« 濃厚接触者の宿泊待避、1泊2000円補助金@京都市 | トップページ | 祇園 八朔(8/1) 猛暑日だ »

2022/07/31

デイもクリニックも、急遽、お休みに→自宅療養準備

コロナどんどん拡大してますね~ 私も、周りの環境のせいで多少、生活に影響が・・・

まず、
◆親のデイサービス。
 先週に引き続き、今週も感染者が出たので消毒のため(事業所自体)をお休みしますという連絡が。
 ・・・こちら、デイだけの施設なんです。(ショートステイとか特養はない事業所)

で、その次。
◆私がいつも行っているクリニックから、わざわざ自宅に電話があって、
「来週予約されてますけど、一週間急遽休診になりました。別の日程を・・・」と連絡が。

→理由は聞かなかったのですが、たぶん、先生かスタッフが感染して濃厚接触で回らなくなったんだろうなと想像。

~~~で、よく考えると、
「もし、私が発熱したらどこへ行けば良いの?」ってこと。

まずはかかりつけのお医者さんになんて報道されていて、このクリニックも時間をずらしてカルテのある人には外来受診をされていたようなんですけど、、、

→ということは、まずは様子をみつつ第一選択は、自宅療養、か?

というわけで、とりあえず、流行りのアセトアミノフェンの鎮痛解熱剤を買ってきました。(全部売り切れかと思いきや、「アセトアミノフェンのやつ」と言ったら、何種類か出てきました)
その一つ、「バファリンルナJ」。
MAX一回3錠×3回で、12錠入りだと1日ちょいで無くなるんだけど、、、まあいいか。

Bufferinlunaj


→薬剤師さんは、高熱出たらとりあえずなんでも良いから解熱剤を飲んで、水分補給を十分にして体力落とさないように!
とおっしゃってましたけど。

この薬がどこまで有効なのか、普通のバファリンとどれくらい効果に違いがあるのか、半信半疑で、かつ、
「重症化して動けなくなったら、結局、救急車呼ぶしかないよなぁ」(→入院ベッドがあいてればいいけど)

と思いつつ、、、。

~~~~
それにしても、7月に入った頃には、「やっとコロナ収束か」「マスクを売るなら今が最後」なんて言われていたんですけどね。
行動制限もないし、なんとか少しは日常が戻るのかなぁと思っていましたが、ちょっと不穏な感じです。1ヶ月で大違い。

とは言っても、3波・4波・5波とは緊張感が違うのは、、、やっぱり気の緩み? どうなんだろ。
今後の重症者増加が気になりますね。死亡者数も増えてきていますし。

なんとか無事に、夏がこせますように(願)


~~~~(ところで本題とは外れますが、保険会社)
先日、累計のコロナ感染者数が国民の10人に一人、1200万人を越えたとニュースになってました。
これだけ療養者が増えると、保険会社の給付金支払いがもの凄いことになって経営が悪化しそうな気がしてます。

入院給付金は死亡保険金に比べると少額ですが、チリも積もればで。例えば、10万人×1万円×5日間 だと50億円だし。
(※今時、入院給付1日1万円で入っている人は少ないような気もしますけど)

この前、どこかの少額短期の保険会社が約款=保険料などを変えたというのもニュースになっていました。

→で保険会社の破綻。
 確か、十数年前のリーマンショックの頃にどこかが破綻したと記憶=2008年ごろ (AIGだったか?違うか?)
 その前だと銀行再編時期の二十数年前=2000年頃

もし、どこかが経営破綻したらこれはこれで大きなニュース。これから2~3年で破綻まではなくても、経営悪化が問題になる可能性はあるのかなと。 →再び、保険会社の統廃合とか

 

|

« 濃厚接触者の宿泊待避、1泊2000円補助金@京都市 | トップページ | 祇園 八朔(8/1) 猛暑日だ »

FP-保険」カテゴリの記事

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事