« 2020年7月 | トップページ

2020年8月に作成された記事

2020/08/11

お盆を過ぎれば、蜂に注意です

お盆ですねー、いつもとは違う夏休み?!「特別な夏」です。

お墓参りに行ったら、いつもの強敵「セアカゴケグモ」とは違う、新たな敵がっ!

・・・それは、蜂!(たぶん、アシナガバチ)

お墓のすぐ横の、小さなくぼみに、せっせと巣作り。(直径4cmくらい)

これから秋にかけて、蜂の活動期です。

ちなみに、そのすぐ下では、大量の蟻さんも卵をかかえて移動中でした。→たぶん女王蟻のお引っ越し。

・・・アナフィラキーショックに気をつけなきゃいけない季節です!(最善の予防行動は、「一人で行動せず、複数で」)

→誰かがいれば、倒れても、なんとかなる(ホントか?)

~~~

痛いのが嫌いな人は、気をつけないといけない季節ですよ~

ヒアリも、最近は、あまり聞かないですけど、、、いなくなった、ってなことはないですよね。


|

2020/08/09

巣ごもり消費、いつから? K字回復という言葉

「巣ごもり消費」や「巣ごもり需要」なんていう言葉を最近とくによく聞くようになりました。

巣ごもりで、好調な企業決算とか、、、

# 任天堂の決算、「Switchとあつ森」で最高益
# コロナで減益の企業が多い中、テイクアウトの需要増で、好調な飲食企業
# スマホやPCでのオンラインゲームやストリーミングが好調

みたいな感じ。

で、この【巣ごもり】、いつくらいから使い出したかなぁ
“コロナ前から使っていたよなぁ” とちょっと疑問に思ったのです。

で、自分のブログの全文検索!
 2012年に、1回、使っていました。
 2014年にも1回。
 2015年は、3回
 
震災や災害はもちろん、酷暑・極寒の時にも使っているようです。

 → もう10年近いのかと、ちょっとオドロキ

で、今年は当然、新型コロナウイルスが原因です。

~~~~
当初、春にはウイルスが治まって、“V字”回復
その後、夏には落ち着くだろうから“U字”回復
でもどうも当面長引いて回復しない“L字”回復

最近では、好調な企業と二極化してきたので、“K字”回復。
  (上昇する企業と下降する企業の二極化ね)

ちょっとずつアルファベットも変わってきました。とはいえ、K字と言っても、まだ中心は国内需要のみ。コロナはまだ世界中で蔓延中。
今後、各国の経済政策と中央銀行がどう動くのかに視点は動きます。

・・・大統領選挙を控えている国もあるしね~

~~~~
「巣ごもり消費」が世界を制覇するのは何か?
やっぱり、GAFAなのか? それとも他のプラットホーム企業なのか?
(GAFA=グーグル/アップル/フェイスブック/アマゾンね)

K字回復の先にあるもの
→ 東日本大震災で「巣ごもり消費先進国」の日本にも勝算があるんじゃないか? と、「移動がなくなった世界」を想像するtakです。

・・・長期的には今話題の「AI」よりも、
  「5G(VR含む)+ブロックチェーン技術」に期待したいと思ってます

(だって、巣ごもりにピッタリ合いそうだから。)

 

|

2020/08/06

コロナも恐いが、熱中症も

梅雨明けしたとたん、暑いですね~
スポーツドリンクを買ってきました!

寝る前にコップ一杯の水。それでも朝、喉がカラカラ。
エアコンをタイマーセットして、扇風機の角度を体に当たるか当たらないかの方向にセットして、、、、それでもって寝るんですけどね。

夜、寝ている間に、扇風機を近づけて・近づけて・強度を強くして、ついには、風が当たるように角度を変えて
・・・なんてことを寝ぼけまなこでやっているようで、寝てられません。
(そのあと、ついには、足がつって目が覚める)

→結局、昼間に眠たくなっちゃうのよねん

~~~~
それほど汗をかいている生活じゃないと思うんですけどね~
でも水分補給は大事。スポーツドリンク・経口補水液を常備。

熱中症で救急搬送されるニュースもよくあります。(親と一緒に生活していると、体感温度が全然違うなぁなんて思います)
コロナウイルスも恐いですが、熱中症にも気をつけましょう~

