« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月に作成された記事

2019/04/28

親との京都小旅行

史上初の、GW10連休!
 ・・・休めない人も多いことを忘れずにねっ☆

“がくぶる”のGWスタートです!(絵文字だとガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルね♪)
なんでこんなに寒いの? @4/27

~~~~
なので、先週行ってて良かった親との小旅行の話。
行った先はと言うと、、、


●篠山紀信の写真展「歌舞伎~藤十郎と仁左衛門」
 京都伊勢丹の美術館「えき」
  2019.4.12 FRI-5.6 MON/public holiday

●嵯峨嵐山文華館・・・(旧「時雨殿」)
 百人一首ほか和歌と関連絵画の展示。
 
 あと、近くを散歩

●等持院 →足利尊氏のお墓、庭が綺麗な閑静なお寺

~~~~
上の二つの「歌舞伎」と「百人一首」は、100%親の趣味。
はっきり言うと私はほとんど興味なし!
 ・・・ま、親優先ってことで。

最後の等持院は、「どこに行っても外国人でざわついているし」、で選んだ。
昔、通勤経路にあったからよく知っているお寺でして、大型観光バスが入れないから、いつも静か。
 →かなり良いお寺です、私は好きです。

足利家の菩提寺ってのは知っていたのですが、行く前に、姉に「等持院どう思う?」とメールすると、すかさず、

【水上勉の「雁の寺」・さだまさしの「春告鳥」に関係するお寺】
なんて答えが返ってきた。
 さすが、こういうところは、京都の女子大の文学部日本史学科卒だ。

 ・・・もし、これ(「雁の寺」と「春告鳥」)を両方知っているとしたら、
    おそらくアナタは50代か60代のはず(^^;)

~~~~
ついつい、親とは、あと何度出かけられるかなぁと考えてしまうtakです。

 

|

2019/04/27

令和に間に合わず!叔父さん死去

個人的な事で申し訳ないのですが、私の伯父 叔父さんが亡くなられました。

昨日、お通夜で、今日お葬式。

母の妹の旦那さん。母より年上で大正生まれ。
・・・親族中で、唯一、元号4つ制覇か? と思っていたのに残念です。
  せめてあと数日、、、だったのに。


昨日は、母親を(親族が集まる前に)最後のお別れをしてもらって、私が残って代表参加。

もっとも、親の世代は残り少ないので、どちらかというと、私の世代ばかりの同窓会という雰囲気。

「孫の会社の社長からの弔電、を読む順番はどうなの?」とか葬儀屋さんが悩んでいました。

・・・いやいや、15年前のオレのときにも祖父母が亡くなって、忌引き休暇はあったけど

高齢化が進むと、ひ孫の忌引き休暇とか会社からの弔電とかを会社規約にいれないといけない時代になりますね~

・・・家族葬が主流なので、弔電はまぁいいとして、やっぱり忌引き休暇はいるのかなぁとか思ったり。

(昔、私がつとめていた会社の就業規約はどうだったかなぁ・覚えてないなぁ、って感じ)

~~~~

で、帰りの道でふと思ってしまいました。
棺桶をかつく男手の人数!

私の地域では、最後棺桶を担ぐのは男の役割。

・・・私の親はかろうじて人数が揃うとして、オレが死んだら、男手が足りないぞ!
  姪っ子に、もう一人男の子を生んでくれ!そうしないとオレの棺桶かつげない!

とか思っちゃったのでした。

(だから、葬式のやり方がかわってくるんだろうなぁ、と思ってます。
 →なので、それほど心配はしてませんが m(_ _)m )

|

2019/04/26

「あなたの街のコンビニ」が消える時

このブログをお読みの常連の方は、私が、京都(自宅マンション)と奈良(実家)を往復していることはご存じだと思います。
この両者、私の生活環境における両者、でのコンビニ状況の話です。

◆京都・・・セブンイレブン・ローソン・ファミマ・ミニストップの4店舗がある。

    しかも、どれもほぼ同じくらいの徒歩5分。
      (どれか一つでいいから近かったら良いのになぁというのが本音。でもいずれにも便利という言い方もできる!)

◆奈良・・・ファミマが歩いて5分。ローソンが10分。
    でもセブンイレブンは3店あるけどどれも徒歩15分以上。

でね、基本、実家の奈良の方が田舎なので何をするにもほとんどが自動車なのですが、先日、親を病院に連れて行く途中、コンビニが2店舗閉店してました。
 →ひょっとして、これからどんどんコンビニが無くなる?

~~~~

おりしも、、、、「コンビニ24時間営業問題」関連のニュースが、いろいろ騒がれています。

→ 経産省の大臣がコンビニ各社へ「行動計画」策定を要請したり、各コンビニも記者発表したり。

新聞記事では、全般的に「すでに飽和状態」というのが一般的意見のようです。

確かにコンビニの方も、レンタル自転車とか、軽いジム併設とか、コインランドリー併設とか、いろいろ既存店とは異なる取り組みをしているようにも思えますが、上に書いた【閉店!】、、、これ、人口減少日本にとっては「街のコンビニが消えていく!」というのに発展するように思っています。

例えば、このGWで、ATMが空っぽになって取扱不能になるかも、なんていうニュースもありますが、

「もしお金が必要になったら、近くのコンビニで、216円くらいの手数料払ってもいいや」

なんて安易に考えている人もいると思うのですが、この「近くのコンビニ」が十年後には無くなっている可能性はありますよね。

(だいたい今だって、しょっちゅ、近くにできて→近くがなくなった、なんて良くあることと思います)

