« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月に作成された記事

2019/11/30

ふるさと納税(ワンストップ)は確定申告しない人だけ

ワンストップ特例制度=ふるさと納税をした後、
確定申告なしで、寄附金控除が受けられる制度。

ということは、、、

 ・医療費控除 で確定申告する人
 ・サラリーマンや年金生活者でも、雑所得20万円以上ある人

は、このワンストップの便利さは享受できません。

・・・自分で申告時に計算してね!

~~~~

なお、確定申告不要にはいろいろありますが、多くのサラリーマンや年金生活者は
「他の所得が20万円以下であれば申告不要」にできる、という条項で申告していないと思います。
しかし! これは不要にできるっていうもの。

医療費控除など(や初年度の住宅ローン控除、や2か所以上から給与がある人など)で
確定申告する人は、20万円以下の所得でも申告が必要です
還付申告する人は気をつけましょう!

国税庁タックスアンサー【確定申告を要しない場合の意義】
  www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

~~~~~

実は今年も特許料をいただきました\(^o^)/ 数万円♪
その注意書きに書いてあったのだ。。。20万円以下で他の雑所得が無ければ申告不要だけど、還付申告する人は気をつけろってね。

(私の場合、赤字でも黒字でも申告しないといけない自営業者だから、ちょっと読み飛ばしていたのです)

|

2019/11/29

「田舎(田畑・貸家・家)の相続」のご相談

「今年、親が亡くなりました」という喪中の葉書をいただきました。
数年前に相続のことでご相談のあったお客さん。

相談内容は少しうろ覚えだけど、
 ・関西から電車で3時間くらいの田舎に実家がある。
 ・山林があって、田畑が続いていて、川があって、集落と道路がある、という典型的な里山風景の地域

困っている(将来、困りそうな)財産は
 ・山林沿いの耕作放棄地になっている田畑(しかも隣接の土地がはみ出してきている、、、どっちでもいいそうだが。隣も耕作放棄地で、資材置き場か何かになって自分のところにも浸食中)
 ・貸家2軒のうち、一軒は空き家で、もう一方も相当老朽化
 ・線路増設のトンネル工事で、山林の一部が買い取られたけど、のこり中途半端な山林(それもほんの少し)が残っている
 ・自宅はまだ集落内なので、価値はそれなりにある

「実家はたぶん近所に住んでいる兄弟が相続すると思うので、それはそれで構わないのですけど、空き家の貸家とその他面倒な田畑・山林とかいざというときは、どうしていけば良いんでしょうか? 相続税の額とか手続きとか」

まぁこういう相談だったのです。

~~~~

所有者不明土地の予備軍ですね。
3代くらい前の山林とかの土地だと、もう所有権が子孫に分散していて行方不明の人もいて、公共団体などほかの人が買い取りたくでも買い取れないんですよね。それがひと山数百万円の低い価格であっても、みんなのハンコがないと買い取れない。
  ・・・交易公益に資するときは供託することで利用できるという制度ができました。

さらに今、相続登記を義務付けることが検討されています。

耕作放棄地では、税金を上げるけど、上がったら困る人は、農地バンクに登録してね、というアメとムチの政策が始まっています。
空き家対策では、住民に危険な建物なら、やっぱり税金をあげて、(手続きを踏めば)解体の行政代執行ができるようになりました。


この方じゃないのですが、「バブルの時に、別荘を買いました、いまボロボロです」・「共有で土地を買いました(開発業者が一口いくらであつめて共有になっている土地)」・「親の固定資産税を見ると、『原野』っていうやつがあるですよ、まぁ1万円の固定遺産税ですが。」

こういうような話は、ときどき、あるです。

→とりあえず、「原野商法の二次被害ってのあって、外国人が買いたがっているからまずは手数料を」っていう詐欺に気を付けてくださいね、と伝えています。

 

|

2019/11/27

2日連続、夜中のミニトラブルが(;_;)

 相変わらず真夜中におやすみなさいのtak。だけど寝ついたとたんに
  一昨日は、近くで救急車のピーポーピーポー
   昨夜は、午前3時に間違い電話。

 さらに、親が2テンポ遅れて「何だった~」なんて起きてきて、、、
  生活リズムがさらに狂っているtak
  ・・・もう倒れそう・吐き気がする

ディサービスの連絡帳には「寒くなってきたので、体調管理に注意しましょう」なんて書いてあっても、こっちの方が先に倒れるかもって感じ。しかも、咳コンコン(→病院付き添いで移された感じ)

いやぁ、想像の3倍くらい親に時間を取られています。(;_;)
そんな中の夜中のミニトラブル、、、仕方ないこととはいえ、ちょっと辛い

 

|

2019/11/25

少しずつ年の瀬で・・・一年はやいね~

(最近ちょっと忙しいので、今日もあまり中身がありません m(__)m)

夜明けも・夕暮れも、冬至が近づくにつれて日中が短くなって、ちょっと感覚がおかしいです。
「あれっ、もうこんな時間? もっと寝たいけど今日はゴミの日だ」
「あれっ、夕方5時でもうこんなに暗いの? 晩御飯どうしよう」

・・・毎日毎日、こんなことを思ってます。雨や曇りの日は余計にそう感じます。

