« もう梅雨入りだ(駄文→スランプです) | トップページ | 不動産売買って運だよな~(その1・その2) »

2020/06/12

ルーツとクンタキンテ(駄文?)

 黒人差別問題がアメリカで再々々々燃していますね。

 はっきり言うと、私、あまりよく分かっていません。いやもちろん常識的な部分は分かっているつもりなのですが・・・

~~~

 その昔、「ルーツというアメリカドラマ」が話題になりました。
 Wikipediaを見ると日本の放送は昭和52~53年、私が中学生の頃です。
 クンタキンテという主人公の名前もヒットしました。

・・・これを覚えている人は、きっと60代~70代が多いんだろうな

 私は中学生だったのであまり詳しくは覚えていないのですが、壮大なドラマ、かつ、中学生にはちょっとまだ理解できない話だったことだけは覚えていますが、社会科で習ったリンカーン大統領の「人民と人民による人民のための政治」とか、「南北戦争」とかとを、中学生なりに関連付けていたような気がします。
(→いやまぁ。あまり覚えてないのが本当のところ)

~~~

 何世代にも渡たる壮大なドラマ、といいつつ、アメリカの独立記念日が来月7/4ですが、江戸中期から後期の話ですからね~
 1977年くらい(だそうだ@wiki)

 拡張すれば、、、
 アメリカで銃規制がなかなか進まないのも、こういう歴史があるんだろうな、と思うわけで。
(日本でも、銃刀法に基づいて、古い文化財には槍や刀が残っていますし。田舎に行くとたまに「土蔵から(錆さびの)刀がでてきて警察に持って行った」なんていうことも、いまだにありましから)

 そう考えると、日本と満州(朝鮮)の問題なんてまだまだ解決には時間がかかりそうだし、
逆に、台湾とはそれなりに上手くいっているのはナゼだろう、とか思ったり。

 @ 国際情勢は、深く語れるほどには疎いtakです m(_ _)m

 

 なので近代史、ちゃんと勉強したいなぁ~
(いつも、大河の明治維新くらいで満足して、結局消化不良のまま忘れていって、そのあと、日清日露戦争になっちゃうのよねん~)

 頭の中できちんとした整理棚があって、「ここにピタッとはまる!」というところまでいっていないのが良くないんです。分かっているんです。
 頭の整理棚にピタッとはまる! これがないと、たぶんいつまで経っても、SNSでの情報に翻弄されることになるんだろうな、と最近危惧しています。

 いや、どんなことでも、きちんと納得した説明ができる人ってのは、こういうことがきちんと整理されていてすぐに取り出せて、そういう人ほど、豊かで教養がある人に見える・あるいは・優秀な営業マンや販売員に見える。
 こういうことを意識しないと自分のスキルのアップも趣味のアップもできないなぁと、うすうす感じちゃっているのです。

(それに加えて、最近、加齢による物忘れが気になるし。。。一つ覚えると三つ忘れる脳の退化(;_:) 
  → いや、いまだって、「ルーツとクンタキンテ」を思い出したから、絶対何か三つくらい忘れたものがあるような気がしてなりません)

 

こういうことも踏まえて、今回の黒人差別の問題とかほかの問題とかをうまく語れるようにするにはどんな知識をどう勉強しないといけないのかなぁとか(やや優先順位が低いまでも)試行錯誤しないといけないなぁ、、、と思っているのです。
 →自分の興味の範囲ですけどね♪

|

« もう梅雨入りだ(駄文→スランプです) | トップページ | 不動産売買って運だよな~(その1・その2) »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事