« 株式の取引(単元株数)やっと統一、売買単位100株に | トップページ | タテ社会のガンダム派・ヨコ社会のワンピース派 »

2018/10/12

京都観光は、足腰が丈夫な間に ~親が来るって~

 来週早々、親がこちら京都にやって来ます。というか、私が一旦実家に帰って、また一緒に帰るというミニ旅行・ほんの少しだけ京都観光♪

 でも、正直私も親もそれぞれ、めぼしい所は大体すでに経験済み。(大体、親父の出身が京都市内だし)

 しかも、私が「車椅子でだな」と思っていたのが、本人は「手押し車(カート)」にしたいと言っている。
 まぁ、私も「その方がタクシーに乗せやすいしな」とは思うものの、京都のお寺って、靴を脱いで多少の階段や段差があったり、庭園だと、砂利道とか飛び石とかがあったり、結構制限されます。

 ・・・京都観光は、足腰が良いうちが良いですよ♪

 有名どころは、車椅子の貸出があったり(例えば、三十三間堂)、車椅子用の拝観コースがあったり(例えば、知恩院は坂道の上ですが、言えば上のお堂の近くまで自動車が入れる)
 京都駅の観光案内所に行けば「京都ユニバーサル観光」という車椅子利用者のためのマップもありました。(HPもあります。まぁもうちょっと充実しているともっと嬉しいのは本音)

 総合的に考えて、車椅子で行動やコースが制限されるよりも、手押し車+杖の方が動けるのかなぁと・・・でもまだ迷ってる

~~~うちの親、
 ・先月は風呂場で一晩倒れてた。
 ・去年はペースメーカー3個目の手術。
 ・一昨年は救急搬送で2ヶ月入院。(→もう無理かとか思ったし)
  ・もっと昔の十数年前には、大腿骨骨折も経験ずみ。

「今年を逃すと、もう無理かも」と正直、私自身焦っているところがあります。
 だって自分自身「この夏越せるかなぁ」と思ったくらいだから「これからの冬が越せるかなぁ」と思ったりなんかするわけで。
 そうすると、秋の観光シーズン本番前の方が良い。(→それでも最近は外国人で溢れているのだが)
 まぁ、天候が悪ければ、博物館・美術館系は、タクシー利用なら余裕で行けるので、これくらいは楽しめるかなぁと思っているところ。

 ちなみに京都の市バスは運転手さんが折りたたみスロープを広げてくれるので車椅子でも乗れます。この前電動車椅子の人が乗ってきていました。乗れるのですが、傾斜がきついので、体力のない人(本人・介護者とも手押しの人)には、結構キツイかも。(→あれ、入り口の下に、引き出し式の板とかが付けられないものなんでしょうかね。)

~~~
 と言うわけで、昨日から自宅の大掃除やってます!
  ・・・はっきり言うとお客さんから見えない所は大変な状況

 と言うわけで、来週は数日間ちょっとお仕事をお休みします。(メールとか電話とか、ちょっとした対応のみ)

◆ 親の【自信】にも・【思い出】にもなれば、と思っているわけで。

  →ここ普通の人と違うところだから注意ね♪
  (ライフプラン作りでの幸せを2倍にするお金の使い方と同じ)

  普通だと「アナタは一人で動けないんだから、連れて行ってやる」っていう人が多い。
  高級高齢者ホームでも、「秋だからみんなを公園に連れて行ってやる」というそう言う発想になりがちで、これはホームじゃなく家族であっても同じ。

 今の介護は、本人ファーストじゃなく、介護する側ファースト
  ・・・これを変えるには、介護負担軽減&人材育成を抜本的にやらなきゃダメ
    (結局はおカネの問題になっちゃうんだけどね~)

 自分の頭で考えて意見が入るのと、押しつけられたものだけとでは、同じ事でも価値が違ってくる。
 例えば、私がお客さんに「アナタのお金は、こう使いなさい!」とか言えば、アンタ何様?と思われること間違いなし! と同じね。

 同じ事・同じ金額でも、価値は変わる
  →最大限にすると、幸せは2倍にも3倍にもなる!

(幸せは、100円得した・1万円得したじゃないんです。
 「5000万円のローンを組めますか?」「大丈夫ですよ」じゃなくって、「それ、4500万円で、残りの500万円を他に使う方が幸せじゃないですか?」 こういうことを自分で考えて貰うために、ライフプランの提案書が役に立つはず、、、と宣伝しておこう♪)

|

« 株式の取引(単元株数)やっと統一、売買単位100株に | トップページ | タテ社会のガンダム派・ヨコ社会のワンピース派 »

京都ときどき歳時記」カテゴリの記事