« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月に作成された記事

2022/06/29

すでに夏バテモードに(冷えたビールが美味しいかも)

 毎晩、エアコンタイマーの時間と扇風機の風向きを調整しながら、それでもやっぱり一度は寝苦しくて目が覚める、みたいな状態が続いてます。

 カラダがまだ本格的な夏=汗だらだらの発汗モードになっていないのに、
あちこちで梅雨明け! → なんか夏バテの雰囲気

 例年とは違って、コロナもちょっとは治まってきて、やる気が出てきているのにカラダがついてこない。
 すでに日陰を探しながら歩いてスーパーに行ってます。
で、「そろそろマーガリンを買わなきゃなぁ~」「洗剤もなくなってきたなぁ」なんて時に、安売り=以前の値段で売っていたらちょっとラッキー・こんなに幸せで良いのか・こんなところでオレの運を使って良いのか? とまで思ってしまいます。

 ・・・電気も安売り期間があったら良いのにな。

~~~~

 最近、お風呂じゃなくシャワーが増えているのですが、出掛けるのがおっくうな分/コロナで余計に運動不足になっている分、【発汗機能向上】をぬるめのお風呂でできるのだろうかとか思ってます。(→冷えたビールを用意したうえで)
 いや、最近ぐーたらになってきている自分がよくわかる。

Beer_20220629070001   
(画像;昔買った「具満タンDX」より加工)

|

2022/06/28

アニサキス、増えてるの? お刺身、食べるの躊躇

 なんか毎日のように、「アニサキス」のニュースを見ているような気がします。魚の寄生虫の話。
 人間ならば胃で激痛が走るという、、、さらに、内視鏡で取り除かないといけないという。
  ・・・夏だから? 生食の季節だから?

 で、アニサキスが本当らしいのに、アニキサスなのか・アニサスキなのか、、、何度読んでも覚えられずに、もうよく分からなくなってきています。

→これも歳のせい? 記憶力減少(涙)

~~~

 温暖化で潮の流れが変わって、回遊魚の移動範囲が変化してきたから、という記事をどこかで見ましたが、それ以上の要因があるような気もして、誰か専門家の人の意見を聞いてみたいところ。
 いや、聞いてみたところで、お腹が痛いのもイヤだし、胃カメラのむのもイヤだしな~


その昔、胃潰瘍になったことがあります。25年ほど前の30代前半の頃。
サラリーマン時代の帰宅途中の列車の中。いきなり、腹をナイフで刺されたのかというような痛み
座っていたので、そのまま「うっ」と背中を丸めて我慢しながら、「次の停車駅で降りて救急車呼んで貰おうか」と思ったけど、幸い、ひどい痛みは一度っきり。

→結局、我慢して家に帰って翌日、そく病院に行きました。(ちなみに予兆はありました。あきらかにストレス&不規則な食事、というか残業いっぱいの頃)

アニサキスでも、
 ~あのときのような痛みが来るんだろうな~ お刺身食べるの我慢しようか、とか思ってます。(冷凍すれば良いらしい)

それよりも、もし偶然「もの」を見てしまったら、トラウマになって二度とお魚食べられなくなるんじゃないのかな、という不安が。
→ネットの写真は、いくつか見ちゃいましたが、まだ動画を見る勇気がありません

 

|

2022/06/27

電力需給ひっ迫注意報、危険な時間帯

随分前から、ブラウザのお気に入りに「でんき予報」を入れているtakです。

今日、2022/6/27。東京電力管内。初めて電力需給ひっ迫注意報を発表!

で、
 ・電気は、需要分を補えるほど大量に、「貯めることができない」
  →つねに、需要と供給が一致している世界

 ・太陽光発電が増えたせいで、夕方に日が傾いたころが一番厳しい。
  →太陽光減少分を火力ほかで補えない(火力発電も地震の影響で一部止まっているし)

 ・次が、当然、電力を大量消費する時間で、
   昼間の猛暑でエアコンが大稼働する時間と、  14時頃
   夕方、オフィスや工場と・家庭用が動き始める 19時頃

~~~

ひっ迫注意報も、時間で細分化すればいいのにな、と思う。 (一応、厳しい時間帯は公表されております)
まぁ、いろんな条件・気象状況・事故発生とか、難しい面もあるとは思うのだけどね。

将来的には、電気を貯める技術、望まれます。→FCV車? 家庭用/工場用水素電池?

で、これにより将来恩恵を受ける企業=株式は何だろ?
いずれにせよ、たぶん、直流交流変換が必要だろうから、そんなシステム開発や電気部品を作っている会社を物色中。


~~~~


しかしねぇ、、、気象状況で停電が起きる国になるのか?→日本は。
(もう後進国じゃん)

参議院選挙ということで、いろんな党のチラシなんかを見ますけど、原発反対とか環境問題とかから「自然エネルギー」へという公約がでていますし、それは、長期的視点では間違っていないと思うのですが、目の前の問題をどうするか? この視点があまり書いてない、というか、どれくらいのスパンで自然エネルギーをメインに、他をバランスさせるかのビジョンが見えません。

しかも、節電ポイント2000円?とか、、、(なんだこれ?)
与党は言い始めてるし。(→これは、超短期というか選挙名目にしか見えないし)

ちょっと悲しいです。


※ワタクシ、原発再稼働派なのですが、福島事故10年以上がたった今では、
 ・老朽化原発は廃炉して、計画的に廃炉技術を養う。
  その財源として、最新式=安全性が担保できそうな原発のみ稼働して、その差額を廃炉費用に充てる。という考えに変わりました。

