« またも押される形で、「緊急事態宣言」か(追記あり) | トップページ | コロナ、昨日は新規感染者6000人 »

2021/01/06

三十三間堂の「通し矢」、中止決まっていたのか

京都、三十三間堂の「通し矢」
行ったことはないのだけど、すで昨年9月の時点で中止が決まっていたらしい。

   なんか残念だなぁ~

(※通し矢は、新成人だけの行事ではなく、一般部門もあるのですが、一番これがニュースになります)

で、この行事が終われば普通のニュースでは大学受験のニュース。
でも今の受験生も大変ですね。やきもきしていること、違いなし。

~~~~
ただ、なんだろ。。。(私、今、56歳ですが)

・受験の経験もないし、
  →共通一次はあったけど、オレ、大学3年生編入だったし

・成人式で騒いだ経験も無い
  →大学の講堂で訓示を聞いて印鑑を貰っただけだったような
   実家にも帰らなかったし
(私が男で振り袖なんてのに縁が無いのも関係しているのかな)

ワタシ的には、18~22歳くらいまでの大きなイベントって無かったんですよね~
(就活なんてのもなくて、大学からの推薦が重要視されてた頃だし)

・・・その分、日頃から勉学に勤しんでいたtakです(→大嘘ですがm(_ _)m)

~~~~
就活にしても、受験制度の変更にしても、
ホントに良い改革だったのかな、、、と思う面は多少あります。

 → 皆さんはどう思います?
 (良い面と悪い面の両方があるとは思うんですけどね)

※男と女で選考基準が違う、なんてのは今や論外ですね。
だけど当時では、
「笑顔でかわいければ、学力関係なしで女子が欲しい」
なんていう会社があったのも事実です。 @三十数年前の話

 

※最後の部分、実は微妙なところですよ
 かわいさだけのアイドル→高学歴アイドルとのギャップ とか
 かわいさオンリーでアピール、なんてのは、今でも無いことないわけだし。
(ジェンダー問題は、ひと言では言い表せないけど、だけど苦痛に感じる人も増えているのも事実)

・・・とりあえず、ギャップ萌え、くらいなら試してみても良いのかな?

|

« またも押される形で、「緊急事態宣言」か(追記あり) | トップページ | コロナ、昨日は新規感染者6000人 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

京都ときどき歳時記」カテゴリの記事