« 暑いね~ 発熱かな? 親子37゚C | トップページ | 暑くて・寝苦しい~、(それに親の認知症が) »

2022/07/26

今から海外系ファンド(投信)を買う人は、円安分を考慮ねっ!

(いやまぁ、為替相場は、どう動くか分からないところが多いのですが・・・)

とりあえず、直近はものすんごく「円安」
 この数ヶ月で 1ドル 115円→138円

なので、海外系のファンドは、円安分が上乗せされているってことに注意です。

もっとも、まだまだ金利差が開いて、円安になるっていう人もいます。(1ドル140円を越えてくる、とか)
あるいは、どこかで何かが起こって、円高になるかもしれないし、もっと円安になるかもしれません。

ま、あえて書くこともないでしょうけど、、、その分、割り引いて考えてね、っていうことで。
実は、同じようなことを9年前にも書いています。(→アベノミクスの異次元緩和のとき)

なぜこれを今さら書いたかと言うと・・・
今のようなこんな時期って、証券会社や銀行の投信担当者は売り込みやすい時期なんです、ってことは覚えておいてよろしいかと。

【過去記事】
 ●トータルリターンから見た、おいしいファンドの正しい見方 (2013/07/25)
  http://tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2013/07/post-d3b4.html

(為替相場はよくわかりません。
 個人的にはそろそろ頭打ちになってもおかしくないかなぁと思ってます。)


~~~ 半年前だったらどうか っていう視点でも是非、見てねっ!

海外系ファンド(アメリカ株とかね)の円資産価値のチャートやトータルリターンを見るときには、同時に、為替チャートも比較して考えましょう☆

もひとつ、言っておきたいこと!
 若い担当者はリーマンショックを知らなかったりします。
(担当者にガンガン電話がかかってきて、「半分になった!どうすれば良い? どうしてくれる」なんていう電話が殺到していたことを知らずにイケイケで売り込んでくる。) リーマンショックが2008年だから、入社して10年以上で主任や係長クラスが後輩にイケイケで売り込めと指導してたり。

資産を守るという視点なら、慎重なくらいの担当者の方が良いですよ~

|

« 暑いね~ 発熱かな? 親子37゚C | トップページ | 暑くて・寝苦しい~、(それに親の認知症が) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事