« 「忖度」って実は良い言葉♪ | トップページ | 古い新書を読み返したら分かった! 「ことばを失った若者たち」 »

2017/07/27

夏休みの宿題 →読書感想文の季節だ

 年々早まりますね~バーゲン。夏物バーゲンが始まっているかと思えば、もう、秋物が登場してきてました。~~~ 子どもたちの夏休みが始まったばっかで。

  ・・・このくそ暑いのにね(^_^;;;;)滝汗

 この調子なら、お盆にダウンジャケットが出てきます、きっと。

====

 夏休み! と言えば嫌な宿題が、読書感想文の人も多いはず!
 昔を思い出して、ちょっと文学を楽しもうと、久しぶりに図書館に行きました。(^_^)

 私が初めて読んだ芥川賞の小説が「僕って何?」(三田誠広著)です。たぶん17歳ころ。(←実に35年前だ)

 学園紛争が舞台です。「純文学」ってこういう世界のことなのか、な? とおぼろげに感じた記憶が残ってます。
  ・・・背伸びしたい頃だったんですね~、
    「芥川賞の小説読んでやったぜ」みたいな(^_^;)

 でも星新一とか赤川次郎の方が面白かった記憶が。
  ・・・筒井康隆も読んでたな。

 「時をかける少女(略称;時かけ)」の映画・ドラマ・アニメ作品がこんなにあるとはさっきまで知りませんでした。@wikipedia。 原田知世のしか知らないし

 図書館行かずに、ツタヤで「時かけ」あるだけ借りた方が良かったか?
  →これは、次の宿題ってことで(^_^)v

|

« 「忖度」って実は良い言葉♪ | トップページ | 古い新書を読み返したら分かった! 「ことばを失った若者たち」 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事