« 論理的な頭を「グチャグチャにしたいとき」の洋画ベスト5 | トップページ | 三伏のお伺い、とかもう死語ですか? »

2018/08/01

人間ドック行ってきたよ♪(病院の選び方について)

 昨日、半日人間ドックに行ってきました。国保のやつです。
 おかげで昨日は、絶食して、検査の後、変な時間に中途半端な軽食を食べて、そのためなんか昨日はリズムが狂いました。それがまだ今朝まで続いています。
 熱帯夜で夜中に二回起きたのも原因。

 さて、昨日の人間ドック、いわゆる半日ドック=バリウム飲んでX線透視する、やつです!
(以下、京都市の国保の例だからね、、、全国的に大差は無いと思うけど)

 私は自営業=国民健康保険(国保)なのですが、会社勤めしている人の特定健診ってどうなってるんですかね~、35歳とか40歳とか節目の人とか、危険物作業している人は毎年とかそんな感じでしたっけ?

 国保の場合、普通、6月に案内がやって来ます。
 値段に応じてつぎの三つ。

 (1)集団検診 ~500円で血液検査・尿検査など簡単なやつ
   +胸部結核検診・肺がん検診。便検査(大腸がん)検診が0から千円くらいでつけられます。

 (2)特定検診 500円(65歳以上は無料)
   上の血液検査・尿検査に加えて、条件により心電図とか眼底検査もつきます。

で、ここが今日の本題の

 (3)半日人間ドック 1~1.3万円くらい(→三割負担の場合)
   肺活量とか胃のX線透視か胃カメラ、聴力、など、ちょっと項目が増える。
  ・・・私は、3年に一回を基準にしています。 (もっとも、日ごろクリニックにも通ってますが)

~~~~

 健康に自信のある人は(1)(2)で十分。ちなみに私が若いころは、献血に行って血液検査結果をもらってました。
  ・・・久しぶりだと心電図も取ってくれます。  全部タダ!
 もっとも、持病の薬を飲むようになって、献血ができなくなりました。

 オススメは(3)で、やっぱり、たまには受診したい検査。
 で、知らない方のために書いておきます。
 サラリーマンが会社から「検診に行って」と言われたら、どこそこの病院とか系列の病院とか行ける病院リスト(たいていは健診センター)を指定されると思います。でも、国保の場合は、“ずらずらずら~”と書いた医院リストがやってきて、6月になったら各医院に直接電話して予約を入れます。

 で問題は、何を基準に選ぶか? 普通の人が悩むのは次の3点。
 (1)料金 1~1.3万円、(2)検査の微妙な差で、大きいのは胃カメラかX線透視かという点(※)、(3)付帯サービス。

(1)(2)はいいですよね。

※「胃カメラかX線透視か」どちらが良いか?
 この最近10~20年のカメラの進歩はすごい、X線装置の進歩より凄い。だけど一長一短。なので、私は、交互で病院を選んでます。

 カメラは操作する人の技量の影響が大きい。X線は歴史があるだけに、均一な診断手順ができている。しかも! 私、十二指腸潰瘍になったとき、素人の私でもはっきり、バリウムが見えた! カメラだと画像でリアルタイムですぐに画像が見られるけど、「この辺、悪いなぁ~ 荒れてるなぁ~」というのが分かってもそれがどれくらい悪いのかが、経験積まないと分かり辛い。・・・一長一短なわけです。(あとX線が嫌いな人もいますね。私だってまだ結婚していない子供があったら「今回はカメラの方にしとけよ」とか言っちゃいそう。)

 でその次、病院選び! 初めてだとどこが良いか悩みますね。友人情報網が広い人なら、いろいろ口コミで情報を探せます。

  ・手広くやっているところはサービスもいいし、装置もワンランク上であったりする
   雰囲気がいい場合があるし、流れ自体がとてもスムーズ。
  ・付随サービスが違う! オプションでCTやMRIがつけられたり他にもいろいろつけられる。
  ・終わった後のサービスが、(私の経験では)さまざま
  「水もなし、勝手に帰れ」という所もあれば、「無料カップの自動販売機とふんだんな雑誌とか休憩室でゆっくり休憩してから帰ってね」とか、「指定のレストランで軽食(軽いランチ程度のもの)、のチケットがもらえたりする」とか

 ま、基本の検診内容は同じだし。後、違うのは雰囲気とかサービスからだしで、やっぱり、(6月から受付が始まったときに)、人気の所は予約が結構すぐに埋まるみたい。

====
 今回、辛かったというか、ビックリしたというか「バリウムを外に出すまでにこれを今すぐ飲んでくださいと言われた「下剤」です!
 この下剤効果が効果が抜群すぎること!
 2時間後くらいから、便所通い。 m(_ _)m
  ・・・ほんとは、検診のあと寄り道するつもりがそれどころじゃなくなった。ま、めちゃめちゃ暑かったしね、まっすぐ帰宅。

健康は、大事! とくにこの夏は倒れそう!
・・・しかし毎年この暑い季節になるのは何とかならないものなのか(;_;)

|

« 論理的な頭を「グチャグチャにしたいとき」の洋画ベスト5 | トップページ | 三伏のお伺い、とかもう死語ですか? »

FP-保険」カテゴリの記事

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事