« 6月、ツバメ戻ってきた(アフターコロナで日常も戻る?) | トップページ | 特別定額給付金(ひとり10万円)、京都市は6/4~郵送開始 »

2020/06/02

トマト缶・ケチャップ品薄は、産地ロンダリングのせい?

最近、トマト缶・ケチャップがやや品薄だなぁと思っていたのですが、ネットを見てもあまりはっきりしません。

安めのものが売り切れている → 価格の高いものは残っている

という状況です、よね。

====

で、産地ロンダリングという手法があるというのを知りました。

 濃縮トマトを中国から → イタリアで還元

   
 →
 トマト缶はメイド・イン・イタリー

(こういうのを日本でケチャップにしたら、メイド・ イン・どこなの? と疑問に思っちゃったりするわけで
 大豆製品の遺伝子組み換え表示(アメリカ産大豆でできる国産豆腐とか)とよく似ていますねー)

~~~~

で、このトマトの影響がどれくらい出ているのでしょうか?

トマト産出国の順位を見ると、一位は圧倒的に、中国です。
(2位3位のインドやアメリカの3~4倍の生産高)、
イタリアは5位くらい

で、コロナウイルスの影響で、一時期飛行機が止まっちゃったから、貿易遮断で品薄になっているのかなぁと想像もできるわけで。
(・・・今回は、あまり信憑性のない情報です。ネットでちょっと調べただけ。だいたいイタリアもコロナの被害は大きかったから、そこで出荷が止まっているのかもしれません)

 

まぁでも、日本のトマトも、手頃な値段ではありますが・・・品薄の原因は、やっぱり、学校休校のせいでトマト料理が増えているからかもしれませんしね(パスタソース類は結構品薄だし。みんなおうちでミートソースやナポリタンを作ってる? 卵料理ともよく合うし)

結局、よく分からないのです m(_ _)m
とりあえず、少し高いけど手に入るという点で満足しておこうっと。。。マスクやトイレットペーパーの比じゃないし

(そういえば、全然関係ありませんが、
 愛知県で育てられたウナギが、静岡の浜名湖で数ヶ月育ってから出荷されると、浜名湖ウナギになるというのもありましたね(→今はどうなっているか知りません)

 消毒液だっけ? 中身は日本で作っているけど、容器が中国製で手に入らずに出荷できない、なんてのもあったような・・・)

今、スーパーに行くとところどころ空っぽの商品棚がありますが、どこかに中国製が関係しているという可能性はそれなりにあるのかな、と。
 ・・・世界の工場、中国だから=とくに、安めで売られていた商品は。

(それでもいまだに、ホットケーキミックスがないのはなぜ? →でもかなり小麦粉系は改善してきてますね)

|

« 6月、ツバメ戻ってきた(アフターコロナで日常も戻る?) | トップページ | 特別定額給付金(ひとり10万円)、京都市は6/4~郵送開始 »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事