~~~ 今や、こんな時代なのかもしれません
(いや、京都市内という比較的便利なところと・人口7000人の街の両方を見ていると、いろいろ思うところがあるわけですよ~)


 ・いつまでもあると思うな、親と金
 ・いつまでもあると思うな、コンビニと公共インフラ

 ・いつまでもあると思うな、いつものクリニック
 →いや最近、お医者さんの高齢化で廃業なんていうことも良く聞いたりするのです。(が、この話はまた今度っ☆)

(※最近、人口減少時代を憂えてるtakなのでした!)

|

2019/04/25

改元詐欺いろいろ

先月くらいから、詐欺情報が公表されています。

(以下、国民生活センターからのHPより引用)

◆電話勧誘販売・送り付け商法

  • 「天皇陛下の退位を記念したアルバムを購入しないかと電話で勧誘された」などの電話勧誘販売
  • 「注文していないのに、皇室に関するアルバムが届いた」などの送り付け商法
  • 「改元で法律が変わるという通知が実在する団体名で届き、口座情報や個人情報を記入して返送してしまった」などの口座情報等やキャッシュカードをだまし取る手口

(また、金融庁からは、)

◆全国銀行協会等を装い、改元を理由として暗証番号等を記載させる詐欺にご注意!

  • 全国銀行協会を装った封書を送りつけ、
    「元号の改元による銀行法改正に伴い、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用キャッシュカードへ変更する手続が必要となります。同封の『キャッシュカード変更申込書』に取引銀行、口座番号、暗証番号を記載し、現在お使いのカードを返送してください」などと指示し、キャッシュカードをだまし取ろうとする。


→ ここまで、複雑な書類だと、かえって引っかかる人がいるかも

  他にもいろいろありそうですから、気をつけてくださいね~

|

最後の消毒作業で、筋肉痛(;_;)

つい先週までは「ちょっと寒いなぁ、電気ストーブくらいいるか」とつけたりしていましたが、どんどん暖ったかくなって、ついには「暑い!」

~~~~

先週の(親の)京都への引っ越しの下準備をかねた小旅行。 ← しかも、桜シーズンとGW10連休の見事な狭間!

実家に戻ってきて、お互い「疲れたなぁ」とまったりしながら、庭をよ~く見てみると、早くも害虫!

「梅の葉っぱはまだ小さいし、消毒には早いかなぁ」とか
「こんなヒイラギなんて固い葉っぱが美味しいのか? でも綿毛の虫が」とか

いろいろ思っていたのですが、ここは清水の舞台から飛び降りる気で消毒を! と、噴霧器を倉庫から出してきました。(→ちょっと大げさ(^^;))

 実家にある噴霧器でシュポシュポ!

 =4~5リットル入る容器で、とシュポシュポと手動ポンプで圧力高めると、しばらく、ピューと霧状の水がでる噴霧器です。これにスミチオンを入れて、(シュポシュポ6回くらいの)計30リットル。およそ、小一時間の作業☆

さて翌日。 【肩が痛てぇ~】
 ・・・筋肉痛ですね♪ 数キロのダンベルを小一時間もってたのか>オレ

よく考えると、昨年末にむち打ちみたいなケガをしたあと、運動らしきモノを全くしてません。

ただ、ヒビとはいえ頸椎損傷で左手の握力が無くなって約5ヶ月。
その間の筋力低下はやっぱり激しいというか、最近やっと日常生活には困らないくらいに戻ってきていたというか、そんな感じ。

現在の後遺症は、ぴったりゴム手袋が張り付いている感じ・寒さで手がかじかんでいるような痺れ。。。なんか温めたら治るのかなぁみたいなしびれがずーっと残っています。

たぶん、一生つきあわないといけないんだろうな、このしびれ。(;_;)

~~~~

たぶん今回が最後の消毒作業、かもです。
 ・・・はっきり言うと、ガーデニングは好きじゃない。鉢物はともかく、植木類は特に。

これから、親が京都に来て、実家が空き家になると、庭の手入れがほどんどできなくなるのは仕方ないとして、ご近所さんに迷惑かけちゃうかなぁとか思ったり(蚊とか猫とか、雑草とか・・・(これからは姉がやってくれると良いんだけどね~)

ま、現在でも近くにそういうお宅は増えつつあるんですけどね。
今、うちの住宅地(50軒ほど。全面の2軒は更地に、雑草だらけの空き家。道路を中にはいると、正面に「売家」の看板、と、たぶん1~2割は空き家・空き地のはず。。。「将来の空き家問題~3軒に1軒が空き家」という流行の最先端をいっているかも。

|

2019/04/23

はふ~、やっと一息\(^o^)/

(今回は本文なし)
 ・・・こんなのアリか? ナシか? m(_ _)m

 

