« 2018年5月 | トップページ

2018年6月に作成された記事

2018/06/18

朝からビックリの大地震!

朝からビックリの大地震! 大阪 震度6弱(私のところは震度4)
さっきまで、ずっとテレビを見ておりました。

幸い、うちはたいした被害はなく、多少不安定に積み上げていた本とか資料とかが倒れたくらいなのですが、鉄道など交通網が大混乱、らしい。

~~~
ここ最近、千葉とか群馬とかがよく揺れていて、「まぁ関西は関係ねーや」なんて思っていましたがそんなことはなかったです。

余震が心配ですね(熊本の例もあるし)

|

ゆったり、まったり時間という贅沢

例えば、じっくり本を読む・映画を見る・何かを思う存分観賞する。
こういう時間って、贅沢だと思うんですよね〜。

・・・これはお金には換えられない
   年収がいくら多くても、余裕時間がないのなら人生楽しくない

でも、夕方スーパーに行くと、大混雑。
皆さん、パパッとお買い物。たぶん今日の晩ご飯。
 →みんな忙しいんですね。

〜〜〜〜
今、「時短家事」なんて言葉が流行ってます。

おかずの一品は、冷凍ものや買ってくるお総菜、あるいは、作り置き、とか。
お掃除も毎日する必要はない! 適当に省くところ・マメにするところ、分けましょうとか。
もちろん、夫婦で共同で分担しようとか。

→それだけ忙しい世の中、ってことですね。
(逆に、時代は豊かになったのか? とか思っちゃいます。)

【ゆったり、まったり時間という贅沢】
これ、お金では買えないし、でも、ちょっとの気遣いで自分で作ることもできる!

・・・ちょっと美味しい日本茶や紅茶・コーヒーの一杯♪

こんな贅沢もあるんですよ! ほんの少しの気持ちなんですよっ!

ってことで(^_^;)
〜〜〜〜

「気づく」っていうありふれた言葉!
これは、時間もお金も人間関係も同じ♪

だと思ってます、、、つーか思いたい(^_^;)

→最近、ついつい、「忙しい」とか「時間がない!」とか
 頻繁に思ってしまうtakの反省なのでしたっ!

|

2018/06/15

梅雨ですなぁ、、、いくつ言える?(語彙)

梅雨みたいな天気、てか、梅雨ですっ! 正真正銘の梅雨☆
気温はそんなに高くなくても、ジメジメして、カラダからキノコが生えてきそう。
  こういう季節は、蜘蛛が入ってきたり、
  網戸の隙間から、コバエが入ってきたり、
  洗濯物も乾かないし、、、、
体調管理が一番やっかい。で、先週初めてクーラーを使いました、ちょっとだけ。

でも、お風呂が気持ちいい季節です。
冬みたいに出てきた時に「寒い寒い」と言わなくていいし、夏のように「汗ダラダラ、またシャワー浴びなきゃ」って言うこともないし。
ぬるめのお風呂にじっくり浸かって、ボーっとできる♪

〜〜〜〜

やっと、近所の田んぼの田植えが終わったようです。
今年は、なんか最初に田植えした人から最後の人まで2ヶ月くらいかかっていて、かなり長いように思うのですが、どうなんでしょ。(品種の違い?、ですか。)

洗濯物が乾かないのが玉にきず。
食中毒が気になる季節なのも玉にきず。
・・・そんな梅雨。

こう言う時に、日本語の語彙

 地雨(じあめ)→ずっーっと、しとしと降り続く雨
 翠雨(すいう)→若葉にふる雨
 走り梅雨 → 梅雨にはいるか入らないかくらいの初期のころの梅雨

ってな言葉がポンポン出てくる人は、なんか教養があって良いなぁなんて思いませんか?
 →私は、あちこち調べて書いたのだ(^_^;)
  雨に風に暑さに寒さの数ある言葉たち。四季ある日本人の豊かな感性ですね。

気分が落ち込みやすい季節だから、せめて頭の中だけでもちょっと豊かにねっ☆
(→お金だけが豊かさじゃないんだよ、ってなちょっと強引な今日の話題でした(^_^;))

|

2018/06/14

民法改正ですっ!(短文)

120年ぶりの民法改正ですっ! 昨日、国会を通りました!
 ・・・オレ生まれてねーて。でもダイジョブ4年後からの施行

「18歳で成人→成人式はどうなる?」みたいなニュースが多いですが、
実は、連帯保証人とか、
    賃貸借の保証人/敷金とか、
借りる方も貸す方も、、、他の影響も一杯あります!

広範囲すぎて書けない(^_^;)
 ・・・つーか、よく分かってないのだ >オレ(^_^;)
   今日、新聞買ってきます♪
   また今度書きますね、ゴメン m(_ _)m