ついでに、食中毒にも気をつけましょうね。
(いや、最近、ときどき下痢したり、体が熱っぽくなったりなんかするんですけどね、「体温をはかると36.5℃、発熱なのか気温が高いせいなのか分かんない。「これもコロナの症状か」とか不安になっちゃうのですよねー。)

|

2020/08/05

「ミニマム・インカム」と[ミニマム・ペイメント」

今日は2つの言葉を取り上げました!(よく似た感じの言葉なのに全然意味が違う言葉です)

====

●「ミニマム・インカム」・・・最低所得補償

 ベーシック・インカムという別の言葉で使われることもあります。

 フィンランドが2年間限定で試行したことがあります。年齢に限らず「全国民に年金を」みたいな制度ですね。

 今回のコロナウイルス対策で、いくつかの国が給付を行いました。貧困世帯への給付(スペイン)や失業手当の増額(アメリカ)などなど。

 日本では、一人10万円の特別定額給付金が一回限りでしたが、今後、さらに要請されるかどうかは未知数です。

 で、今の日本、税金を元に生活している人がどれくらいいるかという観点でみれば、(ざくっと)
 ・公務員    400万人 
 ・年金生活者 3500万人
 ・生活保護者  200万人

 国民の1/3くらいは、国の税金が頼りで生活している、それが我が日本ですね。
(もちろん、非正規公務員やわずかな国民年金の人で、それだけの収入では足りずに、他の収入がある人も多いとは思います・・・ざくっと考えてください)

 

●[ミニマム・ペイメント」

 こちらは、全然違う言葉です。主に借金系の話。

 クレジットカード(とくにリボ払い)で、残高がいくらであろうと、最低限もとめられる支払額のこと。
 借入額限度が100万円で、もし30万円のお買い物やキャッシングをして、最低支払い額が1万円なら、のこり29万円に利息がついて、、、、翌月はそこから1万円の残高を引くけど、利息分上乗せされているから、元本分は6千円減るだけ(利息分が4千円)みたいなやつ。
 この1万円がミニマムペイメント。

(※リボ金利が18%で概算すると、
  12で割って、ひと月1.5%。10万円の利息は1500円。30万円なら4500円が利息
  30万円のお買い物で、総額が37万円の支払いになります。)

・・・『「%」が分からない大学生』は、計算できないじゃん

(2つ前の7/30の記事参照ね。光文社新書の本。
もちょっと詳しく書くと1.18の二乗じゃなく、18%×2=36%で計算するって言う話がかいてあります。ましてや、年利を月利に変えるなんて無理という話です。
 計算プロセスが理解できていないということで、公式に当てはめて、そこに数字を放り込むだけの覚え方をしているから)
 
=============

生活保護者が増えているという話だし、今後も増えそうだし、年金生活者も増えそうなので、流れ的には
「ミニマム・インカム(ベーシック・インカム)」という方向になるんだろうな、と思っています。
で、GDPが増えない中でこれを行なうと、国民みんなが貧乏になるという。。。(涙)

・・・日本は何で儲けるのか? 大きな問題です。
(端的には、女性活躍と高齢者活躍で労働者を増やしてGDPを確保するってことになるんだろうな)

ただ、今の日本は、そこそこ豊かなんだと思います。=それは、格差が広がるという世界

でも、ものすっごく、ムダが多い社会だとも思います。
食品ロスなんてその最たるもの。
(レジ袋削減はやや微妙かな) と感じております。


例えば、昨年の今頃、いろんな業界でサブスク事業(つまり、「~し放題」っていう、定額料金制の各種サービス)が流行りましたが、基本、私は、「ムダが多いから成り立つサービス」と思っています。

(一度しか使わないから、買うより借りるというレンタルというのなら、消費者目線のムダだし。
 とあるサブスクに入ったけど、結局あまり使ってないし、という、事業者側からみると「優良顧客」
 、、、両方の面でムダが多いから成り立っているサービス、だと思ってる)

それだけ豊かな日本です♪ まだ少なくとも10年くらいは心配ない(たぶん)
それよりも災害が恐い。(コロナも災害のひとつなのか?)

|

2020/08/04

REIT指数の5年推移が景気の実感にあっている?!