 

|

2019/04/22

逃避行としての「読書」という楽しみ

高校時代、正確には、工業高専時代の国語の先生であるK先生が半年前にお亡くなりになっていた。
さっき、ネットで調べて分かったことである。

~~~~

最初に書いておくとすると、
一応、理系である工業高専において、国語や歴史など文系の授業は、(当時は)はっきり言うと、単位取得の目的でしかない。

だけどそんな中、「奈良高専必読図書100選(※)」という企画を組まれた先生がK先生、1981年ごろで、38年前の話である。

(※奈良高専必読図書100選のリストは、下記「図書館だより」の最後にあります。
  https://www.nara-k.ac.jp/nnct-library/publication/pdf/no10.pdf )

今読み返すと、読んだ本が2割ほど。ただ、この企画に乗せられて、本を読むようになったのは事実。
・・・もっとも私は、SF好きの方に走ってしまったけど(^^;)

さらにかすかな記憶では、当時、いろんなところから「新潮の100冊」とか「角川の100冊」とか、そんな似たような企画があったような気もする。

それでも、先生がおっしゃっていた「本が氾濫する時代に、年長者が良書を薦めることには意味がある」という言葉は胸に響きます。

実は、数年前から機会があれば、お会いしたいと思っていました。
というのは、先生が歌人で新アララギの創刊に尽力されていたということを聞いていたからでして、(→M新聞の地方版の歌の選者をされておられた)

母親 「昔、私の歌がアララギに選ばれて、豪華な表紙の本になって掲載されたのに、それを疎開に行く途中の電車の中で。弁当と一緒に盗まれたから」

とか言っていたし。。。昭和19年くらいの話。

→おそらく、私の理系中心の同級生の中で「アララギ」なんていう雑誌を知っている人は1割いないと思う。(和歌の世界では有名ですが)
  

上にも書いたように、理系の学校において、文系授業はあまり注目を集めない、だけど、結構、県レベルの読書感想文コンクールでは入賞者が出ていたのが奈良高専。(しかも、私の記憶では、特にガンガンと教育された覚えもない。)
先生はどんな気持ちで&どんな理念で、その人の個性や文章力を引き出していたのか? 
ここが結構疑問だったのですが、その機会は無くなってしまいました。

~~~~で、表題に戻りまして、

学生というのは、中間試験や期末試験というものが年に数回あって、試験予定に合わせて必死に自分で勉強の計画を立てるのに、それを無視して、読書に逃避する、なんてことありませんでしたか?

 ・・・今から思うと、これができるのは学生だけ。。。のような気がします。

試験勉強しなきゃいけないときほど、本が読みたくなるというか、逃避行するというか。
 ・・・私の友達には「星新一ショートショート」なんかが結構共通の話題であったりするのです。もちろん、赤川次郎の人もいるし、筒井康隆の人もいるんだけどね、、、(←ちなみにこれらは、高専100冊には入っておりませんのであしからずm(_ _)m)

 

およそ40年前の事を振り返って、「まぁこういうのも、思い出であり、豊かな人生の1ページなのかな?」と思ったりするわけで(^^;)

そのきっかけがK先生の高専の100冊! 
半年遅れですが、ご冥福をお祈りいたします。

(ちょっとまとまりがない文章だな~、K先生なら、「もう少し頑張りましょう」と評価かな?)

~~~~

先生の他の台詞です。
「文化とは、人と人とが相互に人間性を高める活動のこと」

・・・今の世の中、ネットでなんでも便利になりましたが、人間性を高めていますかね~
(おたく文化をはじめサブカル系は、そのサークル内では人間性を高めている部分も多いと思うのですが、ネットバッシング系はどうも人間性を高めているとは思えないんです、、、ここが長らくの疑問というかサブテーマというか、、、元エンジニアとして、技術は人を豊かにしているのかっていう部分で、「はてな?」なのです)

 

|

2019/04/18

京都、嵐山に行ってきた♪

 混雑が苦手なtak。でも今回は、親と一緒に京都旅行♪
 → で、やっぱり・結局・手近に『嵐山』!(=^_^;=)
    ちょっとだけピークをはずしてね。。。

 まだ、桜が少し残っていましたヨ。

Kyosakura

写真は嵐山駅前(嵐電)の土産物屋さんのところにあった、枝垂れ桜。
(昨日2019/4/17撮影)

 

ソメイヨシノも葉桜が多いとはいえ、ところどころ、残っておりました\(^o^)/

~~~~

それにしても、外国人が多い。それもいろんな国から(→いや、一人一人にどこから来たのかなんて聞いていませんけどね)

逆に日本人観光客が減っていて、タクシー運転手さんは、「随分、(道路の)混雑がマシでした」って。
かわりに、保津川下りの観光船が人気だそうです。

・・・桜シーズンが長かったのも影響していますね、きっと。
  だって、開花が先月終わりで、今月初めくらいから「咲き始め」で今、2週間も経っているし。

新緑の季節も、山が青々(それも若葉の青)しはじめていて、山の桜もちらほらあって、私は、紅葉よりも元気が出ます!
(いや、はっきり言うと、紅葉は、東北とかあちこちの山々に比べると、規模が全然違うし負けてるような気がするんだよね~)

