« 送電線借地の相続問題 | トップページ | 梅三輪のあたたかさ〜梅の蕾を守れ!雀との戦い »

2018/02/16

そろそろ出るか、「物価連動国債」

 最近、めっきり聞かなくなりました「物価連動国債」。
  ・・・一時期、注目を集めたのに(;_;)

 本当なら、去年の今頃、2017年春に財務省経由で発行されるはずでした。
 が、ご存じの通り、世の中はマイナス金利。→延期されました。

 なので、かわりに少しでも金利をと【普通の国債】が注目される始末。

(「始末」と書いたのには理由があります。今の金利なら最低保障があったとしても大して魅力はありません。ま、でも雑誌を見ると、ほぼほぼ安全で高金利な金融商品として国債が取り上げられていますね。)

 で、最近物価が上がってます。やっと目論見通りの物価上昇基調=デフレ脱却なるかどうかというところ。ということは、今後、この物価連動国債の発売計画も検討されることでしょう。←時代の半歩先を見るtak(^_^) ♪ (ときどき読み違えてますが。。。)

 現在の物価連動国債は機関投資家向けだけ。一般人には、ファンド(投資信託)を通してしか買うことができません。投資信託である以上、販売手数料や信託報酬という手数料が必要です。いくつかのファンドがありますが、信託報酬が約0.4%。これはでかい!
 今のマイナス金利情勢では、ちょっとお薦めにくい商品です。

 でもっ!
 これからは分かりません。財務省が販売計画を復活したら、デフレ脱却か?!

 とりあえず、ニュースには気をつけておきたいと思っています。

・・・大儲けも出来ないけど、大損(物価上昇による実質目減り)もない商品、
   になると思っています。

|

« 送電線借地の相続問題 | トップページ | 梅三輪のあたたかさ〜梅の蕾を守れ!雀との戦い »

FP-銀行・株」カテゴリの記事