~~~~

 ちょっとずつ、年末のニュースが流れていますね。
 スーパーの陳列ケースも少しずつ年末モードに変わってきているような感じ。

【今年は、うまく年を重ねられたかなぁ】
 年賀状のことを考えながら、毎年こういうことを思うようになりました。一年の反省。

 去年より今年は良い年だったか?
  ・・・これを一番に感じるのは、普通なら、子供や孫の成長なのかな
 と独身のワタシは、少し、ひがみっぽくなってます。(^_^;)

  →いや、親と同居をはじめて、親が少しずつ壊れていくのが分かるんですよ。

 そんな中でも、嬉しい時・楽しい時間をどうすれば増やせるのかなぁと頭を悩ませるわけで。(実際は結構、怒鳴ったり怒ったりしているんですけどね)

親にとってもワタシにとっても【今年は、うまく年を重ねられらかなぁ】と・・・

 

|

2019/11/23

ワード検索・AI検索

 先日、あまり知らない道を歩いてました。で、とある嵐山電鉄の駅に行こうと住宅地の中を歩いていたのです。
 でも、同じような道ばかりで、
  「絶対この近くのはず」と言う気持ちと
  「とりあえず南の方に歩けば線路が出てくるはず」と思いながら歩いていたんです。

 ・・・一駅の距離が短いから、どう歩いたって、ちょっと歩いたら済む話だったんですけどね

 そこへ通りがかった、ちょっと暇そうな学生らしき若者(→失礼 m(__)m)

私「〇〇駅はこっちの道で良いんですか?」

そしたら、近所の人ではなかったようで
 「この辺、詳しくないんで。。。。」

で、さっとスマホを取り出して、、、「調べますね」

私あわてて「いやいや、そこまでしてもらわなくてもいいです」

~~~~

 今はもうこういう時代なのですね~ いや、分かってはいるんですが。

この件で分かったこと!
  ・親切な人も多い
  ・調べ物だけだったら、スマホはいらない
   回りが持ってる

   →ずるいオレ! (^_^)

~~~~

 確かに、なんでも調べちゃいますね。
 最近は、AIとかに話しかけている人もいるし。
「〇〇駅 行き方」とか

 ・・・そのうち「オレの今日 生き方」なんてスマホに聞くやつが出てくるぞ~
     (今、誤変換したから思いついた m(__)m)

~~~~
将来、オレ、AIスピーカーとか、ペッパーくんのミニサイズみたいなのができて
「今日、オレ、薬飲んだか?」とか聞いちゃったりする生活がやってくるのかな。
 →よく、親が聞いてくる質問
  (実は、自分の薬でも覚えてない時がある(^_^;))

ちょっとSFっぽい感じ♪

|

2019/11/21

長谷川テスト;認知症検査、やってもらった

昨日は、私のクリニックと親の診療所、の2か所の病院まわり。
その途中で見た、秋の桜です。緑と茶色と赤!
(・・・実際に見た目より、上手く撮れていない(;_;))


Akinosakura(近所のスーパー前の秋の桜並木の一本)

~~~~

親が薬を飲み間違えるようになりましてね~
 ・2~3年前までは、一つずつの薬を、「これは朝だけ、こっちは朝と晩」とか10種類以上を自分で判断出来ていた
 ・一包化してもらって、「朝・昼・夜・寝る前・異常時(血圧が高い時だけ)」にしてもらって随分楽になったと喜んでいた

で、最近、これが出来なくなってきたのです。いや、いつもじゃないです。調子の悪い時に間違える。朝の薬を夜にとか、しまう時に別の薬袋に放り込む。。。折角、大きな袋にも一回分の袋にも朝/昼/夜と書いてあるのに、大袋の中で混じっている。

最初は、「誰でもうっかりする時あるよな~」と思っていたのですが、このところちょっと多い。しかも体調はずいぶんよくなっているはずなのに、、、というわけで、認知症検査をしてもらいました。

 長谷川テスト、、、昔わだいになったからご存じの方が多いですね。
 ・・・今日の日にちは? 100から7を引いていって? (日用品を5つくらい見て覚えてもらった後、それを隠して、ちょっと会話した後で) さっきの5つ覚えてる?

 ま、こんなテストです。

正式な結果は(血液検査とかCTの結果をあわせて)「また来週」なのですが、やっぱり断片的に認知症の感じ。

ただ、横で見ていましたが、まぁそんなに悪いわけでもなさそう。やっぱり、「時々断線」が問題になると思う。
 ・・・これがだんだん増えるんだろうなぁ

~~~~

今朝は、朝起きると、ガラスが曇ってました。
「今年はじめての、初結露!」

ところで、昨日行った二つのクリニックは、どちらも満員御礼状態、、、風邪かインフルエンザかワクチン接種希望者が多い感じです。

紅葉もこれから本番ですね~ 体調管理に気をつけましょうね。



 

 

 

 

|

2019/11/20

やっぱり、「6資産分配型投信」の成績が良いね

 投資信託の話。
 こちらはとある6資産分配型の投信の例。
 6資産というのは、(株式・債券・不動産)×(国内・海外)のこと。

 

  トータルリターン
(年率)
6ヵ月 4.44%
1年 8.83%
3年 7.52%
5年 4.88%


 これ、なかなか良い成績ですよね。
   →数年前にお客さんから教えてもらったやつ(^_^;)

 投信って、話題の技術とか大ニュースになった技術、例えば、今なら自動運転とかドローンとか・もちろんネット(クラウド)系とか、まぁその時々の「旬」があるわけですけど、、、

上の投信なら、5年で年率4.88%=5年複利で27%アップです。