~~~

でもやっぱり、酒や賭け事は今まで通りとして、「契約18歳から」ってのが一番影響大きいんだろうな。

大学生国会議員はいつ出るか? これが結構大きな意味を持つんじゃないかと思ったり。

|

2018/06/13

NTT西の加入電話、請求5,000円未満はまとめて隔月請求へ

NTTの請求、、、こんなの知らんかったぞ。(4月にアナウンスされてました(^_^;))

# NTT西日本は、加入電話(電話サービス)・フレッツ光
#(FTTHアクセスサービス)等のご利用料金のご請求について、
# 2018年11月ご請求分より、奇数月(1・3・5・7・9・11月)の
#ご請求額が5,000円(税込)未満の場合は、翌月の偶数月(2・4・
#6・8・10・12月)に2ヶ月まとめてご請求させていただきます。

https://www.ntt-west.co.jp/info/support/oshirase20180418.html

・・・オレ、ほとんどの月が対象じゃん、、、別に良いけど。

〜〜〜〜〜

 最近は、加入電話を引いて無くて、スマホ(携帯)のみっていう家庭も増えましたね。
 電話は、一人に一台の時代ですから。
 →NTT加入電話も苦戦している?

 ・・・しかもFAX無い家庭も増えている!(というより無い方が普通か)

 

 銀行引き落とし! 昔(10年くらい前)は銀行が受け取る手数料は、引き落とし1件数十円〜100円の手数料、なんて言われていました。が、いまはもっと格安なんだと思います。(よく知らないm(_ _)m)
 で、それさえ省力化したいというNTTの思惑? 件数減らすことで出費を抑えたいんでしょうかね。
 ・・・どうせデジタルデータだろうし、手間はそんなに掛からないはずだし。

|

2018/06/12

いよいよ米朝会談(チョー駄文)

 歴史に残る米朝会談っ!!
 内容はともかくも、ついに米朝会談。ひとつの歴史です。
 ・・・やった事に意義がある?! のかも

 この数ヶ月、もう少し正確に言うと3月に「会談する」と表明して意向、当事者達の発言に世界中が振り回されておりますが、いよいよ会談です!

〜〜〜〜
 で、この「米朝」という文字が新聞に躍るたびに、落語家の桂米朝を思い起こす人は多いはず(とくに関西人、つーか大阪人だけか?(^_^) )

 桂米朝さん、お亡くなりになりましたけど、名作「地獄八景亡者戯れ」とか、もう一回見たいと思いません? 一応専門用語なのでご存じない方のために書いておきます。「じごくばっけいもうじゃのたわむれ」と読みます。すっごい長い落語です。

 古典落語(ですよね、たぶん。いろんな人が演じているし)
なのに、現代的要素も含まれていて、とても面白い。(→ネタバレしちゃいけないので中身は書きません)
 三途の川に地獄の風景。誰も見たことがないはずなのに、それを、現代的風景に重ねて面白・可笑しく話が出来ているところに、古典落語の歴史の変化というか奥深さを感じてしまいます。

〜〜〜〜
 さて、いよいよ米朝会談! 
 ウソついたら、地獄に行って閻魔さまに舌抜かれますっ!

  ・・・でも、どっちもウソつくことに、全く・これっぽちも・躊躇いがない!
 認知症検査した方が良いんじゃないですかと思うくらいに、躊躇いなくウソつくのが気に掛かります。
 と、根っから正直なtakなのでありました(^_^;)

  ・・・つーか、どっちも度を超えてぶっ飛んでますよね。
 でもミサイルは、ぶっ飛ばさないでね。お願いだから。m(_ _)m

|

2018/06/11

今週、いよいよ民泊新法(地価下がる?)