さらに、地震が増えているので、
 ・九電の玄海/川内のどちらかは停めても良いんじゃないか、
 ・四電の伊方は中央構造帯だし避難路が難しいから停止した方が良いんじゃないのか、
 ・中国電力に原発は必要なのかそれより管轄をこえた給電体制増強の方が良いんじゃないか、

と思ってます。でも、50Hz地帯で一つくらい稼働した方がエネルギー状は安心かなとも=柏崎か泊か女川か?
・・・地震がちょっと気になるけど

~~~

電気に限らず、他のインフラ。
この前どこだっけ? 愛知県だっけ? 水道取水設備が動かなくなったり、、、
その前は和歌山だっけ? 給水管が大きく破損したり(細かい道路下の水道管破損は、あちこちでしょっちゅうあるし)

・・・やっぱり、日本はもう後進国かも

こういうのが、公約にほとんど表れないのも淋しいね~(しかも、京都市は破綻しそうだとニュースになっているし)

インフラが止まると、その分、確実にGDP=経済活動に影響します。
つまり、豊かな生活にはならないということ。(だって、戦後復興も満州でも、最初はインフラ整備からだったでしょ)
しかも、携帯電話や光回線という新たなインフラも増えているし。

やっぱり、「電力需給ひっ迫注意報」を出さなきゃいけないというのは、後進国に近づいているってことだよね。
防衛費を増やしたら、停電が増えた・断水が増えた、あるいは、税金が増えた・年金が減った、とかにならなきゃいいんだけど。

日本はなにで儲けるのかが大事=何でGDPを増やすのか?
 日本が世界に誇れて外貨が獲得できるのは何か? (まだまだ、いろいろあると思うぞ、、、)

関係ないけど、もし将来何かのきっかけで、
GAFAM(グーグル・アマゾン・フェースブック・アップル・マイクロソフト)とかが、日本へのサービスを停止したらどれだけ影響受けるだろうか? なんていうことも考え始めました。(→いやロシア制裁を見てたらです。国家間ではともかく、企業間ならありえるかも、なんて思いません?)

|

2022/06/25

消費者物価(2022年5月分)、光熱費2割増!

昨日、2022/6/24、総務省発表の消費者物価です。

先月と同じ数字なのですが、、、厳しいね~


== 概 況(全 国 2022年5月分)==
(1) 総合指数
   前年同月比は 2.5%の上昇
   
(2) 生鮮食品を除く総合指数
   前年同月比は 2.1%の上昇
   
(3) 生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数
   前年同月比は 0.8%の上昇


ちなみに、
  生鮮野菜 13.1%、
   電気代 18.6%、
 都市ガス代 22.3%

   の上昇(前年同月比)、だそうです。

 ・・・・この夏が、こぇぇぇ~ 光熱費地獄か?

|

2022/06/24

夏は、カレーだ(覚えてなくてもカレーだ)

昨日の晩ご飯は、カレーライス。
子どもも、大人も、大好きなカレー!

親「久しぶりだね。こんなに美味しいカレーは何年ぶりだろ?」
俺「実は、今日は二日目なんですけど。」

  ・・・もう前日のことを覚えてない(;_:)

ま、カレーは、初日より二日目の方が美味しいので、よしとしましょうか。

スーパーに行くと、最近はいろんな種類のレトルトカレーもあって、いろいろ試せば自分の舌に合うヤツがあるとは思うのだけど、幼少期の刷り込みなのか、我が家では「S&Bのゴールデンカレー」が一番!
(圧倒的なシェアを誇るハウスのバーモントカレーよりも、ですっ。)

でも鍋で作ると、2~3日食べ続けるか、冷凍保存しないといけないので、確かに作ったのは数年ぶりかも。
二日目の美味しいカレーが何年ぶり、ということにしておきます。

~~~

ところで表題に「夏はカレー」と書きましたが、これからまだまだ暑くなるんですよね~ なので、、、

食中毒に気をつけましょう☆
→カレーならば、小分けしたりして、早く冷ますのがポイント。
(ウエルシュ菌は100℃でも死滅しないし、40~50℃が一番増殖するらしい。)

もちろん、普通のブドウ球菌とかカンピロバクターとかの食中毒にも気をつけましょう☆
(こっちは、加熱で死滅するのが多い。なま焼けに注意ね。しっかり火を通しましょう)

|

2022/06/22

ワンストップふるさと納税→所得税は損になる

今月6月は、住民税決定通知が送られてくる月、と先週書いたところですが。

で、住民税をみて、「やったことないけど、ふるさと納税しようかな」、なんて思う人もいるかもしれないなと思ったので、今日の表題を思いつきました。(もっとも、ワタクシ、自営業なので詳しくないんですよね~ワンストップふるさと納税)

~~~~

ワンストップふるさと納税とは、まず最初に申請しておくと、5カ所までのふるさと納税について、簡便にメリットが得られるというもの。すなわち、寄付金控除の恩恵をつかって、自分の所得から計算される一定割合(※)についてまでなら、実質2000円の負担で、いろんな自治体から返礼品を受け取れるというもの。

※自分の所得から計算される一定割合→自分の収入と扶養控除ほかいろいろな控除で限度額が変わります。どこかのサイトで調べてねm(_ _)
 ざくっというと、住民税の約2割くらい、2割強かな?

で注意点。ワンストップ制度でメリットがあるのは、基本、普通のサラリーマンだけで、その中でも
 ・確定申告しない人!です (確定申告すると、ワンストップの便利さはリセットされますので、自分で寄付金控除の申告を記入して下さい)

→つまり、「医療費控除や住宅ローン控除の初年度で確定申告する予定の人」は使えません。
同様に、「セルフメディケーション税制で還付を受ける予定の人」も、これはそもそも医療費控除の一種ですから使えません。
あと、「複数のところから給与を受けている人・年収2,000万円ごえ・他の収入が20万円ごえ」。これらの方も確定申告が必要な人ですから使えません。

あと、退職(転職)した人の場合、確定申告して還付を受けたい人も大勢いると思うのですが、ダメです。

=繰り返しますが、確定申告しない人! 気をつけておきましょうね。
(もっとも、「ワンストップ」が使えないだけで、確定申告時に寄付金控除の記入をすればOK。なので領収書?(送付書?納品書?)とかの書類はきちんと残しておきましょう)