~~~~

 でも、悪いことも書いておきましょう、、、正直に。
 この投信、リーマンショック前(=2008年)に設定されました。その時は半年で約4割ダウンです。
  ・・・当時、「6資産型でも、ここまで下がるのか」とショックだったのです、私。

 ま、投信というのは、こういうリスクがあるということでね、、、、

 ついでに書くと、私が売る側の立場なら、
「この投信、5年間ずっと定期預金よりはるかによい成績ですよ」
って言って売り込みます。

 でね、問題が、、、リーマンショックから10年でしょ。
「下がった投信どうしてくれる? どうすれば良い?」

こんな電話がジャンジャンなって毎日毎日苦痛だった証券営業時代を知らない人=アベノミクス以後しか知らない担当者が、“イケイケ”で、何も疑わずに、勧誘するわけ。

「私は、これで、資産を倍増させました」
なんて言ってね。

~~~~

 ・リスクはアナタに
 ・手数料は、我われに

ってのが、投資信託ですからね~お忘れなく

 

|

2019/11/19

卒寿=90歳

90歳というと、普通なら、「卒寿ですね、おめでとうございます」と言われる歳。

話題の本・かなり売れている本、ということで、図書館で借りてきました。

90sai

 佐藤愛子さんの「九十歳。何がめでたい」
    ちょっと画像が暗いですm(__)m


(図書館に行ったの、久しぶり♪ 予約して借りた☆)


親「本当に何がめでたいんだろうね~、私、92歳だけど・・・」
私「ホントに、そだねっ。何がめでたいんだろう」

~~~~

久々の図書館利用!
インターネットで予約して、貸し出し可のメールがやってきて、
図書館に寄って、実物を借りてきて、
机の上に置いたとたん、、、

親「わー、有難う、さっそく読もう♪」
私「いやいや、オレが読むつもりで借りてきたんだけど」
親「そーなの? でも先に読んでいい? アンタ忙しいでしょ」

三日間くらいかけて、虫眼鏡で読んでました。

・・・ここは喜ぶべきところ?

中身は、軽いエッセイですが、90歳という年齢で書けるというのはすごいですね。
私が90歳になったときに、パソコンに向かって、こんなブログさえ続けられているかどうか。

・・・今でさえ、目がショボショボだし、肩は凝るし

自分が90歳になった時に、自分でなんでもできているかと言うと、それ自体に自信がありません。
そういう点では、うちの親も虫眼鏡持参で、まだ本を読みたいと思うのは。。。ある意味、めでたいのか?

|

2019/11/18

寒い時にはココア、だよね

寒くなってきましたね~
いつもはコーヒー派で、ときどき紅茶派なのですが、、、最近、ココアも良いなぁと。

というのは、やっぱりポリフェノール効果!

いや、血圧が下がるとか、カラダに良いとかよりも、なぜか最近、甘い飲み物が欲しくなるんです。

・・・きっと、頭を使っているせいだ、ということにしておこう(^_^;)

以前は、チョコレートが常備されていた我が家なのですけど、ここ数年、ちょっと歯の調子が悪くて(→なんか、表面がピリピリ痛む歯が出てきた)、チョコレートにご無沙汰だったのです。

で、ふと、「そうだ、ココアがある!」と思ったわけ。。。いや、それだけの話です。

~~~~

カカオポリフェノール、どれだけ良いんですかねぇ? でもまぁ適度な摂取はどんなものでも良いだろう、むしろ種類を増やす方がカラダにいいと聞いたことがあります。

それにね~、今年はタピオカが流行りましたけど、「糖質制限はどこ行った?」みたいなビミョーな違和感があったり。

ま、どれも、一つのブームですね。・・・本人が楽しかったら良いじゃん♪

今年の冬は、ちょっとココアで温まろうかな(←心も体も)、と思っているわけなのでした。
(数年に一回、マイブームがやってくる~)

|

2019/11/16

スマホ決済の3分類!、時代についていけない人のための基礎知識

なんとか「ペイ」とかが乱立しててますね~。
だんだんと分からなくなってきていませんか?

スマホ決済・携帯決済にはいくつか種類があります。なので、基本の三つの分類のご紹介。

~~~~
今、話題を集めているのはもっぱら、

●「コード読み取り→決済」。QR決済が有名!
 お店屋さんでQRコードやバーコードを読み取り、カメラで読み取って、金額を打ち込んで決済するやつ。
 これは事前に、銀行口座かクレジットカードを登録して使うもの。
 送金先を読み取って、その金額を了承する、っていう操作ですね。

●「キャリア決済」
 キャリアとは何か?というと携帯電話のこと。携帯料金と一緒に払うというもの。
 ちょっと前、不正利用されて、でもクレジットカードなら保険で補償されるのに、そのまま請求が来てしまってどうしよう、なんていうニュースがありました。

 →各社、いち早く、対応してます。
 (全部かどうか知らないけど。最近は格安スマホ契約とかあるし)

・・・この携帯料金を、クレジットカードで払っている人も多いとは思いますが、中には、銀行振り込み請求書が毎月やってくる、なんていう人もいるのです。


もひとつあるのが、
●「非接触決済」
 Suicaや、iD、nanacoと言えば分かってもらえるかな?
 わざわざ読み取りなんかしなくても、かざすだけ(近づけるだけ)で支払うやつ。
 事前にクレカ登録やチャージが必要です。