今週6/15、民泊新法が施行されます。

観光庁が「違法民泊を仲介する業者も違法行為」と宣言したので、大手仲介業者が一気に未登録物件を取り消し、ニュースになっておりました。

しかし、大手企業は次々参入を表明。例えば、アパマン・レオパレス・楽天・・・

うちのマンションでは、春の管理組合総会を経て、先日、入り口のドアの所に
「当マンションは、民泊禁止」のシールが貼られました。
(今までの、「ペット禁止」と並んでね・・・)

〜〜〜〜〜

昨年京都では、地価上昇率が高かったのは京都の街中中心部ではなく、外国人に人気の伏見稲荷周辺でした。
・・・当然、民泊も多いと思われます。

空室だらけのマンション救世主! の一面があった民泊。
新法施行で、営業日数最大でも180日以下(※)の民泊よりも、
  ・本来の旅館業法(簡易宿泊所など)へ移行するか、
  ・違法民泊が増えるか
どちらかだと思います。

・・・地価に影響するかどうかちょっと気にしてます。
(※ちなみに、民泊では、京都市の条例ではさらに180日よりも厳しい規制になっています)

とくに京都市は、若者世帯に人気の広大な地区があるわけではないし、規制でタワマンが建てられないから、大人数の人口移動があまりない。

だから、地価は下がる可能性が高いんじゃないかと思ってます。
→いや分かんないですよ、
 大手が観光都市京都のネームバリューで、どんどん開発するかも知れないし。

「不動産無料査定! 売りませんか?」と言うチラシに加えて、
「あたなも民泊オーナーに」なんて言うチラシが入るようになるかも。

(今までの京都は、この民泊・違法民泊の影響を存分に/十二分すぎるほどに、受けすぎているんじゃないかという想像です。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

で、京都ではなく奈良で見た光景ですが、
みんながみんな安宿を探している訳じゃ当然ありません!

先日、奈良駅前で見た光景。
JR奈良駅には隣接して、「ホテル日航奈良」があります。決して安宿ではありません。
そんな高級ホテルの前に到着したバス。中から、中国(あるいは台湾)の人たちがぞろぞろと降りて中に入っていきました。しかも、やたらと子連れ率が高い!(ベビーカーに乗る2歳くらいから10歳くらいまで。。。。学校はどうした?行かなくていいのか?)

→みんながみんな安い宿を探している訳じゃないんですね。

10年後、どんな価格帯でどれくらいの宿泊施設があって、それをどれくらい外国人と日本人で棲み分けていることになるのか、ちょっと楽しみ
・・・というより、そういう棲み分けを考えることがナンセンスになるんだろうな、とか思ってます。

私の大好きな「百均」に行くとね〜、ときどき、外国人の方が多かったりするんです。
こういう日常がやってくるのかな、ってね。

|

2018/06/08

「今日、何食べたい?」の正しい答え(駄文)

 これが書いてあったのは、確か、毎週金曜日に郵便受けに入る京都リビングというフリーペーパーだったと記憶している。。。(たぶん半年か1年くらい前)

「何食べたい?」と聞かれたときの正しい答え方です。

(1)
一番いけない答えは「何でも良いよ」ってのはご存知ですよね。

(2)
次に具体的な料理名。「○△」!
だけど、さらに、その料理にエピソードがつくとGood!

「あのときに食べた○△が死ぬほどおいしかった。もう一回食べたい」
「あのときに食べた○△が、そろそろ旬のはずだし、もう一回食べたい」
「あのときに食べた○△が、昔、旅行したときのことを思い出しておいしかった」
ま、こんな感じ。

(3)
だけど、ホントは、「たまには、外で食べないか?」
というのが一番うれしい答え♪

〜〜〜〜〜〜

 ま、上の文章、たかが20行(80文字として)ほどの文章ですけどね、最近の皆さんはなんでも簡単にスマホやパソコンで調べられるから、いろいろ検索するでしょ。すぐに答えが分かるでしょ。
 →いきなり、(3)「たまには、外で食べないか?」 が答え!!!ってなる。
  (1)(2)が無い訳ね

 これ、スマホやネット検索の功罪(つーほどでもないけど)、と思って頂ければ幸いです(^_^)v

 (1)(2)があって(3)なのか いきなり、(3)の答えか
 →どっちが豊かな人生ですか?
   ・・・と言うには、ちょっと大げさすぎですね。(^_^;)

 料理の方法にしたって、何かの買い物にしたって、人のレビューや感想を見てから、失敗がないように安全策をとる行動。でも、そのときの失敗だって後から大切な思い出に変化する。それが「豊かな人生」になる、かもしれない。

