« キャッシュレス還元は、今月終了!(2020/6月末) | トップページ | おまとめローンにも「借り換え優遇」があるのか »

2020/06/22

20年前、あのホームレスは何故あんなに笑顔だったのか?

 時は、2002年の秋の不景気な時代の話です。
 (ひょっとすると、1~2年ずれているかもしれません)
 
 当時、京都駅周辺にはホームレスのオジサンたちが大勢いました。
 世の中が不景気で、列車に乗ってもバスに乗っても、み~んな暗い顔。
 バスからそとを見ると、早朝、たき火を囲んで、もの凄く楽しそうに会話している。

「あんな楽しそうな笑顔の人、最近見ていないな」
 
 と思ったのです。
 今、このバスに乗っている暗い顔の人たちと、あっちのホームレスのオジサンはどっちが幸せなんだろう? と。

=====

 いま、まだ世界中が「コロナ禍」です。
 すこし解除されつつありますが、これからの夏祭りはほとんど中止や縮小だし、お店に行っても半分くらい座れなくなっていたり入場制限。それに、海外との飛行機(旅客機)がまだほとんど停止中。

 誰がどう考えても、当面もとの景気にはいたらない。まだまだ終わらないし相当長引きそう。
 
=====
 世の中にホームレスがあふれていた時代、、、
 お店が終わったら軒先に段ボールもって集まってくるオジサンとか、公園でテント張って住んでいるオジサンとか、、、
公園を住所に住民票をだしたら拒否された、とか
とあるマンションに数千人の人が住民登録されていた(→生活保護のための名義貸し)
 ・・・貧困ビジネス撲滅で住民票取り消し(→こんな人には、給付金が届かない)
 一方で、生活保護は絶対嫌だとプライドを持っている人もいます(ホドコシは絶対嫌!という人とか、親や子どもや兄弟に迷惑がと思う人)。
 もちろん、数々の不正受給もありましたね。
 
 今もまたそのような前の状態にいるかもしれないと思うと、簡単に、笑顔にはなれません。
 だけど! 冒頭に書いたように、当時、ものすっごい笑顔だったホームレスがいたっ!
 
この人のこのときの会話は何だったんだろう?

今、笑顔 できてますか? 笑顔を作れる状態になっていますか?

 → これがホントの豊かさ?!
 (実はこれ、ホームレスの笑顔から20年近く温めている私のテーマなのです。)

~~~~

 笑顔=幸せ(=豊かさ) はどこからやってくるのか?
 
  愛し愛されること・
  褒められること・自分で自分を褒めたいこと
  自分の成長が実感できること・嬉しい思いをすること・
  自分が誰かの役に立っていると思うこと

 
 本当の豊かさは、このようなことに向かって歩んでいける人。
 その「過程」が楽しめる人にやってくる。

 ・・・私が誰かのライフプランを作るときに考えていること
 
 
※「過程を楽しむ」大切さ

 →モノの購入や体験の購入は、支払ってすぐ終わるんです。
  思い出に変換できるのならマシ。

 だけど、、、
「なんでこんなもの買っちゃったんだろうな」ってものが、今、私の部屋に一杯あるってのも気分が落ち込む一因ですね~

 


FPはお客さんを笑顔にするのが仕事なのではなく、笑顔を作れる状態にするのが仕事、ってことね。@私のFP観

たとえていうと、
医者の仕事は病気を治すこと、だけではありません。じゃあ治らない病気の人はどうするの?
→そのような患者にも希望を持たせたり、今からの将来を有意義なもの治療をすすめるのが医者の仕事、というのと同じ。

FPのうちのライフプラン、これ奥が深いのです。
それを認識した出来事を思い出したのでした。

|

« キャッシュレス還元は、今月終了!(2020/6月末) | トップページ | おまとめローンにも「借り換え優遇」があるのか »

FP総合」カテゴリの記事

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事