 こっちは、スマホに限ってません。カード単体でできるものも多い。ICOCA/PiTaPaの交通系とか。

  ・・・キャッシュレス還元は、スマホじゃなくこういうカードでもOK。
 
 というか、「キャッシュレス」という分類でくくると、
  ・クレジットカードを手渡す(かざす)とか、
  ・デビットカード(即時、銀行口座自動引き落とし)とか、
  ・交通系ICカードとか、
 があります。<この記事の表題は、スマホ決済なのでちょっと話題がずれました m(__)m>

~~~
ま、こういうものがあるということで、、、

その昔、決済手段の種類と言うと、

 ・現金 →いつもニコニコ現金払い
   (銀行振り込みも、時期が数日遅れるだけで、事実上現金と同じ、か?)
 ・手形 →3か月手形とか半年手形とか(その期間になったらやっと現金化できる)
 ・小切手→銀行に持って行って現金にする
 
だったことに比べると、隔世の感があります。

(ま、個人的には支払いは、「現金・クレジットカード・交通系ICカード」があれば、「スマホ・携帯決済」はいらないんじゃないかなぁと思っているんですけどね。
  → 落とした時・壊れた時、、、リスク分散という意味で。電波が来ない時もか。(災害時)

 なんとかペイなんて、結局のところ、みんなポイントが欲しいだけなんじゃないかなぁと思ってるんですけど(=古典的には、駅前で配っているチラシで「初回に限り、半額」みたいな・・・はじめだけわぁと集まって、さっとお客さんは去っていく、みたいな。)

 あえてメリットを挙げるとすれば、個人間送金・中小事業者がキャッシュレスで受け渡しできることと、家計簿アプリで自動集計できるところくらい? それと、いろんなカードを持たなくていいというところかな。

 どうなんでしょか?
 ・・・オレまだ、スマホ持ってないから(^_^;)
 →この時点で、すでに時代ついて行ってないじゃん、なんて言わないでね。。。

|

2019/11/15

時短営業;今週の「銀行とコンビニ」のニュースから

今週、われらが「南都銀行」! が支店・営業所を再編するというニュースがありました。(→奈良の地銀です)

近隣店舗の営業時間(休日)を、かわりばんこでお休みして、曜日を変えて、一人の行員が二つの店舗を行ったり来たりするとか、というニュース。

で、昨日のニュースと言うか、最近話題になっているコンビニの時短営業(深夜休業とか元旦休みとか)のニュース。

 →結局、「ルールは決めました、休むかどうかはオーナーさんが各自決めてください。
  それに応じて補償金?応援金? が増減します」というニュース。

正直、田舎で、車が無いと行けないようなコンビニなら、深夜はかわりばんこで休めばいいと思うんだけどね~
 フランチャイズではできないのか? そういう地域調整なんてしないのか? なんて思います。

 →とは言っても、セブンが休んでたらローソンに行っちゃいますけど。(その次のセブンが遠いから)
 
 さらには、もし、コンビニが社会のインフラだと真に考えているのならば、業界全体として、企業の垣根を超えた調整というものがあっても良いと思います。

 →(人手不足は)業界全体の問題と言いながら、まだ、自分の会社のことしか考えてないってことですね。
 
 
 コンビニは社会のインフラか?と問われれば、もはやインフラだと言っても良いと思います。
 それだけに、もっと踏み込んだ「業界として・インフラとしての使命感」を経営者が持っていればいいんだけどなぁ、と思うのです。
 
 ただ、この問題。人口減少→市場(パイ)が減っていく中では、どんな業界でも起こりえる問題です。
 現に、「近くのスーパーが無くなっちゃった。不便になった」ってあちこちで始まっているでしょ。地方の百貨店閉店もよく聞きます。
 
 人口減少が問題化してくると、限界集落じゃないけど、便利な都市部と過疎の田舎の格差が今後ますます広がっていくはず。(つまり、「地価上昇地域or高止まり地域」と「地価暴落地域」が出てくると。)

 さらに問題なのはね~、、、全体としての売り上げが減る中でこれらに対処していかないといけないってところ。
 つーのは、私50代半ばでバブル組に入るのですが、多少なりとも拡大成長の時代ならば業績は簡単に上がる。そういう感覚=気合論でことを進める人がまだまだ経営陣・上司に多い社会です、たぶん。
 でも、今は逆なのに、感覚的には「就職氷河期とかホームレス時代とかも、あの頃は不運な時代だったなぁ」なのですよ、、、頭では分かっていても実態がずれちゃっている。
 →世の中大ニュースになる、不正問題・不適切なんとか、、、とか、みんな業績が下向きだから起こるんです。
  なんで、ISO9001を取った会社が不正検査データを容認できるのか?
  なんで、プライバシーポリシーやプライバシーマークを持っている会社が個人情報をうかつに漏えいさせるのか?
  なんで、トレーサビリティ確保の会社で、産地偽装が起こるのか?

 企業における倫理観の欠如は、業績不振の時に起こりやすい!

 で、これが社会全体で恒常化したら大変な世の中になるなぁ、、、戦後闇市じゃないけど、「ばったもん・粗悪品」の時代になっちゃうなぁ、と思っているのです。

 ・・・それだけにこれからは専門家という仕事が必要になる。っていうわけでFPに転業しちゃったのね>オレ

 とはいっても、どんな世界でも、「専門家・詳しい人・それに長けた人」ってのはいます・必要です。
 だからこそ、「粗悪品を掴まされない・掴まない!」、そのためにはどうすればいいか?

 ネットの検索で、人気の商品はすぐにわかります。
 だけど、それが、自分にとって良いものか悪いものかは別。

 ・・・もっとも、そういうこと自体を言ってられるということそのものが、豊かな証拠で平和の賜物。

~~~

 それにしても、便利な時代になりました。
 というのは地価動向がネットで分かる!