 

|

2019/04/17

行ける時に行っとかないと・・・

 ノートルダム大聖堂の火事。。。とても残念です。→まだ見てなかったし。

 その昔、およそ30年前にパリに旅行したときに、ルーブルとオルセー美術館は歩いて回ったので、その時セーヌ川を渡る時にちょっと遠くに見えるノートルダム大聖堂を見た。だけど・・・です。

=====

 ところで今、親を連れて、奈良から京都観光中です。(ソメイヨシノはかなり終わっていますが、まだ、そこここと、残っているし)
 12月末から2ヶ月間、京都の私のマンションに連れてきていたのですが、これは、田舎の寒さ対策。
 結局、寒さに凍える2ヶ月間、京都にいたのに一歩も外に行かなかったので、今また暖かくなったので連れてきているのです。京都の小旅行♪

 しかし93歳という年齢を考えると、行ける時に行っておかないと、、、というのが正直な気持ち。(いや、1~2割ほど頭の中の接触が悪い時もあるのですが、それ故に、「今でないと!」という気持ちも出てくるわけで。。。)

 で、素直に「車椅子」に乗ってくれればこちらもある意味楽ちんなのですが、本人曰く、「自分で歩いて達成感を!」なんて言うものだから、必然的に、カート(手押し車)と杖になるわけで。
 そうなると、一日を費やす気持ちでも、その歩行距離は500mとかが限度になります。

 でも京都のお寺・観光名所って、嵐山にしても、そこの天竜寺にしても、(私の近くの)妙心寺塔頭にしても仁和寺にしても、南禅寺や平安神宮にしても、金閣寺をぐるっと回るにしても、、、みんなでっかすぎる。親が歩ける距離じゃない!
 ましてや、清水坂や知恩院はかなりの坂道、とてもじゃないけど無理!

・・・ホントなら、東山(清水寺から高台寺→円山公園・八坂神社)くらいまで歩ければ京都観光らしくなるんですけどね~

=====

 『四国88カ所』とか『奥の細道巡り』とか、そんな希望を持っている人は、、、行ける時に行っておかないと後悔しますよ~、、、、って感じです。

 

|

2019/04/15

共働きか・専業世帯か? 40年間の世帯変化

お客さんと会話している時に、こんなことを言うことがあります。

「専業主婦が可能だったのは、私が大学卒業した30年くらい前までだと思います」と。

私が、新社会人になったのは平成元年=1989年。その後10年間で「共働きが増えたよなぁ」、とは思っていたのですが、久しぶりにグラフ化しましたっ。というのもなかなか出典の資料がないのですぅ(;_;)。

(・・・ひょっとして10年ぶりかも。下記※も参照ね♪)

この手のデータで良く取り上げられるのは、内閣府の「男女共同参画白書」。でもこれイマイチ信憑性に欠けるんじゃないかと思っていたのです。というわけで今回は、(独法)労働政策研究・研修機構が出しているデータで、でも実はこれ、二次データでして、別の出典(総務省の労働力調査等)が注記されています。

 ・「男性雇用者と無業の妻からなる世帯」= 夫が非農林業雇用者で、妻が非就業者の世帯。
 ・「雇用者の共働き世帯」=夫婦ともに非農林業雇用者の世帯

と明確に定義。
(もっとも、上の内閣府のデータとそんなにも差はありませんが・・・)

 Sengyoutomobataraki

~~~やっと本題。

平成元年(1989年)頃までは専業主婦も多かった。
その後、10年間はほぼ横ばい。
その後急速に、共働き時代になった。

  ってことが分かります。

でもっ!その中身(ここは想像ですが)
    いわゆる20代30代の若年者もいれば、
    子どもが進学してパートに出た、という40代50代もあれば
    老後は、私も働きたい!(今まで我慢した妻(※))という60代以降もあるでしょう
いろいろあると思います。

※例えば、それらの理由は、
 実親・義親の世話のときもあれば、養育=子ども成人までとかもあれば、
 私の老後のお小遣いは私が働いて稼いで遊ぶんだっ、とか
 まぁ、理由もいろいろだと思います。
 
====女性活躍・女性参画!

 確かに、女性の運転手(タクシーでもトラックでも)は珍しく無くなりましたし、女性の車掌さんも珍しく無くなりました。いろんな分野で「女性活躍」しています!
 でも、ニュースで外国の女性首相がよく登場することをみると(最近のニュースだと、イギリスでもニュージーランドでも、その他海外でも)、日本はまだまだ政治の世界では女性活躍は遅れているんだろうなぁという気はします。
 ・・・それが日本文化だと言っていた時代は、もはやない。
 
 ま、ときどき女性市長や知事さん(とくに東京都とかね(^_^;))も話題になりますけど、平均値としては低いんだろうな、と思うわけで。
 
 ただ、グラフを見る限り、今後10年20年で大きく意識・世の中の雰囲気は変わるんだろうな、っていう気はしています。


※共働き世帯数のグラフ (実に、10年以上ぶりの記事だっ!)

 【過去記事】 
  ●共働き・専業 世帯の比較(2008/06/09)

 この中には懐かしの「内閣府の『カエル!ジャパン』キャンペーン」とともに、
私自身が11年前にこんな事を書いています。

