« 関取「安美錦」 39歳で帰り入幕 | トップページ | 孤立死、年間17000人/孤独死対策のいろいろな方法 »

2017/11/01

住宅ローン控除;会社からの融資でもOK?(利子1%→0.2%以上になったよ♪)

 年末調整の季節ですね~
 正確には、総務の人から、「書類出してくださいね」と言われる季節。
  ・・・すでに「もう締め切り済んだ、昨日までだった」、みたいな人も
    いらっしゃるでしょうか?

 で、今年家を買った人、住宅ローン控除これは、初年度は確定申告です、残念ながら。年末調整で完了するのは2年目以降から。

 表題を長くしたのですが、他のFPの人とか、こういうことに詳しい人向けに、大サービスです。
  ・・・「えっ 1%以上じゃないの?」って即答出来る人向けの大サービス
   でも普通の人は関係ないですね m(_ _)m

「会社からの融資でも住宅ローン控除は使える?」
これ、使えます、だけど去年までは、実質年利1%以上という条件が付いていました。

(※実質金利というのは、持ち家取得に対する福利厚生として、利子補填なんかをしている企業もあったんですねー。こういうのを除いて1%以上の金利のときしか使えなかった)

 しかしながら、最近、住宅ローン金利低いですよね☆
 変動タイプなら銀行ローンでもとっくの昔に1%の金利を割ってます。0.65%とか言うのまで見たことがあります。20年・30年の固定型でも1.5%とか。優遇でもうちょっと低いとかまで。

 銀行ローンがこういう状況なのに、いつまでも「1%以上」条件はおかしいだろ、というのが今年(平成29年)から変わったところ。 1% → 0.2%

 以下、国税庁タックスアンサーから引用
# 使用者又は事業主団体から使用人としての地位に基づき利子の
# 援助を受けたため、給与所得者が実際に負担する金利が0.2%
#(平成28年12月31日以前に居住の用に供する場合は1%)未満
#の利率となる借入金等

(住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等から、「対象とならない借入金等」を抜粋)・・・・相変わらず、国税庁用語は難解だね、はい(^_^;)
~~~~~

 住宅ローン控除を使うためには、他にもいろいろな条件があります。床面積やローン年数や、年末までの入居条件などなど。→気をつけてね♪
 なお、この「住宅借入金等特別控除」は【居住日】が基本になります。

  ・・・これまでも、控除の枠が大きくなったり小さくなったりしたけど、すべて居住日で判断。なので、中には、「オレ、数年前に会社から30年ローン・利息0.8%でお金借りてるけど、今年からでも使えないの?」と思ってもダメです。使えません、居住日の時で判断です。

|

« 関取「安美錦」 39歳で帰り入幕 | トップページ | 孤立死、年間17000人/孤独死対策のいろいろな方法 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事