« ちょっと長い文章になると理解できない若者が3割 | トップページ | iDeCo争奪戦☆運営管理手数料タダが増加中 »

2017/12/11

減り続けているサラリーマンの可処分所得(2001〜2016)

 2017年もあと3週間という時に、去年までのデータを出して恐縮なのですが、、、今年の分が発表されるのにはあと半年近く待たないといけないし、、、まあいいや。

 総務省 家計調査(年報)より、二人以上世帯・勤労世帯の「可処分所得および、直接税・社会保険料のグラフ」です。

Kashobunshotoku
 “減り続けている”なんて書くと、上がってる所もあるじゃん、なんていうツッコミはご容赦下さい。でも、グラフの青色の部分を見ると、絶対に減っていますよね。

 社会保険料というのは、健康保険・年金保険・あと雇用保険とか。直接税というのは、主に、所得税と住民税です。
 給料から、直接税と社会保険を引いたモノを可処分所得といいます。

 でも、税金は他にもありますよね。消費税! ガソリン税・酒税・たばこ税・・・これらは入っていません。この前、消費税が5→8%に、3%上がりましたが、例えば、30万円の支出であれば9000円の負担増です。
 ・・・このグラフには、入ってないからね♪

 もっとも、大卒初任給がだいたい20万円丁度ですから、十数年経つと、給料が上がっている人も多いでしょう。そういう個々人の年功分も入ってません。

(そうそうそれから、これ年報から描きましたから、ボーナスが平均化されてますし、世帯で見ています。→ ここ注意ね♪)

====
 政府は3%の賃上げ要請、なんて言ってますが、、、、最近の企業は好業績であってもそれはボーナスに反映、という所が多いので、「夏冬ともに0.7ヶ月分アップ」なんてちょっと厳しいと思います。
 過去最高の業績、なんていうニュースが流れる割には、給料は厳しい、という感じ、つーか、そういう企業はごく一部なのか? 
 好景気、いざなぎ越え! なんて言われてもね〜って感じです。

 ただ、2009年は前年のリーマンショックのあとですが、企業はだいぶ頑張ったんだろうなという気もします。
 →ドライな会社ばかりだったら、もっと下がっていてもおかしくない。

 ところで、こういう状況の下で、日銀はいつまで物価目標2%を掲げるのだろうか? ちょっと現実的じゃない気がしています。
 今回、物価のグラフは描いていませんが、この間ほとんどがデフレ期。それを考えると、2001年とそれほど大きく変わっている訳じゃない。でも、当時はもっと元気があった気がするんですがどうでしょう?
 ・・・Win2000が出て、サーバーとか携帯電話に携帯音楽機器とか

 で、十数年で見れば、、、、通信費代が家計に響いていますよね、きっと。

 今は使える可処分所得が減っていく時代。だから、本体HPの冒頭にも書いてあるように、

幸せを2倍にする【正しいお金の使い方】

 ●自分の自信がつく
      ようなことに使う
 ●思い出になる
       コトに使う
 ●自分が回りから
     認められることに使う

これを意識しましょうね♪(私がアドバイスするときには、必ず意識してます。だからみんな幸せが増えるのだ (^_^)v )

|

« ちょっと長い文章になると理解できない若者が3割 | トップページ | iDeCo争奪戦☆運営管理手数料タダが増加中 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事