« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月に作成された記事

2022/01/31

小銭両替手数料とキャッシュレス普及

今回(今月から)の、とくに郵便局=ゆうちょ銀行の小銭両替手数料有料化の話。

ゆうちょ銀行 ATMでの小銭預け入れ
 25枚まで110円、50枚まで220円、100枚まで330円
の手数料。

・商店/神社やお寺のお賽銭で苦悩 とか
・500円玉貯金箱やつもり貯金 も要注意 とか
・納税(国税)直接納付ならOK とか 
  (→みんな口座振替とか使ってないんかな)

いくつか話題(ニュース記事)が出ています。

====
消費税が8%→10%になった2019年10月、キャッシュレスを普及させようと、政府は「翌年6月までの9ヶ月間 5%還元とか2%還元」とかの「キャッシュレスポイント還元事業」ってのが行われました。
で、なんとかPayが乱立したりして・・・

→でも、こっちの小銭両替有料化の方が、キャッシュレス普及には、パワーあるんじゃないのか?
 と思っているtakです。

いや、統計的なデータは調べてないんですけどね。
(それに、なんとかPayが普及し始めている現在と、当時の過去の状況とは違うと思うんですが。)

====

小銭に限らず、一定以上の両替は、お札でもコインでも有料化の動きです。

私の使っている銀行では、一日1回にかぎり10枚までは新札両替OK
なので、
→行けば必ず1万円札を、千円新券10枚とか五千円新券2枚とかに両替しています。

(あらかじめ分かっているお金の支払いは、できるだけ綺麗なお札で渡したい派なので)

両替に限らず、振込手数料とかも銀行間やオンラインかどうかで変わるし、なんとかPayでの送金も可能だと言うし、
だんだんややこしくなってきますね~

お金の貯め方・使い方にも出口戦略が必要な時代になってきた、みたいな。そんな感じです。

 

|

2022/01/26

【健康】紅茶色の尿には、気をつけよう~

尿路結石を患っていたtakです。こんなものが体内から出てきました~

Kesseki
(全長5mmくらいですかね
比較のために、左にUSBメモリを置いて、
さらに、それの拡大写真)

最初の症状は、12月中頃。紅茶みたいな尿
その後一旦治まって、次に変な色の尿が出たのが年末。
その後、にごった色やオレンジ色、ときにはやっぱり紅茶色、白っぽい尿、
ワインのロゼを薄めたようなピンク色の尿、、、色々でていたお正月~松の内。

腎臓と膀胱の間のパイプ詰まりで、腎臓が腫れていたらしい。

====

尿路結石って、痛みが激しいと聞いていたので、
「そこまで痛いわけじゃないしな~。だとすると、これはひょっとして膀胱ガン、あるいは他の腎障害」
なんて思うじゃないですか。
なので、CT検査&内視鏡(膀胱鏡)検査。

→内視鏡では問題なし、CTで水腎症
 薬を飲んで、、、やっと、結石排出!

まだ少し腰が重い感じ。というか、また再発したりするんだろうな。

でも、とりあえずは、一件落着!!

====
結石にもいろいろな種類があるんですね~、知りませんでした。
泌尿器科の先生から、いろんな写真を見せて貰いました。

私のようなスポンジがカチコチに固まったようなやつもあれば、ホントに石・ジャリというやつ・白いヤツ・黒いヤツも。

「また再発するかもしれないし、今回の結石を分析しておきましょう」
→これで薬の種類が変わるらしい。

でもやっぱり基本、水分を十分取ることが予防らしいです。気をつけましょう~

・・・コロナよりも、成人病が気になってきたtakです。

withコロナのもとで、どうやって運動不足を防ごうか?(日頃の運動不足は、この際、棚に上げといて・・・)

|

2022/01/22

大好きな呑み屋さん、潰れてた

(少し自分の病状が落ち着いてきたので、ちょっとだけ余裕が出てきたtakです)

 もう、去年の話。コロナが少し落ち着いていた11月の話。
 場所は、京都の四条烏丸の近く(銀行とか証券会社が多い地域、もちろん、他にもいろんなお店があるところ)

 ちょっとだけ、とある事務所に用事があって、そこにピンポイントで訪れて、丁度、ランチの時間だったので、そこの近くの、昔よく呑みに行っていた外国料理(スペイン料理)のお店に行ったんです。。。ほぼ3年ぶりかな?