 例えば、旅行で何か大変だったことが思い出になってたりしませんか? 列車に乗り遅れたとか、大雨にあったとか、運休したとか。。。

〜〜〜〜〜〜

 便利が豊か、とは限らないっ!、、、と豊かな人生を追求するtakは、日々何が豊かなのかなぁと考えているのです。(^_^) 大言壮語♪

 と書きつつも、まぁ日々、同じ言葉を何度もパソコンで調べたりして「オレ、記憶力わりぃ〜」としょげている上に、たぶん今日も昨日も明日も、グーグルさんやYahooさんやwikipediaさんに頼りっきりになっているtakの駄文でありました。m(_ _)m

(つーか宿題で、友だちのノートを写したヤツは、全然覚えていないのと同じですね
  ・・・試験のときに苦労するのだ(^_^;) )

|

2018/06/07

お腹もつるんですね(>_<)

 もうすぐ夏至、だけど梅雨入り!

 蒸し蒸しして、寝苦しいのか寝ぼけながら扇風機を付けたら、朝から足をつりかけて、あわてて起きたら朝の5時。
 さすが夏至です、もう外が明るい(夏至は来週ね6/21)

「もうちょっと寝ようかなぁ」と思いつつ、ゴミの日だしなと、布団の中でストレッチ。
 足伸ばしたり手を伸ばしたり、仰向けで足あげたり開いたり体をねじったり、胸拡げようとうつむせになって手をついて、ぐぐぐーとお腹を伸ばしたり縮めたりをくりかえしていたら・・・

 なんと、お腹がつりました!
 こんなところもつるんですね。(知らなんだ)

 → とっても痛いです(;_;)
  (いつも背中まるめているせい?)

 朝から筋肉やすじの老化を感じているtakでした。

 とりあえず、真冬や真夏と違って、ストレッチはやりやすい季節です。雨だけが、、、イヤだぁ(今日は貴重な「晴れ」らしいです。関西の今日の気温は軒並み昨日より+7〜8℃! 熱中症に気をつけましょうね〜☆)

|

2018/06/06

日本初演100年目、第九演奏会! 故冨田先生を偲ぶ

 先週、鳴門市でベートーベン交響曲第九番の演奏会のニュースがありました。

 第九が初めて日本で演奏されて100年それは鳴門市から、というニュース。(新聞ではアジアで初演も確認された、とも。)

 初めて演奏会があったのは、1918年の6月1日。場所は、徳島県鳴門市の板東俘虜(ふりょ=捕虜)収容所。ドイツ人の捕虜が1000人規模で住んでいた所です。捕虜が住民も招いて演奏会をしているんです。

〜〜〜

 この板東俘虜収容所の中で発行されていたドイツ語の新聞を手に入れてマメに翻訳されていたのが冨田先生。私が大学生の時のドイツ語・近代史・文化学系の講義の先生です。残念ながら私が在学中の1988年に62歳でお亡くなりになりました。もう30年前の話です。(※下に余談)
 →私お葬式には参列できなかったので、あとから奥さんとお会いしたり、確か1周忌か3回忌のお供えを送った記憶があります。

 この冨田先生から、「文化」というキーワードを教えて頂きました。いや、教わるというよりも、「自分で考えること」それ自体を教えて頂いたように思います。

 研究室によく遊びに行っていました。というかドアに「油、買います」という看板が掛かっているんですよ。・・・つまりここで油、売ってください、という意味♪

 もの凄く気さくな先生で、インスタントコーヒーとか砂糖とか置いてあって、一杯50円くらいで貯金箱にお金入れる感じで、何人かの友人と日頃は出来ない話や議論、、、まぁだべるって感じの会話を大きなソファーのところで友人と喋っていました。
「コーヒー無くなったなぁ、だれか買ってきて。お金いれてないやつがいるな〜ちょっと足りない感じ」みたいな。

 私の大学は、工学部だけの地方の国立大学だったので、はっきり言うと人文科学系の授業は何かにつけおざなり(^_^;)。で、そちら系の先生は受け持ちの学生がいないので、自分の研究には没頭できる、けれど、学生との接触という点では物足りなさが先生にはあったのかも知れません。
 先生のご自宅は名古屋でしたが、大学の近くの官舎で単身赴任。年に何度かはこの官舎で鍋大会なんかもしました。

〜〜〜
 もし生きていらっしゃれば、私の母より1〜2歳上の年齢だから92歳くらいのはず。
 陸軍航空士官学校を出ているとはいえ、終戦は二十歳そこそこ。
「俺は、あの時に死んでいたはずだ」とよくおっしゃってました。
 一度、「当時はどんな気持ちで過ごされていたんですか?」と聞いたことがあります。

「どう死ぬか、ばっかり考えてたな」と。

 自分の青春時代が戦争期=もの凄く息苦しい時代だったのに、それより前の第一次大戦のときのドイツ人捕虜の方がいろんな文化的な活動をしていたと知った時の驚き。これが先生の「収容所の新聞の研究」の動機だったんだろうな、と今なら思います。

 そう、収容所といっても当時、もの凄く「文化的な生活」なのです。
 第九演奏するくらいオーケストラがあって、牧畜や農場ももっていた収容所。冒頭で「1000人規模で住んでいた」と書いたのにはこんな理由があります、「収容されていた」とは全然イメージが違う。

 ・・・徳島新聞の連載記事をネットで見ると、地元の人との交流も盛んで
    ある意味、いろんなヨーロッパ文化を伝えた側面もあるんだなぁと。

 工夫しながらモノを作ったり・文芸を楽しんだり・人々と交流する・・・たぶんこれが文化的な生活で、他の動物にはできないこと。
 とくに最後の交流は、単純な近所づきあいではなく、また、現代の「ワタシ売る人・アナタお金払う人」や「教える人・教わる人」や「雇う人・雇われる人(労使関係)」でもなく・・・

 今の流行言葉で言えば、お互いが「リスペクト」しあえる人間関係。尊敬・敬愛できる関係。これがないと交流とは言えない。
 →だから当時のドイツ人捕虜たちは積極的に住民と交流をもった。

 これがヨーロッパ文化の奥行きの深さ! と言い切って良いのかどうか私には分かりませんが、そんな気がしています。
(最近、こういうリスペクト関係が薄れていっているのが気になるんですよね〜。
 自分が一番正しいと思う“我が儘社会”・“孤独社会”・・・の到来)

〜〜〜ところで、私が恩師と思っている先生は3人います。

  大学時のゼミの先生と、中学時の国語のN先生。それに上の冨田先生。
 (高専は先生も学生も家族みたいな濃密な関係だったので選べない。)
 なかでも冨田先生からは人間的な部分を教わったので、私の人生に一番影響を与えているように思います。

 お亡くなりになって30年、ということは来年・再来年くらいに33回忌があるんだよなと思いつつ、「あるかな・ないかな、だいたい奥さんもご健在かどうか分からないし、住所そのものが分からないなぁ。」
 とりあえず、昔を偲びつつ・感謝しつつ・ご冥福をお祈りしたいと思います。

-----

※本題とは関係ないのですが、当時の翻訳の機械の話。
 日本語DOS(DOS/V)でIBM5550(5インチフロッピー)時代・・・IBMがあちこちの大学に寄付したから覚えている人も多いはず。ラインエディタでした。カナ漢字変換が出来て間もない頃です。
 先生はこれの上位機種をお使いだったかな? 確か、日本語が印刷できるドットインパクトプリンタがめちゃめちゃ高かったような。。。
 ドイツ語の文書を見ながら、ブラインドタッチでそれを翻訳して日本語で文書化していく、当時昭和62年頃としてはスゴイ先生でした。「誤変換が多すぎて、あとから自分の打った文章が分からない時があるから、いつも原文と一緒に持ち歩く」とかおっしゃってた。
・・・ちょっと懐かしい(^_^)

 

|

2018/06/04

高齢になったら冷蔵庫は小さめが良いです♪

 先月、親が転倒して肋骨を骨折するまでは、自分で食事を作っていた母なのですが、今は、平日はヘルパーさんに食事を作ってもらっています。で週末に帰ると、そんな食材の残り物とか、冷や奴とか胡麻豆腐とか、冷蔵庫に盛りだくさん。
 →それらの残り物を土曜日に片づけて(食べて)、さて日曜日。

 日頃、ヘルパーさんじゃ作ってくれない料理をたまには食べさせようと、、、、
・・・オレ頑張った♪ 

何を作ったかというと

 ・鮭のバター焼き(+タマネギ・ピーマン炒め)ホワイトソース掛け
 ・牛肉切り落としとタマネギの炒め物、赤ワインソース煮込み
 ・むきえびと大葉のオリーブオイル炒め

 約1時間半奮闘(^_^;)(→短時間では出来ないところが主婦の手際良さとは違う所)
 いつもは、冷凍食材をレンジでちんとか、簡単な煮物くらいだけど、たまには、、、です、

  → どれも、数少ない歯で食べられるのがポイントね♪

〜〜〜〜〜

 しかしね〜、親!
 コルセット巻いただけで全く動けない訳じゃないから、冷蔵庫も使っているはずなのですが、使い残した食材・食べなきゃいけない食材を全然覚えてない。(というかこの2週間の記憶がちょっとあやふや、って感じ。しかも痛みで上の方を見上げられないから目の前のものしか覚えていない。)
 見上げられない・「上も見なきゃいけないということ自体」が頭から抜けているっ!
  ・・・痛いからなんだろうけど

 年取ったら冷蔵庫は小さめがいいです♪ 手の届く範囲にしましょう!
 踏み台もってこないと上のモノが取れないとかは危険ですっ!


※というわけで、ちょっと公私ともに、(というか“私”がほとんどだけど、)時間が取れない状況なのでブログをちょっと間引くか、中身が薄くなるか、、、になると思いますm(_ _)m

|

エアドロップ(airdrop)という仮想通貨の懸賞金

(先に書いておくと、apple のファイル共有の話ではありません m(_ _)m)
〜〜〜〜〜

 実をいうと、私もよく分かってないんだけどね(^_^;)

 なにかプレゼントがある! 例えばアンケートに答えたらQuoカードとか

 で、これがネットだと、単純に「秘蔵のデスクトップ背景画面とか」(^_^;)
 こういうのを仮想通貨でやろうというのが、エアドロップ(airdrop)!

  100〜1000円くらいか? ・・・当然もらえるのは仮想通貨でね

→仮想通貨がまだはっきりとは分かっていない私はよく分からない。

でもさ、1万円くらいの仮想通貨が貰えるとか言われたら、ちょっと迷わない?
ま、そういうやつね♪
とりあえず、
 = エアドロップ =  単語登録しておきましょう〜

|

2018/06/01

定年後の再雇用→賃下げは違法か? 今日の最高裁に注目

 正規雇用と非正規雇用の格差判決の一つ。今日、私が注目している裁判です。

「定年後の賃金減額は社会的に容認されている」のかどうか?

 すでに、通勤手当等で、正規/非正規格差は違法との判決が出ています。
 あとは、、、手当(住宅手当や家族手当)、そもそもの賃金(日給・時給)がどうか?

 ま、今回は、「仕事内容は定年前と同じ」というところがポイントかと思われますが、これ、場合によれば、会社側に上手く使われる制度ともなりえます。
 ・・・職務権限・責任の範囲をどう判断するかってところ。

 最高裁はどこまで踏み込むのかな? とちょっとワクワク♪

〜〜〜〜
 折しも、「働き方改革法案」が衆議院を通過して参議院にまわったところです。
 高プロも争点でしたが、正規・非正規格差も争点のひとつです。

「同一労働・同一賃金」、、、どこまで裁判所は踏み込みますかね〜
 →もともと、正社員と同じ仕事なのに給料が安い! という問題を抱えているわけですよね。で、責任範囲や勤務地(転勤の有無)などで分けていたりする。

>>>究極的には、責任によって給料が変わるということに進むのだと思っています。
  ・・・つまり、去年と同じ責任(仕事)なら給料あがんないってことね。
     →サラリーマン厳しいよ〜

(年功序列が完全に崩壊するきっかけになるかもと・・・定期昇級とか賃金カーブという言葉が無くなるかも)

 ま、すぐにそうなるとは思わないけど、男女格差も含めて、20年くらい掛けてなくなるんじゃないのかなってね。

【追記】
 再雇用という制度・年金支給という点もふまえ、
減額があっても妥当。ただし、手当は職務によらないものなどは支払え(精勤・皆勤手当など)

 →つまり、同一労働・同一賃金ではありませんでした。
と言うよりも、単純な正規非正規ではなく、「再雇用による非正規」が大きく考慮された判決だったような・・・

 ニュースでは、通勤手当などで差をつけている多くの企業は今後対応する必要がでてくるだろうと言うことでありました。

|

« 2018年5月 | トップページ