« 空蝉の夏;「ヒトのために動く」から「働く」 | トップページ | 北海道がアツイ! 昨日7/15の最高気温ランキング!(2017) »

2017/07/15

贅沢な時間の過ごし方;人生一度は交響曲♪

古い話、学生時代の話です。吹奏楽をやっていた友人との会話。

 私「クラシック音楽で、感動したヤツある?」
 彼「マーラーは、泣いたな」

そうか、クラシックで泣ける人もいるんだと発見した瞬間。

・・・でも、マーラーは一度として聞いたことがありません、
   長いんだよ〜 マーラーの交響曲 75分とか100分とか

そんな私でも、ベートーベンならば、交響曲3番=英雄、5番=運命、6番=田園、9番=歓喜の歌、くらいならウィキペディアを見なくても言えます♪ (o^∇^o)ノ

お気に入りは、やっぱり、ドボルザークの9番「新世界より」。第2楽章は、「遠き山に日は落ちて」の音楽で有名ですね。

あと、ビバルディの四季も好き♪ 中学生の頃、放送部員だったころ、毎朝、始業前に当番で流してました。

〜〜〜〜〜〜

普通の人は、クラシック音楽だと、有名な部分しか頭にないですよね。「運命」だとジャジャジャジャーンのところとか。

 

(上の文、「お前、交響曲なんてじっくり聞いたことないだろ」的な文章にしてしまいましたが、結構、吹奏楽やってましたとか・マーチングやってましたとか、ピアノ教えてます・習ってましたとか、クラシックが身近な人も多いんですよね〜 失礼しました。 m(_ _)m )

で話を戻して、交響曲=シンフォニー

通しで聞くと、楽章が変わるときに世界が変わるんです。静かな世界から騒々しい世界とか勇猛な世界とか。
 ・・・こういうイメージを頭の中で膨らませる。曲を聴きつつ無数の風景が浮かんでくる。

BGMじゃなく、真剣にじっくり聞く。まるで好きな歌手の歌を惚れ込んでいるようにじっくり聞く。
 ・・・これって、忙しい現代人では、「もの凄く贅沢な世界」ですよっ☆

〜〜〜〜〜〜

歌劇(オペラ)を見たことのある人なら、そっち系も楽しいと思います。だって場面がもうひっついているもんね。

ま、最近の若者だと、ドラクエの曲で「萌える」もいるらしいけど。(→CD出てます)

 曲聞くたびに「○△があらわれた」とか思い出していそう。
 こっちは、ゲームの世界がひっついてるから強烈そうですね。

 あっ、ちなみに、takの人生にはドラクエの文字はありません(全然、やったことない)。
 これはこれで、人生3%ほど損しているかもしれません。

〜〜〜〜〜〜
今日の話題は、贅沢な時間っていろいろあるんだよ的な話題でしたっ!

しかし、一度くらい、泣けるくらいまで聞き込んでみたいものであります。

|

« 空蝉の夏;「ヒトのために動く」から「働く」 | トップページ | 北海道がアツイ! 昨日7/15の最高気温ランキング!(2017) »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事