« 今週は生活立て直し週間にしよう | トップページ | 人口減少、不景気20年時代突入?! »

2018/09/27

運にまかせの一生!宿主狂わす寄生虫のハリガネムシ

 人よりちょっと遅れて秋を感じているtakです。(さすがに短パン・Tシャツではちょっと寒い)

 秋の虫といえば、カマキリ!
 この前実家の庭に卵がありました。もうすぐ出てくるころ?

 でね、カマキリ自身は嫌いじゃないんですけど、小さなちびカマキリがうようよいるのはあまり見たくないので、卵を取ってゴミ袋にいれてポイしたのですが、この時思い出したこと。
 → このカマキリに寄生する超変わったムシがいたなぁと思い出したんです。

 なにが変わっているかというと、カマキリ自身を「水死自殺させる寄生虫」。

~(大昔、どこかで読んだ文章。たぶんNiftyServeの自然の部屋かなにか)~

 カマキリを見つけました。でもカマキリの動きが変。
 見ていると、草を伝ってまっすぐそのまま水の中へ。まるで夢遊病者の自殺。カマキリが水の中にそのまま水没すると、お尻からひょろひょろっと長~いハリガネみたいな虫が出てきました

 ~~~

 ハリガネムシの幼少期は水の中。これを小さな虫が食べて、それがカマキリに食べられて、、、カマキリに寄生。
 宿主であるカマキリの中で大きくなったら、なんと カマキリをマインドコントロール! して、溺死させる=水の中へと自殺させる。 で、自分は水の中にもどるというスゴわざの寄生虫。

(検索すると一杯動画が出てきますよ~ 気持ち悪そうなので私は見てませんけど)

 一見、気持ち悪いだけで何のために生きているのか分からないハリガネムシが、こんな凄いことをしていると思うと、ちょっと興味が湧きません?

 しかもよく考えると、カマキリにたどり着けるかどうかもわかならければ、宿主から出た後オス・メスに出会える可能性もかなり偶然。しかも食事は宿主まかせ。
 一生を運にまかせている虫の話、なのでした。

|

« 今週は生活立て直し週間にしよう | トップページ | 人口減少、不景気20年時代突入?! »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事