 知人の知人のお店だったのですが、大通りから2筋ほど入ったところのお店で、気に入っていて、「最近、ずいぶんご無沙汰してるし、確かランチもやっていたはずだし」と行ったのですが、、、でも・・・

  なかった! 全然違うお店に変わってた。

 3年ぶりなので、コロナのためか、関係ないのか分からないんですけどね~

===

で、ふと思ったのだけど、

「ぼっち呑み歓迎!」→「ボッチ呑みオンリー」

のお店ってあるんですかね~

 いや、この2年、外で呑む機会がなくて、そりゃワタシも好きな友人と呑みたいのは山々なのですが、禁断症状的には限界で、この際、「ボッチ呑みオンリー」の「黙食専門店」あってもいいのかな、、、

と思っただけです。(きっと、どこかの誰かがやってるよね。オレが知らないだけだよね)

 だって、一人でスペイン料理なんていくつも作れないし、たとえ友人がいなくても、(2年も我慢していれば)食べたいときもあるじゃないですか。
 普通に考えれば、ぼっち客なんて客単価の上がらない迷惑な客の範疇に入りそうですが、今のご時世よ~く考えると、ダラダラ時間を過ごすわけでもないし、喰ったら帰るだけ。しかも、ソーシャルディスタンスでどうせ四人席でも二人しか座れないとなると、それなりに客単価変わんないような気がしてきて、そういうお店も大歓迎的なところもあるんだろうなぁと。

※ま、この前、牛丼吉野家の1階席カウンターで、まだ午前中だというに、ぼっち客のおじさんが、ろれつが回らない中で酔い潰れかけているのを見てしまいましたけど。


===(ここから話題が変わります、自粛協力金の話) やっぱりお金の話にしないといけないし(^^;)

 自粛要請でバブル発生! なんて話があちこちでありましたが、これは、とりわけ家賃を払わないで良いお店。
 
 例えば、古い商店街で自宅兼店舗、かつ、従業員もいない家族経営なら、店を閉めていれば固定費は格安です。
・・・多少の常連客がいて、毎日儲けが3万円あれば、20日営業すれば60万円になる!

 でもこれが、家賃があったり・従業員やバイトの給料を払うとなると、当然、損益分岐点が上がって、それなりの売上げがないとやっていけない。

→こういうことを考えずに、休業補償金を決めたヤツは、全然経営というよりも金勘定が分かってないヤツに違いない!
 あとから、「売上げ規模で」、なんて変わったけど、それでも、金勘定が分かってないヤツだ!
 (無担保/無利子融資は、一応、評価はしてる>オレ)
 
