« サクラ開花・お彼岸・春休み | トップページ | アメリカの高校でまた銃撃?! »

2018/03/20

文字を追いかけて、違う世界に入る瞬間(AIが人間を越える時について)

読書好きの人ってのは、
  真っ白な自分の部屋があって、そこに、大きい扉・小さい扉、一杯扉があって、
  それを開けたら「どんな世界があるのかなぁ」ってのに興味がある人
なのじゃないかと思ったりするわけで・・・

その開けた扉が、
  自分とよく似た「恋愛体験」と重なってたり
  過去の挫折と感動を経験した「競技生活」と合わさったり
  全然ちがう、想像もしたこともない世界を、「疑似体験」したり
そういうことを体感できる面白さを知っている人が、読書好きな人。

〜〜〜〜
でも、実際の最近の自分はと言うと、
  系統的に何かしらのまとまった「有益そうに見える情報」を追いかけている気がする。

 有益そうに見えて、少しくらい有益だったらまだマシな方
 全然有益じゃないことも多い。(つーか、時間書けた割には中身が無いなぁとか)

  (→最近の私のブログのことだ! なんて言うなよ(^_^;) )

 想像力ってのは、人間だけのものなのでしょうか、動物にもあるのでしょうか?
 何歳くらいから発達する能力なのでしょうか?
 ・・・今、話題のAIが想像力を持つ時に人間を越える!
    いや、想像力を持たずとも、自分自身を越えるAIを作り出せるようになった時

 この時AIが本当の脅威になる。
(AIが人間の仕事を奪う「将来、アナタの仕事が無くなる」なんていうレベルじゃない)

〜〜〜〜
 AI自身が「違う世界に入る瞬間」、っていつやってくるのかな、なんて思ったのでした。

 ・・・たぶん、これ、読書の楽しみを知らない人には
    永遠に分からない(=理解できない)ことなのじゃないのかな。

 想像力、、、今のところは、人間だけがなせる技、のはず

※実は、私が高専の時の卒業論文が、Prologという推論プログラム言語を使った論文なのでした。(30年以上前だ!)

 ・・・この前、実家の本棚をあさっていたら、この古い本を見つけちゃったんだよね。
 でもって、「この言語には想像力ってものが無いんだよね」、と気づいちゃったのだ。

※※ お金には全く関係のない話題でありましたm(_ _)m

|

« サクラ開花・お彼岸・春休み | トップページ | アメリカの高校でまた銃撃?! »

その他の戯れ言」カテゴリの記事