~~~
「子育て支援」、中途半端な児童手当とかよりも、保育所作りとか、夜間休日小児医療とか、
それから、虐待問題の窓口とか、もっと充実できないのでしょうかね。小学校の英語教育より
大事な気がするのですけど。正直、ニーズと合致しているのだろうか、なんて、、
~~~

な~んか、、、10年経っても、あんまり変わってないのかなぁと、ちょっと寂しく思ったり(;_;)

→ところで、、、上のグラフを見て、「年金の3号被保険者制度は危ないぞ!」なんて思いますか?
 (この話題は全然違うのでまた今度ね。それに、共働きにもいろいろな形態=フルタイムにパートとか、ありますしね)

|

2019/04/11

母親の認知度がさらに・・・

一旦、暖かさを知ってしまったカラダに、季節はずれの寒さが堪える一日でした。

で、親! ちょっとやばい。
・・・認知度がさらにって感じ。

昨年秋に倒れて、この冬は一人暮らしは無理だろうと、一旦私の京都に住まわせたのが良かったのか悪かったのか?

寒さを越えれば多少は元気になるかと期待していたのです。
カラダの動きが鈍くて、3倍時間がかかるのは仕方ないとして、でも最近、場所の認知が時々変なのです。

(写真はイメージ/フリー素材「具満タン」より)


 
「家が気になるから早く戻りたい」
  で奈良に戻ってきたのは良いのですが、今度はまた

「早く、アンタのところに戻りたい」
  と言い出してます。(これは想定内。だけど・・・)

で、問題はここから・・・“アンタのところ”がさまざまなんです。

京都じゃなく、愛知だったり、広島だったり、大阪のとある街だったり。

  ・・・これにはわけがある
(順番に言うと、
  京都は今の私のマンションのあるところ。
  愛知は私が大学時代に下宿していたところ。(親は2回くらいしか行ってない)
  広島は、戦争中の疎開先(70年前)
  大阪は、子供の頃の住まい(80年前)
 )

認知力の低下!!

  1.  【時間】の認知力の低下・・・昨日と先月と去年と十年前がわからない
  2.  【場所】の認知力の低下・・・上がその前哨戦(自宅に帰れない人が徘徊ね。さらには、便所に行ったら自室に戻れない家で迷子の人も世の中にはいらっしゃいます)
  3.  この後来るのは、たぶん【人】です。
    おそらく、周りの人を勘違いするところから始まって、二人の姪を取り違えたり、近所の人を間違えたりして、、、最後、私を覚えてくれているかどうか。

そして、私がいつまで面倒を見きれるか?

この一年の状況を見ていると、あまり時間がないのかなぁ・のんびりしている状況じゃないなぁ、と思っちゃうわけで。

|

2019/04/09

ネットで「車査定」をクリックしたら、電話が鳴り続け状態に

 実家の整理シリーズです。。。先日、実家の自動車を中古車屋さんに売りました。

 元々、親の病院行き用に使っていた自動車です。
 当初は、保険のきかない施術を受けに大阪往復とかもしていた自動車なのですが、最近はもっぱら、近所の病院行き&お買い物専用の近距離専用自動車です。

 ・・・ETCの障害者割引を使うのに、家族名義の車だといろいろ制限があって(この10年でどんどん条件が厳しくなったので)、親名義の自動車を持っていたんです。親自身は運転できないんですけどね(^^;)

 登録年度は10年越え、でも、走行距離は数万キロ。半年ごとにディラーにメンテして貰っているしそんなに状態は悪くないのですがいかんせん、大量にあるコンパクトカーで、それも10年越えになると査定価格はつきません。それは当初から分かっています。それに大事なのが、車検&保険の満期!

 今の走行距離なら維持費がでかくてお得じゃない!

なので、いっそのこと売ってしまおうと言うことになったのです。

 ということで、「こんな機会はめったにない」と、ネット広告で偶然出てきた「お車査定」のボタンをクリックしましたっ!!

・・・どうなるか知ってます?(やったことのある人はご存じですよね)

 メーカーや車種はもちろん、登録年度とか走行距離とか、それに連絡先を入力してクリックすると

  ↓

 なんと、クリック30秒後に、電話が鳴りました。
「○△オートの◇○と申します!」と、どこかの中古車屋さんから電話。

 以後、30分間~1時間、10本くらい電話が鳴り続け状態に。

 どうやら、クリックしたとたんに、あっちこっちの中古車センターに情報が配信されるみたいです。

で、そのたびにね、私・・・

「いや、今、私は京都にいるのですが、売りたい車は実家の奈良の車で・・・」と答えなきゃいけない(;_;)
・・・だって、京都でクリックしたんだもん、仕方ないよね。

中には向こうから、「今、電話がとっても大変な状況だと思いますけど・・・」なんていう親切な中古車屋さんもありましたっ♪

~~~~

結局ね~、実家に帰ってきた時に半日時間を取って、中古車買い取り屋さんの多いところ(←そういう通り沿いってどこにでもありますよね)、をいくつか3~4カ所回って、適当なところで契約(売却)しました。

