« 京都観光は、足腰が丈夫な間に ~親が来るって~ | トップページ | 「京都観光」、親的には満足しているらしい »

2018/10/15

タテ社会のガンダム派・ヨコ社会のワンピース派

下記、こんな事を書いたのが4年前。

# いまだに、漫画ワンピース74巻読破が5巻くらいで止まってます(^_^;)。
# なんで、ワンピースを読みたいか?
# 『「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代の憂鬱」(鈴木貴博著)』
# と言う本を初版で買ってきているんですが、まだ読んでません。

  ~ 上の初版本、やっと読み終えましたよ (^^)v ~

鈴木貴博さん(→日経BPやダイアモンドオンラインなんかで良く見かける方。オレ結構好き)この方のこの本を買ったのは2011年。

実に読むのに7年かかってます(^^;)
 ・・・これを持続性がある・執着心があると 好意的に受け止めるか
   それとも、単に“とろいヤツ”と受け止めるかは、、、微妙なところ。

でも当時は、大震災の真っ最中。しかもホームレスも記憶に新しかった頃。それが今では人手不足。そんな状況変化の中で、この本を読めたのはある意味楽しかったです。
(ワンピースは結局読んでないんですけどね~)

【過去記事】
 ●本棚の整理(FP関係・お金関係編) (2014/06/11)

~~~~~

組織重視か・仲間重視か、、、いや、その中庸を探って、実は軽やかに渡っていく世代ができつつあるのでは? とか考えています。

→ 働き方改革・転職容易システム・新卒なんていらない
→ それよりも個人の実績重視
 なんていう社会になりつつあるのかな?

(実は、1984年の浅田彰さんの「逃走論~スキゾ・キッズの冒険~」も最近になって読み返しています。
 → こんな古い本を持ちだしてくるなんて、オレはやっぱり偏執狂の部類か?

ま、いろいろ考えて書きたいこともあるのですが、まだ2割ほど考えがまとまっていないし、今週は【親対応】で時間配分の優先順位を変えますのでまた今度です。
 ゴメンナサイです。 m(_ _)m

|

« 京都観光は、足腰が丈夫な間に ~親が来るって~ | トップページ | 「京都観光」、親的には満足しているらしい »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事