« 年金納付25年→10年に短縮! 64万人に年金♪ | トップページ | 今日は、土用の丑の日だっ! »

2017/07/24

養子縁組;甥を養子にした例(参考にどうぞ)

 親の知り合いの話です。
 裏山もうちの財産、というくらいの家に住んでおられる一人暮らしの高齢女性Aさん。ご主人とは死別して、子供はいない方。かなり長い間お一人暮らしです。

 昔から、一人の親戚(兄弟)とその子に(→つまり甥ね)

「名字と墓だけついで欲しいから将来は養子縁組を」

という話が出ていました。本人も周りもみんなそう思っていました。

 で最近、実際に養子縁組が具体化!
 きっかけは、Aさん自身の高齢化と、「甥の結婚」。
 これを機会にとなったのですが・・・

  →ここまでは問題なかった。みんな合意。
  (ここポイントだからね、覚えておいてね。ちなみに最近と
   書いたけど3年ほど前の話です。)

 その後、実の親(=兄弟)は、

「自分の名前で結婚させたい。だから結婚後に養子縁組を」

と言ってきました。さらに、

「ここまで育ててきたんだから・・・」
と具体的にはいわないまでもカネの要求。

 Aさんどうしたか? ・・・放っておいたんです。ここ偉い!
                カネのある方の強みですね♪

「本人たちに任せましょうよ」と

 だって、結婚は近々の話。周りは承諾している。
 問題なのは親(=兄弟)。

「本人が親の意見に従うのならそれも良し。本人が養子に来てくれるのなら、それなりのことを」
 (※ちなみに、結婚式の費用&新居のマンション費用の一部を
   用意するつもりだったらしい)

 どうなったか? ・・・気になるでしょ♪

====

 まず、無関係の結婚相手の女性。でも、将来は、そこの子供になるわけ。
 だから説明せずにはいられない。

  →「私二回も名前変わるなんてイヤ!」
    この一言で終わり。

 Aさんの希望通りに話は進みました。

 まだAさん自身はお元気なので一人暮らしです。ゆくゆくは、土地を多少売って、介護付きホームに行くか、あるいは、養子縁組した新しい子&結婚相手と同居するか?という感じになってるそうです。(いまのところ、離れて住んでいるし、前者のホームの方が有力)

〜〜〜〜

 養子を出す方の親の気持ちも分からないでもありません。

    子供が結婚する → これを機会に養子縁組

 こう流れてきたわけですから、何か言いたいこともありますわな。

  ・・・子供の姓が変わる=盗られるなんて思うとなかなか上手くいかない

 そんなの関係ないよ、俺の子はいつまでたっても俺の子だ、と思えるかどうか、かな

 

 結婚式は、ちょっとややこしかったらしい。だって親の姓が二つある。
 今までの姓と、これから新しく養子に入る親の二つの姓があるから。

  ・・・披露宴では、当然新しく名乗る姓で行うけど、
     席順は実の親を立てて、Aさん自身は末席で、
     ということでした。これも適切な判断ですね♪

「名字と墓だけ」という条件で考えている点も上手く行った理由かもしれません。

〜〜〜〜

どうやって、話を上手く進めるか?・・・今回は(たぶんあまり普通の人は関係ない)養子縁組の話ですけど、「相続の話」 だっと、いろんなパターンがあります。。
こじれる理由は、簡単です。知識レベルが違うから・それぞれの考えていることがそもそものベース部分でずれてるから(例えば、財産分与の考えとか)。
それを差し引いた上でどう上手く話を進めるか?
ま、もめてるひとは頑張ってくださいね〜。。。。結局、根気がある人が金銭的には勝っちゃうし(^_^;) 
  →金銭的に勝つのが良いのか、気持ち的に勝つのが良いのかビミョーなこともよくあるんですよ。

|

« 年金納付25年→10年に短縮! 64万人に年金♪ | トップページ | 今日は、土用の丑の日だっ! »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事