 だけど、小規模経営のお店がいろいろコロナ改装やなんかで、あらたな借金作るということには、かなり抵抗がある人も多いはず。例えば、上に書いた月の儲け(粗利)が60万円のお店で、夫婦70歳でやっている賃貸の定食屋さんが、いくら無利子無担保とはいえ、新たに百万~数百万円の借金を出来るかというと、なかなか厳しいと思うはず。
 
~~~でね、心配なのはもう少し先の、コロナ後の話

 リモートワークが一定程度増えれば、人の流れが、1割2割は簡単に減っちゃうんですよね。そういうときに、お店(あるいは、事業)が成り立つか? ってところ

 昔々、(今はニュースにも出てこないゴーンさんがやってきたとき)、私の当時住んでいた住所地の近くでは一つの工場がなくなりました。従業員がいなくなったので、近隣の飲食店の多くが影響を受けました。
 
 まぁ、こういうのも一つの経営リスクだよ、と言い切るのは簡単なのですが、、、
 
【自営やサラリーマン】【業種や業態】【正社員・派遣】、、、いろんな部分で、「再チャレンジ」の施策が低迷しているなぁと、小泉政権のバブル崩壊→貸しはがし→リーマンショックを経て「失われた20年~30年」はなんだったのか? と思っちゃったりするのです。

 →日本はよくなっているんだろうか? リスクは減っているんだろうか?
 「安心・安全」なんて言葉、安易に使いすぎだよ!
 
 しかも、人口ピラミッドみると、10年後20年後に、1割2割減る世代がほとんど。

 →市場規模というパイがますます減るってこと

(そういう観点で、いろんなニュース。例えば、スーパーの争奪戦とか、吸収合併とか見ると、理解度が一段アップします♪)

====

 いろんなことがあるのが人生! ではありますが、年月を経たときに
 
「大変だったけど、不幸じゃなかったよ。むしろ、楽しかったよ」
 といえる人生がすべての人にやってくるように願っています。

 

|

2022/01/20

今日は大寒

今日は大寒です。寒い日です。

というようなことをずーっと書いているような、、、話題が乏しいtakです(涙)

今月に入って、病院行きが激しくて(いつもの親の付き添いも含む)、とりあえず、私のCT検査ではいくつか指摘があったけど、内視鏡検査はクリア。
症状と病名がわかっただけでも随分気持ちが楽。

・・・症状もずいぶん、緩和してきたし、一時期よりはずっとまし。
 とりあえずは、今の様子見中で改善を祈ることが最優先
(「即、手術かも」と覚悟をしてたのですが、それはなさそうな感じ。)

まっ、体が冷えないように、不要不急の用事を除いて、暖かくして寝ることにします。

何事もなく過ごせますように!
  三度の食事が普通に食べられるだけで、幸せなのだ!
~~~

コロナ感染者数も、北朝鮮のミサイルも、中国不動産も、アメリカ利上げも、日本の物価上昇も・・・
ぱっとしない感じで、ずるずる来ていますね~。とくにオミクロン株。

寒さとともに、なんとなく自分の周囲にも、コロナが近づいてきている感じがして、これも気が晴れない要因のひとつかもしれません。

 

|

2022/01/17

寒気とコロナと冬の五輪

この季節らしい寒さ  といえばそれまでなのですが、毎日寒い~

光熱費も値上がりしているし、キビシーね~(涙)
なので、室温は低めの設定で、もっぱら布団の中(電気毛布と電気あんか)で暖をとっている私です。

→最近、ソフトあんかというものを買いました。やわらかいので、足元はもちろん、背中にあてたりお腹に乗せたり便利で気に入ってます。(温度調節がないのが残念)

新型コロナと北京五輪 無事に開催できますかね~

近ごろ、猛烈な勢いのコロナ感染者数。オミクロン株の猛威!
確かニュースでは、オミクロン株は、デルタ株より感染力は5倍くらいで、重症化リスクは十分の一、といっていたような。

→かけ算すると、【危険度は、半分くらい ってこと?】

だけど、いまの爆発的な感染者数のグラフをみていると(@日本だけでも/京都だけでも/世界で見ても)
=(危険度半分だとしても)相当数が「重症化」するような気配

こういう中で、北京五輪やっちゃうのかなぁ、やるんだろうな~
・・・いや、やっぱり国の威信をかけてやるわけだしね~(日本もそうだったけど)

これからまだもう少し寒い季節。
→寒気で換気がおろそかになる季節

コロナも増えませんように。そして、
冬の五輪も無事開催できますように。(選手や関係者の人にとっても)

北京五輪は2022年2月4日~ です。再来週の金曜日。
(→いかん、最近、「西暦年の間違い」が多いtak。直しました)


もし、コロナで中止とかになったら、やっぱり淋しいじゃん
(東京五輪をやって良かったのかどうか・どれくらい盛り上がったか、とかはおいておいて、頑張っている選手のためにね @4年ごとだし)

