« 街はクリスマスモード | トップページ | 風邪ひきさんには、豚汁だっ! »

2017/12/05

金は議員のまわりもの?→政治と企業、子育て支援3000億円

 今朝は寒~い! 結露びっしりで、喉が痛い。。。昨日列車で誰かに移されたか?
 さて、先週のニュース記事とひと月ほど前のニュース。

~~~~
安倍首相が経済界に
「待機児童・子育て支援対策のお金、3000億円企業から出して貰えませんか?」
  →経団連「その方向で検討しますよ」
   経済同友会「全然オッケー。今、企業の決算好調だし」
   日本商工会議所「いろいろ疑問があるんだけど」

 こうなってたやつ。これ、例えば、年金とか雇用保険とか労災保険とか、労使折半とか全額企業側とかになってますよね。この負担を増やそうという考え、、、でした。

 そこで、政府は秘策を生み出した!(先週のニュースです。)

   労災保険 料率引き下げ →1300億円
  雇用保険料 料率引き下げ →1700億円

   ・・・数字的には合計3000億円で合いますね♪

(料率を引き下げると、労働者の分も下がります。手取りアップ♪ この分は入ってません。だから、ま、ちょこっと企業側の負担が増える感じなのかな)

〜〜〜〜〜

 でね、本来の子育て支援で考えると、この財源は消費税なんですよね。
 保育料自体はその家庭の収入で決まるので、低所得子育て世帯だと、元々保育料は少ない。これがタダになるかわりに、消費税がドカンと取られる。(ついでに書くと、消費増税は、高給取りや年金生活者からも取る)

 つまり、国会議員の仕事は、予算(ここでは税金)を取ってきてそれを配る、ということ。
「金は天下の回りもの、じゃなく議員の回りもの。その権限はオレがもってるぜ」的なかんじ。
 で、権限があるから頭が高い。

  ・・・俗っぽく書くと、こういうことになってます(^_^)

 それにしても・・・結局、労災保険と雇用保険から3000億円引っ張ってきたのか、なんか循環取引みたいだ。
(※循環取引、昔、カトキチが見かけの売上げを水増ししましたね。国家予算でも一旦特別会計に入れて一般会計に組み込む、なんてのをしばしばやってます)

~~~~

 この一番の寒波来ている(→この言葉をしばらく聞きそうな感じ)
そうです。寒い寒い、風邪に気をつけてね。(のど飴買ってきましたよ)

|

« 街はクリスマスモード | トップページ | 風邪ひきさんには、豚汁だっ! »

ニュース」カテゴリの記事