・・・親名義だから、委任状とか、親の印鑑証明とか結構面倒だったし。

=====

でFPらしく、保険のことを書いておきます。自動車保険の等級の件。

 今回、解約します。(ちなみに、自動車はもちろん上の車で契約者は私の保険です。運転者は本人限定なしにして姉が運転しても近所の知り合いが運転しても保険が出るようにしていました。)


 もし、残りの保険期間があれば、ちょっとくらいは保険料が戻ってくることが多いと思います。
 で上の私の自動車保険の等級は12等級くらい(←ちょっと前、姉運転の時に事故したし)。折角安くなっていた保険料が・・・とか思いますよね。

これは、「自動車保険の中断証明」というのが発行してもらえて、次に自動車を買ったときにその等級から再開できます。有効期間は確か10年間だったはず。つまり、10年以内なら、今の等級が維持できるってやつ。

・・・ちなみに逆の保険料が上がる方、つまり、事故&事故で等級が0というか1になったとき。
  3年間、(最短1年、通常なら2年弱くらい)車を手放せば、初回登録ではじまります。
  ま、初回等級も今や高い保険料になりますけどね。

(ま、自動車保険は良く変わるし、それに、自動ブレーキ割引はもちろん、自動運転ができればどうなるか分かりません。今でも、センターラインを超えると警告出してくれる自動車があって、それようの割引もあったりする時代だし、アクセルの踏み込みを記録して安全運転かどうかで割引があったりする時代だし・・・GPSの制度精度が10cm単位になれば、それこそどんな保険ができるか分かりません。)

|

2019/04/08

投票帰りに、テントウムシの幼虫を見た!

 昨日はご存じ、全国知事選・県議などの投票日。
 皆さんの支持者の結果はいかがでしたでしょうか?

で、うちの親、「今まで棄権したことがない」と言っていました。
なので、前々からこんな会話をしていました。

  「不在者投票について行こうか?」
  「もう今回はやめとく」
  「ホントに良い?」
  「うん」

こんな会話を一昨日まで何度も何度も繰り返していたのですが、、、
いざ、(昨日の)朝になったら

  「やっぱり投票に行く!」

とか言い出しました。でも、一人では絶対に行けないので、一緒についていった帰りのことです。

====

 田舎の空き地の草むらにいろんな春の花。。。ホトケノザにカラスノエンドウ、花はまだつけてないけどアメリカフウロ。(→数年前まで犬の散歩で良く通った道だから、大体の植物はチェック済み)

で、ふと、気になったカラスノエンドウの茎! やけに太いし、斑模様。
近づいてメガネ外して、しげしげ見てました。(→最近老眼ね)

「なんだこれ?」と思ってよく見ると、アブラムシがビッシリ付いて、茎を太く見せている。
しかも、オレンジマーカーのついた黒い虫もいる。

→見た瞬間に、「アブラムシを食べているテントウムシの幼虫の図だ!」って頭が反応するんです。

 “あれっ、この黒い虫なんだっけ?”とか思い出すこともなく、分かるんです! この脳の反応は何? 自分でも理解不能です。

オレ、いつのまにテントウムシの幼虫知ったんだろ? うーん覚えてない。だけど間違いない。」

 テントウムシの幼虫!
 
スイカの種くらいの黒い色にオレンジ色の目印がトレードマーク。

( ・・・あまり気持ちの良い写真ではないので、
   気になる人は「テントウムシ 幼虫」で検索(→googleならこれ)
   してみてね。→はっきり言うと、きしょい!! 成虫はご存じのようにかわいい虫ですが、幼虫はちょっとね~って感じ)

で、この幼虫のことを思い出した瞬間に、なんか別の大事なことを三つ四つ、忘れたような気がしてなりません。m(_ _)m

・・・ナナホシテントウ虫、、、結構かわいいのに、幼虫の時はこんな姿なんだと、ビックリすること請け合いですヨ

|

2019/04/07

花見酒(と内需主導経済)

昨日・今日は、天気予報のお姉さんによれば、「お花見日和」らしい♪
 ・・・私は、どこにも行ってませんが(^^;)

で、落語に「花見酒」っていうのがあるのですがご存じですか?

簡単に言うと、、、、男二人が花見で酒を飲もうと考えた。
その酒をなんとか増やせないかと考えたのがこれ。

 ・酒を一升ほど仕入れる
 ・一杯、(例えば)300円で売る
 ・その儲けで、新たに酒を買って飲み直そう

まぁ、酒の錬金術→錬酒術なわけですな。
でもっ!

 ・一人の男が、「この300円でオレに呑ませてくれ」
 ・しばらくしてもう一人が「この300円で呑ませてくれ」

結局、二人の間でお金が動くだけで、最後、お酒はすっからかん。
こういう落語です。

表題でお分かりだと思いますが、二人が楽しんでいる間だけみれば、二人は存分にお酒を飲んで楽しかったわけです。が、最後、「資源」がなくなって・・・

という書き方をすると、「日本は資源がないから、輸入しなきゃ!」

昔だと、原油だし、今では、かなりの食料も海外からやって来ています。
 
で、上のお酒は1杯300円ですが、もし財布にもう少しお金があって、
 300円 → 400円 → 600円 → 1000円

と理由もなくつり上がっていくと、バブル経済のできあがり!