※ところで、
選手村だった晴海フラッグ(マンションの事ね)。
もし選手がコロナで死亡者なんかがでてたら、いきなり事故物件だし「どの棟だ・どの階だ・どの部屋だ」とか大騒ぎになってたと思うよ。それを思えば、引き渡し一年延期くらいで済んで良かったんじゃないのかなぁと思ったりしてます。
(いやもちろん、家の購入は、家族のライフプラン、とりわけ子どもの学校とか保育とかが大きく関係するし、これから新たな街作りが始まるっていう要素も大きいとは思いますけど、、、それを含めても、一年延期くらいならまぁ良かった方じゃないのかなぁと。)

筑波の未来都市・神戸のポートピアとか、大阪ポートタウン(南港)とか
あるいは、兵庫県佐用町の未来都市(→知らない人が多いと思いますが、Spring8のあるところね)

 ・・・どれも、成功だったのか失敗だったのか微妙な部分もあったり
 (失敗とは言えないまでも、思ってたほどにはと思っている人が多いような気がするのだが・・・気のせい?)

いや、人口減少時代だからね~
 昔のようにどこの土地を買ってもウハウハという時代ではないですから。
(2極化の時代。ミクロでもマクロでも。大きな地域間でもだし・同じ地域内でも2極化する時代だからね。同じタワマンでも上の階と下の階では全然違うとか。)

不動産は、少々のことがあっても気に入った物件・2割増しでも「これ絶対に出会えない!」と思えるような物件を購入しましょうね~

|

2022/01/14

朝起きると、雪で真っ白 @京都市

昨日の夜、「なんか寒いなぁ。体調良くないのかなぁ」と、スマホを見ると
「○時ごろに雪が止みます」なんてでてました。

「えっ、雪が降ってるの!?」と、カーテンをあけて窓からのぞけば、確かに雪がうっすら。

朝起きると、真っ白な世界。積雪 数センチ。(京都市内では、ひと冬で何回か、というレベル)

こういう日は、母親はいつも、昔覚えた万葉集を口ずさみます。

【我が里に 大雪降れり 大原の 降りにし里に  降らまくはのち】(天武天皇)

 ・・・なんど聞かされたことか(^^;)

Title202201


日本海側はもっと大雪だそうで、、、雪かきお疲れ様です。(私、そういう地方には絶対住めそうありません)

雪の京都! なんて風情があるように思う人も多いとは思うのですが、私にとっては寒いだけ。
カイロ張りまくり、衣類も重ね着です @室内でも

・・・体を冷やすと、良くないもんね

体調管理に注意しましょう~!
(明日はいよいよ、CT検査。朝から絶食だ~)

====
なんとか生きてますよというための、ブログ書きであったり(^^;)
(いろいろ書きたい話題はあるのですが、なかなか頭の中でまとまらないし)

|

2022/01/12

臨時給付金(非課税世帯10万円)、京都市は1/31から

●京都市における住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について
  www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000292885.html

(京都市トップページ>
 市政情報 補助金・助成金等の御案内>市民の方向け>健康・福祉・教育)

 Hikazei10mannkyuufu
~~以下、上の京都市HPからの抜粋です ~~

【住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金】

金額:1世帯当たり10万円

対象
 (1)住民税非課税世帯等
  基準日(令和3年12月10日)において
  世帯全員の【令和3年度分の住民税均等割が非課税】である世帯

 →令和4年1月31日(月曜日)から順次,対象の各世帯に
  確認書,案内チラシ及び返信用封筒を郵送する予定


 (2)家計急変世帯
  新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し,
  世帯中の住民税課税者全員について
   【令和3年の収入見込額が非課税となる水準以下】

 →令和4年1月31日(月曜日)以降にまずはコールセンターにお問い合わせ
  その後、用紙等を郵送。


 
====まあ、詐欺には注意して下さい

 個人情報(キャッシュカードの情報等)を聞き出すような
【詐欺電話も予想される】し、もちろん、「ATMやコンビニに行ってください」も要注意。
 

・・・ なお、以下余談で(他の10万円給付の件)・・・・・・・

子育て世帯(18歳以下10万円のやつ)は、京都市は現金+クーポンではなく、10万円現金給付です。
 で、すでに児童手当を貰っている人には届いているはず。12/23日支給
(※転入直後の人や、DVなどで世帯の事情が複雑な人は、まだかも)

困窮大学生の分は、貸与型 給付型奨学金対象者は早そうだけどそうでない人は、
 条件である「学校が認定する・・・」がハードル高そう。


 →こちらの実情はフォローしておりません m(_ _)m

  基本的に、自宅外で独立して生活していた大学生、かつ、親からの援助が少ない/少なくなった
 ってな感じの人が対象のようです。対象者は、大学側と相談して下さいね。
(また、すでに社会人で、コロナのために収入が減って奨学金返済猶予を受けたい人は、学生支援機構へ)

|

2022/01/09

病気療養で、少々ペースダウン、します(長期戦の予感)

《今日は、私自身の話題》

中年の人が良くかかる病気、、、なんて書いても、ほとんどの病気が当てはまるので、なんのことか分かりませんよね。(→あえて書かないし)

ひと月前の12月中旬
「ちょっと、これは調子悪すぎ」、

「この状態が続くなら、病院だな」、
と思いつつ、幸いにも良好な経過だった、、、なのに!
 12月の末に、再度、症状悪化
だけど・・・

「今日が年末最後の診療日だしな~、今から行っても年内に検査もできなし、、、
 とりあえず、寝正月でゆっくり休めば、良くなるかも」

と期待していて、一応なんとか無事にお正月は過ごせたのですが、
症状自体は、行ったり来たり。

なので年明け早々に、いつものクリニック

 → 想像通り、大きな病院への紹介状

 → 次の病院で診察&簡易検査
 → 即座にCT検査&内視鏡検査 の予約
   (・・・今ここ

Kensayotei 

症状がほぼひと月近く続いているので、
人目にも、何事も無いなんてことはあり得ない

なので、今後の治療方針が決まるのが「今月末」かなぁという感じ。

というわけで、お仕事もブログも、少々ペースダウンすることにします。
(難しそうなご相談はご遠慮願うと言うことで、電話&メールで済む御相談くらいまでに制限して、個々のグラフ化→文書化の仕事はキャンセル、あるいは、時間を頂くことにします。)

→ご家族それぞれの立場で、キャッシュフロー表を考えるのは、もっともやりがいがあって楽しいんですけどねぇ、、、

 親・子・夫/妻・義父母、、、いろんな立場で考えるんですよ。これをグラフにするためには収支という数字に落とし込む部分が必要で、ちょっと頭を使うのです。税金とか保険料とか、「来年までの特例措置」とか、そのタイミングとか、、、いろいろ複雑になっちゃうし、親が寝てから仕事を始めると深夜まで熱中しちゃうから。

 正直、今は、御家族の人数分・それぞれの立場の最低10年分について頭を切り分けるのは、ちょっと余裕がなさそう。

~~~~~

むしろ、問題は、親対応なんです~。
 昨日も、とんでもなく汚れたトイレマットを風呂場で洗ったりとか、あちこちアルコールや消毒液で拭いたりとか・・・
 → 今後、病状悪化すればどうしようかなぁと。

しかも! 今ごろになって、

 母「おせち料理ってみんな食べたっけ?
   昆布巻き、もう一個たべたいなぁ」とか言ってるし。
オレ「昨日、七草がゆ、食べたやろ」(→フリーズドライの混ぜるだけのやつね)

====

とりあえず今、発熱がないことに感謝です。(今、発熱あるとやっかいだもんね。)
いや、平熱よりは高いんですけどね、36.5℃なのでこれなら一般診療OKだし、、、
今は病院ほかどこに行っても、
「体温測りますね、、、はい大丈夫」みたいな感じです。

ま、検査結果が出ないうちは、最悪のことを考えても仕方ないので、とりあえず希望を持って検査を待つことにします。
(ちょっと長期戦になる予感・・・)

|

2022/01/07

原油やっぱり上昇中(WTI原油70→80ドル)、格差が増えるのかな?

 1ヶ月前には70ドル(1バレル)を割っていたWTI原油価格。昨夜は80ドル台まで上がってきました。

→日本では、オミクロン株で恐々としている中なのに

 物価高&今年の春闘が気になります。良い経済循環が生まれるんでしょうか?
→かなり懐疑的な私

 となると、必然的に守りの家計になりますね~

