« 確定申告の準備はOK? | トップページ | 3年で、ブラジル株2倍・インド株1.5倍(2019) »

2019/01/23

毎勤統計;2012~18年分の調査結果を修正

 本日1/23 、厚労省から、話題の毎月勤労統計、H30年の11月分確報が発表されました。
 でも、これはこの問題の修正前のデータとの注記がでています。

 別のニュースでは、

  ●「名目賃金」は、公表値を0.2~1.2ポイント上で、
  ●「伸び」は、高くなっていた。
    ・・・そうです。

~~~~
 はっきり言って、個人的にはだんだんと、どうでも良くなってきた(^_^;)
 もう少し待って、取りあえず(※)修正されたデータ公表を待ちたいと思います。

※廃棄された分、2012年以前は、どうするのか? で出てきたデータをどれくらい信じたらいいのか?

 この問題は、「信頼を失った」という点で罪は大きいですね~ いろんな企業間の信頼喪失と、根は同じ? かも。
(他の国のデータ(GDP伸び率とか貿易統計とか)が信じられないとか言ってた割には・・・って感じだ)

 ただ、(与党の肩を持つわけでは全くなく、糾弾したくない訳でもないけど)、「消えた給付金」で野党は騒いでいるけど、給付1ヶ月分で、数百円の話になるはずだ。(と思う)

 むしろ、過去の経緯とそれに対する個人の処分ではなく、それに対する補填(とこれから必要な無駄な労務費)を何とかして欲しいと思うぞ。
 ・・・つまり、国家的に無駄に使うことになった金銭をどうするか? って所をね。

(でもやっぱり、誰かを処分してトカゲの尻尾で終わるのか?)

|

« 確定申告の準備はOK? | トップページ | 3年で、ブラジル株2倍・インド株1.5倍(2019) »

ニュース」カテゴリの記事