こう考えると、江戸時代の鎖国時代ってのは、内需主導型経済で、それでも400年間上手く回っていたと考えると、結構、持続可能社会だったのかなぁとか思ってしまうわけで。。。


       (イラストは、フリー素材「具満タン」より)

~~~(折角の桜のシーズンなので、ここで話を終わらせても良いのですが、、、)

まぁ、江戸時代末期というか、明治維新の頃っていうのは、

 内燃機関の発明 → 蒸気船 → 黒船来航

ってな外圧があったわけでありまして、
「遅かれ早かれ、周囲(世界)の状況に巻き込まれてしまう」
という宿命の時代です。

だから、【富国強兵】→日清・日露戦争とか、その後の太平洋戦争とか、こんな近代史(→あまり詳しくないので聞かないでね)

===で、世の中のお金的には、、、

結局は、江戸時代の徳政令にしても、世界恐慌による株価暴落・デフォルトにしても、

→最後、誰がババを引くか?
 という、ババ抜きゲーム・トランプゲームに帰着するような気がしてきています。

・・・今のアメリカ大統領がトランプさんというのは、全くの偶然ねm(_ _)m

 

|

2019/04/06

実家のお片付け・ただいま大掃除中

一人暮らしの親の実家、、、ただ今、大掃除!

随分暖かくなってきたので、いらないものを「大型ゴミの日」に出そうかと奮闘中です、というのは、あと2週間もすれば自治会回収の日だから。

  • 15年前になくなった親父のがらくた、とか
  • 私の小中高の頃のがらくた、とか
  • どさくさに紛れて放り込んだ品々、とか

(大学→就職して会社の寮、の時に大学中のがらくたは結構処分したつもりだったのですが・・・)

  • キッテルの「固体物理入門」なんて絶対開けないだろうな、、、(しかも和訳・原文英語の2冊)
  • 「電磁気学」の教科書は一冊は残しておくとしても、「電磁気学演習」は絶対いらないだろうな、、、
  • 「線形代数」はいるかなぁ、でも、「基礎微分・積分」はどうだろ? とか

まぁ、たぶんいらないとは思いつつも、とりあえず記念品として残してある本が一杯あります。

意外と、「N88-BASIC」どうだろう? とか悩んだり(^^;)

 

 

一方で、懐かしの本を発見していたりします。

【過去記事】  ●「愛あるおせっかい」の作品(2016/10/14)
  ・・・この中で、、、
  # 一体オレの短編集はどこ行った?
  # そのうち出てくるだろうと思いきや、毎年探しているような、、、、

って書いていましたが、やっと見つけました!実家にありました!
  → 「O・ヘンリ短編集 1~3」(新潮文庫)

~~~~

でね、その隣に、和製SFの「クラッシャージョー」シリーズ(朝日ソノラマ文庫 「高千穂遥」氏)
があって懐かしかったり、「ひょっとして映画版がDVD化されているのか?」とamazonで検索してみたり、、、全然、掃除がすすみません(^^;)

・・・DVDありました! しかも、コンプリートBOXも出てる! でも、ここはクリック一つでストリーミング再生か? とか思っちゃったぞ。

ま、そんなこんなで、全然、前に進まない実家の大掃除であります。

|

2019/04/04

4月に風邪引いた(;_;) 新年度ですね!

なんか、寒いっすよね~
桜も咲いてきたと言うのに、ちょっと寒い。風邪引いちゃった感じ。
世の中全国的に寒いんでしょうか、確かに天気予報では、「花冷えに注意!」なんて言っていまいしたけど。

 おとといは、なんと、21時にパブロン飲んで寝ました(早っ!)

 →きっと、「お前も、そろそろ休養をしっかり取れ」、というサインかと。

~~~~

今年は「春の花たち」、すなわち、ホトケノザにオオイヌノフグリ、外来種のヒメオドリコソウ、それに、いつもの「桜!」。
これらが一斉に咲いているように思います。

・・・一気に春が来た感じ。(なのにちょっと寒い(;_;))
(先日、スズエノエンドウが咲いているのも見たぞ! レンゲはもう少しあとか)

渡り鳥で言えば、ヒタキとツバメが一緒にやってきてます、みたいな。あとヒバリもね。
この前、セグロセキレイも見ました(→これはこの季節いつでもいるし)

・・・結構、【花鳥風月】が豊かなtakと思ってもらえれば嬉しいかも(^^)v

※セグロセキレイ、、、白と黒の鳥で(キセキレイとか黄色のヤツもある)
 田舎のこの季節、用水路とかの水場にいます。ピューと飛んで、ちょこんとその辺に止まる。

 で、腰をぴょんぴょん動かしている・・・子孫繁栄の鳥だった、はず(→記憶曖昧だけど)

~~~~

株価・相場モノがさえませんね~、、、、一時ほどはマシですが、まだまだ。
原油はちょっと上がってきています。金(ゴールド)もちょっと戻った。。。
さて、仮想通貨をどう判断すればいいのか、ちょっとムツカシイ。買い時か?でも怖いし・・・

・・・今年の景気は、前半世界的に、軟調な予想をする向きが多いようです。→イギリスのEU離脱に、米中貿易、アメリカの国境壁問題に、ロシア。

新興国だと、ブラジルくらいがねらい目でしょうかね~ それともそろそろ豪州回帰が始まる?