~~~

でもう一つの注意点。
ワンストップふるさと納税は、「住民税だけ」ですが、
「確定申告すると、所得税も」さらに還付対象になります。(ワンストップだと所得税は還付されません。)

(ただまぁ、還付金額と確定申告書を書く手間を考えて、負担にならない人は確定申告する方が得。それに、例えば住宅ローン控除2年目以降で所得税がゼロの人とか、所得税がそもそもゼロならワンストップふるさと納税を使う方が良いような・・・。だって、元々「2000円の負担で返礼品が貰える」っていうのが強い動機だろうから。簡単に使える制度は使った方が得じゃん、みたいな。)

返礼品の物品そのものじゃなく、最近は、観光チケットや寄付の使途を指定できるところもあるようですから、そんな動機でその街の歴史や文化に思いを馳せながら応援するっていう気持ちも持てば、寄付の価値も自分の気分も、より高まるのではないでしょうかね~

=====

個人的にはふるさと納税自体には、かつては反対の立場でした、ワタクシ。

というのは、住民税の取り合いを自治体同士で行う制度だと思っていたからで、何らかの思い入れのない寄付行為=返礼品目的だけの寄付、には反対の立場でした。でも、過去形です!
(それに、ラスパイレス指数に縛られる地方公務員がそんなことに頭を使うのは良くないだろうとも)

その昔、所得税の恒久減税2割減(→小渕内閣だったと思う)を、いつの間にか十分な説明なしに撤廃したから、ふるさと納税でそれと同等か半分くらいを取り返しても良いだろう(※)、という考えに変わったワタクシです。
(所得税から住民税への財源移譲なんていう単語を覚えてます? あの頃の話ね)

※日本のほとんどのサラリーマンは税率10%か20%。その2割を恒久減税するって言っていた。
 住民税の税率は10% ふるさと納税で約2割のメリットがある。
 ∴非正規や若者など収入が低めのサラリーマンは所得税の税率10%=ふるさと納税で、ほぼトントン。
  40代・50代の正規サラリーマンは税率20%の人が多くて、ふるさと納税で半分取り戻す感じ。

====

実は、ワンストップを使えば、所得税が還付されないことを知らなくて、先日、お客さんに教えて貰いました。
 お客さん=税金に詳しい人=弁護士さんに教えて貰っちゃったのだ。

(どんどん税法とか金融商品とか制度とかが増えるんだけど、だんだんと頭がついていかなくて、一つ覚えたら、他の事を三つくらい忘れちゃっている気がするんだよね~最近。これが歳をとるということなのか?)

|

2022/06/21

今日は夏至

今日は夏至! (ちなみに、一昨日は父の日・・・関係ないけど)

冬至の頃は夕方5時に真っ暗、なんてこともあるのに
夏至の今ごろは、19時でもまだ明るい

・・・最近、時間がずれて困ります。夕飯たべる時間がちょっと遅い

朝も早いですね~
この前、ちょっといろいろパソコンで用事をしていたら未明の3時を回ってる、そうこうするうち、外が明るくなってきた。

・・・どうも時間がずれる、はぁ(;_:)

===

でもこんな時でも、時間を忘れて没頭できるものがあるとちょっと嬉しいかも。
例えば、久しぶりの好きな作家の小説を読むとか、ゲームで遊ぶとか。そんな時間が取れるとかなり嬉しいですね。

・・・不規則な時間の使い方はダメな気もしますが、そういうことができる時間があるってのもたまには良いものだ(たぶん)。

本題に戻って、夏至! 
こんなにいつも暑かったでしたっけ?

すでに夏モードで、なぜか我が家では、すでに素麺の季節がやって来ています。
ついでに、冷やしうどんのタレ?スープの素も買ってきました。でも最近は、蕎麦も見逃せない。
→歳のせい? あっさり系で満足してしまう


心なしか、そんなに外に出ていないのに、両腕が少し日焼けしたような気がします。
(そういえば、今年はUVクリームをほとんど使ってない。春はどこへ?)