例えば、「地価推移 京都市右京区」なんてワードでぐぐると、地図で分かりやすく表示されるうえに、その地点をクリックすると過去の動向が出てくるサイトが一杯あります。便利な時代です。

(→国土交通省の「地価公示・都道府県地価調査 - 土地総合情報システム」、が本家本元です。信頼できるデータをお探しならこちらをどうぞ、ねっ☆)

ちょっとまとまりのない文章になっちゃいました m(__)m

|

2019/11/14

50代の壁、「役職定年」と「定年→再雇用」二つの収入ダウン

サラリーマンのライフプランで、私が気になる二つのポイントが、
「役職定年」と「定年→再雇用」、どっちも収入減少のポイントです。

( 今日は、どういう観点にしようかなぁ・・・と考えたうえで、
厚労省は何やってるんだ?って感じで書きます。(→※これで書くのが一番書きやすいからね))

定義はもういいですよね~。

〇役職定年・・・55歳とか58歳とか、企業でいろいろですが、役職を自動的にはずれる。慣例的に外れることになっている。子会社出向することになっている。そんな対象者の役職がある(→課長だったのが、絶対、課長代理になるとか。あるいは、一般職になるとか)いろいろなケースがあるようです。がどれも、企業にとっては「賃金コストのカット」が目的です。
→私の感覚としては、(収入として)1~2割減ってところかな。

〇定年→再雇用・・・60歳で一旦定年して、その後、給料半分で再雇用。(部分年金さえ貰えない無年金期間をさけるために、再雇用が義務付けられていますから。)ただ、働き方形態はさまざまです。今までと一緒なのに給料半分という人もいれば、週40時間勤務で稟議書の決済はできなくなったとか、、、まぁいろいろ。こっちも、「賃金コストのカット」が目的。
→私の感覚としては、3割減~半減ってところかな、ただこっちは、退職金を持ってる。

老後ライフプランのキャッシュフロー表では、単純に私が見るのは、収入の面だけ。
・・・ここをどう乗り切るか結構大変なのです。

~~~~

なんで、役職定年があるのか? ・・・昔は定年が60歳じゃなく、55歳とか58歳だったから。

こういうことは、私もうろ覚えでどこかで聞いた話でしかありません。

結局は、企業の論理なんですね。

私の亡くなった親父は、三十数年前に公務員を55歳だか58歳だかで、「定年延長」しました。

「定年延長しても、結局その分、退職金減っちゃうんだよね」なんて言っていたのを覚えています。

(※私はまだ学生だったし、それがどれくらいの金額でどれくらいの影響があったのかまでは知りません)

~~~~

で、冒頭に戻って、、、
きっと、厚労省の人は、年金制度を変えたとき(年金支給開始を今の60歳→65歳順次引き上げとか)、定年がそのまま伸びるんじゃないかなぁと思っていたんだと思います。

「人生100年! 総活躍社会」のために、公務員優遇とか何言われようが、率先して「65歳まで定年延長」とか言っても良いと思います。あるいは、そんな法律を通すように動けばいい。
・・・公務員が先にやらなければ民間がついてこない、なんてよく言っていたじゃないですか。

(→今の低成長時代には、そんなことを言う勇気も元気も、日本全体になくなっているということは、ある意味、憂うべき状況かも。ただ、「まずは公務員の定年延長!」なんてことを言うと、相当、批判が出ると思うけどね。)

 だったら。。。。
 企業に税制優遇措置を出す、だけど、その優遇を受けるには定年延長が義務・・・こんな法律を作ればいい。

でもこういう法律は財務省。
こういうところに「厚労省」と「財務省」との綱引きとか、縦割りとかがあるんだろうなぁ、とか思っちゃうわけです。

~~~~

「役職定年」と「定年→再雇用」二つの収入ダウン

ちなみに、この次にくる壁は何かというと、

 〇配偶者か自分が介護状態になった時の支出アップの壁
 〇配偶者か自分がなくなった時にくる、年金受給額減少の壁

この他に、子供の結婚とか孫誕生とかのライフイベント支出をいれると老後安泰のライフプランの出来上がり!

いや、左うちわで何にもせずに安泰なんてまず無理。
だけど、それにどう対処するか前もって考えておく、ってところにポイントがある訳です。
(もちろん、その人の生きがいをどうするか? ってのもポイントですよ。
 とくに、退職金という原資を持っている人はそれをどう活用するか、、、下手に投資信託買って半減したというよりは、好きなことにチャレンジして半減、の方が有意義だと思っていますから。
 半減しなくて温存できれば最高ですけどね。→資産寿命という言葉もあります。)

 

 厚労省を悪者で書きはじめましたが、本当は財務省かもしれません。いや、一番悪いのは企業の論理、なのかもしれません。

 法人税減税しました、これは良いことだと思っています、だけど、これと抱き合わせで、定年延長とか引っ付けられたのになぁとか思うのです。

 

|

2019/11/12

2021年?~介護サービスで、ケアプラン有料化(千円)?

厚労省の社会保障審議会のニュース。先月のニュースで、2021年の介護保険改正の話題です。
まだ決まったわけではありません。

でもまぁいろいろと、負担アップのニュースが出ています。
(以下のうち、1と2は確実なんじゃないのかなぁ、と思ってます。)

 1)ケアプランの作成の有料化 月1000円~2000円くらい?
   (ケアマネジメント)
 2)高額介護サービス費 自己負担最大44000円を高額所得者についてはアップ
 
   年収 770万円以上  93,000円、
     1160万円以上  140,100円に
  
  (健保はこの前、2017年に上がった。それに合わせるという理由)

 3)特養多床室の負担アップ(個室型はすでにアップ済み、だと思う)
 4)自己負担 原則1割~3割(高所得者)を、原則2割

その他もろもろ。
1)は薄く広くという負担アップ。2)は高所得者は批判が少ないというアップですね。