東証REIT指数の推移を見ていました。

(REITというのは、不動産投資信託です。
 で、東証REIT指数というのは、上場REITの全銘柄の時価総額加重平均の数値。「日本取引所グループ」のサイトで、それこそリアルタイムでも見ることができます。
 私がよく見ているのはヒストリカル=過去のデータの方でありますが)

この5年ちょいでは、こんな感じ。

 

Reit2020

人手不足が言われ始めたのはこの2~3年ほど。昨年は、ものすごく人手不足で、企業(とくに物流や小売りなど)は人材確保に苦労、なんていわれていました。が・・・コロナで、もろくも求人は途絶えつつあります。失業率も有効求人倍率も悪化中。

で、武漢封鎖・海外渡航禁止になったとき、REIT指数は約半分になりました。
今は、半値戻しになっている、というところ。

もちろん上の図は、“不動産”投信なので、雇用における直接の数字ではありません。景気の直接の指標でもありません。
が、なんとなく、今の景気を反映しているような気がしませんか?

====
REITは、「みんなのお金を集めて、不動産投資してその収益分配・価値上昇」を目指す投信。簡単に言えば、インカムゲインとキャピタルゲインの双方を狙う物です。
(株式が、配当重視か株価重視か、とよく似ていますね)

ひと口に、不動産投信といっても、さまざまあります。
 ホテル系・住宅系・オフィス系・商業ビル系、などなど。
複合して投資している投信がほとんどですが、これらのうちでも中身をよく見ると

 ・特定の業種に強いREITや、
 ・とある地方・地域に強いREIT、
 ・格安物件から成長性と収益性を狙うREIT、
 ・都市部の収益性の高い不動産に特化しているREIT

などなど、いろいろあります。

株式投資と不動産投資、を比較すれば、後者の方がじわじわ動きます。
しかも不動産は、借り手がいれば収益があがります(不景気だと収益性は当然下がりますが)

コロナウイルスの影響で、ある日突然破綻! というのは、株式=会社の方が危ない。
一方、不動産は、価値がゼロになることは少ない。

なので、これから、不動産投資であるREITが注目されてくるのではないかと思っています。
当然、不良不動産は収益があがりませんし、(株式投信でも債権投信でもREIT投信でも同じなのですが)
その中身をよく見極めるチカラが必要だと思いますが、それでも、これから数年はREITを注目してもよいのではないかと思っています。

==== で、表題に戻りますが

今、REIT指数は、この数年の下のレベルです。
おそらく、不景気はもう少し続くと思うので、もう少し、じわじわ下がると思っています。

でもその時に優良REITは、資産形成に役立つだろうな、と思っているのです。
具体的には、半年・1年後の配当(分配金)実績と、その中身を見つつ、
 「株式からREIT投信へ移動させようかな」 っていう思い。

・・・含み損を抱えたままの企業の株でさらに株価の下落→破綻しないかを心配するよりも、こっちが良いか、みたいな。

いや、昔なら、日本がだめなら外国の投信、っていう考えだったのですが、今は先進国も新興国もちょっと厳しい感じ=コロナが全世界だからね

→ だったら、分かりやすい国内REITか、それか、
  潰れそうにない企業の配当狙い株か、それとも、
  ギャンブル的に、成長しそうな企業株か、


っていう選択になっちゃうわけで。。。

 

|

2020/08/03

USB付きレコードプレーヤー(LD,MDはどこ行った?)