 

とりあえず、新年度! 始まりました~ もうすぐ入学式なんて方も多いことと思います。

→ 新しい出会いと期待をこめて、頑張って行きましょう♪

|

2019/04/02

大伴旅人と家持(新元号関連)

大伴旅人と家持・・・(万が一読めない人のために書いておきます、「おおともの たびと」と「やかもち」です。。。万が一と書きましたが、百人に一人は分からないような気が・・・)

~~~~

今回発表の新元号「令和(れいわ)」。

万葉集の梅、しかも太宰府関連と言っていたので、てっきり、「菅原道真の関連か?」と思っていたら、その前の大伴家持(おおとものやかもち)・大伴旅人(おおとものたびと)の時代だったんですね~(そうだよね、道真は京都の都の時代だもんね)

私「旅人って、家持の親?」
母「多分そうだと思うよ」
私「家持、って、たしか、万葉集最後の歌で、因幡(鳥取)に左遷されたあと(万葉集を)編纂したんだよね~」
母「たしか、そうだったはず」
私「だったら、やっぱり、旅人は家持のお父さんかな?」
母「お兄さんとか叔父さんとか、養子縁組とかもあるかもよ?」

・・・で、結局,wikipedia(^^;)

大伴旅人のお子さんが、家持でしたっ! ←@wiki

ちなみに私、奈良・京都に住んでおりますが今まで身近には、「大伴さん」も、「大伴くん」もそんな友人・知人、おりません。


~~~~

ま、元々奈良県人だし、お袋は、(故)犬養先生の万葉集講座に通っていたし、、、てな会話であります。(最近の親は、古い話ほど良く覚えてるんだよね~)

私「あれっ! 太宰府に行った後、因幡に行ったの?」

wikipediaによると、いったん、都に戻った後、因幡に転勤したようです。

・・・当時としては、結構、心労大!だったろうなぁ、、、、はっきり言うと左遷だし。

親は大宰府に左遷、自分は鳥取に左遷って感じ?

 

とりあえず、新元号まであと一ヶ月。
「平成最後の~」が使えるのもあと一ヶ月ですよ~♪

 

 

|

2019/04/01

「令」は、令息・令嬢の「令」ねっ>新元号

さきほど、新元号発表されました→令和

ご令嬢とかご令息とかに使う「」。

 ・・・これ使うの結婚式くらいだね~
    万葉集の「初春の令月・・・」と言われてもピンと来ないし

立派なとか・誇れるとか・良いとか言う意味。しかも、相手に対して使う言葉。

~~~でも、最初

命令の令とか、法令の令とか、ましてや召集令状の「令」とか、を思い出してしまったのだ >私

慣れるまで少し時間がかかりそうだ。。。

|

いよいよ新元号の発表ですねっ!

 今日、平成31年4月1日。

 新元号の発表です。11:30の予定。
 平成も今月で終わり!

  ・・・ 一生に何度もないイベント。。。楽しみ・楽しみ♪

 

 

|

値上げ、お前もか?! チーズがさらに薄く

 値上げのニュースがわんさか出ていますね~
 それも、微妙な値上げばかり。

 で最近、スライスチーズがさらに薄くなってます。先日、スーパーに行ってスライスチーズを買おうとしたら

「いつもより安いヤツがある! 7枚入り」
 でも、内容量が・・・

 私のかすかな記憶では、

  10枚入り → 7枚入り → 薄くなって126g → 今回105g

 帰ってきてから、HPを調べるといくつかのメーカーで新発売!

~~~~

 乳製品のアンバランスは、バター不足だった数年前から言われています。
 東日本大震災でも、昨年の北海道地震でも、さらには、その前の熊本地震でも、牧畜業者の苦悩が言われていました。
(いや、むしろ、狂牛病とか飼料高騰の苦悩の方が大きかったと思うけど。・・・)

「動物を飼育していると休みがない!」

  これ重労働ですよ~ 牛でも豚でも鶏でも
 (体力的なことより、精神的な負担がすっごい大きいと思うのだけど、どうなのかなぁ )

~~~~

 とはいえ、知らない間にパッケージが変わって中身が減っている、っていうのはどうもねぇ・・・
  → これを“ステルス値上げ”と言うらしい
 (名付け親が誰なのか、今となっては分からないのだけど、初めて聞いたのは確か去年)

 一方で、今年の春闘賃上げベースアップ、、、、はっきり言ってしょぼい!
 年金アップも、めちゃめちゃしょぼい!(平均 月100円とか200円とか)
 選挙の年だからもう少し頑張るか? 政府は何かするか?と思っていたけど何もないし。

 

~~~~ ~~~~
 実は相場的には、最近、今年に入ってずっと、長期金利=10年国債の金利がマイナス圏になっていることが気になっています。中米貿易摩擦がかなり尾を引きそうな感じ。(→こちらの話題はまた今度ね m(_ _)m)

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »