« 遺言書を確実に!法務局の遺言書保管制度はじまってます(7/10~) | トップページ | 教育への投資は、なされているか?(駄文でちょっと長文) »

2020/07/29

マイナンバーカードを紛失した

何を隠そう、この私。
マイナンバーカードをなくしてしまいましたっ!

~~~~
時は、ほぼ5ヶ月前。
日頃は持ち歩かないカードを取り出して、税務署に確定申告に行った翌日かその翌日くらい。

「あれっ 財布がない!」

・・・昨日は○△で買い物したし、そのあとか?

すぐに、警察に届けました。

中に入っているものを思い出すと

 ・クレジットカード
 (ツタヤのTカード。ツタヤでレンタルするときか、Tポイントがつくお店でしか使っていない。決済通知が来るのは毎年の年会費だけってやつ)
 ・スーパーライフのプリペイド&ポイントカード
 (このときは珍しく、1万円以上の残高が入ってた)
 ・マイナンバーカード

 ・それに、現金が数千円

ひょっとしたら親切な人が拾ってくれて「警察から連絡来ないかなぁ」と思っていましたが何もナシ。
3日ほど待って、クレカ会社に連絡。(←本当はすぐするべきなんだけど、現実、一週間くらいなら、クレカの保険がきくはず。余裕をみて、三日が限度かなぁと思って連絡)

→実は、TポイントがYahooと連携済みなので、パソコンでポイントが分かる
 使われるとポイント数が変わるはずだけど変化なかったし

スーパーライフのプリペイドは、そのまま残高引き継ぎできて、再発行できました。
→ほぼ、記憶通りの残高

で、気になるのがマイナンバーですよね。
「借金するときに、使われたりするのかなぁ。
 顔写真ついてるけどなぁ。
 大きな金額だと危ないけど少額融資だと、写真確認とかテキトーだろうなぁ」

「もし、消費者金融とかに使われたら、『ご契約ありがとうございます』とか、『ご返済期限が過ぎました』なんていう連絡がくるのかなぁ」
と思っていたのですが、今のところ、なーんにもありません。

・・・現金数千円が抜き取られて、ゴミ箱の底にでも行ったか?

(いや、ひょっとしたら、部屋の隅から出てくる可能性もゼロではない(^^;))

====

でね、マイナンバーカードが無いと今のところ困ってはいませんが、金融機関からコピーを送れとか、そうでなくても、次回の確定申告の時に必要だなぁと思うので、先日、再発行申請しました。

・・・ひとり10万円の給付金申請が終わって、一息ついているかと思いきや
   今度はマイナポイント(※)で混雑しているそうです。

「処理が済んでカードが発行されるまでに、たぶん、2ヶ月ほどかかると思います」とのお返事。

ちなみに、マイナンバーカードがあると、暗証番号があれば、住民票や課税証明書がコンビニで取れます。
で、この利用停止を含めて、「紛失の連絡は個人番号コールセンター(マイナンバー総合フリーダイヤル)」へ。

・・・もちろん、すぐに私も連絡しました。
   すると、こんなことを言われます。

  「電子証明を停止しますがよろしいですね」「はい」
  「マイナポータルは登録されてますか?」 「してません」
  「再発行のとき、警察への届け出番号が必要ですので、警察から貰った紙があれば保管しておいてください」
  「もし、見つかった場合もご連絡ください」「はい、わかりました」


運転免許証もそうですが、紛失には気をつけましょうね~

こういうのは、忙しいときに、うっかり起きてしまいます。
忙しい時ほど、要注意!
・・・私の本の出版最終稿の時期だったからね~(毎日、徹夜&確定申告の時期だったし)

=====

マイナポイントというのは、、、別項目で記事を書くべきなのでしょうが
「キャッシュレス普及&マイナンバーカードの普及」を目的とした、政府の政策です。

 マイナンバーと、クレジットカードや交通系電子決済などと紐付けすると(ただし1つだけ)最大2万円の決済で5000円ポイントをつきます。
 (25%還元、ただし、最大5000円の還元)

 事前に、マイナポータルへの登録(ネット上での登録)が必要で、決済事業者によりますが、最短でこの秋(2020年9月以降)から、決済やチャージで、25%のポイント還元です。


ただ、別記事で書くべきなんでしょうけど、、、、
あまり興味ないのよねん>オレ
「マイナポイントでお得に5000円ゲット!」なんて記事、
たぶん書きません。

だって、最大5千円のメリットで、それで人生左右される人ってそんなにいないでしょ。

 

|

« 遺言書を確実に!法務局の遺言書保管制度はじまってます(7/10~) | トップページ | 教育への投資は、なされているか?(駄文でちょっと長文) »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事