住宅地を歩くと、アジサイが綺麗ですね~ いろんな紫陽花があります。ホントなら、紫陽花で有名なお寺も多いのでそういう所にも行ってみたい気もするのですが、親と一緒にと考えるとなかなか踏み切れません。(→バリアフリーじゃないところは短距離しか歩けないから)

っていうか、その前に、やっぱり暑いです。この夏が無事に越せるかちょっと不安。電気代もちょっと不安。


梅雨ということで雨も降りそうです、

→去年と同じように、ひっそりと過ごすことになるのかなぁ

|

2022/06/20

火災保険、10年契約廃止→最長5年(廃止前に入り直すか悩んでます)

 火災保険の契約、昔は20年とか30年とかの長期契約が出来ましたが、数年前に最長10年に短縮されました。そして、この度、おそらく2022年秋からかなりの損保会社で最長5年になる予定。

 で、私。その昔、中古マンションの住宅ローンを組むときに一緒に払っちゃえと、ローンに合わせて20年契約で入ったのです。それが切れるのが今年の12月。(当時、住宅ローン控除の改定で、12月中に引っ越すと有利だったとかそんなことも考えたなぁとか思い出しました。ちなみに、ローン自体は、繰上返済したので残債はありません)

 たぶん、保険の改定は10月だろうから、その前に10年契約で入ろうかどうしようかと悩んでいると言う状態でありまして。

→どうしよう? 単純に毎年更新する共済系でも良いんだけどな、とか

(基本、南海トラフとか富士山爆発とか起こると思っているんです。まだまだ保険料はあがるはずだと)

 問題は、今後10年間、今のところに住み続けるかどうかですよね~。(今で築34年のマンション。この前、毎月の修繕積立金も上がったしなぁ)

 いや、いざとなれば保険は解約すれば良いので、逆に10年契約をするにはこの秋が最後のチャンス?
 そう考えるならば、やっぱり入り直す方がベストかなと、心は傾きつつあります。でも、ちょっと悩んでます。

※火災保険は、いろんな災害があったせいでドンドン上がっているのはご存じの通り。ホントは、2年前に入り直すのが良かったんだと思う(→かなり大きく改定されたから)。とは思うもののそれは結果論でありまして・・・

 いつから改定されるかはっきりとは知らないので、損保の担当の人に「決まったらすぐに伝えてね」とは言ってあります。(→損保はけっこう疎いんです)

|

2022/06/17

出産育児一時金の増額、10万円くらいかなぁ(42万→52万円)根拠なしです


あんまし、詳しく調べてないのでテキトーに読んで下さい
(それでもそんなに間違っていないはず、たぶん)

GOTOトラベル、当初予算は1.5兆円。コロナ収束で、今回は7~8000億円?
ま、トラベルで、1兆円とか2兆円とかの予算ってこと。

で、出産育児一時金大幅増額の件。
一体どれくらい増額かが全く分からないのですけど、
今の出生数は年間80万人で、×42万円の一時金。(これは、その昔の平均の出産費用から出てきた数字らしい)
で、すなわち、出産育児一時金 80万人×42万円で、3360億円

倍増させても 約6700億円。

~~~~

京都市に住んでいるし、コロナで影響を受けているお店も多いし、、、なので、GOTOトラベル(府民割拡大?)を一律に否定するわけじゃないのですけど、
(→夜の休業要請で、補助金貰ったお店ばかりじゃないんです。昼のお土産販売や、お昼の観光客のお店も多いんです)
日本の将来をみれば、出産育児一時金の方にもう少し力を入れるべきなんじゃないのかなぁと、個人的には思ってます。

で、いきなり倍増なんかすると、「ほんのちょっとで、損した/儲かった」なんて思う人がいるだろうし、だいたい、子ども給付金ひとり10万円貰った人も多いだろうから、

 出生率2を越えるまでは、毎年出産一時金を5~10万円ずつ増やす!

なんていう政策(選挙公約)があってもいいと思うし、、、いや、公約じゃなく、与党も野党も共同して、そんな方針を決められないものなのですかね~

・・・これもね、数年ごとの選挙で、各党の主張に入れやすいから
  「バラマキ」を作るための方便になってるんだと思う。
(幼児教育無償化/軽減化とか、結局与党の成果になってるじゃん
 その一方で、児童手当の特別給付(→高所得者のヤツ)をカットしたりして)

~~~~
与野党を越えて、本当に日本の将来を考えている議員がどれくらいいるのか、もの凄く疑問。

なのだけど、結局これは、投票する各個人のレベルも下がっているって事を意味していて、それが近年のいろいろな企業や暮らしの中で、
「バカが増えてるじゃん」っていう気持ちも、ちょっとだけあったりするのです。

ということで、私自身は、教育に対する投資が重要。
それも、この20年30年で、共働き家庭や壊れた家庭が増えている中で、「子育てを社会がどうサポートするか」が変わってきていると思ってます。

(※冒頭で出産一時金とGOTOトラベルの予算を比較してしまいましたが、もちろん、子どもの教育は出産だけではありません。幼児教育・義務教育・高等教育・・・さまざまです)

だけど出生率で即効性があるのはやっぱり出産育児一時金だろうな。
毎年5~10万円アップで合意すれば良いじゃん、ってさ

子ども家庭庁、、、真に機能してくれることを望むのだけど、想像するに、各省庁の寄せ集めで予算措置はこれから。。。みたいな感じでちょと不安。(当面、名刺が変わるだけじゃないのかと。 →業績不振の企業では、トップが交代して、組織改革なんてことをして、名刺だけが変わって仕事はほとんど変わらない、なんてことがよくありますから)

 

(出産育児一時金の増額幅の予定が、たぶん近いうちに公表されるだろうから、その前にアップしておこうという気持ち。
 ・・・結局これ、選挙の目玉に使われちゃってるのよねん)

|

米国に続いて、スイス・イギリスも利上げで株下落

相場が、、、ダウも為替もヨーロッパ株式も大きく動いていて、一瞬、ロシアかウクライナで何かあったのかと思いましたが、
 スイスの中央銀行が利上げ、イギリス中央銀行も利上げ ということ。(その前は、米国が予想を上回る利上げ)
 各国利上げで、金融引き締め → 経済鈍化の懸念から、株価ほか下落中

~~~

まぁ、物価が上がっている原因がロシア問題にあるとして、資産目減りを防ごうと思うと、利上げしなきゃいけないのかなぁとも思うのですが、どうもね~・・・ちょっと腑に落ちないところもある

それにしても、ルーブルが強い!
制裁&国内規制で市場に出回っていないから品薄になっているのか、な?
・・・これも腑に落ちない

日本は利上げすると、国債の利払い支出が増えますね(でも、今は逆に余剰金がでていてどこかに繰り入れているらしいけど)

~~~

いろいろ、経済の転換点なのかもしれません。やっぱり、金本位制ならぬ、資源本位制(LNG本位とか石油本位とか)の通貨が強くなるのか? でも、各国脱炭素で、新規投資を控えているしね~
・・・ここは腑に落ちないというよりも、よりによってこの時期にややこしい「脱炭素」

~~~(何度も書いて悪いけど、やっぱり消費税減税してほしい)

軽減税率なんてややこしいことやめて、10%→8%統一、くらいで落ち着かないかなぁ。

経済が停滞すると、その分税収が減るってのは、8%→10%のときに経験したじゃん。


(とはいえ、参議院選2022を前に、野党のいくつかの党が消費税減税を言っていますけど、いざ投票するかっていうと、他の政策とかが気に入らないんだよね~、つーか風前の灯火みたいな政党が多いし、、、どうしよっかな~)

安全保障は、武力(自衛力)だけじゃなく・食料やエネルギーも安全保障のひとつだからねっ。
→この観点なら、外交に強い政党を選ぶべき、ってことになるなぁ。
(補助金を配ることをやめて)単純に、
食料備蓄増やします・エネルギー備蓄増やしますってなことを公約に入れる政党はないのかな?

※税金を取っておけば、それを配るという原資になって選挙票になるっていう構図が悪いんだよね(いわゆるバラマキ原資)

|

2022/06/15

微妙な不安に悩まされる毎日(ニュースいろいろ)

関西も梅雨入りしました! 私にとってはあまりうれしくない季節。
しかも、株価も下がってる。
(この前やっと含み損がなくなったかと思ったところなのに、あっという間の三日間くらいで、元の木阿弥、いやそれ以上の下落だし。
 → この半年間はなんだったのか?資産倍増するんじゃなかったのか? って。)

さて、ロシアvsウクライナ。それによる物価高騰!
結局、西側がどれくらい・いつまで支援できるかにかかっている?

~~~それに加えて、いろんなニュースが・・・
いろいろなお金にまつわる気になったニュースたち、です。


◆山口県のどこかの町が誤って4630万円を振り込んだ件

 新人職員がそんな大金を決済できるなんて、、、文書システムの形骸化。
 でも、大部分がカジノ業者?から返金されたこととか、
 そもそも本人に犯罪が成り立つのか? とか
 ・・・気になる点は一杯あるのだけど確証も知識も、私にはないし

◆持続化給付金詐欺の件

 国税職員逮捕というのもショックだけど、そもそも上手い話に乗ったら「ウソの申請しても絶対これ足がつく」なんて思わなかったのかという点もショック。
 (→それに、結局、末端の人はそそのかされたうえに給付金を返すことになるだろうから、手数料分?は損するし、ある意味二重の被害者&加害者になるんだろうな、とも。末端の人は、書類送検→執行猶予くらいで済むのかなぁ)

 ま、グレーゾーンで持続化給付金貰ってしまった人も大勢いるんだろうな、という気はするので、ちょっとモヤモヤが残ってる私。
(→例えば、自営業でコロナでお客さん減ったから、この機会に持病のヒザの手術しておこうとか思って自分の意志で休業したけど給付金を申請したとか、、、これはグレーゾーンだと思う。コロナの客数減が先か・持病悪化が先かみたいな)
 
◆円安、、、日銀&FRBどうする?

 ここ数日の円安は、コロナ回復→ロシアからのエネルギー・穀物&物流高騰の問題。なのに、昔からの経済成長→物価上昇と同じ対応として金利アップを目指したFRB。
 もうすでに転換点だと思うし、米国も秋~冬にリセッション(景気後退)という噂も出ているし。
 
 とはいえ、中央銀行(日銀もFRBも)は、民間の給料アップはできないし・減税や増税もできない。
 →これは政策の話。だから財務省の政策が見えない
 こんな中、日銀どうする? 先がまったく見えない。

個人的には、中央銀行じゃなく、まっさきに政府が物価対策すべきで、「ガソリン税と消費税を時限的に廃止・軽減」でいいと思うんだけどな。


(ちなみに、物価上昇に賃金アップも金利も追いついていない! ってことは、手取りも資産も目減りする時代ってことだから注意ね。ただ、人の財産ってのは、お金だけじゃなくって思い出とか交友関係とか家族とか、いろいろな要素がありますから、そういうお金で買えない部分も意識しましょう)

====

とまあ、気になるニュースはいろいろなのですが、正直、ちょっとフォローできてないなぁというのも本音でもありまして。。。
先が見えない不安が一杯(将来のエネルギー問題ってのも気になる事柄だし、、、直近ではこの夏はダイジョブなのか?長期的には?)

