« マイナンバーカードを紛失した | トップページ | 関西梅雨明け7/31・7月台風ゼロは観測史上初 »

2020/07/30

教育への投資は、なされているか?(駄文でちょっと長文)

あいかわらず、毎日毎日、コロナウイルスのニュースに翻弄されていますが、
「まぁ、とりあえず、それなりに予防していれば大丈夫なのかと」
やっと、メンタル的に戻ってきたtakです。

で、最近何を考えているかといえば、
 ・高等教育の低下

なんと壮大な疑問ですっ!

====で、なんと、本、同時4冊読み!(下記の写真)

そもそものきっかけは、

【過去記事】
 ●ちょっと長い文章になると理解できない若者が3割(2017/12/09)

ちょっと前に買って、ツンドク状態だった本が、

●AI vs. 教科書が読めない子どもたち
  新井 紀子 著 (東洋経済新報社 2018年)

→いや、話題になったんだけどね~、なかなか読む時間が無かった。(ちょっと流し読み)

で、ほかにも最近こんな本を見つけたので買ったのがこれ。

●「%」が分からない大学生
  芳沢 光雄 著 (光文社新書 2019年)

Sn3j0674

すると、10年ほど前に同じような本がでていると、「あなたにオススメ」されたのが、これ。

●名ばかり大学生
  河本敏浩 著(光文社新書 2009年)

で、ふと、昔、とある国立大学の先生がオススメになっていた本が、次の本。

●よみがえれ思考力
  ジェーン ハーリー著 (大修館書店 1996年)

Sn3j0675   

 

======

いや、まぁねー、、、ちょっと考え込んでいるのです。
そもそも、教育=教え方ってスタンダードがないのですが、でも、「はじき」とか「くもわ」とか、覚え方が大事になってくる=マークシートで正解を取ることが目的になっているという現状があります。

(※「はじき」も「くもわ」も知らない人は是非検索してね。ここ数年~十年の学生なら知っているそうですから。
 ・・・これについてはまた後日。速さ×時間=距離を、公式としてひとつの図で覚えるのです。
   「くもわ」は、比べるもの÷元の量=割合、ね)

 >>私には、最初、謎の絵に見えた! だけども、完全否定するわけじゃない、
  というのは、例えば、オームの法則
   電圧=電流×抵抗(V=IR) って説明できますか?

  できなければ、とりあえず公式として覚えるしかない、こういう教え方・覚え方です)

~~

ただ、上の最初の2つの本は、正直衝撃的です。
とくに、「%」が分からないと、
「消費税の計算どうするの? 住宅ローンの金利計算どうするの?」
それにそもそも、「日本語が通じているの?」と、私は、戸惑うわけです。

========
(以下、電気科卒の元回路設計エンジニアのひとり言)なのでわからないひとは無視してね~

乾電池の電圧は1.5V。ちょっとへたって1Vになっていて、これに1Ωの抵抗をつけると、1Aの電流が流れる。
公式だとこうなるわけですね。

でも! 実際は流れない。流れても数秒間。だって乾電池の容量がそんなにないから。
しかも、新品で1.5Vだと・・・
1Aに1.5Vだと電力1.5Wだから、酸化皮膜抵抗なんてすぐ焼ける。セメント抵抗か何かを持ってこないといけない。なので・・・)

強いて言えば、1Vの乾電池に、1kΩ(1000Ω)の抵抗を繋げると1mA(0.001A)の電流が流れる、くらいの言い方が正しい。
もし、新品1.5Vの電圧で、正確に1Vが欲しければ、1kΩと2kΩで分圧すれば、1Vはできる。だけど、負荷を繋げた途端、そちらにも電流が流れるから、1Vはずれる。乾電池もへたってくると電圧が下がる。

→あーだから、正確に1Vを作ろうとすると、安定化電源がいるのか、発熱も考えないといけないのか
→→実際の回路設計だと、100Vの商用ACから瞬停や雷サージを考えて耐圧考えないと・容量考えないと、となるし
→→そうなると、容量的には大容量の電解コンデンサ(今ならタンタルコンデンサ?)で、高周波特性を考えるとパスコンとしてセラミックコンデンサ付けておこう

なんていう周波数特性を考えた回路設計になる。(@二十年前のエンジニアだけど、たぶんいまでもそんなに変わってないっしょ、たぶん)

こういうのを無視して、今のエンジニアは(とくに現場のエンジニアは)、ユニット交換・ボード交換で終わりなわけ。


==============

この1年ほど、金(ゴールド)の価格が上がっています。約1.5倍です。

  世界中不安 → なぜ金が上がるか

これ、説明できますか?
というのは、「そろそろ、金積立したら?」と書いたのが、7年前のこと

【過去記事】
 ●金(ゴールド)そろそろ、買いですか? コツコツ積立の勧め♪(2013/12/20)

いやまぁ、正直、北朝鮮不安があったときにもっと上がると思っていたんだけど、やっと最近上がってきたって言う感じ。
(相場ものは、なかなか思い通りにはいかないのだけど)

 

いろんな想像を働かせて、将来を見る、想像する、予想する。ときには、予想どおりにいかないことも多い。だけどっ!

 例えば、子どもが生まれたら十数年後には高校大学生で教育費。
 例えば、定年になったら、退職して現金給与は減少
 例えば、もし、事故したら・・・保険

電子部品も故障する時もある、自分が故障することもある、勤めている会社が壊れることもある。
そのための安全策も考えておく。
子どもが大きくなれば教育費がかかるように、電子部品も発熱しやすければ壊れやすい。

 →どちらも、あらかじめ分かっていること

いろんな想像力を働かせるという点では、ライフプランも回路設計もよく似ています。

問題は、その想像力(=ここでは思考力も含む)が必要とされている時代なのに、ますます高等教育の低下が問題になっているのはどういうことなのか、とかなり不安になっているのです。で、格差の拡大、といわれていますが、実はこういうところに問題の原点があるんじゃないのかなぁと、思ってきているのです。

で、国全体=国力があがらないと、みんなが幸せになれません。
だから、教育の投資は(個人としても国としても)重要だと思うのです。それは決して、マークシートで正確を導くことではありません。そこへのプロセスを考えることであります。(プロセスより成果主義というのにちょっと反論したい思いもあります。)

(うーん、もうちょっと、まとまりがある文章だったら良いのになぁ
  ・・・ガンバレ>俺)

|

« マイナンバーカードを紛失した | トップページ | 関西梅雨明け7/31・7月台風ゼロは観測史上初 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事