« 成分献血なら(持病薬ありでも)できる? | トップページ | 「7割経済」(@日経)での危惧、2年はつづくぞ »

2020/05/26

東京五輪、本来なら開幕2ヶ月前>今後の経済は?

東京五輪の開幕式、元々は2020年7月24日でした。
でもご存じの通り、コロナウイルスの影響で1年延期(日程はまだ未定)

で、来年開催できるかどうか?
開催できたとしても、少なくとも元々の皮算用は外れました。価値の毀損です。この影響は計り知れません。

 宿泊や観光、不動産、サービス業
 スポーツ関係の企業に、放映権をもつテレビ新聞雑誌などのマスコミ。
 そこに宣伝をだすスポンサーに広告代理店

しかもこれから、国や自治体の負担も大きくなって、あちこちで、財政的に苦しくなる。
(ひとり10万円も、家賃や学生支援も結局はいつかどこかで増税されるってことだし)

「アフターコロナの新たな日常」がやってくるにしても、つい半年前まで描いていた“皮算用”はまったく役に立ちません。


まあ、コロナ収束が大前提なので、今の政策がおかしいとは思いませんが、
(というか、政府は後手後手なのに、なんで、こんなに混乱が起きていないのかの方が不思議なくらい)

でも、今後も当面、苦しい状態が続くだろうな~、、、、
これからも、皮算用が狂ちゃった! というところが続出するかと思うと、あまり楽観的にもなれません。

====

カレンダーを見ていて、
本当だったら日本中が、「五輪まであと2ヶ月!」で盛り上がっていたんだろうな、と思ったのでした。

 

|

« 成分献血なら(持病薬ありでも)できる? | トップページ | 「7割経済」(@日経)での危惧、2年はつづくぞ »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事