« 年代別の女性就業率(30年前との比較) | トップページ | ぱっとしない春闘、これで残業代カットされたら! 改革はどこへ? »

2018/03/14

「女賢(さか)しうして、牛売り損なう」って故事知ってる?

この前、うちの親(→91歳、のはず)が、「『女賢(さか)しうして牛売り損なう』、っていうことわざがあったよね~知ってる?」なんて言ってきました。
 →今話題のニュースを見ているとき

 牛を買いにきた客人がいた。女房は「この牛は・・・」といろいろ良いところをあげた。でも客はそれをひとつひとつ確かめて欠点を見つけて結局買わずに出て行った、という話、、、だったはず。

~~~~~

 男女雇用機会均等法ができて30年以上経つのに、上みたいな故事を言っていたら怒られるんですかねぇ~
 今、話題の行政文書書き換えの件、「複数の政治家の名前が」とは言っているものの、かたくなに奥さんを国会に呼ばせたくなかった首相が一番の原因だと思うんですけど・・・。

 ワタシ的には、「いさみ足で、あっちこっちで歩き回っていたようでした。ゴメンナサイ。でも深くは関わっていません、そんなことができる人ではありません。」と最初から言っていれば良かったのに、、、なんて思ってます。
 奥さん付きの秘書(○池さんとFAXのやりとりをしていた人)も遠くの外国に転勤させちゃったところで終わっとけば良かったのに。

~~~~~

 ところで、自殺で亡くなった方、労災補償とか私的な補償とかあるんでしょうか。
 ちょっと可愛そうです・・・普通、こういう時にはトップが辞任するものなんだけど、トップが事務次官か財務大臣か、それとも、元々の原因である首相か、というと微妙ではあります。

(企業の不祥事でもいつも思うのですが、「すぐに辞任辞任・責任は?というマスコミ」はバカだと思っています。原因究明まではトップが続ける、のはアリ! だって事情を一番よく分かっているから。でも、方向が出れば引責辞任は当たり前だし、今回は、そのトップが原因そのものの当事者であるならばそれで原因究明できるのかはちょっと不安。)

 予算案はとりあえず、年度内に成立するとして、憲法改正は遠のいた?
(いやいや、米朝会談とか国際会議とかロシア選挙・アメリカ中間選挙とかあるし、みんな忘れるか?)

~~~~~

 強引に家計FPの話にしますが、奥さんメインで「賢しい人」の家庭の方が上手くいく場合が多いように思っています。
 家計管理・全体はご主人がときどきチェック(細かいことは奥さんだけど、ご主人もだいたいは分かっている)という家庭の方が、仲良し円満家庭が多いような気がする。もちろん例外は一杯ありますが・・・

 どっちも収入がそれなりにあって、裕福な部類なんだけど、家族の会話が無い・食事も一緒に取らない、なんていう家庭もあったりするんです。こういうのは、淋しくないのかなぁ、とか思います。いや、それで満足で幸せなら私が口を挟む事じゃないんですけどね(^_^;)

(ひとつ言っておこう♪「信頼し合っている」と「依存し合っている」は紙一重!
 取り違えていると、ある日突然、離婚の危機が起こってもおかしくない、、、と。)

|

« 年代別の女性就業率(30年前との比較) | トップページ | ぱっとしない春闘、これで残業代カットされたら! 改革はどこへ? »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事