« 6月は、住民税と国保保険料の改定月 | トップページ | 米国に続いて、スイス・イギリスも利上げで株下落 »

2022/06/15

微妙な不安に悩まされる毎日(ニュースいろいろ)

関西も梅雨入りしました! 私にとってはあまりうれしくない季節。
しかも、株価も下がってる。
(この前やっと含み損がなくなったかと思ったところなのに、あっという間の三日間くらいで、元の木阿弥、いやそれ以上の下落だし。
 → この半年間はなんだったのか?資産倍増するんじゃなかったのか? って。)

さて、ロシアvsウクライナ。それによる物価高騰!
結局、西側がどれくらい・いつまで支援できるかにかかっている?

~~~それに加えて、いろんなニュースが・・・
いろいろなお金にまつわる気になったニュースたち、です。


◆山口県のどこかの町が誤って4630万円を振り込んだ件

 新人職員がそんな大金を決済できるなんて、、、文書システムの形骸化。
 でも、大部分がカジノ業者?から返金されたこととか、
 そもそも本人に犯罪が成り立つのか? とか
 ・・・気になる点は一杯あるのだけど確証も知識も、私にはないし

◆持続化給付金詐欺の件

 国税職員逮捕というのもショックだけど、そもそも上手い話に乗ったら「ウソの申請しても絶対これ足がつく」なんて思わなかったのかという点もショック。
 (→それに、結局、末端の人はそそのかされたうえに給付金を返すことになるだろうから、手数料分?は損するし、ある意味二重の被害者&加害者になるんだろうな、とも。末端の人は、書類送検→執行猶予くらいで済むのかなぁ)

 ま、グレーゾーンで持続化給付金貰ってしまった人も大勢いるんだろうな、という気はするので、ちょっとモヤモヤが残ってる私。
(→例えば、自営業でコロナでお客さん減ったから、この機会に持病のヒザの手術しておこうとか思って自分の意志で休業したけど給付金を申請したとか、、、これはグレーゾーンだと思う。コロナの客数減が先か・持病悪化が先かみたいな)
 
◆円安、、、日銀&FRBどうする?

 ここ数日の円安は、コロナ回復→ロシアからのエネルギー・穀物&物流高騰の問題。なのに、昔からの経済成長→物価上昇と同じ対応として金利アップを目指したFRB。
 もうすでに転換点だと思うし、米国も秋~冬にリセッション(景気後退)という噂も出ているし。
 
 とはいえ、中央銀行(日銀もFRBも)は、民間の給料アップはできないし・減税や増税もできない。
 →これは政策の話。だから財務省の政策が見えない
 こんな中、日銀どうする? 先がまったく見えない。

個人的には、中央銀行じゃなく、まっさきに政府が物価対策すべきで、「ガソリン税と消費税を時限的に廃止・軽減」でいいと思うんだけどな。


(ちなみに、物価上昇に賃金アップも金利も追いついていない! ってことは、手取りも資産も目減りする時代ってことだから注意ね。ただ、人の財産ってのは、お金だけじゃなくって思い出とか交友関係とか家族とか、いろいろな要素がありますから、そういうお金で買えない部分も意識しましょう)

====

とまあ、気になるニュースはいろいろなのですが、正直、ちょっとフォローできてないなぁというのも本音でもありまして。。。
先が見えない不安が一杯(将来のエネルギー問題ってのも気になる事柄だし、、、直近ではこの夏はダイジョブなのか?長期的には?)

でもとりあえず、現状はスーパーの商品棚から物がなくなったりしていないし、どこかの金融機関で取り付け騒ぎは起こっていない、です。その点ではまだ、ダイジョブ。
(だけど、しばらく庶民の生活は耐えるしかないね~、いろいろと。それも結構長期間)

あと、おカネのニュースではありませんが、
 「山梨道志村女児不明事件」で骨がポツポツでてくるのは遺族にとってはツライだろうなとか、
 「知床の遊覧船沈没事故」でまだ見つかっていない遺族とかもツライだろうなとか

~~~

ロシアとウクライナ、早く収束しますように!!
(今は、「戦後77年じゃなく、戦前〇年かも」、という不安が少しある)

自分の手に負えないところはどうしようもないので、豪雨災害とかにそなえて避難路確認・持ち出し品確認とか、やっておくことにします。まずは、食料と飲料水の確保。カセットコンロのガスボンベも。
(コロナ以降、ちょっとだけ、備蓄品が増えたtakです。ニュースでは個人宅向けの地下シェルターとかを紹介していましたが、さすがにそういうところまでは考えられない私です)

|

« 6月は、住民税と国保保険料の改定月 | トップページ | 米国に続いて、スイス・イギリスも利上げで株下落 »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事