« またも雨、台風に選挙、いかがでしたか? | トップページ | ミートソースは、トマトソースじゃないのか?(ちょっと感謝している話題) »

2017/10/25

年金生活と、子供・孫との距離感

「子供との距離感」、これが年金暮らしには無視出来なくて、むしろよく考えたい事項。
ここで言う、子供にはもちろん、孫も入ってきます。

 去年だったかどこか週刊誌記事で、「適度な距離は40km」なんて出ていたような記憶があります。この距離! 何かあったらすぐに行けるけど、しょっちゅう顔を出せない距離、だそうです。

~~~~「そうか、40kmなのか」と思っていたら・・・

 この夏あおぞら銀行が発表した「シニアのリアル調査」では、帰省費用の援助(全額+一部援助)する親は、半数が 平均3万円!(※) +孫へのお盆玉6千円

→ 一概に●●km離れていると良い、という問題でも無さそうですね。
  だって、2世帯・3世帯住宅なら、距離ゼロだもんね(^_^)

 【年金暮らしと、子供との距離感】 これ、絶対、大事♪

(「感」がついているのがポイントね♪ この一文字で、数学的な距離→精神的な距離、に変わっているところに注目して貰えれば嬉しいです。)

=====
※あおぞら銀行 「シニアのリアル調査」
 毎年発表されるので、ちょっと楽しみにしてる >オレ

# 帰省してくる子・孫あり=63%でそのうち、約半数が
#「帰省にかかる交通費を負担している」と回答。
平均額は 31,900 円。+ 帰省時の消費46,100 円
#お盆玉 5,900円
とか、いろいろ。。。
ただ、母集団がちょっと少なめ(2000人ほど)なのが割り引いてみないと行けない部分。詳しくはこちらね。
  aozorabank.co.jp/about/newsrelease/2017/pdf/17080701_n.pdf

|

« またも雨、台風に選挙、いかがでしたか? | トップページ | ミートソースは、トマトソースじゃないのか?(ちょっと感謝している話題) »

FP-年金・老後」カテゴリの記事