« 新社会人のマメ知識「お金の書類」(注文書から領収書) | トップページ | ライフプラン作成で、最高に嬉しい瞬間 »

2018/04/19

シェアハウスの会社 民事再生手続きが棄却→破産へ

 女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営する「スマートデイズ」、裁判所から民事再生手続きが棄却され破産手続きになったようです。

 ・サラリーマンを中心に700人から数百億円〜1000億円あつめた
 (カボチャの馬車は女性専用のタイプの名称、このほかのタイプのシェアも含む)
 ・サラリーマンのほとんどがスルガ銀行から融資
 ・スルガ銀行は、「家賃保障の良い投資」とセミナーまで開いていた
 ・金融庁はスルガ銀行に立ち入り検査
 ・銀行は、融資の際、収入欄などの改ざんなどが約20件は有ったことも認めている
  また、他にも十行程度の銀行がありスルガ銀行ばかりではないと。

で、今回、破産になったわけです。

【過去記事】
 ●シェアハウス投資、家賃保証停止でサラリーマン破綻?!(2018/02/28)

〜〜〜〜〜
 このタイプの投資は、他にもあります。
 普通の中古マンション投資もあれば、「都内でワンルーム買いませんか?」なんていう勧誘電話がかかってきた経験もありませんか?
 貸し駐車場で、そんな上場企業もあったように思います。REITなんかそれを証券化しているわけで。
 ・・・ビジネスモデル的には、普通の不動産投資ですね。
    今回は【業者の賃料保障と銀行の融資斡旋】がポイントでしょうか。

「必ず儲かる!」はありません。リスクを取るから利益が出る。
リスクに保険を掛けられる時もあるけど、利益は減る。
 →たとえば(火災保険とか)。
 他の投資だと外貨系投信だと(為替リスクヘッジ有りと無し)みたいな。

 被害者の会が出来ていますが、この被害者になった人にとっては、詐欺にあった!としか思えない事例だと思います。
  ・・・たぶんそっちの告発も考えているんだと思いますが。

===========

 実は最近(といってもここ1〜2年)、賃貸不動産をお持ちのお客さんから
「ときどき滞納する人がいるんですが、どうしたら・・・」という相談があります。(というか、ライフプランの収入を聞いている時にその話になる)

 大抵は、古い物件で、中には「もう半分以上空室で今後どうすれば・・・」なんて話の時も。
 →周辺状況によりますが、売るか建て替えるか、が普通です。

(前回の方は、もう借金したくないと言うことだったので、敷地を半分に分筆登記して、その半分の土地が売れたら建て替えるってどうですか? とか答えました。まだ良い土地でしたし、2面道路で、分筆することで土地評価が下げられそうだったから)

 不動産投資、他のオーナー投資でも、雑誌を見ると「これからはシェアの時代! オーナーに」なんて書いてある記事もありますけど、

 =「必ず儲かる!」はありません。リスクを取るから利益が出る。=

 覚えておいてね♪ (つーか、知ってるよね。でも引っかかっちゃうんだ)

|

« 新社会人のマメ知識「お金の書類」(注文書から領収書) | トップページ | ライフプラン作成で、最高に嬉しい瞬間 »

ニュース」カテゴリの記事