~~~個人的な意見として・・・

 団塊世代がすべて後期高齢者になるのが健保・介保の2025年問題と言われています。

 高齢になると病気になりやすくなるのは当たりまえ。
 で、介護! すなわち、介護4・5の多くの要介護者をどうケアするのが望ましいのか?
 
 単純に予算がないから(=人員確保できないから)と、切り捨てるのはおかしいし、一方で、点滴や胃ろうの経管栄養剤で、意思疎通もなく生きるのが本当に望ましいのか。
 
 例えば今、私の親が倒れたら救急車呼ぶ確率は高いと思います。
 その時に、点滴や胃ろうを始めると、意識が戻らなくてもそのままの状態がずっと続くことに、、、2年でも3年でも。(→実際、私の親族周辺だけでもこうやった後に亡くなった人が3人います。)
 
 最近では、苦痛を伴っている場合や病状の進行で余命がほぼ確実な場合は、点滴中止などの消極的安楽死も認められつつあるようですが、、、問題は、重度認知症で介護度が上がっている場合。
 自分の子供の顔も忘れているのに、でも、泣いたり怒ったり感情は残っている。嬉しいかどうか・好きか嫌いかの意思疎通はできる。
 こういう人たちのケアを、予算が無いから切り捨てるのはおかしい、、、。
 
 しかし、薬を飲んだかどうかも覚えていない、そもそも食事が一人ではできない。なのに、特養は順番待ち。
 ・・・じゃあ在宅でどうケアすれば良い?って話
  →こういう人が一日、3回×1時間の訪問介護・訪問看護を受けるわけ。

(それでも、在宅の方が予算は少なく済むらしい。特養を今から作っても耐用年数50年とかはいらないから、もう増設は抑える方向らしい。)
 
 国家予算の使い道、および、増税方法。
 いろいろな面から、みんなが考えないといけないと思います。
 でも、今の介護サービスでは、予算がもたないのは確実です。
  ・・・そのために消費税がアップしたわけじゃないってこと?

 ちなみに、経済成長してGDPが増えれば、法人税も所得税も自動的に上がります。下手な増税しなくていい。(でも経済団体は、増収分の税金は介護じゃなく、うちの業界に使えと言ってくる、みたいな感じ?。)

おそらく、私が対象者になる頃(20年後)に最大の山場がやってくる、と思ってます。
(うちの親は、「あんたは、人より早く、あと十年くらいでボケると思うよ」なんて言ってますが。)

 

|

2019/11/11

8か月後の家計にとってはワナ!?(キャッシュレス還元1か月)

消費増税から1か月あまり。
ついお店に入るときも「還元マーク 2%か5%か」とかチェックしませんか?

