« 豚コレラ(中国)で、大豆(アメリカ)が歴史的安値 | トップページ | クレジットカードの案内と断捨離(雑文) »

2019/05/10

悲しい交通事故と保険 (雑文)

大津の「園児死亡事故」、、、悲しいですねぇ。言葉にならない・・・姪っ子の子供がいま3歳くらい。

私、日頃、自動車で右折するときは、右折レーン+矢印信号があるとき以外は、なるべく右折せずに済むように運転してしまうtakです。
→ 一旦、直進して、次の左折で曲がって、さらに曲がって、くるっと回って、やっと、行きたい道に行く。

・・・かなりへたれなので、こうしないと右の道に行けない

こんな面倒なことをするから、運転が嫌いになるんだよね♪

いや、実家の田舎では別です。都会の交通量の多いところだけの話。

~~~~

交差点周辺での、「柵」とか「ポール」とか、歩行者側を守る道具が必要ですよね。

(今でもよくありますけど)、コンビニなどの駐車場でのアクセル・ブレーキ踏み間違いでの突っ込み事故。これなんか、最近のコンビニでは、壁周辺に頑丈な柵というか車止めを付けることが標準になりつつあります。

・・・それでも、自動ドアのところから、つっこんでくる車がいるんだけどね。

~~~~

保険に入っているから大丈夫! なんて考えている人が多いのも事実です!

保険は使わないで済むならその方が良い。だけど、そのための安心料としての負担。(損害賠償1億円なんて簡単に払える人なんていませんし)

こういう観点で保険を入ってくださいね♪

・・・加害者・被害者ともに →自動車保険に、交通傷害などなど

 

保険は、被害の「ごく一部を金銭的に補ってくれるモノ」。精神面は関係ない!
この考え方は、障害保険でも火災保険でも生命保険でも、すべての保険に言えること。

命やケガ(や事故や災害被害など)をお金に換える、むなしい作業が保険金なのです。

  =前の状態に戻るなら、保険金、全部返すよ!
   1億円貰うより、命返してくれ!

っていう場合が多い!(しかももっと少ない金額でもめたりするし)

(いや、まぁ、もっとも、、、、保険金目当ての事件、、、てな話も少なくありませんが)

~~~~

保険って、いったい、難のためにあるのか・入るのか?
この悲しい事故を機会に、一度考えていただければ、亡くなった方も本望なのではないかな、とちょっとだけ思います。

|

« 豚コレラ(中国)で、大豆(アメリカ)が歴史的安値 | トップページ | クレジットカードの案内と断捨離(雑文) »

FP-保険」カテゴリの記事