« 暑さでダウン(;_;) | トップページ | やっぱり暑すぎ → どうすれば良いんでしょ(;_;) »

2018/08/06

今日は、原爆の日(広島)、ですね

今年は、
 アニメ『火垂るの墓』(ほたるのはか)を作った高畑監督が4月にお亡くなりになったり、
 『この世界の片隅に』というアニメ&ドラマ
が話題になったりしています。どちたも原爆がテーマの作品。

~~~~

私のお袋は、昭和20年の夏、広島市にいました。惨状を実際に見ています。


  体育館に、ケガ人(子供含む)がずらずらっと横たわっていて、
  みんな「水、水くれ」と言ってる。でも、水をあげると亡くなる。
  それがわかっていても、乏しい看護・医療材料の中で校長先生が
  一人一人にやかんの水を飲ませていった

  太田川の川岸に、毎日毎日死体が山積みされて、野焼き。
  臭いと煙が凄かった。

~(広島じゃないですけど)
  親の同級生に大阪空襲のさなかに、逃げまどっている間に、
  妹が生まれた人がいる。知らない他人の家で生まれた妹さん。

~~~~
こういう話しを、頭の中で聞いて理解するのと、実際に目で見てきた親の印象は、たぶん百倍くらい違うとは思うのですが、「戦争」というものがあった! これはまぎれもない事実です。今では、想像も出来ない混乱の歴史。

先日、いくつかの老人ホームを回って仕事されている70歳前の人が言ってました。
「年齢聞いて、90歳くらいだと、
 『戦争の時はどうやった?大変やったでしょ』。
 この一言で表情が変わる。」と。
今、太平洋戦争のこというヘルパーさんとかいないんですよね。
(※大抵は認知症も併発していて新しい記憶より古い記憶の方が残っている人たち)

認知症ディケアなんかでも戦争の話しで盛り上がったりするのが超高齢の利用者さん。それくらい「戦争の印象」が強いわけなんですよね。

年月が経つと、太平洋戦争に限らず、大震災(阪神も東日本も熊本もそのほか)も、噴火とかも、、、だんだんと風化していくものなのですが、それらを忘れちゃいけない!

・・・よく選挙のたびに「安心・安全な社会を」といっている立候補者さんたちは、どれくらい本気で言っているのか、聞いてみたい。


|

« 暑さでダウン(;_;) | トップページ | やっぱり暑すぎ → どうすれば良いんでしょ(;_;) »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事