« 40Gハードディスクと未開封PCIボード、処分?! | トップページ | 京都は、人が一杯 »

2018/11/09

年末に薬を買って「節税」しよう(セルフメディケーション税制)

もう少しすると年末、医療費控除で税金安く♪ って考える時期ですね~

細かいことを省略して、私がどんな順で考えるか、その考え方を書きますね。

・年間の家族の医療費(同一生計)が10万円を越えているか。その越えた分
・かぜ薬などの市販薬のレシートが12000円を超えているか。その越えた分

どっちが多いかです。で、その越えた分に、自分の税率(ほとんどの人は0~20%)を掛けた分が戻ってくる。
 税金払っていない人は、戻ってくる分がありません。
 5万円越えていたら、税率10%のサラリーマンで、5000円戻ってくる、みたいな。

(あれっ、医療費控除って住民税にも効くんだっけ?
  そしたらプラス税率10%ですね~ m(_ _)m)

 この制度の対象の薬かどうかは、買ったときのレシートに、☆印とか●印とかで、表記されている場合が多いです。(かぜ薬・水虫薬・痛み止め塗り薬・貼付剤(サロ○パス系)が多いかな。ビタミン剤とかドリンク剤は大抵対象外です。)

【過去記事】
 ● 「医療費控除の特例」、薬代が年12,000円以上なら税金還付!(2017/01/13)

もうちょっとで、12000円超える! なんて時は、年末までにまとめ買い♪
ただし、還付を受けるためには確定申告しなければいけません。

→ただまぁ、この制度で、何万円も戻ってくるってことは無いような気がしますが・・・でもそこそこ戻ってくる人もいらっしゃるだろうな、ってことで。

|

« 40Gハードディスクと未開封PCIボード、処分?! | トップページ | 京都は、人が一杯 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事