でもとりあえず、現状はスーパーの商品棚から物がなくなったりしていないし、どこかの金融機関で取り付け騒ぎは起こっていない、です。その点ではまだ、ダイジョブ。
(だけど、しばらく庶民の生活は耐えるしかないね~、いろいろと。それも結構長期間)

あと、おカネのニュースではありませんが、
 「山梨道志村女児不明事件」で骨がポツポツでてくるのは遺族にとってはツライだろうなとか、
 「知床の遊覧船沈没事故」でまだ見つかっていない遺族とかもツライだろうなとか

~~~

ロシアとウクライナ、早く収束しますように!!
(今は、「戦後77年じゃなく、戦前〇年かも」、という不安が少しある)

自分の手に負えないところはどうしようもないので、豪雨災害とかにそなえて避難路確認・持ち出し品確認とか、やっておくことにします。まずは、食料と飲料水の確保。カセットコンロのガスボンベも。
(コロナ以降、ちょっとだけ、備蓄品が増えたtakです。ニュースでは個人宅向けの地下シェルターとかを紹介していましたが、さすがにそういうところまでは考えられない私です)

|

2022/06/13

6月は、住民税と国保保険料の改定月

そろそろ、通知が来ていますかね~これからですかね~
(みなさんの地域はどうですか? 京都市はまだです)

6月といえば、1年間の住民税と国保保険料が決まって通知される月であります。
サラリーマンなら「住民税決定通知書」なんてものをもらったり。

住民税も国保保険料も、前年度の収入で計算します。

 1~12月分の収入が、翌年3月の確定申告で国税が決まる
→それが自治体に回って、6月に、、、
 住民税が決まる(普通、12ヶ月の分割払い)
 国保の人は、それに応じて健康保険料が決まる(普通、6~翌年3月までの10回分割払い。もちろん、Ⅰ年分を一括で払う人も大勢いる)

(サラリーマンの人は、4~6月の給料の平均で、健康保険料と厚生年金保険料が決まります。やっぱり改定月です)

~~~

自営業の人で持続化給付金を貰って潤ってしまった一部の人は、納付通知書を見てビックリする、なんてこともあるのかな?
(事業所得や雑所得・一時所得が増えた人とか)

あと、新人でサラリーマン2年目の人も、初めて住民税が引かれるようになって、手取りが減っちゃったりとかも。

まぁ、大抵の場合、

 報酬 → 儲け → 2~3割くらい税金や保険料で引かれて、手取りは7~8割!
・・・一般的な人だとこうなります。

住民税とか国保保険料は、あとからやってくるというのが注意点。

|

2022/06/10

まだ6月なのに親が「正月準備を」なんて言い出した

 初夏のはずなのに、すっかり夏の日差し。(いや、真夏はもっと暑くなるんだろうけど)
そんな季節なのに~

 親が先週くらいから「正月は?」とか言い出して困っています(いや、困るほどじゃないんですけど)
「正月の準備を」とか、「おせちどうする」とか。
 →半年ずれてきた(「今日、何曜日」とか「来週、病院だっけ」とかとは全然違うレベル)

 なぜ半年も季節を間違えるようになったのか、考えてました。
 結論はたぶん2つ。

(1)先日、お中元のカタログが百貨店から送られてきた

  商品選びでさんざん同じ会話を繰り返してやっと決まった贈答品。
  その後、何度も「もう予約してくれた?早くしないと早期割引きなくなるよ」の毎日。

→お歳暮とお中元を勘違いしている

(2)冬の毛布をクリーニングに出した

  こちらも、随分前から「今度セールの割引きがあったら出すからね」と親の部屋にたたんで置いてあった毛布。これを先週やっと出すことができた。と同時に、布団も夏布団に変更。

→布団の変更で季節が半年ずれた?

~~~~

ま、よく分かんないんですけどね。日々、ビミョーにずれた会話。

でもって、耳が遠い。こちらは大声になって喉がかれる。
この前病院に行って、親と一緒に診察室に入ったときに先生に
「親が耳が遠いので大声でしゃべりますね」と先生に言ったら、

先生がなにやら紙の筒を机の横から取り出して(キッチンペーパーの芯か、FAXとかの紙の芯かなにかそんな筒)
「これを耳元に近づけて喋ると、小声でもOKですよ」。

→確かによく聞こえるらしい。

 ・・・先生、こんなものを常備しているんだと感心しました。良いことを教えてもらっちゃった~

ちょっと長い話をするときには使っています。こちらの喉に優しいです。

====
健康上、この夏を越せるのかなぁ・無事、正月を迎えられるのかなぁとか思いつつ、、、
半年先も平和でありますように!(我が家も、世界も)

 

|

2022/06/09

貯金500万円以上/以下で、「月3万円違う」ショートステイの利用料

介護保険の負担限度額の話で、私の親のような場合の話。
先に書いておくと、遺族年金140万円としたときの話です。

介護保険の限度額認定証の更新手続きの手紙が役所からやってきました。
→7月末が期限だから。
(大体、介護保険関係の年度変わりは、7月末で、8月から新年度なんだよね~)

~~~~

私の親は、今は毎月一回、3~4日間、介護施設のショートステイを利用しています。
で親の場合と役所からの案内手紙を参考にして書くと、

ショートステイ
【一日の利用料=居住費+食費】が、
 貯金が500万円以上なら、約3600円
 貯金が500万円以下なら、約2600円

もし、1ヶ月=30日間利用するとなると、単純に30倍として、

【ショートステイ 1ヶ月間の居住費+食費】
  貯金500万円以上なら、11万円
  貯金500万円以下なら、8万円弱

「貯金500万円以上か以下か」で、月3万円、違ってくる。

※上は、居住費と食費だけ。
 実際には、これ以外に、おやつ代とか・オムツ紙/パンツ代とか・なんとか加算とか送迎費用とか、他の費用がかかります。
(あと、介護度数とか、機能訓練や入浴のありなしとか、いろいろ変わる要素があります)
 →私の親の場合、(たしか介護2で)毎月4日間の利用の請求額は約15,000円