でね、私。
やっぱり、細かいもののお買い物がルーズになってます。
・・・これは、還元セールの9か月が終われば、現金主義に戻さないと

だけど、小銭の受け渡しが面倒で、カード決済が楽なんです。
・・・もう戻れないかも

いくら家計簿アプリがあっても、日々のお買い物が垂れ流しになると、生活は肥大化します。メタボ家計まっしぐら。

私自身がその昔、クレジットカード払いでちょっと苦しんだ経験のことを考えれば、ワナなんじゃないかなぁと。
(→給料がはいると、すぐに引き落とされて銀行残高が減る、なのでまたクレジットカード使用。どんどんクレカ残高が増えてきたのである時決意をもって、ボーナスで清算して日常生活品のクレカ使用をやめた。公共料金とか電話のみに。)

~~~~

今は還元セールがあって、痛税感はまだ少ないです。
例えば、タバコ10円値上げですが、コンビニで買えば9円返ってくる。
だけど、9か月後(正確には、残り8か月弱ですね)、この分は増税!

まぁこの還元セールは元々が、景気落ち込み対策なので分かり切ったことではあるのですが、問題は最初の「家計が肥大化すること」。
少々肥大化しても、
 【消費拡大 → 景気拡大 → 給料アップ】
という、良い経済循環が起こるのなら良いのですが、残念ながら給料アップが少々鈍い。

となると、年金生活者の家計も苦しくなるわけですね(→現役者の給料の伸びと物価が関係するから。しかもマクロ経済スライドがあるし)

ジワジワと景気アップの恩恵が、全世代に行きわたるような時代になるかどうか。なれば良いな。
 ~ 現状、悲観的でもないけど、楽観的でもないんです ~

 よき令和の時代がやってきますように(祈)

|

2019/11/09

これから一気に寒くなるらしいヨ~(木枯らし一号到来)

先日、関西では木枯らし一号が吹きました。(11/4)
スーパーライフの駐輪場では、今年も自転車、あっちこっちで倒れてました。
 ・・・なんで、あそこの駐輪場、いつも簡単に自転車が倒れるのかとっても不思議。
   ビル風みたいなもん?
  
灯油の移動販売の車がやってくるようになったり
洗い物でお湯(ガス)をつけたくなったり
ちょっと、手袋が欲しい時があったり、
喉が痛くてノド飴買ってきたり
 ・・・晩秋/冬が近づいてきてますね~

京都の紅葉はまだ早いです。
それでも、イチョウの葉っぱがちょっと黄色くなって、桜の葉っぱは緑から赤・茶に変わって、
そうすると、年賀状の季節で、
年末の用意が始まって、、、

オレも一歳、としを取る、うわぁぁぁ。(→12月生まれ)
今年で満55歳。四捨五入で60歳(;_;)

先月、前職の会社で同期入社の同窓会(入社30周年記念会)があったのですが(→ほとんどの人は当然現役ですが、私のような退職者にも案内が来た、有難い)。で、同期入社とはいえ年齢は多少前後があるから、早い人だともう定年(60歳)だったりするのですね~。

====
寒くなってきたとたん、親の頭の断線が増えてきて、、、無事この冬も越せるかどうかと今から心配だったりします。(;_;)
(でもまぁ、まだ十分許容範囲内)
まだまだ寒くなる、というか、まだそんなに寒い日は無いというのに。 何事もありませんように(祈)

 

|

2019/11/07

ズワイガニの初競り、500万円(鳥取港)2019年

 今日のお昼のニュース。
(今朝はブログ書かなかったなぁと思っていたところに恰好のニュースがやってきた♪)

 鳥取港のズワイガニの初競りで一匹(一杯)500万円 \(◎o◎)/!!

 ギネス越えだそうです。(これまでは300万円だったらしい)

~~~~

 競りの値段だから市場に出たらいくらになるんだろ?
 足一本で、10万円とか20万円ですね、きっと。

 そう言えば、最近、スーパーライフに行っても「いよいよ解禁!」なんて言うアナウンスが流れています(それも延々と)。

 Kani(写真は、「具満タンDX」より)

 

 私の知人の中にも、
「蟹の季節がやってきたぁ~、毎年一回は食べないと!」
という、甲殻類ファンが3人ほどいます。
これらの人たちが「攻殻機動隊」を見ているかどうかは全く知りません(←アニメね(^_^;))

それにしても、カニが一匹、500万円とか300万円とか・・・世の中、景気は良いんですか?

一匹2380円のウナギさえ買えないtakなのでありました。

・・・だからと言って、不幸だ! なんてこれっぽっちも、思ってないぞ!
  (と、言っておこう)

 何を食べるかじゃなく、
  誰と食べるか
  どこでどんな雰囲気で食べるか
   ・・・こういう複合要素で幸せは成り立っているんです♪

 

|

2019/11/06

ポテチの季節なのですか?

ポテトチップス、最近全然食べてません。

ポテチ好きの人には信じられないことかもしれませんが、ここ10年くらい食べた記憶がありません。

~~~

コンビニに行ったら、レジに店員さんが一人しかいない時間帯で、お客さんが3人ほど列を作ってました。
なので、適当にうろうろ陳列棚を見てたんですけどね、、、ポテチコーナーがやたらと充実しているなぁと思ったわけで。
→幅2mくらいの陳列棚が全部ポテチ。大きいのや小さいのやもちろんいろんな味のやつ。

まぁ、そういう季節なのかもしれませんけど、

「この商品スペースで、これだけポテチを並べているってのは相当需要があるんだろうなぁ」

と思ったのです。

~~~

ポテチはその昔は、ツタヤとかでレンタルビデオ/DVDを借りて、酒飲みながらよく食べていたんですけど、その後、「ナッツ類」の方に好みが移った上に、この数年は映画を部屋で見る機会も減った。。。って訳で最近、ポテチには縁がない。

→ということは、レンタルビデオ屋さんでポテチを売れば良いのか?
 いやいや、今はストリーミングの時代ですね(^_^;)

つーわけで、ちょっとネット検索すると、スナック菓子市場は3000億円市場、そのなかでもポテチは1000億円市場。
ザクっというと、こういう市場らしいです。(中でもカルビーがダントツとのこと)

ジャガイモは好きなんです。冷蔵庫やパントリーにない状態ってのは、まずありません。
どっかの居酒屋か何かで最後に食べたのが10年くらい前で、、、だけど、ポテチを最後に買ったのはいつだろう? 15年前? ひょっとしたら20年前? そんな感じ。

ちなみに、タピオカもまだ口にしてません。
(しかもブームは去りつつあるとか・・・ホントか? 早く食べなきゃ
 →向学のためにね(^_^;) いや、真剣にそう思っているわけでもないですけどね)

人は人、オレはオレ!
(昔、「よそはよそ、うちはうち!」とか親から言われませんでした?)