この前、ホームセンターの電気製品売り場に行きました。
すると、レコードプレーヤーがっ! しかも、USB付き。
それも1万円~2万円。

~~~
今、また、レコードが流行っているのでしょうか?
過去を見ると、

  LP→CD→(ダウンロードで)iPod→スマホ

と思ったのですが、そういえば、記録媒体としてはMDがあったなぁと。
で、映像系では、LD(レーザーディスク)って今でもあるんでしょうか?
・・・たぶん無いよね

【追記】Amazonで検索したらLDコンパチプレーヤーの中古が一杯ありましたm(_ _)m
   1万円くらいからあります

私が最後にLPレコードを買ったのはいつだったか、あまり思い出せません。
おそらく、平成最初の頃かな。
ということは、もう30年くらいなのか。

その後、CD全盛になって、レンタル時代になって、今やダウンロード
映像系では、ビデオテープからDVDでやっぱりダウンロード(ストリーミング)。

ウォークマンも音楽プレーヤーもテレビもビデオ再生も、→今ではスマホ1ヶで出来てしまう。
(スマホってすごいね)

まぁ、パソコンがポータブルユースに変わったと言えばそれまでですが、
「こんなにまぁ、いろいろ変わったのね、30年で」 って感じです。

~~~(で、いつものように、「豊かさ」に繋げちゃいますが)

これで、私たちは豊かになったのか?

確かに便利には、なりました。
でも「今日は、発売日だ-」とワクワクした期待感。
買ってきて包装を外して、セットして、見たり聞いたりするドキドキ感。

こういうものを失っちゃったなぁ、と思います。
とくに、レコードで言えば、針を乗っけるときのドキドキ感。

 ・・・これがあるから、ブームが再燃しているのか、な?

~~~
映像や音楽というメディアそのものが、
「アレ見た」「アレ聞いた」というような、
知人とのコミュニケーション手段としての位置づけになったという点も大きいですね。

それでも、繰り返し自分でももう一度見たい・聞きたいという自分基準としての「作品」を数多く持っている人ほど、豊かな人なのではないかと思っています。(それは、文学でもアニメでも音楽でも舞台でも芸能人でも文化遺産でも、広く言えば、観光旅行でも。 → まとめていうと文化

で、それを深めるためにはそれぞれのバックボーンを知ること。
(簡単には歴史を知ること)
これによって、さらにランクアップした楽しみ方ができて、
さらに、豊かな人生になる、はず。

・・・歴史という時系列と、その時の関係性を知ることで、
   好きな作品はさらに好きになれる!
   それは、分野に関係なく、さらには、お金が一杯ある
   からと、関係ない


 = 文化とは、人と人とがその人間性を高める行為 =

この観点を失えば、人間は家畜以下の動物になってしまいます。
人間性が高まってこそ、豊かな人生であります。

・・・ネット中傷とか、ネット炎上を見ていると
   さらには、それをあおるような記事を読んでいると
   そんなことを思ってしまうのです。

 豊かさはカネだけじゃない!
 いかに豊かな人生になるか?
   これ、私の永遠のテーマなのです♪

→ 単に、LPレコードプレーヤーを見て、
  こんなことを考えている私は、変なのか?

LDもMDも、それは単に手段の一つだったってこと。だから、より便利な代替品に取ってかわられた。しかし、人生の歩みは単なる手段だけでは豊かになれません

  自分なりの目的=充実感・満足感という豊かさが
あるからこそ、満足できる人生! になると思うのです。

 

 

|

2020/08/01

関西梅雨明け7/31・7月台風ゼロは観測史上初

もう8月です~
関西も昨日7/31、やっと梅雨明けしました。
早速 「暑い~」
自転車を日差しの外に置いておくと、サドルがあっちっち。

日照不足で、お野菜が高くなりました。
葉物・つち物が1.5倍~2倍くらいでしょうか。
(つい小松菜とかジャガイモを買う前に3秒考え込んでしまいます)
その前が、生育順調で安かっただけにキビシー。

=== 7月は観測はじまって以後、はじめて台風がゼロ

これだけ九州/東北その他の地域で、豪雨被害があったというのに、台風シーズンがこれからだ、なんて言われると嫌になります。

なので、備蓄食料をちょっとだけ増やしたtakです。
コロナウイルス拡大で、こちら系もそれぞれ、いつもより一袋くらい多く備蓄しました。

無事、この夏が過ごせますように、って感じ。
(それにしても、連日最多のコロナ拡大が不気味)
  @経済も医療体制も、無事通過できますように(祈)

 

|

« 2020年7月 | トップページ