« ライフプラン作成で、最高に嬉しい瞬間 | トップページ | 事務次官・官僚の退職金推移?!(過去のニュースから) »

2018/04/23

友あり、遠方より来たる、嬉しからずや

暖かいというより、暑い週末でした。
高校時代の友人がやって来ました。(ちなみに卒業は30年以上前。
ま、たまに同窓会はやってますが。)

私のFPの仕事の話が本題ではあったのですが、それは簡単に済ませて、ほかの雑談。
 →丁度、宿題をやろうとみんなでファミレスに入ったのに、ダベっている状態ですね♪
高校時代といっても工業高専なので、彼はエンジニアです。
久しぶりの技術者系の会話♪・・・次の安い汎用製品計画の話。

俺「なんで、光源がハロゲンランプなの?」
彼「スペクトルが広いから」
俺「レンズは? どれくらいの大きさ? ミラーは?」
彼「直系40mmくらいかな。ミラーは90度二個で、これはどうってことない。」
俺「カメラ用の35mm、使えないの?(→これは焦点距離ね)」
彼「ダメなんだ。削り出し。高いんだよね。汎用レンズ使えれば良いんだけど。」
俺「そりゃ高そうだな。絶対汎用品でないとコストカットできない。で、組み立て精度ってシビアじゃないの?」
彼「キャリブレーションするから、そこそこしっかり固定さえ出来てれば問題ない。」

光量(輝度か露出時間)・F値・焦点距離というか被写界深度とか、あと周辺収差とか色収差とか、・・・カメラ系のお話しですね。
以上、分かっている人は分かっているはずの、計測&画像処理系のお仕事♪
(・・・ちなみに、最初の行のハロゲン→スペクトルで、分光系かな? と思った貴方は偉い!)

こいつとは、他にもアマ無線に、バイクと結構似た趣味してるから、話はつきない。
で、ほかの話になった。

〜〜〜〜

俺「最近の若い子の幸せって何なんかね〜。例えば、オレ、MP3の音って許せない。MDは我慢してたけどちょっと許せなかった。CDが限界。音楽も、ネットで(タダで)YouTubeとか聞けるし、ダウンロード出来るし、配信サイトに有料で登録しておけば、もう無限のように音楽が手に入るんでしょ。」
彼「情報がどんどん降ってくるからね〜。『これが好き』って思う前に次から次で。で、何となくこれが良いみたいな。息子のプレイリストみても、雑多すぎてよく分からん。」
俺「MP3で満足してるって、もったいなくない。ちょっと前、大きな電気屋に行ったら、オーディオ視聴室とかあったよね、今、あんまり無いよね。
 それに、好きなアーチストを追いかけるとか発売日を楽しみに待つとか、でもって、『今回のは今までのより良いとか悪いとかランキング』しないのかな。それが無いって淋しくない?」

彼「そんなもんだと思ってるから、分からないんじゃない。それ以上に情報量が凄いし」

俺「そうなんだよな〜。それがフツーという感覚。この前ネットで見たけど、“松阪牛”より“牛丼”で良いっていう記事を見たけど。
 ま、確かに、もし松阪牛牛丼が一杯2000円であったとして、この1杯は美味しいけど、それに金かけるよりも、フツーの牛丼を多く食べる方が良いという感じなんだろうね。というより、牛丼とはそういうもん、という意識なんだろうな。」

彼「そうそう。例えば、俺らの時は、車買う時でも、3年ローンならこの車が買える!とか思ったけど、息子を見てると、最初から軽でいい・中古で良い、っていう選び方。こだわるってことがないんだよね。息子を見てるとそんな気がする。『俺はこうしたい!』とか、『これにこだわるぞ』とか以前に、普通の生活すること自体が危ういんだろうな。やっと就職状況も良くなってきたところだけど。」

〜〜〜〜

MP3で満足・牛丼で満足! ・・・ちょっと淋しい気はするが、現実には私もそれにどっぷりひたってる。(ちなみに、私は牛丼はやっぱり吉野屋!)

確かに、【老後相談】であっても【若い人の住宅購入】であっても、多少の差こそあれ「フツーに暮らせたら」、という部分は結構多いです。“こだわりのある生活”以前の問題。

 そう言う点では、結局、「俺ら、バブル組なんだよな〜」ということを意識したのでありました。ある意味、就職氷河期の余波でそれを抜け出せていない人々は社会の犠牲者なんじゃないかと思います。
 ・・・新卒→第二新卒→通年採用とかこの変動期。
(犠牲者というのは、この間、スキルが身に付かないまま、バイト生活で歳を重ね過ぎちゃった人がいること、という部分ね。ま、ハローワークでは、それ向けの対応とかやってるみたいだけど、これ、社会の損失だって言う観念があまりない。)

 →でも、これを根本的に解決しようと思ったら、正社員の金銭解雇になっちゃうんですよ。それが出来ない現状では、どうしても正社員・非正規の二律背反になっちゃうし、さらに、労組もそれがあるから積極的に非正規保護に取り組んでなかった、という歴史もある。
 今の人手不足&ひょっとしたら、これからずーっと人手不足、が社会に変革をあたえるか?というところ=広い意味での働き方改革・同一労働同一賃金、が進むかどうかに、期待してる。
 ・・・いや、今やどこの職場でも「非正規がいるから」、で回っている部分が多いでしょ。
    本当の非正規なのか、(雇い主にとって)都合のよい非正規なのかは別。
    逆に、今、正規社員の人は、多くの非正規がいるから成り立っていると認識すべき。
   (退職後の再雇用も広い意味ではよく似てる)

→で、今、フリーランスとか、企業側も副業奨励とかやっているわけ。

怒りの客 「バイトじゃだめ、責任者呼べ!」
バイト君 「いや、私の方が詳しいですから。店長なんて何にも分かりません」
 ・・・こうなったところに社会の問題があるような。

----

論語;「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや。」(「有朋自遠方来 不亦楽 」)

遠方って言っても、奈良−京都ですけどね〜(^_^;)

|

« ライフプラン作成で、最高に嬉しい瞬間 | トップページ | 事務次官・官僚の退職金推移?!(過去のニュースから) »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事