そう、ライフプランも「うちはうち」なんですっ☆ ←ちょっと強引な最後の一行でした m(__)m

|

2019/11/05

やっと秋、11月3連休も終わっちゃった

 秋晴れの3連休でした~。11/2~11/4(2019)
  ・・・いつものごとく、私にはあまり関係ないのですけどね

 思えば今年も災害が多かったですね~

 8/15お盆のころの関西鉄道全面運休(計画運休)は、被害はあまりなかった(台風10号)
 でもその後、千葉を襲った台風19号(ゴルフ場の鉄塔倒壊に竜巻)
 その後の、千曲川はじめあちこち広範囲の豪雨。

で、やっと、秋らしい3連休♪
(昨日は日頃の疲れでダウン、21時に寝た(^_^;) 9時間寝てもうた)

もう台風来ないですかね。

・・・秋の行楽シーズンが台無しになった地域・まだまだ道半ばの地域、大変そうです。
~~~

 なんかバタバタしている間に、ニュースはどんどん流れて、

 ・大臣二人辞めちゃったり(贈答品が「カニ・イクラ」から「ジャガイモ」になっちゃったぞ)、、、

 ・キャンプ場(山梨)で行方不明になった小1女の子はどうなったのかなぁとか、
 ・関電幹部が助役から数億円もらってスーツ作っていたやつとか、
 ・企業決算が結構みんな悪いとか(→中米貿易戦争の影響)
 ・首里城が燃えちゃったり(→これ、かなり衝撃的)

それに! 消費税増税でキャッシュレス還元。 もう訳わかんない。
 タバコ買ってもコンビニだと2%還元
(テレビか雑誌かネットニュースかでどっかの主婦が言ってたけど)

「安いファミレス(たぶんがストとかサイゼとか)が店内飲食10%で
 百貨店高級老舗の数千円の弁当が持ち帰り8%はおかしい」とか。
・・・ほんとにその通りだ

(オレが野党だったら、大臣一人二人辞めさせるよりも、軽減税率を推し進めたのは公明党じゃないか、それにしぶしぶ乗っかったのが自民党じゃないか、って攻めるけどね)

でもまぁ、増税後も前回と違って今回はあまり大きな生活変化は感じません。
・・・スーパーライフでもあいかわらず特売品は大勢の人
  (→昨日、キッチンペーパー買うの忘れた)

~~~
やっぱり、前半の災害の影響もあって、前回ほどじゃないけどちょっと景気の雰囲気は悪くなる感じです。

株式も、ダウ最高値更新とか言ってますが、日本株は個別狙いですね、、、爆上げの業界はちょっと無い感じ。でも個別ではそこそこのところも。。。(そういう点では、めちゃめちゃ悪いわけではない。良くもないけど→これもう2年くらい続いてます(;_;))

>>>ちょっとまとまりが無いですが、とりあえず良く寝て起きて、この3か月のことを思い出してました。m(__)m

|

2019/11/04

「女性の人口再生産率」という言葉(総務省統計)

総務省統計局のHPで人口に関するデータを見てました。
な~んか、変な言葉があるなぁと。。。

 ●合計特殊出生率
  1人の女性が再生産年齢(15~49歳)を経過する間に子供を生んだと仮定した場合の平均出生児数。
  →これは私もよく見てる!
 ●総再生産率
  合計特殊出生率のうち女児の平均出生児数
 ●純再生産率
  総再生産率に生命表の女性の年齢別生存数を適用して求めた平均出生女児数

「総再生産」とか「純再生産率」とか、もうちょっとまともな日本語は無いのかなぁと、思ったのでした。                
(産業廃棄物とか、アルミ缶とか、プラスチックごみとか、思い出しちゃったぞ)

・・・が、しかし!
 確かに、女性がいなければ子供が生まれません。(→体外受精や他人の精子とかも含めて)

・・・ということは、少子化対策には一夫多妻制の逆で、一妻多夫(読めない(^_^;) イッサイタフ?)制度が良いのかなぁと、ちょっと非倫理的なことを考えちゃったのです。

~~~

でもね、、、今、精子は国境を越えてるんです。
例えばヨーロッパ。
ボランティアの男性の精子が、不妊に悩む女性に提供される。それも国境を越えて。
 →さらに、生まれた子供に対して、「親を知る権利」を保証するとかしないとか。
 (国によっては、提供精子の記録をあとから開示請求できるとかの法律ができている)

体外受精・人工授精という技術で、子供を授かったという恩恵を感じる親が一杯いる中で、逆に、苦痛に感じる親・子供もいるわけですね。これは、人類にとって良かった技術なのかどうか? ちょっと微妙な問題。
だって、夫が不妊症(無精子症)で、かわりに、義父からの精子で人工授精とかあるわけでしょ。血統的にはまぁ理解できるとして、これがホントに良いのかどうか(きちんと(精神面でも)生活できるのか・子育てできるのか、)ちょっと不安になっちゃったりするわけで。

(※基本的に私は、選択肢が増えること=豊かな証拠と肯定的に見るようにしています。
  問題はそれを使う方の側だと。
  で、使う方がきちんと納得していればいいのかな、とも思う)
 
倫理観より、技術が先回りの状態ですね。

そういうことは置いておいても「女性の人口再生産率」なんていう言葉はどうかと思うぞー。もうちょっとマシな言葉は無いのかナ?

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »