« いよいよ都議選! 築地どうなる? | トップページ | どっちもすげぇな!国会議員とは思えない暴言・中三とは思えない落ち着き »

2017/06/26

悪貨は良貨を駆逐する(口コミ評価をどれくらい信じてる?)

 「悪貨は良貨を駆逐する」
   ・・・この言葉自体、通じますか?
      一度くらいは聞いたことがありますよね〜

 グレシャムの法則とも言います。
 例えば、1万円金貨があったとして、同じ1万円金貨が発行されたけどそれは銅が一杯混じってる(悪貨)。こんな時には、古い方の良貨は家の中に温存されて、悪貨の方が流通するという法則(平常時には同じ価値だけど、戦争とかなにかあったら、こっちの方が価値が高そうだからと温存され流通しない、という法則)。

===

 2年ほど前のメルマガで、「オークションサイトの質が下がったしもう使えない」と書きました。これが似ている事例かな、と。
 すなわち粗悪品(および、いい加減なリサイクルショップとか)が、良品を駆逐してしまいました。今や探すのが困難です。
 「悪情報が良情報を駆逐している」状態。  
 今、流行りのメルカリも、C to C(顧客対顧客)として話題を集めていますが、将来も存続できるかどうかは、いかに質を担保するか・できるか? にかかっていると思います。
  ・・・使う方にとっては、どうなっても良いんだよね。
    →ここ重要♪
     だって、オークションサイトって一杯あったけど、随分減ったでしょ。

 ヤフオクでは、信用性を高めるために、評価(過去の取引評価)が導入されています。楽天ショッピングサイトとかぐるなびとか他にも大抵のサイトでは、いろいろ口コミ評価がついている時代です。

 でもっ! 今や、「良いね 100ヶで1万円」とか、「口コミのレビュー1万円」とかで売買されています。ステマ(ステルスマーケット、ひと言で言えばグルになって評価を書く、みたいな感じ)もあります。
 こんな中、皆さん、今どれだけ、ネット上の評価を信じてますか?

 たとえば、レビューに「これを飲んで3ヶ月で5kg痩せましたっ!」。ダイエット食品にこういうレビューがわんさかあれば、どれくらい信じます?

~~~~

 Amazonでも同様で、マーケットプレイス(→アマゾン本体ではなく個人や業者が販売するやつ)は質が下がっているように思います。まさに「悪貨は良貨を駆逐する」状態。

 これに対抗するには!
   ・・・普通に考えるとブランド化ですっ!。
   (もしこれをお読みの人が、名前だけで勝負できる所にお勤めなら、
    そのブランドの信用を第一に考えて下さい)

====
 ただねぇ、「そこそこの品質でそこそこの値段」が好まれているのも事実。
 高級ブランドを追求できない業界4位5位のところも多いはず。中小企業なんてほとんどそう。
  →ここの答えが見つからない。というか、やっぱり小さい地域であっても
「あそこの商品だから安心♪」を第一に考えなきゃいけないのか、な。

 京都には数多くの老舗があります。それらがなぜ生き残れているのか? もうちょっと洞察を深めなきゃいけないなぁと思っている所です。

「お店はね、大きくしすぎると、おできと同じで潰れるんよ」なんていう有名な格言? もあるのです。

====
 ブランドという点でちょっと・・・

 最近だと「RIZAP」(痩せるとかいうやつ)と、
 国会でちょっとでた「高須クリニック」(→名前だけ連呼しているいい加減なクリニックもあるとどこかの議員に言われて、名誉毀損だ・ブランドを育ててきたんだ・お前らだって名前しか連呼しないだろ、とか、ちょっと面白いやつ。@オレは高須さん応援♪)
 どっちの会社も私自身は実際に使ったこともないのですが、私でも名前とイメージが引っ付いてます。宣伝力を武器にしたブランド化ですね。(たぶん、宣伝力だけではできないはず。)

 どんなブランドイメージで線を引くか?(つまりは価格と品質をどこに線を引くか) これ、経営者にとっては難問のはずです。

 →プライベートブランド(コンビニやスーパーのマークが入っている商品)が流行っているけど、これが生き残れるかどうか?
 基本的には、売上げ確保のために薄利多売で、自分のブランドを捨てて他のマークを付けるなんて間違っていると思います。(でもセブンイレブンマークの付いたフジッコのきんぴらゴボウを買っているオレ(^_^;))

====

 おそらく、二極化が進むのだろうなぁ → 薄利多売ブランドと自社ブランドとに

 つまり、信用に関係なく広く宣伝して顧客を集める所と、地道に信用を重ねることを是とする所とに二極化する、はず。
 買う方にとっては、「信用無いけど安いしまあいいか」っていう場合と、
 「ちょっと高いけど、ブランドだし」っていう消費に変わる、はず。
  ・・・ということは、今まで以上に、「安物買いの銭失い」が意識される時代になる。
  きっと、あらゆる分野において、とことん安い(けど中身が粗悪)っていう商品が出てきますよ。

 ちなみに、私自身が目指すのはもちろん信用のある方です♪ ・・・これから、何を信じたら良いかという時代においては、ますます私みたいなのが、貴重になってくる。  (つーか、うかうかしていると悪貨に埋もれてしまうので、それにまけない良貨を目指さないといけません、はい。厳し〜(>_<) )

 それにしても、老舗企業。江戸時代・室町時代のお店が続いてるって、どういうことなんだろ? ちょっと不思議であったり。。。。もうちょっと探求しなければ。

|

« いよいよ都議選! 築地どうなる? | トップページ | どっちもすげぇな!国会議員とは思えない暴言・中三とは思えない落ち着き »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事