« やっぱり暑すぎ → どうすれば良いんでしょ(;_;) | トップページ | 来週は、お盆ですよ~ »

2018/08/08

景気良いの悪いの? 昨日の真逆の統計値発表

昨日の統計の発表二つ。

・厚生労働省の毎月勤労統計調査;6月分
  現金給与総額、11カ月連続のプラス(21年ぶりの高い伸び率)

・総務省の家計調査;6月分
  1世帯当たりの消費支出は5カ月連続の減少

真逆の統計値発表でしたっ!

~~~
6ヶ月前は年末年始ですからね~何かと物いりなときだし
給料が上がっているのに、消費は減っている。・・・これはつまり、貯金ってこと?

ということは、これから景気が良くなる? 日本株買いなのかなぁ。どうだろ。
でも、前にどこかの年金生活者が言ってました、「年金上がらないのに景気(消費)が良くなるわけないだろ」。

確かに今や年金生活者は多い。→ある意味当たっているのかも。

~~~
最近、介護料が上がったという声をよくお聞きします。健保より多い。
昔は物価が上がってその分年金も上がってたから、良かったんだけど今はそうじゃない。保険料や負担金が増えて、年金の手取りが見た目の金額(名目)でさえちょっとずつ減る。

 物価が2%あがって、年金が1%上がるのと
 物価は0%だけれど、年金が1%下がるのと

さほどキャッシュフローは変わらないのだけど、気分的には全然違う。消費行動が全く変わるわけですね。

 同じ事が貯金でも言えます。
 物価3%上がって利息が3%上がるのと、どっちもゼロ。これも誤差の範囲で一緒です。

でも気分的には全然違う。
→ 小遣いが1万円あがったら、知らない間に消えちゃうけど、逆に、下がるととっても辛いのと一緒。同じ「1万円の気分」が全然違う。

 年金生活って、65歳からとしても平均年齢考えると20年とか30年とかあるわけでしょ。サラリーマンで言うと、40代が給料のピークで、そのあと下がる一方というのと同じ。(→まぁリストラとかで、そんな憂き目にあっているサラリーマンも大勢いるとは思いますが)

 こういう中では日本株ダメか・・・やっぱり、前言撤回?!
  ・・・いやホントの所、迷ってるんです。

|

« やっぱり暑すぎ → どうすれば良いんでしょ(;_;) | トップページ | 来週は、お盆ですよ~ »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事