« お米の値段が上がってます? | トップページ | 昨日は立冬・暖かい立冬、でも腰が(;_;) »

2018/11/07

若年無業者(ニート)の推移

 若年無業者、いわゆるニートの人数の推移で2014年分までです。少し古いデータで申し訳ない。m(_ _)m
 出典は、
  内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 共生社会政策トップ > 子供・若者育成支援
  > 子供・若者白書(旧青少年白書) >  平成27年版 子供・若者白書(全体版)

Neet2014
 私の記憶では、ニートは35歳までだったはずで、それを越えると
“単なる無職のおっさん”だと思っておりましたが、グラフでは39歳まで出ていますね。
(女性は“家事手伝い”がまだ使える(死語になったか?))

 ここ最近の人手不足で、この統計上の数字は70万人台になった、と聞いたこともあります。しかし、この上の層のニートもいるだろうから、全体の人数はもう少し上になるかな?

 まぁでも、数十万人、たぶん70~80万人はいるわけですね。
 クラスに一人か二人って感じ。

(一億人の人口で100歳で割ると、一歳あたり100万人。上の数十万人は、卒業後10~15年以内の人だし、少子化で若年者人数も減っているから、【クラスに一人か二人ってなるわけね♪】)

~~~~~
 お客さんのことだから、あまり詳しく書けないのですが、、、
 老後の相談とか保険の相談のときに、「実は、子どもが引きこもっています」、というのはこれまで何度かお聞きしました。
 それくらい世の中には多いのです。

 クラスに一人って、、、例えば
  ・交通事故で亡した友人クラスに一人いましたか?
  ・母子家庭の人、クラスに一人いましたか?
  ・災害や火事にあった人が、クラスに一人いましたか?
    (→ここは地域によりますね)

 ま、それくらい多いわけです。

 なぜ引きこもっちゃったか。ここは、
  ・学校のイジメ のときもあれば
  ・就職難で自信喪失 のときもあれば
  ・派遣切りばかりで自信喪失 というのもあるかも

 もちろん、他の理由もありますよね。
  ・家族の中が普通じゃないとか
  ・受験に失敗とか・スポーツ優待なのにケガでダメとか
こんな理由で自信喪失。

 まぁでも、私がお聞きする限りは、そう言うきっかけで強い弱いはあれども結局は「精神疾患」というのが多い感じがしています。

~~~~
 とりあえず社会復帰のために、例えば3ヶ月とか半年とかの期間限定付きで、最低賃金×2倍(企業+国)で雇用を確保するような制度があっても良いと思っています。

 →対人関係の自信喪失が原因なら、これも有効でしょう。
  最低賃金の2倍なら働く気が出てきませんか? ある意味半年と割り切っちゃえるとか。

 もし、こんなプログラムがあったとして、10万人が応募して、国が15万円×6ヶ月給付したとすれば900億円です。政府としてはそんなに大きな額じゃない。
 今の国家予算約100兆円、今日成立予定の補正予算1兆円弱(→学校エアコン・ブロック塀対策に、豪雨・台風復興など)。

(こっちの計算の方が良いかな)
一人15万円×6ヶ月で90万円給付しても、それで納税者になって、月2万円の所得税をはらってくれるようになれば、国としては4年で元が取れる。(月1万円でも8年くらいで元が取れる)
 ・・・良き納税者の育成ね♪

 こういう考え方をする人いないんでしょうかねぇぇ?

(今、国会で話題になっている外国人労働者の初年度の受け入れ想定人数が出ました。4万人です。。。報道によると、です(国はまだ数字を出していません。与野党攻防中)この数字ならニートを正社員化する政策はアリだと思うぞ。)

~~~~

 だいたいさぁ、、、国内ニートを差し置いて、外国人労働者を優先させるのは順番がおかしくないですか?
 ・・・いやまぁ、人手不足の業種に限るとか言っているけどそれはそれで、外国人労働者に失礼だと思うし。

~~~肌の色が違っても・喋る言葉が違っても、職業選択の自由は?
普遍的幸せを追求するtakでした!
    (・・・最後の行だけ、大言壮語♪ です)

|

« お米の値段が上がってます? | トップページ | 昨日は立冬・暖かい立冬、でも腰が(;_;) »