ルーブルが強い!
制裁&国内規制で市場に出回っていないから品薄になっているのか、な?
・・・これも腑に落ちない

日本は利上げすると、国債の利払い支出が増えますね(でも、今は逆に余剰金がでていてどこかに繰り入れているらしいけど)

~~~

いろいろ、経済の転換点なのかもしれません。やっぱり、金本位制ならぬ、資源本位制(LNG本位とか石油本位とか)の通貨が強くなるのか? でも、各国脱炭素で、新規投資を控えているしね~
・・・ここは腑に落ちないというよりも、よりによってこの時期にややこしい「脱炭素」

~~~(何度も書いて悪いけど、やっぱり消費税減税してほしい)

軽減税率なんてややこしいことやめて、10%→8%統一、くらいで落ち着かないかなぁ。

経済が停滞すると、その分税収が減るってのは、8%→10%のときに経験したじゃん。


(とはいえ、参議院選2022を前に、野党のいくつかの党が消費税減税を言っていますけど、いざ投票するかっていうと、他の政策とかが気に入らないんだよね~、つーか風前の灯火みたいな政党が多いし、、、どうしよっかな~)

安全保障は、武力(自衛力)だけじゃなく・食料やエネルギーも安全保障のひとつだからねっ。
→この観点なら、外交に強い政党を選ぶべき、ってことになるなぁ。
(補助金を配ることをやめて)単純に、
食料備蓄増やします・エネルギー備蓄増やしますってなことを公約に入れる政党はないのかな?

※税金を取っておけば、それを配るという原資になって選挙票になるっていう構図が悪いんだよね(いわゆるバラマキ原資)

|

2022/04/19

コロナ、現状維持ならマシな方? 年金も減額だしね~

 毎日、暗いニュースで気がめいります(ウクライナにコロナとか、物価高とか、あと、日本の近隣諸国とか。年金も下がるしね~)
 とりあえず、コロナについては、これからGWがありますけど、今のところ医療ひっ迫はおきていないようで、、、

「桜」、去年はピンポイントで親をタクシーに乗せて、くるっと車椅子で散歩して、すぐにお茶してお昼前には帰ってきたのですが、今年は一度も鑑賞しないまま、とっくにシーズンは終わっちゃいました。
 なので、かわりに、コロナの状況を見つつ、近くのファミレスで食事→ひとつのレクリエーション

 夜の時間には早い夕方5時前に行って混み始めるころには帰宅。(ちなみに、車椅子で10分ほど。天気よかったし)、幕の内弁当みたいなのを食べてきました。親はそれでも十分嬉しかったようで、、、外で食べると言うことだけでも嬉しいらしい。
(ちなみに94歳です、昔は「ファミレスなんて」と文句を言う親だったのですけどね。・・・昔のことは忘れてる)

 オイラも、「食事の準備と片づけがないってのは、こんなに楽なのか」と思ったり。
 しかも早い時間だから、夜7時からの自由時間が長い~

 ちょっと手抜きしていかないと、やってらんねーんだよね(^_^;)
→少しずつ、時間を要する事態が増えてきたから

 これくらいで喜ぶんだったら時々やってみるか、みたいな。(いや、体調が悪いときはホントにダメなんです。しかも、真冬や真夏は車椅子押して10分と言えども出かけにくいし)

~~~ところで年金減額
 年金減額は0.4%。4月分ということなので、減額は6月15日支給分~です。

●国民年金(満額で)        
 64,816円 ← 65,075円

●厚生年金(夫婦2人分モデル年金額)
 219,593円 ← 220,496円

 

~~~

 コロナもウクライナもどうなるでしょうかね~ この1か月が山場になるンでしょうか?
(GWがあるし、ロシア(ソ連)の戦勝記念日があるらしいし) 

 毎日、平和に暮らしたい、切実な思い~ ・・・みんなもそうだよね

 出来る範囲で楽しく過ごすという努力も必要な時代になっちゃいました。

|

2022/04/14

イギリスも、消費者物価+7%(前年比2022春)

半日ほど前のニュース。
イギリスの消費者物価も30年ぶりのアップ 前年比プラス7%

(ドイツはエネルギー=ロシアからのLNGで、物価上昇が大きいのはニュースで見ていましたが、イギリスも、でした)

~~~

ちなみにロシアは、正確な発表数字は見ていませんが、ニュース記事(ロシア住人の記事)では
「感覚的に2割くらいアップ。オリーブオイルなど輸入品は品薄。だけど、それ以外の生活そのものは(過去の波乱経験から考えると)それほどじゃない。」、なんて書いてありました。

|

2022/04/13

米消費者物価、3月8.5%上昇 40年ぶり伸び率

昨日に引き続き、物価上昇の話題。
(昨日は、オレ、日本の物価プラス3%を見込んでると書いたところなのですが・・・)

昨夜発表されたアメリカの消費者物価
歴史的な上昇 40年ぶりに、プラス8.5%!

第二次オイルショック(1979年~)以来の高水準。
>オレ、中学生だ!

→ということは、アメリカFRBがより金利を上げてきますね。
 円安まだまだ進みそう。

日本では、第二次より、やっぱり第一次オイルショック(1973年~)の方が印象に残ってます。

・トイレットペーパーがなくなったり
・夜間休業になったり (→今もちょっと前まで、時短営業だったじゃん)
・ガソリンスタンドが一時休業したり、週1休みになったり
・あちこちのエスカレーターやで照明が消えたり (→最近も、計画停電とかあったけど)

~~~消費者物価に話を戻して、

アメリカはシェールオイルのおかげで原油輸出国になったし、穀物もそこそこ収穫できるし、それに何より、今、労働者単価が上がっている。

だけど日本は・・・(涙)
  日本は何で儲けるのか?

日本は、もう少し2~3年経ってから、「モノがなくなることによる物価上昇」が起こるんだろうなと思ってます。
ちょうど、マスク不足の時に高値でも取引されたように=一部の人は高いお金で買うんだけど、その他大勢の人は手に入らないという状態。

今だって、半導体不足で納期遅れとか、木材が手に入らなくて建築中断の家とかあるでしょ。
こういう分野がどんどん増えるんじゃないのかな、って思ってます。

でも、2~3年はまだ大丈夫
その後、元に戻っているのか、それとも、より悪化しているのか、、、今は分岐点

ひょっとすると、社会がドカンと変わるかもしれません。

一気にFCV(燃料電池車)の時代に変革したり、
→ガソリンスタンドや従来の自動車整備会社が潰れる一方、最新の水素ステーションや整備工場が雨後のタケノコのようにできるとか

あるいは、宅配荷物はドローンで配送、とかの時代になっちゃうとか
顔認証で、レジ待ちがなくなるとか
流行りのテレワークがもっと盛んになるとか
オンライン診療とか、もっと進んでも良いと思ってるし(待ち時間が長いんだ~。病院内でも予診は、看護師とか研修医が「今日はどうですか?」と聞いて医師につなげるシステムにしたら効率いいのにな、と思っちゃう)

・・・今、実証実験とかやっている試みが一気に実用化されるチャンス


ただ、周りの情勢を考えると(=コロナにウクライナとか)、しばらく経済的に厳しいかもしれないし、
 スタグフレーション →失業者急増 →昔のホームレス時代・銀行取り付け騒ぎ
なんていう事態がちょっと続く可能性もある。


>>>以下、まったく根拠がないのですが、

今の各国のインフレは、コロナで財政出動させたせい。過剰な財政出動だったから。
日本は、一人10万円だったやつ(それと、小規模飲食店のコロナバブルもありましたが)
アメリカなんか、個人給付が日本の約3~4倍のはず。ヨーロッパでも休業補償はかなり大きかった。
こういうやつのせいで、今、物価が上昇していると思ってます。
→各国はカネをばら撒きすぎた!

なので、各国のインフレ急上昇は一時的、と思っているのですが、、、根拠ありません。
(話半分、いや話1/4くらいでみてください。)


何度も前から繰り返していますが、

 日本はこれから、何で儲けるのか? が大事
(いや放っておいても、日本の労働者賃金がアジアより安くなって、自然に日本回帰すると思っています。でもこれ、10~20年くらいかかりますね)

|

2022/03/17

ロシア国債デフォルト・円安、それに震度6

いろいろな話題で、頭がついていかないtakです。(※)

 ロシアが国債の利払いしなかったらデフォルト?
 半年前には1ドル111円だったのに118円の円安。
 そして、さっき入ってきた東北地方で広範囲に震度5~6の地震。
(あっそうだ! コロナもあった)

→ 相場が落ち着いたら、金(ゴールド)の積立をすべきかな、と思う今日この頃。できれば新札発行の前に(2024年度の予定)

いや、北方領土や台湾有事、あるいは、災害で日本のネットが遮断されたり、凍結されたりした上に、
新札引出制限 かつ 新札でしか決済できない・・・ 

・・・なんてことも、(戦争までは起きないと思っていた)ウクライナを見ていると、起こりうるのかもと、ちょっと不安になったりしているわけで。

===

とりあえず、貯まったTポイントとYahooポイントをさっき、ユニセフのウクライナ支援に寄付したtakでした。(合わせても1000円ないけど。気持ちが大切かと)

ウクライナが早く落ち着きますように・地震の被害もありませんように
(朝になったら、被害の報告がニュースになっているのかなぁ、ちょっと心配)


※最近ちょっとイライラしているtak。
 というのは、このところ、親の認知症が進んで、
「明日デイ? 今日何曜日?」「明日の天気は? 傘がいる?」と、
一日に何度も聞いてきて、ちょっと苛立っているのでした。

【追記】2022.3.18
とりあえず、ロシア国債の利払いはされたようです。(ルーブルで払ったのか、利払い分だけ凍結解除したのか、それとも、実際にロシアが外貨を出したのか、、、はっきりしない)
経済制裁は時間がかかるけどかなり有効。でも、実際に北朝鮮でもイランでも経済制裁をされていても勝手な行動をとり続けていることも多いという歴史であったり。

|

2021/11/27

新たな変異株→原油も急落

世界的なエネルギー価格高騰で、値上がりを続けていた原油。
つい先日(先週だっけ?先々週だっけ?)の「日米韓、協調国家備蓄放出」は、
原油価格にはほとんど影響がありませんでした。
なので、ガソリン高騰は当面続く、なんて言われておりましたが、、、しかし!

 新たなコロナ変異株の脅威(→まずは、ヨーロッパが渡航制限)

  世界中の株価が下がった 
   =またも経済停滞か?

という状態。なので、原油先物価格が急落しています。ついひと月ほど前までは85ドルを越えていたのが80ドルになって、本日急落70ドル近辺へ。

【追記】新たなコロナ変異株 は翌日に「オミクロン株」と命名?・指定?、されました

====
昨夜(本日未明の1時頃)までの約半年間のWTI原油先物のグラフです。

Wtioil2021
せっかく、コロナの脅威も、
「定期的にワクチン接種すれば、そんなに恐くないのかな。やっとインフルエンザなみになるのか」

と期待していましたが、ちょっと裏切られそうな感じ。やっぱり、治療薬が待たれます。

====
それにしても、

原油が下がって、ガソリンや灯油が下がっても、給料(収入)が上がらないと意味がないですよね。
 → またもや、「経済停滞=振り出しに戻る」になっちゃうのかな?

ちなみに、
 ・4年8ヶ月ぶりに1ドル115円の円安 →113.4円台まで戻りました
 ・日経平均は一日で2.5%の下落(一時は800円の下落)
 ・ダウも現在(→未明の1時ね)2.8%の下落(一時は1000ドルの下落)

takの個人的な生活としては、ガソリン価格よりも株式下落の方がはるかに手痛い状況なのではあるのですが・・・でもっ!

 ・OPEC産油国の話とか、
 ・ロシアのLNGパイプラインの話とか、
 ・今高騰しているコンテナ輸送の問題とか、、、

もちろん、各地でロックダウンとか生産停滞とかになったら・・・

世界がどうなっちゃうのかなぁ。
今以上に先が読めない状態になるのかなぁ、と心配しているのであります。

※これを書いている間、(1時間経って今未明の2時ですが)、原油先物価格は70ドル割れて、68ドル台まで下がってます)

|

2021/10/28

「灯油・ガソリン価格」の10年推移(2021秋)

どうも検索で、ガソリン価格や灯油価格を調べようとしている人が結構いらっしゃるらしく、このブログの古いページにアクセスする人が増えているみたい。なので、古いデータでは申し訳ないと、昨日データが更新されたので一気に更新いたしました。

 「灯油 と ガソリン」の週次データから、約10年分をグラフにしました。

元データの出典は、経済産業省・資源エネルギー庁:昨日発表した「石油製品価格調査(全国)」です。

※資源エネルギー庁 ホーム> 統計・各種データ>
  石油・LPガス関連> 石油製品価格調査> 調査の結果
 (上の資料には地域ごとのデータも出ていますので、気になる人はどうぞ)