(※専門用語的で恐縮ですが、居住費は「ユニット型個室」の時で、「多床室」では安くなります。
  もっとも最近新設されるのは個室系ばかりだと思います)
(※※ この負担限度額、年金収入と貯金ほかの金融系財産で、細分化されていますが、上はもっとも分かりやすい例、だと思う)

==========
ときたま、こちら系のご相談ももちろんあります、というか増えてます(友人が同世代だからね~)
貯金をね、、、

「ごまかしたらバレますか」とか「バレたらどうなりますか」とか、
「ちょっとオーバーなので、贈与したら贈与税ですよね」とか

(・・・これは税理士法に引っかかりそうなので答えにくいのですが、一般的な話として、200万円贈与で9万円の贈与税とかの贈与税額表をプリントアウトした渡したり。でも、3人に贈与(例えば、夫妻子とか、兄妹3人とか)に贈与したら、110万円×3人分で330万円貯金まで贈与税かかりませんよとかなら、お答えしてます。あと、相続時精算課税を使った贈与という場合もありますね。
 お孫さんの誕生祝いに「腕時計とか買ってあげたら?」とかも。(※※)

 

ま、介護保険の施設利用料と、貯金(+株式や投信・金銀・その他)の関係は、過去にこのブログでも何度も書いていますので、もちろん私は対処済み。
 →数年前から言われていたことだしね

※※「贈与契約」にしろ「成年後見人」にしろ、本人の判断能力がなくなったら、基本、対処できません。法律的には無効。
 もっとも、判断能力の低下ってのは、すぐにやってくることはまずなくて、徐々に進行します。なので、
「ちょっと危ないかな」と思った時点で早めに対処をオススメします。
 後見人が(家庭裁判所で)選任されるというのは、本人の判断能力がないということですので、その前の対処です。選任後は報告が必要であったりとか何かと制限を受けます。

 相談されてくる方には、すでに、「遺言書とその時点での医師の診断書とセットにしています」とか、事前に「財産管理の公正証書を作成しています」とか、そんな方もいらっしゃいます。(→認知症と判断されれば公正証書は作成不可)
 ・・・こちらが参考になっていたり(^^;)


【過去記事】
貯金500万円以上なら特養の食費2倍!→負担限度額改正(2021/12/02)
  tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2021/12/post-748593.html
特養利用料アップ月3万円!2016年は「遺族年金」の人も(2016/7/4)
  tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2016/07/post-764a.html
老健・特養入所者の料金減免、「貯金1000万円」でウソついたらどうなるか?(2015/05/28)
  tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2015/05/1000-ee9c.html

|

2022/06/07

悪いけど、物価、少なくとも秋まで上昇するよね(2022年6月)

(たぶん、かなりの人は私と同じようにお考えだと思うのですが。。。物価上昇はまだこれから)

 原油価格(WTI先物)が再び上昇中。(ちなみに、金=ゴールドもよく似た動き)
 今までのピークは、ロシアのウクライナ侵攻直後の
  2月末がピークで、1バレル=130ドルを越えた日が数日
 →その後1バレル=100~110ドル付近をウロウロして、これで落ち着いていくのかと思いきや

  5月末くらいから120ドルごえが何度か
>>ガソリン/灯油など、この後数週間でまた上昇してくるはず

  そして、円安! 海外価格が同じでも円で買えば高くなる(輸入品ね)

~~~
 小麦も同様です。
 小麦は4月からの政府卸価格が上昇した影響が、夏にやってくる(これはいつものこと)
 だって、各企業「6月出荷分から値上げ」「夏の分から/9月分から」と発表してたでしょ。

 今の物価上昇は、エネルギーと物流コスト(世界も国内も)分だけで、原材料系の影響は少なくとも秋まで続くはず。
 原油や小麦に限らず、身近な問題としては電気代ですね~。

 電気代も上乗せ分がじわじわアップするはず。(燃料調整費っていうヤツ)
→猛暑になりませんように(祈)

景気の足を引っ張らなければ良いけど、株価を見る限り、復活期待で上昇している企業も増えています(コロナ前に戻った企業)。コロナ前を越えた企業も増えています。
 ・・・日経平均自体は、岸田首相誕生前後の3万円までは戻っていませんが。今28000円。

(ウクライナ侵攻がなければ、コロナ脱却期待でとっくに戻ってたような気がするんだけどな~、、、ホントにもう)

 土地価格は、バブル期なみとかバブル超えたとかのニュースがある一方で、REIT指数はコロナ前までには戻っていません。
→これからどうなるだろ? 株価がさえないから、ジャブジャブのおカネが土地に流れている? 庶民にはなかなか流れてきてませんよね~
 とくに年金生活者、いよいよ6月支給分から減額だし。

 次の、毎月勤労統計調査(サラリーマン/パートの4月分の給料)の結果が早く見たい。→今日発表予定(2022/06/07)

====
ま、当面、家計にとっては苦しい感じ。
一律に配った10万円効果が、まだ残っていてどれくらい貯金に回ったのかってのが少々疑問だったり(みんなとっくに無くなっているよね。でも日銀資金循環では、貯蓄が増えているんです。→みんな緊縮財政になっているから。家計がツライ人/助かった人/貯蓄に回せた人、いろいろというわけ。何しろ12兆円規模でしたから)

