« シェアハウス投資、家賃保証停止でサラリーマン破綻?! | トップページ | 「首になる、首にする」って最近言わなくない? »

2018/03/01

「期末の営業」が、若者には通じない?

 3月入りましたっ! 普通の企業では期末です。

 ・・・企業会計的には、3月決算で月末までの売上げを計上する時

 だから、営業社員は頑張って(ノルマや目標を)こなすために頑張る時期。逆に買う方からすると、「もうちょっとまけてよ〜」と言いやすい時期。
(上司も、売上げ達成のためにいつもより値引きしても良い、なんていう時期)

 →「期末の営業」これ常識ですよね♪ 電気製品でも自動車を買う時でも

 でも、今や年中セールしています。一旦下げたらなかなか上げられない。
 しかも、売上げよりも利益重視になってきた。さらに、四半期(三ヶ月)ごとの決算もあったり、独自に毎月「既存店売上高・新規店売上高」を公表しているところも増えてきたし、期末集中はだんだんと平準化されてきてはいる。

 ・・・だから「期末の営業」が現代の若者30代以下だと通じないことがある。

 逆に、「この会社ノルマきついし、ブラック企業」なんて言われる始末。

(※それだけ、デフレの時代が続いているってことの裏返し?)

〜〜〜〜

 株屋からすると、IR情報(企業決算情報など)がなぜ大事か?
「確かに利益も大事だけど、売上げも見るよ」、ってなことを教える必要があるんじゃないか? とか思うわけで・・・

 例えば、チェーン店で店舗が一杯ある企業だと、店舗を増やすと(知名度がある会社なら)それだけで、売上げは増えます。でもその増やした店舗が赤字(あるいは、他の店舗より利益を上げられない)なら、利益を圧迫します。
 売上げと利益、両方を見て、その企業の成長性を判断して、株価を見るわけですね。

 →ま、ものすっごく分かりやすく言うと、
 「去年より売上げが減っている、かつ、利益も減っている。
   → 去年より株価が上がるわけはないっ! こう見る訳ね

「無理に店舗だけ増やして売上げだけは増やしているな」とか
「不採算店を撤退したので、売上げは減ったけど利益は増えているな」とか
  ・・・もちろん、将来の設備投資をしたとか、いろいろあるわけですが。

 最低限、「期末の営業」がなぜ大事なのか、くらいは、分かっていて欲しいなぁ。逆に、なぜこの時期に「ノルマ・ノルマ・目標達成」と言われるのか?
  ・・・決算時期だから。これ、常識ですよね〜

 → これをわざわざ書かなきゃいけない時代なのか(;_;)
  (確かに大学では教えてないような気がする。少なくとも俺は教わってないし。)

|

« シェアハウス投資、家賃保証停止でサラリーマン破綻?! | トップページ | 「首になる、首にする」って最近言わなくない? »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

FP-銀行・株」カテゴリの記事