Kerosene2021

Gasoline2021
※資源エネルギー庁「石油製品価格調査」
全国週次データより作成

 

~~~~
原油価格高騰のおかげで上がってます。

 将来、脱炭素で原油が減少するから今から減産して増産する気がない?
 それとも、儲けられるうちに儲けておこうみたいな感じ?

一般的には、「コロナ禍からの経済回復に、世界的に生産が需要においついていない」、というのがもっぱらのニュースです。

消費者にとっては、しばらく厳しいですね~
(小麦も値上がりだし、、、
 大体、日本の賃金が上がっていないのに、周りの国が上がれば、当然、物価上昇に給料が追いつかないわけで・・・)

===
国債とかの借金で賄ってもねぇ。いずれツケがくる!

いや、痛んだ経済を持ち直すためのカンフル剤としての国債発行は支持したいと思ってます。
だけどプライマリーバランスをどう正常化させるかも大事(財政赤字健全化)。

 ∴高所得者や企業からの税金を増やしても、国として儲けなければ、いずれ破綻
  それも、国が破綻するんじゃなく、個人の生活が破綻する。

で、国として手を差し伸べるのはまずは、セーフティネットの充実。
次に、経済成長をどうするか?

・・・私の個人的意見です。もうすぐ衆議院総選挙ですしね~

|

2021/10/05

日経平均先物、あっさり28000円割れ→ささやかな幸せってなんだ?

 10月になったというのに、秋の気配があまりしない(@西日本=連日最高気温30℃)
 菅政権→岸田政権と、新しい政権になったのに、すぐに衆議院解散だし、

・・・コロナも第6波、が来ないわけないですよね~(ピークが小さくなることを祈るのみ)

で、日経平均先物、先週9月末は30,000円台だったのに、今、28000円割れで27,600円(@アメリカ市場で、夜の午前1ごろ)

日経 あっさりと下がってる

===

 ・中国は、不動産過熱問題(恒大企業ほか)があって、
 ・アメリカは、債務上限問題もあって、

でもってだ!
GDP1位2位で、世界中におカネをばらまいている=新興国に借金させている →二つの金利が上がったら、、、借りている方は返せない。
(わかりやすく書くと、変動金利の住宅ローンで、金利があがるようなもんね)

===

 金利の面だけ見ると、中国の過熱を抑える政策は、ある意味、日本のバブル期(=昭和後期)に日銀がほぼ無策であったときよりは、良い面が多いような気もしてます。早めに対処 が、長い目で見ればGood? しかし、短期的な混乱は避けられません。

 で、たぶんこれは前哨戦。
「日本のバブル崩壊→銀行や証券会社破綻」でも、「チャイナショック→リーマン破綻」でも、タイムラグがあった。


●もし、金融有事のときは、何が良いか? 
正直悩む!>オレ


 昔のグラフ。金相場/為替相場/株式相場/債券相場も見てたのですが、、、結局、落ち着くまで現金で持っているのが良い。
(→今回はどれがベストかわかんないけどね)

日本で言えば、過去、金(ゴールド)の回復が早かった(約1年)。
不動産は場所によるけど約5年、でもいまだに下がってるところもある(人口減少だしね)
日本株は、リーマンは約6年で回復したけど、バブルのピーク株価にはいまだ30数年たってもほど遠い。

もし、「ガーン」とみんな下がったら、カーボンニュートラルには一番近いLNGとかが良いのかな、とか、手を出した事もないものを考えてたりしています(LNGの投信ね
 (※自然エネルギーはやっぱりすぐには無理で、石油・石炭・LNGなら、LNGが背理法で残るという消極的選択)

====

な~んか、金融危機が、この数年で起こるような気がするんだよね~
 「金融有事」 中国発か・アメリカ発か

(で、関係ないけど)
とりあえず、緊急事態も解除になったし、そろそろCoCo壱番屋のカレー食べに行ってもいいかなぁ
→ささやかな幸せというか、欲求不満というか、、、テイクアウトでも良いんだけど、「福神漬け」山のように放り込みたいじゃないですか。
 でも、まだワクチン2回目未接種なので、10月中は、おとなしく・おとなしく。なにもかもおとなしく。

で、コロナ第6波がやっぱり来るんだろうなぁと、冒頭に戻るわけ。(涙&笑&諦め)

 

===いや、その昔、リーマンショックで退職期ほか預貯金半減で、うつ病になった方がいらっしゃるんです。(←これ何度か書いてます)

 口座の額が増えても減っても、その人の生活は基本変わらない。
 なのに、口座上の数字だけで病気なんかになったら、ムダというか損というか、もったいないじゃないですか。(気持ちは十分わかりますが)
 → お財布の中は、CoCo壱番屋のカレーが食べられなかったってほどじゃないはず。

 ま、いろいろなことに一定程度、備えておいて、かつ、ふり回れないように、
 そして、それが原因で病気になったりしないように気をつけましょうね~

|

2021/09/06

忘れてない? コロナ重症者が増加!ってこと

 オリパラもなんとか無事終わって、
 少しだけ秋の風を感じるようになって
だけど 
  → “コロナ慣れ” が、ちと恐い

 感染力の強い変異株で、マスク着用→エアロゾル感染にも注意、と変わってきている

 毎日毎日、同じようなコロナのニュースで、「過去最大」と聞いても鈍感になっている自分が、わかります。

 だけど、グラフの面積を見る限り、コロナの感染者数も重症者も、はるかに第4波より増えてます。

~~~換気! 三蜜回避! ですよ~

自分で自分の身を守る!
でももし、私が、
  通勤が必要な人だったら・・・
  多くの人と会わないといけない仕事だったら・・・
  家族が多くの人と会わないといけなかったら・・・
どうするだろ?

 → それだけにやっぱり、“コロナ慣れ”が恐い
 
今こそ、不要不急を考えようね

都市部の入院率、低下しています。=すぐに入院できないんだから

生きてるだけで、丸儲け!

|

より以前の記事一覧