~~~

 とは言っても、メリハリつけた家計運営すれば大丈夫な家庭が半数以上。問題は、コロナ禍で大幅な家計縮小を余儀なくされて、「救済されない・されにくい家庭」、、、これがどれくらいなのか想像つかない。

→何度も書くけど、時限的で良いから、消費税減税すれば良いのに(食料品ほか医薬品とか必需品限定で良いからさ)

なんでできないのかな~

なんか特定業種や事業者に限った救済策や、一律給付政策とやよりも、簡単で経済対策にとってもいい政策だと思うんだけど。

ただ、企業業績の影響が軽微・あるいは、好調なところもあるにはある。
→まだ全体像が見えにくい

まずは、GDPがどうなるか?(若干統計の集計が遅いのが難点だけど)

この辺がはっきりするまでは(つまり、「めっちゃ悪い」→「そこそこ悪い」→「思ったよりマシ」→「意外と堅調」)
この判断がちょっと出来ない状況、

・・・いま大事なのは、「人々の生活には何が大切なのか?」だと思ってます。
(が、実際には、利権とか献金の多さとか、政治へのロビー活動だとかがまかり通っているんだよね~)

~~~~

今年はいろんな国で、大統領選挙や中間選挙があるようです。日本だと参議院選(→はっきり言って私はあまり注目してない)。
だけど、もし、与党大敗なんてことになると、一波乱二波乱になるような。。。

みんなで良い社会を作りましょうね~

「文化とは、人と人とがその人間性を高める行為を言う」
亡くなった恩師の言葉、、、最近、よく思い出すんです。(別に、政治分野に限らず、日常生活の行動全般としてね)

物価高が、すさんだ人々の生活の原因になりませんようにと祈るのみ。
(→格差社会を助長しませんように、と祈るのみ)

人はみな、誰かの生活のために役立っているから生きている、と思える社会が来ますように。
 (→やや宗教じみた結語でゴメンナサイ、私自身、上手く表現できないのです m(_ _)m)

|

2022/01/06

オミクロン株でまた振り出しに戻る?

 コロナ患者、なんかスゴイ増加率。
 このまま猛烈な勢い! になるんですかね~ 

・・・また振り出しにもどる?(お正月のスゴロク遊びじゃないんだから)

 で、感染力が強そうなのは分かるけど、重症化リスクがどれくらいかわかんない。

→オミクロン株はどれくらい危険なの?
(デルタ株の当初は、すれ違うだけで移るとか言われてた時もありましたよね~)

あと、治療方法もどれくらい進んでるのかがよく分かんないし、
三回目接種の有効性もどれくらいなのかよく分かんない。

→こういうのが、目に見えない不安になっちゃうんだよね

それに、いまだにデルタ株も多いわけだし・・・

とりあえず、GOTOトラベルの話は一旦延期でしょうか?

~~~~

このまま感染爆発になっちゃうと、またもや卒業式とかその前の入試とか影響受ける若い人が増えて、かなり可哀想です。
(修学旅行、みんな行けたのかな?)

・・・医療崩壊=現場でトリアージが必要になるような事態
   にだけは、なりませんように(祈)

|

2022/01/01

2022年今年も! 謹賀新年っ!!

 毎年やってきますね~ “謹賀新年”
 もちろん、今年もやってきましたっ☆

2022nenga_20220104010501

 

コロナ禍で、ずいぶんと可愛い動物たちの動画に癒されました。
なので、ちょっとあどけない年賀状写真です。
(「かんたん年賀状」(翔泳社)から写真を拝借)

~~~

令和になって、もう4年。
コロナ騒ぎで、もう2年。

皆さんにとって、良い年でありますように!!



|

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »