« ETNでも早期強制償還が発生・9割減(東証) | トップページ | 銀座の公立小学校の制服アルマーニで8万円、国会でも »

2018/02/08

三つのNISAの違い、分かる?

 最近、「つみたてNISA」と「iDeCo」が、わりと、流行ってます。
「わりと」というのは、これまでのNISAって今イチだったのですよねん(^_^;)

 まず最初にっ! NISAが三つもあるって知ってました? みんな言えます?
「NISA・ジュニアNISA・つみたてNISA」の三つがあります。

で、毎年か2〜3年に一回くらい、ちょこっと制度変更があったりしていますが、現在2018年時点でまとめるとこれです。

Nisa2018
 最初はまず、非課税期間を見てください、5年/20年間。この期間内に儲けても(配当や売買で譲渡益)儲けに税金がかからないという制度、これがNISAです。儲けに対する税金20.315%が掛からない。儲け2割り増し、みたいな。(だけど、損したときはほとんどメリット無しね。)

 次に、投資枠。この範囲内で買ったモノで儲けても税金ゼロってことね。

 次に商品。つみたてNISAは基本投資信託です、なので、もし株主優待をねらうなら他のNISA。

〜〜〜〜
 ジュニアNISAって、本人が18歳まで引き出せないし、最長5年間だから万が一リーマンショックみたいなことがあると損失を取り戻すには時間が少ないし、奨められる人というと限られていました。
 → 絶対、 ・相続税がかかってしまう人
   かつ、 ・老後不安がないくらいに資産や収入のある人
  それか、 ・優待ねらいで、ちょっと買ってみようか
  という人くらい。

 でも最近、もう一つの利用法を見つけました! 新規公開株ねらい!
 → 子供名義で申し込んで当たったらIPO株を買って売り抜ける。税金ゼロ

〜〜〜〜
 つみたてNISAの上手い活用法としては、例えばこんなの
  教育資金形成 → 定期預金とか学資保険で月1万貯めてる。
          だけどもうちょっと貯めておきたい。金利低いしな〜
          と思う場合。(リスク分散としては、期限が近づいたら
          高くなった時に現金化しておくこと! あるいは、リス
          クの少ない商品の比率を高めること!)
  もちろん、つみたてNISAは老後資金にも活用できます。
    ・・・表面利回り4〜5%あるREITなら、結構、リスク許容範囲
       なんいう人が多いんじゃないのかな?
       私は株式好きだから、インデックス225最優先ですけど。

 所詮、NISAは投資で儲けてその税金っていうやつですから、他の資産と合わせて考えてくださいね♪(それと、3年後に大学生とか定年退職なのに、一発逆転一儲け! なんて考えないようにね。
 →株式雑誌を読んでいてそれを鵜呑みにしちゃう人は要注意ですよ。
    ・・・私もよく見てますが(^_^;) )

〜〜〜〜
 ついでなので本題とは外れますが、iDeCo(個人型確定拠出年金)をちょこっと書いておきます。
 こちらは、所得税・住民税が得になって、元本保証商品(定期預金や個人年金)もあるから、税金を下げたい人にはメリット大! (→最近、私、奨めることも増えてます)

 でも、最大のデメリットは、65歳まで引き出せないこと。
      →【追記】原則は60歳でしたm(_ _)m 
 家が流されても燃えても、会社が破綻しても、家族が病気になっても引き出せません。
 死んだ時か高度障害になったときだけ。→遺族年金・障害年金と同じ

 メリット・デメリットよく考えて資産形成してくださいね♪

※細かい所はだいぶ省いて書きました。→わかりやすさ重視♪
 お申込時にはよく説明を聞いて・読んで理解した上でお申し込み下さいm(_ _)m)

|

« ETNでも早期強制償還が発生・9割減(東証) | トップページ | 銀座の公立小学校の制服アルマーニで8万円、国会でも »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

FP-銀行・株」カテゴリの記事