~~~~
【追記・速報】(本日、厚労省から発表)
 毎月勤労統計調査の結果(令和4年4月分)

  現金給与総額(産業計) 前年比+1.7%(一般1.9%・パート1.0%)
    実質賃金指数は、  前年比ー1.2%

・・・つまり物価上昇に追いついてないってことだ

(春闘の結果に、ちょっとだけ期待していたんだけどな~。残業とかもまだ増えていないってことですかね)

|

2022/06/06

電話もポストもない「一人暮らし高齢者」だったら

 最近、パソコンとかなんでも、どこかにログインすると【二段階認証】を要求されることが多くて、それはそれで良いのですが、去年までスマホを持っていなかった私なんかは、二段階認証できない人とかどうしてるんだろ? とか思ってました。

(ちなみに、私はガラケーはあったのでSMSはOKでした。
 普通の電話回線を使った二段階認証もありますね→自動音声で案内されるやつ)

で、表題の件。
実は、この春の2ヶ月ほど前、担当のケアマネさんが異動になりました。
「長年お世話になりました。」「いやこちらこそ」なんていう会話の後で、今度の事業所では、「電話もポストもないお宅のケアプランがあるんですよ」と。
→毎月、ハンコ押して面談があるでしょ。その訪問日時の連絡調整が大変になりそうだと。

家の前に、箱があってそれがポスト。相手から公衆電話の連絡を待つということらしい。でも、いつもいるとは限らないしちょっと大変かも。でも基本、家にいらっしゃるからなんとかなるでしょう、とのこと。

~~~

公的でも私的でも、スマホやPCがあることが前提でシステムが作られていることが多い昨今で、こういうケースもあるんだなぁと、ちょっと考えてしまいました。

ケアマネ訪問があるということは、介護サービスを受けているということで、こういう人の支援ってどうなんだろ?
もちろん、上のケース以外にも、ホームレスでも同様に、公的サービスが受けられない人もいるとは思うのですが。。。

→生活保護の前にスマホ貸与サービスとかあっても良いと思うぞ。

~~~
認知症が進んだ一人暮らしの人とか、どうなっているんでしょうね?
(そういえば、道に迷って家に帰れなくなって、凍死したり川に落ちたりなんていう事例もありました)

・・・これから高齢者が増えて、私もそのうちの一人になる。

人間らしい暮らしってなんだろ? そういう場合の公的サービスってどうなんだろ?
 と、ちょっといろいろ考えちゃったのでした。

(もちろん、民間でも地域社会でもいろいろ取り組みはされています。が、ほか(民間)がやっているから「公」はやらなくていいなんてことはならないのが社会福祉の基本のはずなのに。)

GoToトラベルとか、経済を回す施策・物価高騰に対処する施策も大事だとは思うけど、それ以前にすることとも一杯あるような気がしてなりません。

少数弱者の意見は現在の選挙制度では取り込まれにくい →これ、以前から民主主義の弱点だと思っています。
社会福祉というと、年金・医療・介護、あるいは、子育て世帯や障害者が中心でそれもそれらの大多数の意見が重要視され、その中の少数弱者に目が届く人はどうしても少なくなる。

→年金生活者といっても、年600万円の人もいれば、基礎年金満額でも78万円程度だし、もっと少ない人も大勢いるのだから
(ちなみに、私の親の友人は、年金まったくなしの人もいます)

「ヤングケアラー」を取り上げた人は、偉いなと思っています。少数弱者が少数ではなくなってきたという裏返しなのでしょうか。
その他だと、難病の人や臓器移植を待つ人とか・支援が必要な外国人労働者とかも?

【住みやすい街・人に優しい街】の根本的考え方は何なのだろうか? 

(とりあえず、私としては、一人暮らしの認知症高齢者、の一人になるのかもという不安があるので、これを最優先にしたいのだけど。だってこれで、ちょっとしたケガや病気でカラダが不自由になったら、電話もポストもないのと同じになるし。現に今の親の状態は一人暮らしはまず無理な状態だし)

社会福祉って何だろう? 日本はホントに先進国なのか?
(無駄な情報が一杯流れて、おかしな施策がいっぱいあるのが先進国、っていう気もちょっとだけ思ってたり)

「シンプルに生きる 歳の重ね方」をテーマにしたいのだけど、まだ、私自身の軸が定まっていないんだよね~

 

|

2022/06/02

ドクダミという薬草(民間薬・漢方薬)

親の病院について行って、お薬を待っている間に近くをウロウロしていたら駐車場脇の日陰のところに「ドクダミ」が咲いていました。
この花が咲くと、「もう梅雨だなぁ」と毎年思います。
湿ったところが好きなようで、北側日陰のちょっとしたすきまの所に大抵はちょっとした固まりで咲いています。

Dokudami
ドクダミの花(京都市中京区2022.5月末)

十薬ともいうらしく、煎じて飲んだり、すり潰して湿疹に塗布したりするみたいです。
そう言えば、今飲んでいる大阿蘇万能茶にも、成分をみると、ちゃんとドクダミの文字が。

大昔、(前の前に住んでいたところで)アパートの裏にたくさん生えていたので、一度採ってきて部屋の中で(しかもワンルームの中で)で、ロープを張って、乾燥させたことがあります。

→結構、ビミョーな匂いが。
 しかも、煎じて飲んでも、今ひとつ。
(二度とするもんか! なんて思った記憶が。)

でも、初夏の花ですね~

|

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »