« ふるさと納税、12月がシメだよ | トップページ | 喪中はがきにメッセージが »

2017/11/23

DVD黒部の太陽(裕次郎作品)を見た

 「黒部の太陽」をツタヤで借りてきました。黒部ダム建設(というかトンネル掘り)の映画です。
 三船敏郎と競演、監督は熊井さん。
   1968年の作品です。>オレ まだ4歳

 借りようと思ったきっかけはちょっと前のNHKのブラタモリで黒部ダムが出てきてたから、です。
 でも、「黒部の太陽」という名前は何度も聞いているし、10年くらい前に大阪梅田コマで演劇があったというニュースが最初で、そのとき「あーそういう有名な映画があるんだぁ」 とちょっと気になって覚えてました。
(→いやねぇ、古い映画だしDVDあるのかなぁ・無いのかなぁと思ったんですよ)

~~~~

 黒部第4発電所・・・電気科出身だし、名前くらいは当然昔から聞いたことがあります。
 黒部ダムの番組はテレビドラマとか、NHKのプロジェクトXでもありましたよね。

 昔、北アルプスの山に登ったときに、ワンゲル部で定年前の先輩が持ってこられた国土地理院の地図では、(その先輩が若かりし頃に使っていた地図ね)
 「この地図には、まだクロヨンがないんだ~」
と喋っていたのを覚えています。

で、とりあえずwikipediaによると

#1956年(昭和31年)着工、1963年(昭和38年)に完成
#171人の殉職者
#完成当時、大阪府の電力需要の50%(25万kW)を賄った
  ・・・戦後復興期で停電が多かったらしい

 今、工事で170人も亡くなれば大ニュースですよ。
 でも当時、炭坑でも隧道工事でもまぁそこそこ労災はあったと思います。
  ・・・今、労災というとパワハラでうつ病 →自殺 
   なんていう代名詞になりつつあるのはちょっと悲しい

 いろんな人の働きで、昔の日本も今の日本もあるんだよな、って思うんだけど、すぐ忘れちゃうんですよね~ 日常生活においては。

「我々の生活は、他者の働きによって成り立っている」
 ・・・誰が言ってたんだっけ? 「アインシュタイン150の言葉」だっけかな。

  今日は勤労感謝の日っ!

~~~~
 私にとっては、俳優の石原裕次郎さんというと、「太陽にほえろ!」のイメージがものすっごく強いのですが、、、石原裕次郎さんて52歳で亡くなっているんですね。
  ・・・オレの今の歳だ!(もうすぐ53歳)   m(_ _)m 合掌



|

« ふるさと納税、12月がシメだよ | トップページ | 喪中はがきにメッセージが »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事